マイナビ転職女性のおしごと

編集部がおすすめする、求人情報や転職に役立つ情報が満載!
働く女性をしっかりサポート!

女性の“働く”を考える キャリナレ

Career Knowledge

子持ち女性の転職、ベストタイミングは? 先輩ワーママが語る注意点は?

ワーママの転職活動、ベストタイミング・注意点は?

子持ち女性(ワーママ)の転職は、時期や転職先の選び方など迷うポイントがたくさん。また、自身の転職が子供の預け先に影響するなど、意外な注意点もあります。そこで、この記事では転職活動のベストタイミングや注意点について、先輩ワーママの実例を踏まえてご紹介します

協力してくれた先輩ワーママのプロフィール 協力してくれた先輩ワーママのプロフィール

<INDEX>

子持ち女性が転職するメリット・デメリットは?

職場に不満がある、やりたい仕事が別にあるなど転職を意識し始めたものの「本当に転職すべきなのか……」と悩んでいる人も多いでしょう。そこで、まずは転職するメリット・デメリットを先輩ワーママに聞いてみました。

橋本さん

妊娠で一度仕事を離れており、再就職のための転職でした。実際に働きだしてみて、外で働く楽しさを噛みしめています! 仕事の間子供と離れて自分の時間が確保できる点や、自由に使えるお金が増えたのもうれしかったですね。仕事と育児の両立について相談できる人が増えたのも、思ってもいなかったメリットでした。

デメリットは、私も子供も生活の変化に慣れるのに時間が掛かったこと。特に、子供にとって保育園で過ごすようになったことが負担だったのか、しょっちゅう熱を出すようになりました。でも、子供のため、家族のため、自分のために決めたことなので後悔はありませんでした。

矢崎さん

一番のメリットは、希望していた仕事に就けてやりがいを感じられるようになったこと。また、前職では会社の業績悪化、仕事内容が体力的にきついなど将来的な不安もありましたが、転職で解消され安心して働けるようにもなりました。現職は同じオフィス内にさまざまな部署の社員がいる環境なので、刺激を受けられるようになったのもいいですね。

デメリットは、配属先が思った以上に若い人中心の人員構成で、子育てに対する理解を得にくくなってしまったこと。オン・オフがあいまいな社風なのか、帰宅してからも何かあるたびに会社から電話がかかってくるというのも、負担に感じています。でも、将来的なメリットを重視した結果ですし、家族にも協力してもらいながらうまく折り合いを付けています。

ほかにも一般的な転職のメリットとしては、「自分に合った労働条件で働けるようになる」「人間関係の悩みを解決できる」などがあります。また、デメリットとしては「人間関係をイチから築く覚悟が必要」「収入が下がる」なども。一般的な転職のリスクもチェックしてみてくださいね。

ズバリ解説! 転職のメリット・デメリット
あなたは当てはまってない? 「転職すべきでない人」

子持ち女性が正社員として転職するメリット・デメリットは?

正社員のワーママが転職を考える場合、仕事と家庭の両立の難しさから正社員として働き続けるか、働き方をパートタイムなどに変えるか悩む人もいるかもしれません。そこで、正社員として働くメリット・デメリットをあらためて見ていきましょう。

■正社員のメリット

  • 収入が安定しているため、子供の教育費にも計画的に備えられる
  • 夫が減収した時のリスクヘッジになる
  • パートナーと立場が対等なので、家事育児の分担がしやすい
  • キャリアが継続しやすい
  • 責任のある仕事ができるので、より社会から必要とされていると感じやすい
  • 会社の福利厚生を受けやすい

■正社員のデメリット

  • 転勤や異動がある
  • 働く時間を自分や子供の都合に合わせて選べない
  • 残業や休日出勤など、所定時間外の仕事を断りにくい
  • 仕事の責任が求められる

一般的には、一度正社員以外の働き方を選ぶと再び正社員になるのは難しいと言われています。5年後、10年後、子供の成長に伴いどのように仕事と家庭を両立していきたいのかをイメージしたうえで、今どのような働き方を選ぶと良いか、じっくり考えてみましょう。

