転職ノウハウ 応募企業の探し方、面接のポイントから、円満退職の秘訣まで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!
このエントリーをはてなブックマークに追加
キャリぺディア

転職実用事典「キャリペディア」

年収とは? 手取りとどう違う? 違いの解説と確認方法

会社員が手にする給与は、場面によって「年収」「月給」「手取り」「総支給額」「額面」「所得」などさまざまな呼ばれ方をします。しかし、はっきりした違いや使い分けは分からない…… という方も多いのではないでしょうか。

そこで、「年収と手取りの違い」や、「年収・手取りなどそれぞれの金額の確認方法」「ボーナスや交通費は年収に含まれるのか」「年収から手取りを計算する方法」など、会社員の給与にまつわる疑問について詳しく解説します。

年収が入った封筒

<INDEX>

年収とは? 月収とは?

一般的に年収とは、税金(所得税や住民税など)や保険料(健康保険料、厚生年金保険料など)が差し引かれる前の年間の総支給額を指します。雇用主が払うお金全部、と考えることもできるでしょう。単に「年収」ではなく、「税込年収」や「額面年収」と呼ばれることもあります。ちなみに、年収を12カ月で割ったものが月収になります。

年収の確認方法
会社員の場合、源泉徴収票の「支払金額」の欄に記載されている

では、「月給」の場合はどうでしょうか?

月給とは?

月給とは、一般的には、基本給に加え役職手当や地域手当など、月によって金額が変動しない手当を含んだものです。インセンティブ(報奨金)や残業手当などの金額が変動する手当や、立て替えた経費の払い戻し額(通勤手当以外の交通費や出張費など)は含まれていません。また、税金や保険料なども差し引いていない金額になります。

月給の確認方法
給与明細の「基本給」に「役職手当」「住宅手当」「家族手当」「地域手当」など固定額の手当てを合算して算出する

続いて、間違いやすい「手取り」や「総支給額」「額面」「所得」について解説します。

年収が入った給与袋

手取りとは?

手取りとは、その名のとおり、手元に入ってくる金額のことです。税金や保険料などが差し引かれた後、実際に銀行口座に振り込まれる金額なので、最も身近な額とも言えるのではないでしょうか。会社によっては、会社規定による積立金や親睦会費なども引かれた金額になっていることがあります。

手取り額の確認方法
給与明細では「差引支給額」や「銀行振込額」といった欄に記載されている。また、実際に給与が振り込まれる銀行口座の取引明細でも確認できる

総支給額とは? 額面とは?

額面と総支給額はほぼ同じ意味で使われます。基本給に各種手当、立て替えた経費の払い戻しなどをすべて足した金額、つまりその月に雇用主が払うお金全部、と捉えることもできるでしょう。税金や保険料が差し引かれる前の金額なので、「手取り額より多い」ということを留意しなければなりません。なお、月の総支給額を12カ月分足すと年収になります。

総支給額または額面の確認方法
給与明細の「総支給額」や「支給額合計」の欄に記載されている

所得とは?

「所得」は、会社員の場合正式には「給与所得」といい、年収から必要経費を引いた金額のことを指します。必要経費といっても、会社員には自営業と違い「経費」という考え方がありません。その代わりに、給与所得控除というものがあり、「年収−給与所得控除額」が会社員の所得となります。

所得の金額確認方法
源泉徴収票の「給与所得控除後の金額】」の欄に記載されている
Web上で年収を入力すると自動で所得を計算できるツールなどもある

参考:所得税の仕組み(給与所得、給与所得控除、所得控除)

所得税は、上記の所得から、更に『所得控除(「基礎控除」「生命保険料控除」、「医療費控除」、「寄附金控除」など)』を差し引いた金額に応じてかかります。年収ごとの給与所得控除額や所得控除の種類などは、国税庁ホームページに詳細が記載されていますので確認してみてください。

給与明細で手取りを確認する

転職活動するなら「年収」「月給」の理解を

このように、給与を示す言葉には「年収」「月収」「月給」「手取り」「総支給額(額面)」「所得」などさまざまあります。では、転職活動をしていくうえで押さえておくべきなのはどの言葉なのでしょうか?

求人情報などに記載される「給与」は、「年収」または「月給」が多いので、転職活動を始める前に現在の「年収」「月給」を把握しておきましょう。そして、現在の給与と比較する際は「年収は差し引き後の金額(=手取り)ではない」こと、「月給は基本給+毎月変動しない手当」という点に注意を。

面接で聞かれたり、提示されるのは「年収」が多いでしょう。前章でも説明したとおり、年収は税金や保険料を差し引く前の金額なので、日ごろ目にしている給与明細や振込金額(手取り)と比較してしまうと高く見えがちです。言葉の意味を正しく理解していないと「年収が上がる」とぬか喜びしてしまったり、「年収交渉時に間違えて差し引き後の金額(手取り)を答えてしまった」という話もありがちなので気を付けましょう。

≫ ただ金額を答えるだけでは不十分!? 面接で年収を聞かれた時のベストな答え方は?

では、ここから「年収」「月給」について、よくある疑問に答えます。

Q.年収にボーナス(賞与)は含まれる?

