Uターン・Iターン転職ならマイナビ転職 地方や地元などでの転職情報をご紹介。

mixiチェック

地方で働こう!Uターン・Iターン転職

慣れ親しんだ地域や地元などで働くUターン転職。
新たに地方に移住しその土地で働くIターン転職。

自然に囲まれ、豊かな暮らしがしたい方、生まれた街を離れ、観光地で働いてみたい方。 そんなあなたにピッタリな、Uターン・Iターン転職を歓迎する求人情報をご案内します! 地方や田舎での転職を成功させるためのコツやノウハウ情報も満載! あなたもぜひ、新たな土地で新生活を迎えてみませんか?

Uターン・Iターン転職とは?

Uターン

「Uターン就職」とは、地方で生まれ育った人が都会の学校に進み、その卒業後に故郷に戻って就職することを指します。

これに対して、「Uターン転職」とは、地方で生まれ育った後、都会で学校を卒業。そのまま都心で就職し、生まれ育った土地に別の職場を求め、戻って転職することをいいます。学校は地元で卒業し、就職に際して都会に出て、その後、地元へ転職することも「Uターン転職」に含まれます。

Iターン

「Iターン転職」は、都会に生まれ育ち、都心で就職した後、地方に移住して働くことを指します。

また、「Jターン転職」と呼ばれるライフスタイルもあります。「Jターン転職」とは、地方出身者が都会で就職し、その後生まれ育った故郷とは異なる地方で働くことを指します。

通常の転職と「Uターン転職」「Iターン転職」の違いとは?

通常の転職は、“会社”を変える、もしくは“会社”とともに“職種”を変えるものであるのに対し、「Uターン転職」「Iターン転職」はいずれも“ライフスタイル”をも選びとることができます。生活の基盤を都会から地方へと移すことになり、日々の暮らし方、お金の使い方、家族のあり方などが異なります。Uターン転職であれば、かつて自分も暮らしていた土地のため、日々の暮らしはある程度想像がつきます。
しかし、Iターン転職、Jターン転職となると、そこでのライフスタイルは、暮らしてみるまで分かりません。このライフスタイルの違いが、Uターン転職、Iターン転職(Jターン転職)の最大の魅力でもあり、こうした観点から、「地方で働く」ことを考える人が増えています。

Uターン・Iターン歓迎の求人を探してみる

地方で働く魅力は?

地方で働くことには、都会では感じられないさまざまな魅力(メリット)があります。
あなたが望んでいる生活が、地方にあるかもしれません。

メリット1 豊かな自然が身近に

豊かな自然が身近でゆとりのある暮らしができます。空気や水がおいしく、周囲の景色に心を和ませられる環境は都会では考えられません。自然に触れながら友人や家族との時間を過ごすことができます。
また、都会のように、休日はどこも大混雑ということはなく、渋滞にも巻き込まれにくく、ストレスの少ない暮らしができます。

メリット2 通勤ラッシュから解放される

通勤の便利さも気持ちにゆとりをもたらします。車通勤を認める会社が少なくありませんし、電車通勤でも都会では避けられない朝晩の通勤ラッシュとは無縁です。毎日の通勤地獄からの解放は、それだけでも大きなメリットになります。

メリット3 生活費が都会よりも安い

生活費を安く抑えられるのも地方の良さです。とりわけ、その差が目立つのが住居費です。都会ではワンルームマンションでも月額7、8万円は下らず、さらに駐車場を借りるとなれば2、3万円はかかります。ところが地方では7万円もあれば駐車場付きのファミリータイプのマンションを借りられる地域も珍しくありません。もちろん、戸建て住宅やマンションの値段も、格段に安くなります。若いうちに“庭付き1戸建て”を実現するのも夢ではありません。

その他 Uターン・Iターン転職のメリット

Uターン転職の場合は、「親の近くに住めるので安心(同居すれば生活費を抑えられる)」「地元の友人がたくさんいる」「子どもの頃から慣れ親しんだ土地で生活できる」といった良さもあります。将来的に出身地に帰ることが決まっている人のなかには、「中途退職するなら、最初から地元に就職するほうがキャリアの面でも有利」と、考える人もいます。
一方、Iターン転職では、「大好きな土地で暮らせる」といった理由が動機になる人が多いようです。旅行とは違い、実際に住んで初めて感じ取れる魅力もあるのかもしれません。

Uターン・Iターン歓迎の求人を探してみる

地方で働く人が増えている理由は?

