記事一覧

≪不動産営業≫社員インタビュー~Sさん~安心感のある人柄と雰囲気でお客様も社内も明るくなる空間を提供

皆さま、こんにちは。 株式会社貴順です🌞 今回は久しぶりの不動産チームのメンバー紹介です🤩 いつも前向きでエネルギー溢れるSさんをご紹介🌞 安心感のある人柄と雰囲気でお客様も社内も明るくなる空間を提供してくれます✌ それではインタビュー本編をご覧ください🎉 ①これまでのキャリアについておしえてください 20代の頃から約30年近くサービス業中心にいそしみ前職では約7年間人材派遣会社にて人材コンサル、新規開拓営業をやっておりました ②一日の流れをおしえてください 8:45分出社~ 本日のスケジュール確認 9:00~ 朝礼、本日の業務報告 9:30~ 昨日の反響確認、追客架電対応、査定書メール 訪問業者対応、電話応対、都度チャット報告 アポイント予定のお客様の資料準備 12:00~13:00 ランチタイム 13:00~ お客様へ査定訪問又は内見案内、お約束ない場合は追客架電、見込み客掘り起こしなど 16:00~ 業務報告、相談ドゥネット追客リストへ登録、夕方帰宅タイムを狙って連絡がとれなかったお客様へ架電アポ取り都度ドゥネット追客リストへ登録 18:00~ 本日の業務日報記入 退勤 ③仕事のやりがいを感じるところをおしえてください 昨日迄は全くご縁のなかたお客様と不動産を通してご縁ができ更にそのお客様から他の方へご縁が広がって皆さんに喜んで頂きそれが自分へ報酬として返ってきた時 ④会社の雰囲気をおしえてください 皆さんのポテンシャルも高く落ち着いた雰囲気だと思います。 ⑤どんな人が向いている 前向きに元気良く仕事に取り組める方 ⑥今後の目標 面談できたお客様一人一人を大切にあなたが担当で良かったと言って頂けるような営業マンになる ⑦求職者に伝えたい会社の魅力 業務の事で困った事や人間関係での悩みなども上司に相談しやすい会社です いつもハキハキそしてシャキシャキのしっかり者です👊 社内のメンバーからもお客様からも人望が厚くこれからも活躍への期待大です☆彡 本日も最後までご覧いただきありがとうございました。 次回の更新もお楽しみに~🌈 仕事を通して、一緒に成長したい意欲のある皆さまのご応募、心よりお待ちしております🤗 株式会社貴順のHP 物流時代のyoutubeチャンネル 物流時代のTikTokチャンネル 物流時代のInstagram 物流時代のFacebook

入社しました

入社した理由は 前回の募集で営業職(現在は募集していません)として入社したO係長。前職は金融機関にお勤めでした。6月1日より石油部門に配属となりました。 当社を選んだ理由は、「安定していそうだから」とのこと。 実際に当社は複数の事業を行っている「商社」です。「三本の矢」の話と同様、「折れにくい」からこそ「140年」という歴史があるのです。 入社してみて 当社が商社ということは知っていたそうですが、入社してみての感想は、 「いろんな部門があり、それぞれの部門が業務に合わせた特色を持っている。石油製品の卸だったり、小売りのスタンドがあったり、生活事業は『塩』というものを扱っていたり、関連会社ではさらに生活に密接にかかわっているものを運んでいたり、まさに『総合商社とはこういうものか』ということを実感しました。」とのこと。 これからの仕事は 石油部門でも生活に密接している石油製品の営業を行っています。「今は引き継いだお客様への営業と新商材の拡販を行っていきます。前職での知識や人脈を生かして営業できたらと思っています」と張りきる毎日のO係長です。

【取材】中途入社のホープ

現在、採用ホームページのリニューアルに取り掛かっております。 中途入社で活躍している社員の様子を取材いたしました。 当社は、7月27日(日)に八戸駅前ユートリーで開催される【マイナビ転職フェア八戸】に参加いたします。興味をお持ちの方は、ご参加ください。

社員インタビュー/研修について(2024.3月中途入社)