正社員のメリット・デメリットは? 自分に合った働き方を選ぶ方法

子持ち女性が転職しやすいタイミングは? 子供の年齢別ポイント

ワーママの転職では、転職しやすさが子供の年齢によって大きく変わってきます。また、未就学児のうちは転職が子供の預け先へ思わぬ影響をおよぼすことも。子供の年齢別に、転職しやすさや注意点を見ていきましょう。

■0〜3歳

産休・育休から再就職したものの、思うように仕事と家庭を両立できない、「マタハラ」に遭ってしまうなどが原因で、この時期に転職を考えるワーママは少なくありません。ただし、転職タイミングとしてはハードルが高め。子供がまだ目が離せない年齢なので、転職活動は子供が寝ている合間を縫って進めざるを得ないなど、時間捻出に苦労するケースが多いからです。

また、この年齢の子供は体調を崩しやすいので、「面接の日に子供が熱を出して預け先が見つからず、面接をドタキャンする羽目に……」というハプニングや、転職直後のまだ有給休暇を付与されていない時期に休みを取らなくてはいけなくなるなどの可能性にも備える必要があります。

転職活動をスムーズに進めるには、夫や家族にも協力を求める、思い切ってベビーシッターや一時保育を利用するなど、周りのサポートが不可欠と言えそうです。

なお、認可保育園に子供を預けている、あるいは入園予定の場合は、勤務先が変わると原則、就労証明書を再提出しなくてはいけません。自治体によっては、勤務先や勤務条件の変更に伴い退園や保育園の内定取り消しになってしまうケースも。

また、入所・継続手続きの時期を見越して転職活動のスケジュールを立てないと、転職先の就労証明書の提出が間に合わないかもしれません。自治体や保育園の決まりも確認してから転職活動を始めましょう。

育休中の転職はあまりおすすめできません。育休はあくまで元の職場への復帰を前提に取得しているもので、応募企業の人事が良い印象を持たない可能性があるからです。やむを得ない事情で育休中に転職する場合は、事情を面接で事情を聞かれた時の答えを準備しておくこと。そして、応募企業から内定をもらったのに子供の預け先が見つからなくて入社できないという事態を避けるため、子供の預け先を確保してから転職活動をスタートしましょう。

■4〜5歳

この年齢になると子供の体力や免疫力が安定してきます。ママも子育てに余裕が出てくるため、転職のタイミングとしては良い時期。この時期の転職活動では、中長期的な視野を持って転職先を探すことがより大事になってきます。

どのようなキャリアを歩んでいきたいのか、子供が大きくなったら仕事と家庭をどのように両立していきたいのか、第二子・第三子を検討するのかなど、具体的にイメージしたうえで自分に合った仕事を探しましょう。特に、次の章で紹介する「子供が小学校に上がっても働き続けられるか」は重要なポイントになるかもしれません。

子供を保育園に預けている人は、転職に伴い保育園で必要な手続きも事前にチェックしておきましょう。

■小学校入学前後

子供が自分のことを自分でできるようになって転職活動をしやすいタイミングに見えますが、子供が小学校に上がるとそれまでの生活スタイルが一変します。

保育園の時よりも遅い登校時間に早い帰宅時間、夏休みなどの長期休暇中子供をどこに預けるか、毎日の宿題や持ち物チェックをどうフォローするかなど、いわゆる「小1の壁」と向き合わなくてはなりません。また、企業側の時短勤務など育児サポート制度の適用が「子供が小学校に入学する前まで」となっているところもあります。

子供の小学校生活を具体的にイメージし、無理なく働き続けられるかを慎重に検討しましょう。特に4月は、子供が新しい生活に慣れるために十分なケアが必要になるので、直前直後の転職は避けたほうが無難かもしれません。

小1の壁とは? 先輩ワーママはどう乗り越えた?

実際に子持ち女性は転職活動をどうやって進めた?