「田舎暮らし」「地方」に多くの人が目を向けるようになった理由は何でしょうか。

「どのような企業でも将来にわたって安定が約束されているわけではない」ということが広く認知されるようになり、それなら「自分が最も充実して過ごせる職場を探そう」という意識が芽生えてきました。そして充実の一基準として「地方」が大きくクローズアップされてきたと考えられます。

加えて、優秀な人材を確保したい地方の企業や、地域活性化を図る自治体がUターン転職・Iターン転職を受け入れるための制度を充実させ始めたことが、その流れを加速させています。国の権限を地方に移譲することで、地方自治体に付随する企業が活性化し、さらにその周辺企業に仕事が発生するという流れが固まりつつあります。また、IT基盤が全国的に整ってきたことで、情報の流れも整備され、地方の企業は一時の苦境から息を吹き返してきました。

その結果、人材を求める地方の企業のなかには東京や大阪で会社説明会を開催したり、Uターン転職・Iターン転職の希望者を優遇して採用するところや、定住する人に向けてリーズナブルな公共住宅などを用意する自治体もあります。

Uターン・Iターン歓迎の求人を探してみる

地方で働く心構え、リスクとは?

地方での生活に魅力があるのは確かですが、もちろん良いことばかりではありません。
「想像と全然違う!」といったことのないように、しっかりと現実を見つめましょう。

地方も都市も、働くスタイルは会社次第

例えば、よくある誤解が「地方なら、どの会社ものんびりしているだろう」というもの。しかし、会社によって業務内容や忙しさが異なるのは、地方も都会も変わりません。「プライベートを充実させたかったのに、そんな時間はない」といった失敗がないように、あらかじめ就業形態などをじっくりと調べるようにしましょう。

地方ならではの生活に順応できるか?

地方での生活に順応できずに悩む人もいます。都会では隣人の顔すら知らないことも珍しくありませんが、地方では地域の付き合いや、特有のしきたりを重んじるところも少なくありません。冠婚葬祭や地域の行事に、たびたび出席しなくてはならないケースもあるでしょう。そういう付き合いを上手にこなす自信のない人は、人口の少ない田舎町は避け、比較的、大きい都市を選ぶのが無難です。

都市に比べると情報が少ない

大都市に比べて、情報量が少ないという現実も無視できません。インターネットの普及で情報量の差は是正されてはいるものの、例えば映画館や美術館の数、また音楽や舞台などの公演も大都市の方が圧倒的に充実しています。
買い物も同様です。今ではインターネットショッピングでたいていのモノは買えますが、実際の店舗での買い物となると、やはり大都市ほどには品ぞろえが充実していません。都会での生活に慣れた人にとっては、物足りなさを感じてしまうこともあるようです。
また、地方での移動は車が主体です。車を所持していないと何かと不便があることも知っておきましょう。

こうした都会に比べての欠点の多くは、
入念な下調べでクリアできるもの。
できる限り、実際に足を運び、
自分の目と耳で確かめることが、
失敗しないUターン転職・Iターン転職の
ポイントといえるでしょう。

Uターン・Iターン歓迎の求人を探してみる

自治体・団体が支援する雇用促進情報を見てみる

愛知県での就職を考えている方に向けて、仕事情報や、住まい、生活に関するさまざまな情報を提供しています。個別相談も実施していますので、お気軽にご相談にお越しください。≪マイナビ転職EXPO 東京≫にも出展します。
【東京都】東京国際フォーラム
 東京都千代田区丸の内3-5-1
2016年7月30日(土)11:00〜17:00
掲載終了予定日 2016/07/25
詳細を見る

公務員・団体職員など公共サービスの転職・求人情報を見る

希望勤務地にマッチした求人や、エリア情報をメルマガでチェック!

メールマガジンをチェックする

関連コンテンツ

  • 転職イベント情報

    全国各地で開催するマイナビ転職の転職フェア・イベント(合同説明会)情報

  • 転職ノウハウ

    応募企業の探し方、面接のポイントから、円満退社の秘訣まで…転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

  • 転職Q&A

    Uターン転職を希望するため遠方への転職活動をしている方からの質問に回答!

  • 実録!激辛面接攻略法

    Uターン転職を希望する場合の面接での答え方を紹介しています。

  • 履歴書コーチ

    Uターン希望の場合は? あなたのWEB履歴書を専任のアドバイザーが無料で添削!