今年の3月に中途入社した高田です。 これまでは、バッテリーの製造や軽鉄工として働いていました。 玉水建装の入社の決め手は、同世代の社員が多いところと、新人教育に力を入れているところに魅力を感じたからです。 入社後はすぐに2週間の研修がありました。 <技術研修> ・ビス打ちの練習 ・天井下地の組み方 ・ボードの加工の仕方や貼り方など 何度か教えてもらいながら作業をし、そのあとは図面を見て1人で貼りました。 図面をよく見ていたと思っても実際切ってみると寸法を間違えていたり、変な形になっていたりとなかなか難しかったです。 <理論研修> 施工要領書をみて軽鉄の施工の基礎を学びました。(1日間) 同じ業界でちょっとだけ働いたことがありましたが、思ってたより知らないことも多く、とても勉強になりました。 研修の総合的な感想としては、作業効率を考えたり、自分のムダな動きを見返す良い機会になったと思っています。 また、入社した次の日からいきなり現場というのではなく、道具の名前・使い方をはじめ基礎をしっかり研修で学んでから現場に出れるので、未経験者であっても現場に出ることの不安感も軽減される気がしました。 入社して3ヶ月が経過しましたが、現場では新しい事にもどんどんチャレンジさせてもらえて、自分の知識や経験が広がっていくことを嬉しく感じています。 また、最初に感じた通り、若い人が多く、活気があり、仕事面でも自分には良いプレッシャーとなり向上心に繋がっています。 会社の雰囲気が明るく、皆さん気軽に話しかけてくれるので、仕事が終わってから先輩社員と楽しく話し込んだりと、とても良い職場だと感じています。 皆さん、最初は気後れしてしまう人もいるかもしれませんが、僕のように、一歩踏み出せばきっと明るい毎日が待っています。 採用HPから応募できますので、仲間になってくださる方、お待ちしています!!

+Stories.おすすめ記事5選 vol.124 ~やりがいを感じている社員の声~

こんにちは! +Stories.(プラスト)編集部のOです。 なんだか急に暑くなってきましたね。夜はもうクーラーなしでは寝れたもんじゃないです…。 夏バテに気を付けながら、お仕事に転職活動にがんばっていきましょう! はい!それでは今週のおすすめ記事をどうぞ! ……………… 『入社して一年が経ちました』 株式会社ビジネスランド @首都圏・北関東エリア 同社でハードウェアの修理や点検業務を担っているKさん。前職も技術職ながら、まったく分野が違う仕事であるため、毎日新鮮味を感じているんだとか。 ただ、入社して1年経ったとはいえ、まだまだ覚えることが多く、先輩のサポートは欠かせない様子。 へとへとになる日もあるようですが、お客様からいただく感謝の言葉と、親身で頼りになる先輩たちの存在がKさんの支えに。仕事にも人間関係にも満足しているKさんの姿が印象的な記事になっています。 ▶この記事を読む ……………… 『タマヤで働く人 転職インタビュー②』 株式会社タマヤ @北陸エリア 法人営業に注力したいとの想いから、転職を考えだしたというT.Yさん。 前職時代から顧客として同社を利用していたことなど、なぜ同社を選んだのかが克明に語られています。 幅広いデジタル機器を扱っている同社ゆえに、入社後は知識の習得に苦労したようです。記事では、資格の勉強をしたり、不明点をそのままにしないということを徹底したり、T.Yさんなりのレベルアップ方法もご紹介。同社を気になっている方はもちろん、未経験から仕事に挑戦しようと思っている方全員に読んでほしい記事になっています。 ▶この記事を読む ……………… 『仕事のしやすい仕事づくり』 鶴見建設株式会社 @北関東エリア お父様の仕事姿を見て、建設業の道を目指した登場者。高校時代に社会見学で同社を訪問して、雰囲気の良さを感じたことから入社を決意しました。 やりたい仕事に積極的に関わらせてもらえる環境や、地図に残る仕事に感じているやりがいなど、同社や仕事に対する魅力が存分に語られている本記事。 何より、写真の登場者の表情が現状への満足感を表わしているのではないでしょうか。 ▶この記事を読む ……………… 『未経験からインフラエンジニアへ!~社員インタビュー~』 株式会社トラウム @関西エリア 学生時代からインフラ関係の仕事に就きたいと思っていたU田さん。同社への転職で、その想いを実現します。 インフラエンジニアは未経験ながら、基礎から学べる研修のおかげで、スムーズな第一歩目を踏み出せたことがつづられています。質問にも気軽に答えてくれる先輩の存在も、U田さんを後押ししてくれているようです。 3年後の目標を明確に語るU田さんの姿からは、同社に、そしてインフラエンジニアの仕事に大きな愛着を持っていることが感じられます。 ▶この記事を読む ……………… 『大型ドライバー🚚作業内容インタビュー🎤』 田中飼料株式会社 @関西エリア ”缶”をトラックに積み込んでいる場面を紹介している本記事。ドライバー職と聞くと、重い荷物を人力で運ぶ印象がありましたが、フォークリフトを使用するので、体への負担はほとんどないんだとか。 他にも、大型ドライバーのやりがいや難しさなど、仕事イメージが具体的になる情報が盛りだくさん。記事を読んで不安が払拭される方も多いのではないでしょうか。 ▶この記事を読む ……………… 以上、今週のおすすめ記事でした。 過去に投稿したおすすめ記事も併せてチェックしてみてくださいね。 【2つのタグで特集を実施中!】 ◎「#自慢の福利厚生」 ◎「#うちのチームを紹介します」 【先輩たちの転職成功体験から学ぶ】 みんなの転職ストーリー 【転職活動中にプラストを利用するメリットを解説】 【企業の深掘りができる「+Stories.」】 "情報収集"が後悔のない転職を実現するカギに 【プラスト記事セレクション】 【注目を集めた記事/編集部おすすめ記事】プラスト記事セレクション2023👑 【過去のおすすめ記事はこちらから】 おすすめ記事5選