年収は、「会社から支払われるお金全部(年間の総支給額)」のことですので、そこにはボーナス(賞与)も含まれます。ただし、ボーナスは毎月の給与とは異なり、会社が必ず支払わなければならないという義務はありませんので、年収にボーナスが含まれていない会社もあります。また、支給されるとしても会社ごとに支給の基準が違い、その年の業績によってもボーナス支給額は大きく変動する可能性があります。

転職先のボーナスの有無や支給の基準については、思い込みで判断せず、求人情報や会社の採用ホームページを見る、面接時に確認するなど、しっかりチェックしておきましょう。

Q.年収に交通費など立て替えた経費の払い戻し額も含まれている?

通勤定期代など立て替えた経費の払い戻し額も、年収に含まれます。会社によっては交通費ではなく、通勤費、通勤手当といった名目で支給されていることもあります。とはいえ、実際には自身で立て替えした分が会社から返金されているだけですので、年収が増えているように見えても給与が増えているわけではありません。

ちなみに、営業車の駐車場代や交際費など立て替えが多い仕事に転職した場合、「年収が上がったと思っていたけれど実際に使えるお金は変わっていなかった……」なんてこともあるそうです。

Q.給与が月給で示されている場合に注意することは?

給与が月給で提示されている場合、盲点になりやすいのは残業代、インセンティブ(報奨金)、役職手当、地域手当、住宅手当などの各種手当やボーナスです。

ボーナスと同じく、手当の有無や支給基準も会社の給与規定によってさまざまです。現職と月給が同じくらいの会社に転職しても、見なし残業代として一定額が月給に含まれていたり、現在の勤め先にある手当がなかったりすると、年収で見ると金額がダウンすることもあります。思い込みで判断せず、必ず求人情報や企業の採用ホームページなどをすみずみまでチェックし、不明点があれば採用担当者に質問してみましょう。

≫ 求人情報の給与・昇給・賞与・諸手当、注意すべきポイントは?

年収から手取りを計算する方法は?

このように転職活動で提示されるのは「年収」や「月給」が多いとはいえ、実際に振り込まれたり、自由に使えるお金である「手取り」で見ないとピンと来ないという人も多いのではないでしょうか。そこで、年収から手取りをざっくり計算する方法と300〜1,000万円の各年収の手取り額目安を一覧表にしてみました。ぜひ、参考にしてくださいね。

計算方法(ボーナスを考慮しない場合)
年収×0.8÷12(カ月)=手取り

独身・扶養家族なしの場合は、年収の約8割が手取りとして手元に残る金額と言われています。日本では、年収が高くなるほど税率が高くなる「累進課税」という仕組みがとられているため、年収が上がるほど手取り額の割合が少なくなります。※地域によって異なる場合もあります

よって、以下の表では、年収600万円までは8割(×0.8)、700~800万円は7.5割(×0.75)、900万円は7.4割(×0.74)、1,000万円は7.3割(×0.73)で算出しました。

年収手取り
(ボーナスが1カ月分×年2回支給の場合)
手取り
(ボーナスが2カ月分×年2回支給の場合)
300万円約17.1万円約15万円
400万円約22.9万円約20万円
500万円約28.6万円約25万円
600万円約34.3万円約30万円
700万円約37.5万円約32.8万円
800万円約42.9万円約37.5万円
900万円約47.6万円約41.6万円
1,000万円約52.1万円約45.6万円

このように年収が100万円違うと、毎月の手取りも5万円前後の差が出ます。応募企業の年収が現在より大きく下がる場合は、生活費にいくら必要なのかを合わせて確認しておくと安心でしょう。

まとめ

いかがでしたか? 「年収」「月収」「月給」「手取り」「総支給額(額面)」「所得」など会社員の収入について解説してきました。

転職活動をするうえでよく出てくるのは、「年収」と「月給」。また、「年収」は実際に振り込まれる「手取り」より高い金額になるということを覚えておきましょう。手取り額の目安は、「年収×0.8÷12」でざっくりと算出することができます。

給与を表す言葉の違いを正しく理解して、不安をなくして転職活動を進めましょう。

※2017年12月現在

マイナビ転職 編集部

バックナンバー

履歴書在中と書く? 履歴書の折り方、封筒サイズ、切手の料金など、郵送時の基本

選考は採用担当者が封筒を受け取った瞬間から始まっています。優秀な人材で経歴が申し分なくても、送り方が基本からずれていると良くない印象を与える可能性が...

年間休日とは? 平均日数や多い業種ランキングと転職前に確認すべき休日記載

求人情報でよく見掛ける「年間休日120日」などの表記。しかし、「年間休日に夏季休暇や有給は入るのか」や「年間休日120日は多いのか少ないのか」分から...

外資系企業にまつわるウワサ、それって本当? 外資系企業で働いている人に聞いた、外資系企業のメリット・デメリット

外資系企業というと、「年収が高い」、「コミュニケーションは英語」、「実力主義」などのイメージがありませんか? 今回は、外資系企業で働いている人へのア...


適職をディグる! ジョブリシャス診断(適職診断)
履歴書の添削を受ける
  • マイナビ転職 グローバル
  • マイナビ転職 エンジニア求人サーチ【IT】
  • マイナビ転職 エンジニア求人サーチ【ものづくり】
  • マイナビ転職 女性のおしごと
マイナビ転職 適性診断
マイナビ転職 適性診断

会員登録(無料)


1分で分かる! あなたの強み「社会人力診断」
メカラボ
土地柄タイプ診断
職務経歴書・履歴書テンプレのダウンロード
オフィシャルBOOK
シゴトサプリ