あなたの転職を支援する転職サイト「マイナビ転職」豊富な求人情報と転職情報・転職支援サービスで転職をサポート

”働くエンジニア”解体新書

モノづくりが盛んな神奈川で働くエンジニアが語る自らの仕事やそこにかける思い、そして同じ道を歩む人へのメッセージを通して、現代のリアルなエンジニア像を紐解きます。

vol.3 命を預かる特別なシステムに関わる病院内SEの働き方。医療法人社団 三喜会 法人本部 システム管理室 室長 宮本耕次さん

宮本耕次さん

profile

大手メーカーでBIOSの開発やERPパッケージの開発、導入コンサルタントなどを経て、2年前に医療法人社団 三喜会に転職。病院などの医療施設や介護施設など、同会の施設全体のITインフラ運用・管理を担当。

一般企業とは一味違う緊張感溢れる現場

宮本耕次さん 私が転職したときは、電子カルテ導入プロジェクトの真っ最中でした。いろいろなワーキンググループに参加して、ドクターやナース、事務職員の話を聞いていると、仕事に対する熱心さ、真剣さが伝わってきました。人の命を預かる現場ならではの、これまで勤めていた会社では味わえないような緊張感でした。
電子カルテは、大雑把に言えばERPと似ています。しかし、稼働現場が病院という点で、要件定義や運用を考える段階から大きな違いがありました。会社にワークフローがあるように、病院にも受付から検査、診察、会計という導線があります。電子カルテの導入により細かい部分で流れが変わり、ドクターが指示を出すタイミングなどに影響を及ぼす上、患者さんの動線も変わります。患者さんの流れを考慮して受付から会計までスムーズに 対応できるように検討する必要がありました。

達成感を味わえたカットオーバー当日。

医療法人社団 三喜会 稼働前のリハーサルは2回しかできませんでした。通常のシステムは、多くの場合部門別に何度もテスト稼働することができます。しかし電子カルテは患者さんも巻き込むので、病院の業務全体を通しで行う必要があり、日中の病院業務が終わった夜、限られた時間でしかできません。しかも忙しい職員が多く、参加できない人もいました。
リハーサルは職員が患者役になって行いました。私も眼科の患者役で参加して、実際に眼圧などを測定。そうやって出てきたエラーやトラブルの情報を集めて対策を考え、運用方法やシステムをブラッシュアップしていきました。
稼働初日、私も現場に詰めていましたが、システムトラブルはありませんでした。しかし外来などの現場は新しいシステムの運用で大変でした、でもそこは各部署のリーダが上手く対応してなんとか無事にカットオーバーできました。あの達成感は忘れられませんね。導入から1年が経った今では、安定稼働が続いています。長い間、エンジニアをやっていますが、色々な発見のあったプロジェクトでした。

プラスワン

宮本耕次さん病院内SEに転職して、プライベート充実
病院のIT系インフラには、仕事の性質上、安全・安定したシステムが求められます。だから最新のものよりも、実績がある技術を選ぶことが多いので、最新のテクノロジーに触れるチャンスは少ないかもしれません。その代わり、現場のいろいろな人と接して相手の立場を考えながらコミュニケーションを取ることによって、技術以外のヒューマンスキルを伸ばすことができると思います。
また、院内SEは開発職と違って納期に追われての長時間の残業はほとんどありません。もちろん、新システム導入前などは忙しいですが。
そんな環境なので、プライベートが充実できます。以前は年に1回くらいしか行けなかったスキー(スキー歴はブランクを含めて30年!)やゴルフ、温泉なども、行ける回数が増えました。
それに、ワークライフバランスが充実して、楽しく呑めるのでお酒の量も増えちゃいました。(笑)