休日の過ごし方②

こんにちは!大同電気株式会社 管理課小原です。 前回は私の【休日】を紹介させていただきました。 今回は設計積算課宮里さんの【とある休日】をご紹介します☆ 入社3年目の設計積算課宮里さん。 私の先輩です。本当に色々なことを沢山お話します。 そんな宮里さんの休日について聞いてみました! 【休日何してる??】 読書・ネットショッピング 【最近興味のあること・やりたいことはある??】 スポーツ観戦 【欲しいものは…】 絵画の解説本が欲しい 【犬派?猫派?】 🐈猫🐈 そんな宮里さんも入社3年目に入り、大きな工場や公共工事も手掛ける 積算課のメンバーです。 職人さんに混ざって線を引っ張ることもあるそうです! さすがですね♡ 今回の写真は以前マイナビの撮影をした時のオフショットです☺ こんな感じで毎日楽しくお仕事してますよ☆ HPの従業員紹介も覗いてみて下さい😃 ☆こちらから☆

【転職体験談 #19】収入よりも大切なことを見つけたAさんの物語

こんにちは! プラスト編集部のOです。 第19回目となる「みんなの転職ストーリー」。 今回は株式会社プラストに、総務スタッフとして入社したAさんにお話しを聞きました。 今回も、みなさんの転職活動の参考になる転職体験談を紹介しています。ぜひご一読ください。 【🏢株式会社プラスト】 HP制作やモバイルマーケティング、OA機器の販売など、幅広く事業を展開する株式会社プラスト。16年連続で売上増加を達成しており、2023年10月には4拠点目となる岡山営業所を新設。福利厚生や制度の制定も積極的に実践している。 ——良い人間関係のなかでのスタート オープンを数日後に控えた株式会社プラストの岡山営業所で新たなキャリアをスタートしたAさん。他の拠点には複数いる総務スタッフも、そこではAさん一人だけだったという。 「正直、最初は心細いと思っていました。でも、最初の1週間は埼玉の本社にいる上司が駆けつけてくれたし、その後も『困っていることない?』って何かと連絡をくれて。心細さはすぐになくなりました」 加えて、営業所の雰囲気の良さもすぐに馴染める要因だったという。 「岡山営業所には、横のつながりを大事にする人たちが集まっていたんです。職種や社歴に関係なく、みんなで営業所を盛り上げようとする一体感がありました。仕事終わりに『ご飯行こうよ』と気軽に言い合える関係性があったのも魅力ですね」 ——退職を覚悟したが… ところが、Aさんに転機が訪れる。同居していた婚約者が名古屋に転勤となり、Aさんも岡山を離れなくてはならなくなったのだ。 「当社には名古屋営業所もありますが、そこには育休中の方も含めて3人の総務スタッフが在籍していたんです。空きはないだろうし、異動は無理だと思っていました」 退職を覚悟で会社に相談したAさん。しかし、予想に反した答えが返ってきた。 「『岡山営業所との兼務で、名古屋営業所への異動はどう?』という打診があったんです。それを聞いて、感動しちゃいました(笑)」 「以前、私は移住を理由に退職した経験があるんです。その時の会社のメンバーが本当に大好きで、上長だった方とは今でも交流が続いています。他のメンバーも私が退職するまで、まるで家族のようにずっと気にかけてくれていました。働き続けたかったのですが、移住するんだったら辞めるしかないと決めつけてしまっていた自分がいて…。もっと柔軟に考えて会社に相談していたら、残ることもできたんじゃないかってずっと後悔していたんです」 「今回はしっかり相談しようと思っていたところ、プラスト側からなんとか一緒に働く道を模索し、提案してくれた。うれしかったのはもちろん、『従業員、そして関わる全ての大切な人たちが幸せな人生を送る為の基盤であり続ける』という当社の理念を体感した瞬間でもありました」 ますます会社へ愛着心が湧いたというAさん。現在は名古屋営業所で充実した毎日を送っている——。 ここからは、Aさんが理想的な環境を手に入れるまでのキャリアの軌跡を紹介します。 ——最初のキャリアは接客業 製菓の専門学校を卒業したAさんは、飲食店に就職。3年後にアパレル店に転職することになる。2社続けて接客業の道に進んだ。 「接客コンテストへの参加が転職のきっかけです。たとえば飲食店って、お客様が来店すれば必ず売り上げが立ちますよね。でもアパレル店はそうじゃない。だから両者では接客のアプローチが異なります。そういったことを学び、違うステージに進んでみたいと思うようになったんです」 初めての転職活動になるが、どのように進めたのだろうか。 「好きなブランドのお店に行った際、たまたま社員募集の張り紙を見つけて、その場で直接問合せました(笑)。面接を経て、アルバイトから始めることになりました」 ——事務職へのキャリアチェンジ 転職先は人間関係も良く、接客も楽しかったというAさん。とても充実した日々を送っていたようだが、徐々に転職を考えだすようになる。 