情報収集から履歴書や職務経歴書の作成、面接など、内定を得るまでには、やらなくてはいけないことがたくさんあります。仕事・育児・家事に追われるワーママは、どうやって時間を捻出したのでしょうか。先輩ワーママのリアルな転職活動の進め方を聞いてみました。

橋本さん

子供が1歳くらいのころから転職を考えていましたが、実際に活動を始めたのは2歳2カ月の時。子供を預けておらず1日中一緒にいる状態だったため、子供が寝ている間に求人情報や応募書類の準備を行いました。面接の日は家族に預かってもらいましたね。

矢崎さん

子供が4歳と1歳の時に転職活動を始めて、半年後に転職先に入社しました。子供はもともと保育園に預けていたので、転職活動を進めやすかったように思います。出張が多かったので、移動中の時間や昼休みに求人情報のチェックや応募書類の準備を。面接は有給休暇や会社の昼休みを使いました。

ほかのワーママからの声では、面接など代替が利かない日は病児保育を含め、子供の預け先を複数確保しておくと良いというアドバイスもありました。また、「実家が遠い、家族に預けるのがストレスな場合は外部サービスを利用しお金で解決してしまうのもあり」という声も。長く続く費用ではないと割り切った先輩ワーママもいるようです。

最近はスマートフォンだけで履歴書を作成できるツールや、1分で面接対策をチェックできる動画もあります。忙しいワーママには、強い味方になるかもしれません。

職務経歴書が質問に答えていくだけで作れちゃう!
【2分で完了】2択クイズで面接のキホンをマスター
NG面接マナーとは? 動画で面接対策

子持ち女性が転職先選び・面接で注意すべき点は?

いい転職になるか、後悔ばかりの転職になってしまうかは転職先選びや面接の場面にかかってきます。先輩ワーママの実例と併せて注意点をチェックしていきましょう。

■転職先選び

会社を選ぶ条件として必ずチェックしておきたい点の1つ目は、職場と自宅との距離。通勤時間の節約になるだけでなく、保育園など預け先から急なお迎え要請があった場合も、勤務先が遠いとすぐに駆けつけられません。

2つ目は、「ワーママが働きやすい制度・風土があるか」ということ。時短勤務・時差勤務・フレックス勤務制度など、柔軟な働き方ができる制度が整っていると、働きやすいかもしれません。ただし、制度があるから大丈夫と安心するのは禁物。制度はあっても配属予定部署では利用対象外、利用実績がないというケースも考えられるからです。求人情報や会社の採用ページなど、あらゆる情報をチェックし、実際に先輩ワーママがどのように働いているかを確認しましょう。

仕事と家庭を両立しやすい会社を見極める4つのポイントとは?

なお、ワーママの転職ではつい「子育てと両立しやすい環境か」ばかりに目が行きがちですが、条件に気を取られて自分がやりたい仕事を見失うようでは本末転倒です。また、当然のことですが転職者にはこれまでの経験やスキルを発揮し、会社に貢献することが求められます。「自身のキャリアを生かせる仕事か」も忘れずにチェックしましょう。

このように考えると求める条件ばかりが増えて、希望に合う転職先が見つからないかもしれません。そんな時は、転職先に求める条件を一度紙に書き出してみましょう。そのなかで、「譲れない条件」「希望の条件」を決めるなど優先順位の整理を。実際に転職した先輩ワーママは転職先選びでどんな点を重視したのか聞いてみました。

橋本さん

譲れなかったのは「自分がやりたい仕事かどうか」。子育てに理解があるかどうかもチェックしていましたが、あくまで「可能ならば」という温度感でした。

矢崎さん

譲れなかったのは「始業・終業時間」「会社の将来性」「出張の有無や残業時間の長さなど仕事がハード過ぎがないか」の3点。保育園の預け時間との兼ね合いと、前職で不安に感じていた部分を優先しました。希望条件としては、長く働き続けるために「キャリアの選択肢が広がる会社か」「子育てに理解がありそうな職場か」も重視しました。

■面接

面接は求人情報だけでは分からない実態や社風を確認するチャンスです。面接の最後に面接官から「何か質問はありますか?」と聞かれたら、「子育てをしながら働いている社員の割合」や「どのような働き方をしているのか」などを尋ね、実際に働きやすい環境かを確認しましょう。

もし明確な回答が得られなかったり、雰囲気が悪くなったりするようであれば、あまり子育てに理解がない社風なのかもしれません。この際、面接官から「急な残業や休日出勤は可能か」「子供の体調が悪い時はどうするのか」などを質問された場合は、ありのままの実情とできること・できないことをはっきり伝えるのが大切。

