マイナビ転職女性のおしごと

編集部がおすすめする、求人情報や転職に役立つ情報が満載!
働く女性をしっかりサポート!

このエントリーをはてなブックマークに追加

人生の先輩に聞きたい!輝くキャリア女子の生き方 人生の先輩に聞きたい!輝くキャリア女子の生き方

水落さん、石田さん、藤原さん 水落さん、石田さん、藤原さん

transcosmos

写真左から

  • トランコスモス株式会社
    WEBデザイナー
    2008年入社

    水落さん

    Profile
    7年前に新卒で入社。就活当時からトランスコスモスの「人の良さ」「人材の厚さ」に大きな魅力を感じ、出来る限り長く勤めたいと思っている。
    既婚。
  • トランコスモス株式会社
    Webディレクター
    2012年入社

    石田さん

    Profile
    制作現場でデザイナー、ディレクターとステップアップするうち「もっと規模の大きな仕事がしたい」と心機一転、トランスコスモスに入社。
    既婚。子供あり(1歳半の女の子)。
  • トランコスモス株式会社
    Webディレクター
    2014年入社

    藤原さん

    Profile
    Web制作会社のデザイナーからキャリアアップを目指して転職。現在は大手通信系企業のメルマガ運用等を担当するディレクターとして活躍中。
    独身。

仕事と家庭、両立しながらキャリアを磨けるって本当ですか?

あらゆる業界で消費の中心が女性に移りつつあるこの時代。
産休・育休・福利厚生など各種制度を整え、有能な女性社員の獲得を積極的に行う企業が増えて来ました。
とはいえ、実際に家事や育児をしながらバリバリ働くって、周囲の理解がないと難しい…
そこで今日は、ITアウトソーシングのパイオニア企業『トランスコスモス株式会社』の
Web制作部門で活躍する3名の女性社員に本音を語っていただきました。

やるからには大きな仕事、その気持ちはみんな同じ!

水 落
私は新卒で入社しましたけれど、藤原さんと石田さんはそれぞれWeb制作の第一線から転職されましたよね。やっぱりより良い職場環境を求めて?
藤 原
環境もそうですけど、クリエイターとしての自分を冷静に見つめたとき、年齢に合わせてステップアップして行くには今よりもっと大きな舞台に飛び出したほうが良いのかな、と思って。
石 田
私も。Webディレクターとしてナショナルクライアントの案件を手がけるってやっぱり夢じゃないですか。トランスコスモスなら、性別や年齢にまったく関係なく活躍している人が多い、そんな印象で決めました。
水 落
確かに、個性豊かなプロフェッショナルが多いというか…私はゼロからスタートしましたけど、Webデザイナーとしてだけじゃなく人間としてもものすごく修行させてもらいました(笑)
石 田
あ、それ分かります!(笑)
藤 原
私、こんな大きな会社で働くの初めてなんですけど、仕事の規模だけじゃなく先輩の器も「大きいな」っていつも思ってます!

女性が第一線で多く活躍する企業、その秘密は─

藤 原
私はまだ独身だけど、お二人は結婚されてますよね。
水 落
私は子供がいないけれど、子育てしながら活躍している女性社員もすごく多いですよ。石田さんもそうですよね?
石 田
うちは1歳半の女の子がいて。0歳から保育園に預けて現場に復帰しました。
藤 原
私は、せっかくこの会社で念願のディレクターになれたので、もし結婚して子供ができても引き続きキャリアを磨きたいって思ってるんです。だから頑張ってる先輩の背中を見ていると勇気がわいてきます。
水 落
そういう点では、上場企業ならではの福利厚生の充実は有り難いですよね。
石 田
私も独身で入社して、産休・育休・時短勤務を経て今はフルタイム復帰です。
藤 原
頼もしい!私の理想の働き方です!
石 田
でも、子育てってアクシデントの連続だから。実は今も、体調を崩して熱を出していて…。
藤 原
えっ!
水 落
それは大変ですね!
石 田
だから夫と交代で早めに帰らせてもらっています。こういうとき、周囲の人たちがすごく優しくて、本当に助かります。確かに会社の制度は大切だけれど、一番頼りになるのは「人」。
水 落
そうですよね、最後はやっぱり「人」…。
藤 原
子育てしながら第一線に復帰するにあたって心がけていることってありますか?
石 田
「仕事は極力1人で抱え込まない」ことですね。ある程度きちんと共有しておかないと、急に休んだ場合のフォロー体制が整わないから。
水 落
どの部署もチームワークはものすごく良いですものね。こんなにたくさん社員がいるのに。
石 田
男性の先輩でも家庭をお持ちの方が多いから、子育てにも非常に理解があるんですよね。
藤 原
その言葉でさらに安心感が増しました(笑)

誰もが自分らしく働ける、理想の職場を目指して

水 落
「結婚したから」「子供ができたから」と言って、何かを無理矢理変える必要がない。自分がどういう風に働きたいのか、そのニーズを受け入れてくれる。トランスコスモスのそんな社風が、女性の活躍を後押ししていると思うんです。
藤 原
子供を生んでも、ちゃんと帰れる場所があるのは嬉しいですよね。
水 落
子供が小さいうちは、まず時短勤務しやすい人事・総務やサービス推進などの他部署で復帰して、子育てが落ち着いてからWebディレクターに戻ることだってできます。心配ないですよ。
石 田
だから社員はみんな、自分のキャリアに自信を持ってイキイキと働いているんですよね。性別に関係なく。
藤 原
私もそう思います。自分もそうなりたいと思います。
石 田
これから私は管理職を目指してスキルを磨いて、ゆくゆくは人材の育成を手がけたいと思っているんです。
水 落
素敵ですね、応援します。実際に結婚や出産を経験された石田さんなら、女性も親身になって色々相談ができますね。
藤 原
私自身の経験から言うと、Webデザイナーからディレクターになりたいという入社時の希望に上の方がきちんと耳を傾けてくれたことがとても嬉しかったです。仕事へのモチベーションも一気に上がりました。
石 田
私も後輩にそう言ってもらえるよう、頑張ります。
この企業の求人情報はこちらをご覧ください 女子Lab TOPページへ戻る

適職をディグる! ジョブリシャス診断(適職診断)
履歴書の添削を受ける

「知っトク」メール

基本のノウハウだけでなく、市場動向も踏まえた「今、知っておきたい」転職情報を読めるメールマガジンです。毎週月曜日配信です。

新着求人メール

新着求人の中から、あなたの希望条件に合った求人やお勧め情報をお届けします。
毎週2回、更新日(火曜日・金曜日)に配信です。

  • マイナビ転職 グローバル
  • マイナビ転職 エンジニア求人サーチ【IT】
  • マイナビ転職 エンジニア求人サーチ【ものづくり】
  • マイナビ転職 女性のおしごと