「正社員、さらには副店長になって、シフト表の作成といったPC作業の機会が増えました。それで、だんだんと事務方面のスキルを磨きたいと思うようになっていったんです」 Aさんは、2回目の転職活動において情報収集に注力したという。最終的に、事務職を希望する人を応援する派遣サービスに登録し、仕事を探すことにした。 「最初の転職は勢いだけで進めましたが、今回は派遣会社の担当の方に職務経歴書の添削など、いろいろとサポートしてもらいました。転職活動のノウハウはこの時に学びました」 ——事務スキルを磨く日々 Aさんは派遣された3社目、そして4社目で事務職として働くことに。特に4社目の店舗開発事業を展開する企業では大きなやりがいを感じていたようだ。 「新規出店や移転店舗のレイアウトチェック、購買業務、産廃処理対応、契約書作成…など、担当業務は多岐にわたっていました。事務職ながら、現地に出張する機会も多々ありましたね。上長がさまざまな挑戦をさせてくださる方だったこともあり、いろんなスキルを身につけたい気持ちが強かった私にはぴったりの環境でした」 4社目では正社員に登用されたAさんだが、婚約者の転勤で一緒に岡山県に移住することになった。先述した通り、本意ではないものの退職せざるを得なかったという。 ——価値観の変化に気づく 岡山県に移住してからは、フルリモートで働ける外資系企業に勤め出したAさん。しかし、在籍1年もしないうちに業績が悪化し、人員整理の対象になってしまう。そうして転職活動を開始することになった。 「今までの転職活動は、年収アップだったり、スキルアップだったり、自身の市場価値を高めることを優先していました。でも、このタイミングでこれまでを振り返ってみたんです。そうしたら、私はお金よりも、一緒に働く人たちと楽しく仕事ができることを求めているんだと気づきました」 そうした思いのなかで、Aさんはプラスト社の求人を見つける。気になって調べるうちに、同社がインスタやプラスストーリーズで情報発信をしていることを知り、さらに応募意欲が増したという。 「先輩インタビューをはじめ、社員にフォーカスした記事が多く、率直に風通しが良さそうと思ったのを覚えています」 「特に印象に残っているのは、社長のインタビュー記事。内容に共感できたのはもちろんですが、HPにある社長メッセージと発信内容が一貫していました。私は転職活動において、気になった企業はSNSなどの発信とHPの情報を見比べていたんです。なかにはその記載内容にずれを感じる企業もあったので、なおさら好感を持てました」 ——面接で入社意欲が上昇 無事に面接に進むことになったAさん。面接を通して、入社意欲がさらに高まったようだ。 「私からの質問に、面接官の方は事実と個人的な所感をしっかりと分けて伝えてくれました。さらにメリットもデメリットも包み隠さず教えてもらい、時間はあっという間に過ぎ去ってしまった。こんなに楽しいと思えた面接は初めてで、この人たちと一緒に働きたいと強く思ったのを覚えています」 さらに社長面接において、入社意欲は決定的となった。 「最終面接の際に、社長に5年後、10年後のビジョンを聞いてみたんです。そしたら、現実的というか、すごく地に足付いた回答だったんですね。そのなかで、『今が一番良い状態を1日1日積み重ねていくことで、個が成長し、それがチームの成長につながり、そして全体の成長へと広がっていく——。全員がこう思って働いてることが理想的です』といったお話をしていただいて。会社のビジョンに『Growth chainを育てる』という記載があったのですが、その意味がとてもよく理解できました」 「それに、社員に無理を強いるような高すぎる目標でないのは好感を持てました。私自身、これまでのような収入アップやスキルアップを重視する方針ではなかったので、社長のお言葉に一層共感できたのを覚えています」 入社後も面接の通りだったと語るAさん。Aさんが充実した毎日を送っているのは冒頭に記載した通り。最後に、ご自身の転職活動を通して得た教訓を聞いてみた。 「固定観念にとらわないことが重要だと思います。私は仕事への価値観が変わったことで、プラスト社という理想的な会社に出会えたと思っています。経験を積まないとわからない部分もあると思いますが、いろんな可能性を考慮しながら、多角的に会社探しをしてみてはどうでしょうか」 ※本記事は2024年6月7日時点の情報をもとに作成しています 《編集後記》 さまざまな経験を経て、働く上で収入よりも一緒に働く人が重要だと語っていたAさん。これまでのキャリアのエピソードを聞いた際も、プラスト社でのことを一番イキイキと話してくださいました。その表情からも、まさにAさんにとってピッタリの会社に出会えた様子がうかがえました。 ▶株式会社プラストの記事はコチラから ▶株式会社プラストのHP 【バックナンバーはこちらから】 みんなの転職ストーリーまとめ

