マイナビ転職女性のおしごと

編集部がおすすめする、求人情報や転職に役立つ情報が満載!
働く女性をしっかりサポート!

悩める女性のホンネの退職理由お話します 女性の生き方は十人十色。それだけに、退職を考えるきっかけやタイミングも人によってさまざまです。この連載では、さまざまな悩みを超えて会社をやめることを決断した女性たちに取材し、ホンネの退職理由をご紹介します。

3突然の異動によって気づいた、「本当に望んでいた働き方」。
取り戻すべく動いたK島さんの場合

お話いただいた方

K島さん(28歳) 専門ECサイト運営会社の営業職→大手総合ECサイト運営会社の営業職(1度目の転職/当時27歳)

学生時代、趣味のバンド活動以外で特にやりたいことが見つからず、就職するかどうかも迷っていたというK島さん。しかし、恋人との結婚を考えていたため、お金が貯まったらすぐ辞めるつもりでECサイト運営会社に就職します。営業部へ配属され、当初、仕事へのテンションは低めでしたが、徐々に営業という仕事の楽しさに目覚めていったそうです。しかし、突然の異動で新規事業部へ配属され、その1年後に27歳で転職を決意。その退職理由とは……?

K島さんのホンネの退職理由

4コマ 4コマ 4コマ 4コマ
働く意欲ゼロで就職したものの、営業の楽しさに目覚める

学生時代、趣味のバンド活動に没頭するあまり就職する気がなかったというK島さん。しかし、付き合っていた彼との結婚を考えていたため、目標金額まで貯金ができたら辞めるつもりで就職を決意します。普段よく利用しているECサイトの運営会社の求人を見つけ、これなら興味を持って仕事ができるかもしれないと、すぐに応募し内定を獲得。営業部に配属され、社会人生活をスタートさせました。

「正直、配属されるまでは営業なんて絶対私には無理だと思っていました。そもそも、働く意欲も低かったですし、仕事が嫌で仕方なかったです。でも、仕事を覚えるにつれて段々と営業という仕事が楽しくなっていきました。人と会話をして、困っていることに対して『こういう方法ありますよ!』と提案をしたり、そうした経験を重ねるうちに、仕事を通して人とのつながりができたりするのが面白かったですね。自分に合っていたんだと思います」

営業の面白さに目覚めたことから、仕事に夢中になったというK島さん。自分より社歴が長い営業メンバーを追い越し、メキメキと成績を伸ばしていきます。「貯金ができたら辞めよう」、そんな入社当時の気持ちはどこかへ行ってしまい、気づけば営業の仕事にのめり込んでいました。

予想外の異動により生活が一変。激務のなか考えた、「何のために働いてるんだろう」。

優秀な成績で会社の上層部からも一目置かれる存在になっていた4年目のころ、K島さんは社内で持ち上がった新規事業の立ち上げメンバーに抜擢されます。K島さんにとっては元々興味があった分野での新規事業でしたが、事業の立ち上げとなると今までの仕事内容とは大きく異なり、K島さんにとっては、未知の世界でした。

「正直、驚きはしましたけど、好きなことを仕事にできることの楽しさや、新しい事業にチャレンジできるワクワク感がありました。でも、それは最初の2カ月だけ……。プロジェクトに関わる社内外のスタッフをまとめる、という仕事なので、基本的に社内業務のみ。スケジュール管理が中心で、営業的な仕事から完全に離れてしまい、仕事の楽しさを感じられなくなっていきました。私自身、興味を持てないことに対しては極端なくらいやる気を持てない性格なので、毎日辛かったですね」。

立ち上げに携わるスタッフをゆくゆくは増やすという上層部との最初の約束も一向に果たされず、業務量も日に日に増加。しかし、責任感からすぐに辞める決意には至らず、24時間仕事モードで、隙間時間に寝る、という慌ただしい日々が続きます。

そんななか、ついに学生時代から付き合っている彼にプロポーズされ、入籍。二人での生活をスタートさせましたが、K島さんの仕事が忙し過ぎたため、「甘い新婚生活」とはならなかったようです。

「新規事業を少人数で動かしていたこともあり、土日も電話が鳴りやみませんでした。休みなく仕事ばかりしていて、せっかく結婚したのに夫婦の時間を持つことがまったくできませんでしたし、家事もすべて夫任せ。それでも不満を言わずに、サポートしてくれる夫を見て、『何のために働いているんだろう』と思い始めました。仕事に忙殺されて自分のことを振り返る余裕がなかったのですが、夫と暮らし始めてやっと我に返ることができたんです。そこで、私はやっぱり「夫婦としての時間を大事にしたい」、「仕事をするなら営業で頑張りたいんだ」ということに気づきました」。

退職へ気持ちが動き始めた矢先、ついに激務の影響で身体に不調が現れ、K島さんは本格的に退職を決意します。

転職活動で話した「退職理由」

「人とつながりを深められる営業がやりたくて」

過労で体調を崩して辞めたK島さんですが、営業という仕事の面白さが忘れられず、しばらく休養を取ったあと、転職活動を開始します。

「転職先はWebにまつわる営業職一本に絞って考えていました。重要視したのは、規模の大きさです。前職は規模が小さい会社で、仕事の裁量は大きいものの社員の立場が経営層に対して弱かったんです。大きな組織のほうが、しっかりと社員の声を尊重してくれるのかもしれないなと思いました」。

気になる企業を一つひとつ吟味し、じっくりと転職活動を行うなか、転職サイトで大手ECサイトの営業職の求人を発見。早速応募をすると、トントン拍子に面接に漕ぎつけます。

「面接で、自分の営業スタイルというか、仕事をするうえで大切にしていることを話した時のことです。私は、きっちり数字を上げる営業よりも、どちらかといえばお客さまと友達になれるような、つながりを深められる営業がしたいという話をしました。すると、面接官から、『ちょうどそんな営業ができる人を採用したいと考えていた』と言われたんです。転職するならここかなという気持ちはその時に固まりましたね。でも正直なところ、面接では企業って良いことしか言わないものだろうと疑っていたので、それが本音かどうか入社して確かめてやろうと思っていました(笑)」。

お互いの目指すものがマッチしたこともあって、無事に内定。働き始めて、もうすぐ1年を迎えますが、入社前の疑いは取り越し苦労だったと言います。

「毎朝会社に行くのが幸せだなって思えるくらい今の仕事が好きです。お客さまが悩んでいたり、モヤっとしている案件をすっきり整理することが本当に楽しい! 趣味ではこうした楽しさは味わったことがなかったです。とはいえ、やっぱり私にとって家族は一番大事。プライベートでも夫との時間を持てるようになりましたし、まともに家事もできるようになったことは何よりうれしいです」。

自分が楽しいと思える仕事を諦めなかったK島さん。仕事について話すときの笑顔はとびきり輝いていました。天職だと思える仕事に出合えたら、職場を変えてでも続けていくことが、幸せな毎日とキャリアを手に入れる秘訣かもしれません。

◎4コマ漫画=矢島光 ◎テキスト=末吉陽子(やじろべえ)

併せて読みたい記事
賛成! あたらしい生き方。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。

「知っトク」メール

基本のノウハウだけでなく、市場動向も踏まえた「今、知っておきたい」転職情報を読めるメールマガジンです。毎週月曜日配信です。

新着求人メール

新着求人の中から、あなたの希望条件に合った求人やお勧め情報をお届けします。
毎週2回、更新日(火曜日・金曜日)に配信です。

キーワードから記事を探す

検索フォーム

人気コンテンツランキング
転職成功ガイド