選考を通過したい一心でできないことも「できる」と回答してしまうと、入社した後に自分も周りも困ることになります。「急な残業が入ったら、実家が近くなので実母にお願いできます」「子供が体調を崩したら、自分か夫が有給を取ることになります」など、具体的に説明すると面接官も安心できるでしょう。

なお、会社側はあくまで「戦力となる人材」を採用したいということを忘れずに。条件についてあまりにもたくさん質問をすると、「制度目的の転職で、仕事で活躍する気持ちがないのでは?」「権利ばかり主張するタイプで、周りとうまくやっていけないのでは」とネガティブな印象を持たれてしまうかもしれません。

確認する条件は譲れないもののみに絞る、面接官の質問に答える時に「残業はできませんが効率的に仕事を進め、ほかの人と同じだけの成果を出せるよう努力します」と仕事への覚悟を併せて伝えるなど、意識してみてください。

切り出しにくい、雇用条件の聞き方

また、面接のなかでこちらの希望条件を伝えて可能かどうか確認しておくことも大切です。実際に転職したワーママは、どのような点を伝えたのでしょうか。

橋本さん

保育園のお迎え時間に間に合うように退社したいという点だけ伝えました。

矢崎さん

18時以降の残業、転勤はできないとはっきり伝えると同時に、家族の子育てへの協力状況や子供の病気が少ないこと、保育園へすでに通っていることなど会社側が安心できる内容を併せて伝えました。

先輩ワーママ直伝! 子持ち女性が転職活動を成功させるコツ

最後に、転職したワーママから「転職成功のコツ」を聞きました。ぜひ転職活動の参考にしてみてくださいね!

橋本さん

転職活動中は内定をもらうことに一生懸命になりがちですが、常に「自分のためになる仕事か」「子供と離れてまでやりたい仕事か」を自問し、転職する目的を忘れないようにしていました。

また、仕事と家庭を両立していくためには、家族の同意は欠かせません。いいなと思った会社の仕事内容や勤務時間は選考の時点で家族にも共有しておくと、実際働き始めてからがスムーズだと思います。そして、何より大切なのは気合!  転職活動中は大変でも、転職後に楽しく働いている自分を想像することで乗り切りましょう!

矢崎さん

一時的な感情や雰囲気に流されず、自身の優先条件と応募企業の勤務条件にずれがないか、事実に基づいて冷静に判断していくことが転職成功のコツだと思います。

特に、「スタッフの年齢層やワーママの割合」「上司の年齢」「時短勤務中の給与条件」「福利厚生や有給休暇、子供の看護休暇、夏季休暇、年末年始休暇の状況」など、細かい点まで一つひとつ確認していくことが入社後のギャップを減らすことにつながるはず。目先のメリットにとらわれず、長期的な視野で総合的に判断することも忘れずに。

まとめ

子持ち女性が転職活動をする場合、転職タイミングは子供の体調、保育園との兼ね合い、小学校入学に伴う生活の変化なども考慮して決めると良いでしょう。転職先選びでは、制度の有無だけでなく実態を確かめることが大切。残業の可不可など、譲れない条件は面接でも質問して希望の働き方ができるかチェックしましょう。

なお、当然のことですが制度や勤務条件のためだけに転職するのは良くありません。制度や条件はあくまで自身が生き生きと働いていくための土台。どんな仕事で活躍していきたいのか、子供の成長に寄り添いながらどのようなキャリアを築いていきたいのかを大切に、転職活動を進めてくださいね。

マイナビ転職 編集部

あした転機になあれ。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。

「知っトク」メール

基本のノウハウだけでなく、市場動向も踏まえた「今、知っておきたい」転職情報を読めるメールマガジンです。毎週月曜日配信です。

新着求人メール

新着求人の中から、あなたの希望条件に合った求人やお勧め情報をお届けします。
毎週2回、更新日(火曜日・金曜日)に配信です。

キーワードから記事を探す

検索フォーム

人気コンテンツランキング
転職成功ガイド