【インタビュー】中途採用の職員に聞いてみました!(vol.1)

今回は、新卒で5年間勤務して退職し、児童福祉や高齢者福祉等の経験を経てつくしの里に再就職したM支援員にインタビューしました。 1、経歴を教えてください 保育系の専門学校を卒業し、介護分野(保育・障がい・高齢者)で20年、警備業で1年の勤務経験があります。 2、一度退職して再びつくしの里で働きたいと思ったのはどうしてですか 社会人として最初に仕事を始めたのがつくしの里で、色んな仕事を経験した中で、 自分自身が働きやすかった事や職員同士の人間関係の良さが決め手でした。 3、転職してみてどうですか 職員同士の人間関係や色んな意見を言い合える環境で働きやすいです 4、仕事をするうえで大事にしていることは 利用者様の事を1番に考え、自分がやってほしい介助。 どのような支援を行えば利用者様が人生を楽しめ、笑顔が出るかを大事にしています。 5、休日やプライベートな時間はどのように過ごしていますか 子どもたちと運動や買い物をしたりします。 ジムでの筋トレや美味しい食事を求めてお店巡りをすることもあります。 6、転職を考えている人に伝えたいことがあれば。  転職を考える人にとって情報が開示されている部分だけではなく、実際に現場を見て働いている職員同士の表情や実体験なども聞くとどのような職場であるかが伝わると思います。

OJT担当のM.Yさんを紹介します。

こんにちは!クレスコ・ジェイキューブ採用担当です!! 5月24日(金)からマイナビ転職にて中途採用を実施しますので、少しでも興味がある方は是非ご応募ください。 さて、今回は2024年4月に入社したH・OさんにOJTを担当して頂いている先輩社員の紹介記事を書いてもらいましたので、是非ご覧ください。 ↓↓↓それではスタート↓↓↓ こんにちは、郡山開発2023年4月に入社したH.Oです。 現在郡山開発センターにて旅行系のシステム開発を行っています。 まだまだわからないことも多く、M.Yさんの指導を受けながら業務に従事しています。 今回は私の指導を担当してくださっているいるさんについて私目線でお伝えします。 【M.Yさんのプロフィール】 入社:2008年入社 16年目 所属:トラベルシステムサービス部 職歴:エヌシステムに新卒入社 趣味:ゲーム、読書、御朱印集め、最近は刀剣を見るために博物館・美術館へ赴いています。 Q1. M.Yさんのお人柄は? M.Yさんは、優しく穏やかで丁寧にこちらをサポートしてくださる方です。 常に相手の立場に立って考え、具体的でわかりやすいアドバイスをしてくださいます。 Q2. M.Yさんのココがすごい! M.Yさんは、どんなに忙しい状況でもこちらが質問や相談をすると、時間をとってサポートをしてくださります。 いつでも声をかけやすい雰囲気を作ってくださっており、尊敬と感謝の気持ちでいっぱいです。 Q3. M.Yさんがやりがいを感じたことを教えてください! 作ったプログラムが想定通り動くと達成感を感じます。 上手く動かなくて色々考えた後に、パッと閃いたプログラムを組んで動いた時は 一段と思いが強くなります。 Q4.M.Yさんの休日の過ごし方について M.Yさんと、休日の過ごし方についてお話しすると、いつも忙しく全国各地を訪れていることに驚かされます。 趣味に全力で、充実したプライベートを過ごされているM.Yさんを尊敬しています。 以上、M.Yさんの紹介記事でした。 当社にはいろんな個性を持った方が働いています。 どんな人が働いている会社か知ってもらえばうれしい限りです。 ~最後に~ 経験者・未経験者問わず皆さんからの応募をお待ちしています(^^)/ 綺麗なオフィス・働きやすい環境が揃っている当社で是非一緒に働けたら嬉しいです。

熱中症対策⚠️

こんにちは! 水谷建設株式会社です😀 最近暑くなってきましたね😅 この時期は熱中症になりやすいので、弊社で行なっている対策をご紹介します! 対策①塩分タブレット 各現場に支給しています🍬 対策②スポーツドリンク/麦茶 スポーツドリンクの粉末と麦茶パックが事務所に常備してあります🥤 対策③クーラーボックス 現場に持っていく飲み物を冷やすために使います! 対策④製氷機 弊社には製氷機があるので、水筒やクーラーボックスに入れたり飲み物を作るときなどに使えます🧊 対策⑤保冷剤 弁当箱に入れるのに使います🍱 対策⑥空調服 バッテリーで動く小型ファンを内蔵した作業服を支給しています👕 水谷建設株式会社では随時職場見学や職場説明会を行なっております! 弊社のことが気になる、ご興味がある方はお気軽にご連絡ください! オンラインでも対応可能です。 採用担当:水谷 TEL:0965-31-1718 E-mail : mztn9301@tsm.bbiq.jp

