あなたの転職を支援する転職サイト「マイナビ転職」豊富な求人情報と転職情報・転職支援サービスで転職をサポート

「仕事の達人」かく語りき

その仕事ぶりを"達人"と呼ばれる人たちがいる。職業人が毎日取り組んでいる"仕事"について神奈川で働く"達人"たちは、どう向き合い、どう働いているのか。

vol.3 「センスの良い家」こそ、これからの時代に求められる住宅。株式会社加藤工務店 代表取締役 加藤良男さん

加藤良男さん

profile

加藤工務店の2代目代表。施工管理で10年以上の経験を積んだ後、父親から会社経営のバトンタッチを受け現職に。地場の工務店としてのあり方や大手ハウスメーカーが進める家づくりに疑問を感じ、就任以来試行錯誤を重ねながら今日の同社を築き上げてきた。

たった10年後に価値の出る家こそ、本物の住宅なんです。

イメージ画像日本の住宅は、「完成した直後が一番きれいで、後はどんどん古びていく」というのが一般的。その一方で、住宅ローンの支払いはずっと続きます。価値がどんどん落ちている家に高いお金を払い続けるのって、誰でもテンションが下がりますよね? 家づくりに携わる者としては、そういう風潮が嫌でたまらなかったんです。
そこで我々は、「10年経っても価値が出る家」を目指すことにしました。ベニヤ板が剥がれたり化粧シートがとれたりして憂鬱な気分になる家ではなく、壁や柱がちょっと傷ついたりへこんだりしても気にならない家です。それには、自然の素材を使うこと。10年もすれば、木が醸し出す香りも変わります。家全体で、新築の頃とは違った味わいが出てくるんですよ。
欧米の人達は、古くなってきた家に自分で手を加えることを、当たり前のようにしています。そうして生まれ変わった家は、新築の頃よりも価値は上。我々も、そんな“経年美”のある家づくりを心がけています。

「品質が高い」だけで終わらない家づくりが、今の時代に求められています。

イメージ画像これからの時代、「家を建てるだけの工務店」はどんどん淘汰されるでしょう。ある程度の品質を持った家は、どこでも建てられるといっても過言ではありません。
では、どうすればハウスビルダーとして選ばれる存在になれるのか。我々の結論は、「センスの良い家をつくること」です。家そのものだけでなく、部屋に据え付ける家具や照明、雑貨や部屋で着る服までプロデュースできるような、いわばアンテナショップ的存在になることです。
最近は、お客様の側も感度の高い方が増えてきました。以前我々がローコスト住宅を手掛けていた頃は「工事費はどのくらい安くなるか」を気にされる方ばかりでしたが、今は「自分の思いどおりの家が本当に建つのか」「センスに問題はないか」を気にされる方が大半です。
住宅街と、農家が点在する街に我々のような工務店があるということで、注目される機会も増えてきました。ブランディングが上手くいっているのかな、とも思います。今後も、この方向性をさらに追求していくつもりです。

達人の格言

イメージ画像地域密着の工務店という経営スタイルから脱却し、「センスの良い家」のプロデュースへと大きく舵を切った加藤代表。過去には2×4工法の住宅やハウスメーカーの建売住宅を手掛けたこともあったが、その時に抱いた問題意識が今日の「本物志向の家づくり」へとつながっている。「完成見学会を開くと、リビングルームをご覧になった参加者の方々から一斉に『うわーっ』と歓声が上がります。私はそれを見て『どう?良いでしょ?』と(笑)。画一的な設計の住宅では、そんなことはまずありませんから」というお言葉に、現在の家づくりへの矜持が感じられた。