あなたの転職を支援する転職サイト「マイナビ転職」豊富な求人情報と転職情報・転職支援サービスで転職をサポート

エンジニアのための転職情報

ITエンジニアの転職に特化して、キャリアデザインや転職ノウハウ、求人情報をご紹介!

ITエンジニアのための職務経歴書作成ガイド

ITエンジニアの職務経歴書作成で重要なのは、自分の技術スキルや実績を明確に示すことです。例えばシステムエンジニアであれば、どのOSを使ってきたか、どんな言語で開発をしてきたか、どんなデータベースを扱ってきたかということを、項目立ててわかりやすく説明しましょう。「開発環境」「業務内容」「習得技術」などの項目を立てて、具体的にアピールするとよいでしょう。プロジェクトごとに、自分がどんな立場で仕事をしてきたかも明記し、予算管理やスケジュール管理などのマネジメントのキャリアがあれば必ず記載するようにしてください。

中途採用においては、基本的には即戦力が求められますが、未経験の分野への挑戦ももちろん可能です。その場合には、開発分野のシステム利用経験やクライアント業界の知識を自己PR欄でしっかりアピールしましょう。下記では、「マイナビ転職」のWEB履歴書フォーマットに沿って作ったシステムエンジニアの職務経歴を例に挙げています。実際の書き方や書類選考のポイントを参考にしてくださいね。

職務内容は時系列でまとめる

担当業務や役職の変化を時系列で記載すると、キャリアアップのプロセスが分かりやすい。特に、1つの部署に長くいたような場合は、業務の変化は必ず書こう。

開発環境や言語に触れる

情報処理業務の場合、「どんな技術で、何をエンジニアリングしていたのか」は必須項目。くどくど書く必要はないが、手がけたプロジェクトの内容や開発環境は、必ず記載しよう。またその際、開発言語を含めるのも重要なポイント。

実績は具体的に

システムエンジニアとしての経験をアピールするには、実績を示すのが一番。「どんなシステムの」「何を」担当したのかを明記しよう。ただし、情報漏えいにならいように守秘義務の範囲で記載すること。

リーダー、マネジメント経験を示す

マネジメント経験があれば、その経験をアピールしたい。マネジメント職でなくとも、チームリーダーの経験がある場合や、新人の育成、後輩の指導などで成果を上げた場合は記しておく。

求められている能力をアピールする

応募職種の経験者であれば、募集要項から求められている職務能力・経験を容易に把握できるはずだ。それと共通する前職の経験を具体的に記載しよう。箇条書きで記載すると採用担当者はさらに把握しやすい。

「使える人材」であることをアピールしよう

同職種への転職では、採用担当者を納得させる転職理由や志望動機がポイントになる。「ステップアップを目指している」といった動機は応募者個人の目的であり、採用メリットとしてはインパクトが弱い。今までの経験があるからこそその企業に貢献できることを、志望動機としてアピールしよう。

サンプル内にあるにマウスを載せるとアドバイスが表示されます。
自分の職務経歴書を作成する
職務経歴書
職務内容
【略歴】
製造SI事業部に配属され、メーカー向けの業務システム構築に携わる。プログラミングを主に担当するが、最近は要件定義や設計も任されるようになり、サブリーダーとして他メンバーの進捗管理なども行う。

【所属歴】
20XX年XX月 毎日ソフトウエア株式会社に入社
20XX年XX月 新入社員研修を経て、製造SI事業部に配属
20XX年XX月 食品メーカー向け経理システム構築プロジェクトに参加
20XX年XX月 製薬メーカ向けWEBサイト構築プロジェクトに参加

【主な担当プロジェクト】
-- 食品メーカー向け経理システム構築プロジェクト --
[期間・規模]
20XX年XX月〜20XX年XX月(21カ月)、要員4名
[開発環境]
(旧):Windows、SQL Server、Visual Basic
(新):Linux、WEBLogic、Oracle、Java
[担当]
プログラミング/結合・総合テスト/運用・保守
(役割:メンバー)
[業務内容]
Visual Basicで構築されていた社内経理システムを、Java言語でWEB化・再構築するプロジェクトにおいて、(1)グループ企業を含めた決算システム構築、(2)各種帳票情報のWEB化に携わった。
[習得技術]
・Visual Basicプログラムの解析
・Java言語でのプログラミング技術
・帳票出力アプリケーション(SVF)の導入

-- 製薬メーカー向けWEBサイト構築プロジェクト --
[期間・規模]
20XX年XX月〜20XX年XX月(13カ月)、要員15名
[開発環境]
Linux、Apache/Tomcat、Oracle、Java/PHP
[担当]
要件定義/基本設計/詳細設計/プログラミング/結合・総合テスト
(役割:サブリーダー)
[業務内容]
情報検索、注文受付機能を持つ製薬メーカーのWEBサイトを構築し、既存の受発注システムにWEBサイトからの注文情報を連携させる機能を開発した。15名の開発チームでサブリーダーの役割を担い、進行管理や新人教育などをサポートした。
[習得技術]
・PHP言語によるWEBサイト構築
・インターネットサイトを構築する上でのWEB技術
自己PR
自己PR
【自己PR】
入社から3年間、Java言語を用いたWEBシステム構築に携わってきました。
これまでの経験によって、HTML、スタイルシート、JavaScriptといった基本的なWEB技術はもちろん、Javaを用いたサーバサイドプログラミングの技術を身に付けることができました。

特にJava言語については、プログラミング技術だけでなく、オブジェクト指向設計やStrutsをはじめとしたフレームワークにも習熟しており、効率的なシステム開発に貢献できると考えております。


【志望動機】
昨年まで携わっていた「製薬メーカー向けWEBサイト構築プロジェクト」で、一般の方に公開されているWEBサイトの構築に初めて携わりました。

それまでは提示された要件に従ってシステムを設計しておりましたが、不特定多数のユーザーに向けたサービスを考慮しながらの要件定義には、とてもやりがいを感じました。

また、インターネット上に公開されるWEBサイト構築では、利用者のPC環境やセキュリティなどを考慮しなければならず、より高度なWEB技術を身に付けることができました。

●●●サービスで、国内の利用者数最多クラスの▼▼▼▼サイトを運営している御社で、この経験・スキルを生かし、ぜひとも貢献したいと考え志望しました。
自分の職務経歴書を作成する
ITエンジニアのための転職情報 あなたのお声をお聞かせください
  • Q1:このコンテンツは役に立ちましたか?