仕事のしやすい仕事づくり

私は子どもの頃から父の仕事姿を見て「カッコイイ」「楽しそう」と思ったのがきっかけでこの建設業の道を目指し、鶴見建設に入社しました。高校三年生の社会見学で鶴見建設の仕事を体験をさせて頂いた時に会社の雰囲気に魅力を感じてこの会社で働きたいと思い入社を希望しました。 今は様々な現場代理人として日々学びを得ていますが、現場責任者としてどのようにしたらいいのか毎日考えながら仕事に専念しています。 地図に残る仕事に携わりながら上手くいった時などは達成感からやりがいを感じると共に積極的にやりたいことにかかわらせてもらえる所が良い会社だと思います。 これからもより良い現場に出来るように日々、技術を磨きながら仕事のしやすい仕事づくりをしていきます。

地域に根差した会社とともに学ぶ

私は幼い頃からものづくりに興味を持っていて、高校での学業で建設業に興味を持ち、地域に密着した鶴見建設株式会社に就職しました。 今は現場監督の見習いとして現場で作業したり、書類作成などをして一日でも早く一人前の現場監理者になれるよう日々勉強しています。また、資格取得については会社が全面的にバックアップしてくれるため、自分のスキルアップができる良い職場です。 私は地域に根差した会社とともに地元をもっとよりよい街にしていきたいと思います。私たちと一緒に土木・建築で地域を支える仕事に携わっていきましょう。

20代社員が「仕事で伝えたいこと」

現場管理をしていく上で着手前に協力業者様との段取りや、工程管理など現場を安全に、かつ早く良いものを施工できるよう計画を立てます。実際工事が始まると計画通りに進められるか、トラブル無く施工できるかなど沢山の不安がついてきます。 協力業者様とのやり取りでも、同じ現場で働いている以上、同じ立場で考え、トラブルが無いよう意思疎通を行い、怏い現場環境を作り上げていくのも大切です。建設業はたくさんの人との関りがあり、責任感と共に不安があります。 ですが、何事もなく現場が完成した時に一気に達成感に満ち溢れ、私が手掛けたものづくりが何十年と残っていき、いつでも現場が見れることに感動があります。やって良かったという「やりがい」を求めて日々技術を磨いています。

採用サイトに”求職者さま向けページ”を追加♪

こんにちは! トヨタカローラ栃木採用担当です! このたび、リクルートサイトに新しいコンテンツが追加されました! 【NEW CONTENTS】 ■キャリア採用情報 採用の実情 ※経団連の方針にならい、呼称を「キャリア採用」に統一しています。 弊社は即戦力にこだわらず、未経験の方のご応募を歓迎しております! ■スタッフインタビュー \キャリア入社スタッフ追加/ Vol.1 「前へ進むしかない」ハングリー精神が原動力に 2010年入社、未経験からキャリアアップを実現した店長が思うこと Vol.2 こんなにも、自分の考え方が変わるなんて 2022年入社、未知の世界に飛び込み早くも活躍する営業スタッフが思うこと 「正直でオープンな採用活動」 をモットーに、カローラ栃木自慢のスタッフたちのインタビューや会社のリアルな情報を、たっぷりと詰め込んでいます。 以前から公開しているムービーは、台本なしで撮影! 「かんだシーンもあるから、見られるの恥ずかしいな…」と言う照れ屋なスタッフもいますが、社員同士でしか目にしない”素の雰囲気”があらわれています。 インタビューページは、いつも顔を合わせている私たち採用担当が見ても、わくわく・どきどきする熱く素敵な内容が満載です! きっと、お手元のスマートフォンやパソコンからでも当社の雰囲気を感じていただけるはず…! ぜひ楽しみに、ご覧くださいませ!!

