転職ノウハウ 応募企業の探し方、面接のポイントから、円満退職の秘訣まで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!
このエントリーをはてなブックマークに追加
職種別 受かる!志望動機・理由の書き方、伝え方

採用担当者が採否を決定するうえで、大きなポイントとなる志望動機について、さまざまな職種の経験・未経験者の例文(サンプル)をご用意しました。志望動機をどう考えて伝えればいいのか、書き方について例文(サンプル)と合わせてマイナビ転職の転職MYコーチがアドバイスします!

採用担当者に聞きました!

新卒採用とは異なり、中途採用で人事や採用担当者が履歴書など応募書類に記載された内容の中でもっとも重視するのは「職務経歴(業務経験)」でした。

そして、「志望動機・志望理由」です。多くの会社のなかから、「(当社で)具体的に何がしたいのか?」「(当社で)何ができるのか?」「(当社に)入社したいと考える理由」などから、自社の採用ニーズにマッチした人材なのかを見極めたいと考えています。ですので志望動機にはその答えとなる内容を盛り込むことが重要になります。

※ 調査方法:インターネット上で実施(楽天リサーチ株式会社)/調査対象:人事など採用業務の経験者300人 /調査期間:2014年1月27日~31日

「志望動機」「志望理由」の
書き方・伝え方について、
転職MYコーチがアドバイス!

履歴書などの応募書類において、志望動機や志望理由はスキルや経験を生かせる「職務経歴の強み」と、応募企業だからこそキャリア目標が実現できるという「企業への想い」という2つのことを説明する必要があります。ですが、履歴書などの応募書類でどちらか一方のみのアピールしている方が多いんです。

「なぜ当社なのか?」という採用担当者の疑問に答えられなければ、優秀なキャリアが あっても、インパクトの弱い志望動機になってしまいます。経験があるというだけでは、応募企業と他社との差別化ができず、技術を習得できるという志望動機は、企業は学校ではないと考える採用担当者もいます。

一方、応募企業に対して熱烈なラブコールを示しても、経験やスキルなどが企業側の求める人材とマッチしていなければ、「あこがれ」だけの志望動機になってしまいます。

ですので、志望動機は、応募企業に向けた独自性のあるものを作成する工夫が必要です。個人のキャリア目標は変わらなくても、企業によって求める人材が異なりますので、応募企業に特化したキャリアの強みと貢献できる業務を強調した書き方に工夫することがポイントです。

企業の情報収集はもちろん、求人情報から求められる能力を把握し、入社後の自分の活躍する姿をイメージしながら、採用担当者にアピールするようにしていきましょう。

書き方のポイント

企業が求める人材を踏まえて、(自分の)仕事上の強み、興味を伝える

(自分の)将来の
キャリアビジョンを伝える

応募企業の特徴を踏まえて(自分が)実現・貢献できることを伝える

転職MYコーチとは?

CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)や、キャリアコンサルタントなどの資格を有するプロのキャリアアドバイザーのチームです。IT、メーカー、小売・流通などさまざまな業界の実務経験も豊富な「マイナビ転職」専任のアドバイザーたちが、あなたの魅力や強みを採用担当者の視点でチェック。志望動機など記載された内容のアドバイスを行う会員限定「履歴書添削」サービスも行っています。

この記事はいかがでしたか? ★をクリック!(必須)


適職をディグる! ジョブリシャス診断(適職診断)
履歴書の添削を受ける

「知っトク」メール

基本のノウハウだけでなく、市場動向も踏まえた「今、知っておきたい」転職情報を読めるメールマガジンです。毎週月曜日配信です。

新着求人メール

新着求人の中から、あなたの希望条件に合った求人やお勧め情報をお届けします。
毎週2回、更新日(火曜日・金曜日)に配信です。

  • マイナビ転職 グローバル
  • マイナビ転職 エンジニア求人サーチ
  • 女性のおしごと