記事一覧

ー 北海道の美味しい野菜は、「良い土」から始まる。それを作るのが私たちの使命です。 ー

こんにちは。 今回は、当社の工場紹介「第1弾」ということで、 ピートモス、培土、緑化資材を生産する厚真工場を大公開!! 【1.厚真工場はどんなところ?】 厚真工場では、育苗(種から、畑やハウスへ植えるまでの苗を育てること)で使われる土や、 畑の土壌をより良くする資材などを、主に生産している工場です。 最近では需要の増加に伴い、建物の新設や半自動化の推進などを積極的に行っています。 【2.どんな仕事をしているの?】 性質や粒の大きさが違う土(十数種類)を、用途に合わせて調合し、製品化しています。 工程は主に以下の通り。 土の種類、粒の大きさで分ける 土を加工(加熱処理)する 用途に合わせて土を混合(調合)する 袋詰め、梱包する 出荷する 各工程をスタッフで業務を分担・協力して進めていきます。 工程の中でも、特に難しい部分は”混合(調合)業務”!! 厚真工場のエース、川奈野さんの混合技術は素晴らしく、 川奈野さんが調合した製品の誤差は0.1%もないそうです。 混合業務のコツをうかがいましたが、『ヒミツです(笑)』と回答。 『1日で習得できる技術ではないが、2~3年程度、正確な製品づくりを心掛けていれば、必ず習得できますよ』と優しく教えていただけました。 また、袋詰め、梱包業務については、半自動化を推進中。 袋詰め業務では、ベルトコンベア式となっており、複数名のスタッフで担当します。 製品の種類によっては多少のチカラ仕事はあるものの、 スタッフの負担を少しでも軽減できるよう、積み付けや梱包のロボットを導入しています。 【3.工場で働くスタッフにインタビュー!】 今回は川奈野さん(男性)と、小石川さん(女性)の2名にインタビューを行いました。 ≪入社のきっかけは?≫ 川)私は高校時代にここでバイトしていたので、先輩社員とも顔なじみだったし、   働きやすさで入社を決めたかな。小石川さんは? 小)え。川奈野さんが紹介してくれたの忘れましたか?笑 川)そうだった!ちょうど就職先を迷ってた時だったよね! 小)私は接客の仕事より、黙々とやる仕事を探していたので、   そんな時に川奈野さんから誘われて入社を決めました。 ≪厚真工場はどんな職場ですか?≫ 小)"THE チームワーク”って感じの職場ですよね。 川)確かに!その日の目標生産量に向けて、それぞれの役割をしっかり把握しながら   動いていくから少し大変なところもあるかもね。 小)でも困ったときはすぐに相談できるし、いつも周りのみんなに助けてもらってます。 川)そうだね。工程の中で1つでも欠けてしまったら、スムーズに進まないからね。   その日の目標生産量を達成できた時が、やりがいを感じられる瞬間かな。 ≪今後の目標はありますか?≫ 川)私は今年の4月に主任に昇格しました。その日の工程の進捗を見たり、   スタッフに指示を出す立場として、これから頑張っていきたいです。 小)私は今年の夏に重機の資格を取得したので、重機の運転に早く慣れたいです。   最初は運転するのが怖くて、本当にイヤでしたが…。   いま私のお気に入りは一番大きいフォークリフトです♪(笑) 【さいごに】 ≪厚真工場長 武市さんから≫ 北海道の食材をより高品質に育てるためには、まず「良い土」「良い苗」から始まります。 それを支えているのが当社であり、私たちの使命でもあります。 また、当社しか持っていない機械や技術によって北海道の農家さんを支え続けていることに、誇りを持っています。 普段の仕事中などに、その役割や使命を実感することは少ないかもしれませんが、 目の前にある「土」が、皆さんの”美味しい食べ物を食べた時の笑顔に繋がること”を、 少しでも想像しながら、一緒に働いてくれると嬉しいです。 職場見学を希望の際は、是非お気軽におっしゃってください。 皆様からのたくさんのご応募、お待ちしています。

北海道に貢献して約80年。農家さんの"パートナー"として事業を展開中!

はじめまして! 私たち北海道農材工業株式会社は、農業・水産業用資材の製造を通じて、北海道の食料課題に貢献するべく様々な事業を展開している会社です! 今回は初回の投稿ということで「事業紹介」や「当社の歴史」など盛り沢山の内容でお届けします! 「農家さんのパートナーとして」 現在の当社の主力事業は"炭酸カルシウム肥料"と"培養土"の主に2つ。 炭酸カルシウム肥料は酸性となった土壌のpHを調整するために使われます。 培養土は、主に農家さんが春先に苗を育てるために使用する「土」で、中でも当社が製造する培養土は、作物ごとや農家さんごとの希望に調整した、こだわり抜いた製品を作っているのが特長。作物や地域の特性に合わせて配合する原料などを変え、農家さんのパートナーとして様々な工夫を凝らしています。今後の展望としては、設備投資にコストをかけ、手作業のこだわりと機械による業務効率化の二つを活用して、更なる事業拡大を目指しています。 「私たちの歴史ついて」 明治維新以降、開拓が進められていた北海道は、農耕地の多くが酸性土壌と特殊土壌(火山灰土、泥炭土、重粘土、湿地帯)のため、農作物が育ちにくく、国の政策として、土地改良事業を強力に推進する必要がありました。 また、その後の第二次世界大戦下では更なる食糧の増産が急務であったことから、道内乳業の一元化・合理化を推進するとともに土地改良・採種事業などの重要資材の生産配給を併せ行う会社として昭和16年に「北海道興農公社(現 雪印メグミルク株式会社)」が設立されました。 その「北海道興農公社」の土地改良部門(酸性土壌の改良と排水用土管の製造)であった「農地改良部」から戦後の昭和22年に独立したのが当社のはじまりでした! 「尽きないニーズと安定基盤」 雪印メグミルクグループの関連会社であることはもちろん、事業や会社としての安定性が高いことは当社の大きな魅力の一つ。 農水産事業を支える土地改良資材や、水産用資材を取り扱っており、ニーズが尽きない事に加え、約80年の歴史で積み上げた信頼と実績があります。 また、待遇面でも燃料手当、退職金制度などの手当や福利厚生も完備。地元である北海道で、安定したキャリアを築きたい方にピッタリな環境です! 「募集職種について」 現在当社では、主力事業の"炭酸カルシウム肥料"と"培養土"の生産工場である士別、厚真の2工場の「製造・出荷スタッフ」を募集中。 どのポジションも当社事業の中核を担う大切なお仕事であり、北海道の農水産業を活性化させるという、大きなやりがいがあります。応募に必要な特別な資格・スキルは一切ありません!約80年の歴史があり安定性の高い当社で、一緒に働きたい方をお待ちしております! 「最後までお読み頂きありがとうございました!」 今後も、マイナビプラスストーリーズを通じて、当社の日常や魅力など、様々な情報を発信していきます!是非チェックしてくださいね♪

北海道農材工業株式会社
北海道
商社
当社ページを閲覧いただきありがとうございます。記事が気に入ったら「いいね」をお願いします。
北海道農材工業株式会社
北海道
商社
当社ページを閲覧いただきありがとうございます。記事が気に入ったら「いいね」をお願いします。
+Storiesとは?+Storiesとは? 見つける