OJT担当の大和田さんを紹介します。

こんにちは!クレスコ・ジェイキューブ採用担当です!! 5月24日(金)からマイナビ転職にて中途採用を実施しますので、少しでも興味がある方は是非ご応募ください。 さて、今回は2024年4月に入社したK・IさんにOJTを担当して頂いている先輩社員の紹介記事を書いてもらいましたので、是非ご覧ください。 ↓↓↓それではスタート↓↓↓ こんにちは、郡山開発2023年4月に入社したK.Iです。 現在、郡山開発センターにて流通系のシステム開発を行っています。 まだまだわからないことも多く、K・Oさんの指導を受けながら業務に従事しています。今回は私の指導を担当してくださっているいるK・Oについて私目線でお伝えします。 【K・Oさんのプロフィール】 ●入社年・社歴  2019年9月入社・社歴5年 ●所属 郡山オフィス勤務 第1事業部 ロジスティクスシステムソリューション部2課 ●職歴 中途入社 転職回数3回 前職も同じシステムエンジニアです! (主なシステムはWeb系(SNSアフィリエイト)、汎用系(金融)) ●趣味 雑貨屋巡り、パン屋巡り、ゲーム、映画鑑賞 Q1. K・Iさんから見たK・Oさんのお人柄は? K・Oさんは的確なアドバイスとサポートが出来る優しい方です。忙しい状況でもポジティブなエネルギーで周囲を明るくし、皆に元気を与える、笑顔を絶やさない方です。 Q2. K・Iさんから見たK・Oさんのココがすごい! 分かりやすいアドバイスで、的確に問題を解決するところがすごいです 複雑なことも理解しやすく丁寧に説明し、相談者が納得するまで丁寧にサポートしてくださります。 Q3. K・Oさんのやりがいを感じたことを教えてください! 様々な業種の業務内容を知れること。新しい技術に触れられること。学び成長を実感できること。 Q4.最近のトピックスを教えてください。 最近K・Oさがご結婚され、仕事とプライベートの両面で充実されておりとても尊敬しています。 以上、K・Oさんの紹介記事でした。 当社にはいろんな個性を持った方が働いています。 どんな人が働いている会社か知ってもらえばうれしい限りです。 ~最後に~ 経験者・未経験者問わず皆さんからの応募をお待ちしています(^^)/ 綺麗なオフィス・働きやすい環境が揃っている当社で是非一緒に働けたら嬉しいです。

+Stories.おすすめ記事5選 vol.123 ~良い人間関係を感じられる記事~

こんにちは! +Stories.(プラスト)編集部のOです。 『みんなの転職ストーリー』の第17弾、18弾を投稿しています! 転職活動の参考になる体験談が語られていますので、ぜひチェックしてくださいね。 【転職体験談 #17】「経験と生活スタイルから見えてきた希望の仕事」やりがいを見つけたTさんの物語 【転職体験談 #18】「高め合える仲間の存在が原動力に」設計士として成長し続けるMさんの物語 それでは、今週のおすすめ記事をどうぞ! ……………… 『またまた1年フォロー面談♪』 株式会社三木組 @関西エリア 営業事務のNさんは、そろそろ入社してから1年が経とうとしています。そこで、人事部のUさんはお祝いを兼ねたフォーロー面談を実施。2週間前から入念な準備をしていましたが…。 お祝いしたい気持ちが強すぎて、送別会のような雰囲気となったエピソードには、思わずクスっとしてしまいました。投稿者は「フォロー面談が終わるごとに働きやすくなる気がする」と記載していますが、まさにそうイメージできるほっこりエピソードが紹介されています。 ▶この記事を読む ……………… 『技術開発グループについて』 株式会社ヤザキ @東海エリア 成功も失敗も含めて、喜びを感じられる職場だというKさん。その要因は、社員全員で褒め合い、サポートし合うカルチャーがあるからだと紹介しています。 Kさんは入社当時に上司や先輩を質問攻めにしていたようですが、その行為が仕事の理解に、そしておもしろさにつながっていると語ります。まさに、先輩たちのサポートによって成長したKさんの姿が描かれています。 入社後の心配が吹き飛ぶほどのアットホームな印象を受ける記事でした。 ▶この記事を読む ……………… 『席替えがありました✨』 株式会社山崎設備設計 @北陸エリア 半期に1度、席替えがあるという同社。しかも、公平にくじ引きで決めていくという学生時代にあった席替えのスタイルです(笑)。 席替えのためにくじ引きしている様子が写真に収められており、みなさんなんとも楽し気な表情。さまざまな方と交流する機会をつくりだすこの席替え制度は、同社の雰囲気の良さをつくりだす重要イベントになっているのではないでしょうか。 ▶この記事を読む ……………… 『アイス食べ放題(福利厚生)🍦🍨🍧』 株式会社東京タイセイ @首都圏エリア アイス食べ放題というなんともうらやましい福利厚生がある同社。暑い日の仕事終わりにほおばるアイスはさぞ格別でしょう。 もちろん福利厚生も魅力的ながら、メンバーみんなでアイスを食べている写真にも注目です。仲睦まじい雰囲気が漂っていて、普段からみなさんの関係性が良いことが想像できます。福利厚生に人間関係に、二つの魅力を感じられる記事になっています。 ▶この記事を読む ……………… 『GW【ゴールデンウイーク】の過ごし方』 大同電気株式会社 @東海エリア 投稿者の小原さんのGWのエピソードが語られている本記事。特に印象的なのは、記事の後半に書かれている職人さんへの想いの部分です。 職人さんたちはGW中もお仕事があったらしく、自分たちがゆっくり休めるのも、その間に働いている職人さんたちのおかげと語る小原さん。部署を超えて、お互いに感謝の念を持ち合っている、気持ちの良い関係性が同社にあることが伝わってきます。 ▶この記事を読む ……………… 以上、今週のおすすめ記事でした。 過去に投稿したおすすめ記事も併せてチェックしてみてくださいね。 【2つのタグで特集を実施中!】 ◎「#自慢の福利厚生」 ◎「#うちのチームを紹介します」 【先輩たちの転職成功体験から学ぶ】 みんなの転職ストーリー 【転職活動中にプラストを利用するメリットを解説】 【企業の深掘りができる「+Stories.」】 "情報収集"が後悔のない転職を実現するカギに 【プラスト記事セレクション】 【注目を集めた記事/編集部おすすめ記事】プラスト記事セレクション2023👑 【過去のおすすめ記事はこちらから】 おすすめ記事5選

【転職体験談 #18】「高め合える仲間の存在が原動力に」設計士として成長し続けるMさんの物語

こんにちは! プラスト編集部のOです。 第18回目となる「みんなの転職ストーリー」。 今回は株式会社山崎設備設計に、建築設備設計職として入社したMさんにお話しを聞きました。 【🏢株式会社山崎設備設計】 2006年の創業以来、建物の電気や給排水、空調設備の設計業務や、省エネ計算業務を専門に行っている山崎設備設計。直近で150%以上の成長を続けており、安定基盤を築いている。さらに、お洒落なオフィスは地域の特徴にもなっている。 記事では”転職におけるさまざまな決断の瞬間”や”転職成功を実現するための手段”が語られています。 転職活動中の方はもちろん、これから始めようと考えている方にとっても、きっと参考いただける転職体験談になっていますので、ぜひご一読ください。 ※本記事は2024年5月28日時点の情報をもとに作成しています ——設備設計のスペシャリストに 2022年4月に山崎設備設計に入社し、3年目に突入したMさん。現在は、難関資格である”設備設計一級建築士”の資格取得を視野に入れつつ、毎日の業務に励んでいるという。 「当社は設備設計業務のスペシャリスト集団。全国各地から依頼が届くため、設計スキルを磨くにはうってつけの環境がありますよ。私自身、大小さまざまな建物の設備設計に携われるところが当社の大きな魅力だと感じています」 仕事内容だけでなく、社内の雰囲気や環境も気に入っているという。 「とにかく社内は明るい雰囲気です。お洒落なオフィスには常に音楽が流れていて開放的だし、私と同じ20代の若手社員が多いのもポイント。みんなフレンドリーで、仕事中のちょっとした質問や相談もしやすい。息抜きに、休みの日の話や実家に帰省した話で盛り上がったりもしますよ」 「建築系の学校でも設備について学ぶことってほとんどありません。だから、当社では多くの人がゼロからのスタート。みんながつまづくポイントは同傾向にあり、そういったポイントを個人の経験をもとに教え合いながら進める文化があるのも、若手社員にはうれしい環境です。全員で成長するという一体感があり、とても居心地がいいですね」 スキルを高められる環境、そして切磋琢磨できる仲間が多くいる環境に満足感を覚えているMさん。理想的な企業に入社できた背景にはどんなストーリーがあったのだろうか。Mさんのキャリアをひも解いていきます。 ——「普通」とは違った進路に 二級建築士の受験資格を得るために、建築系の専門学校を卒業したMさん。無事に二級建築士試験に合格した後、大学の建築学科に編入したという。しかし、資格を取得しながらも、進路には迷っていた。 「二級建築士の資格を活かすために、最初は住宅設計の仕事を目指していました。ただ、仲の良い友人と『それってつまらないよな』って話していたんです。同級生のほとんどが意匠設計や施工管理を目指すなかで、違う分野に挑戦するほうがおもしろいんじゃないかと(笑)。そんな経緯もあり、友人は建築構造の分野に、私は建築設備の分野に進むことにしました」 進路について同級生からは疑問の声が多くあがったというが、Mさんは気にならなかった。 「親戚にゼネコンの設備部門で働いている人がいて、進路についてはその人に相談していました。希望する会社の実績などを見せて、意見をもらっていたんです。そうして、レベルが高い環境があると教えてもらった会社に入社することを決めました」 ——理想とのギャップ 数社内定が出て、親戚の方が太鼓判を押す企業に施工管理職として入社したMさん。希望を抱いて入社したものの、理想とのギャップを感じることが多かったという。 「相談しづらい雰囲気がただよっていました。建物の施工現場では、納期を守るために工程が変更されることがあるのですが、経験が浅い私には判断が難しい場面もありました。そんな時に上司に相談しても『自分で考えろ』というようなことを言われて…」 「当時はこれも勉強だと踏ん張っていましたが、正直つらかった。新人教育のやり方としてどうなんだろうと思っていたのを覚えています」 仕事自体にはやりがいを感じていたものの、日々、上記のような不満が積み重なっていったというMさん。一級建築士の資格を取得するため、そして新たなキャリアを築くために転職に踏み切ることになった。 ——記憶の片隅にあった会社 約2年勤めた1社目を退職した後に、見事一級建築士の試験に合格したMさん。そこから本格的に転職活動を始めることになった。今回の転職活動でも、親戚の方に相談しながら進めたのだろうか。 「勧めてもらった会社を辞めたので気まずさもあり、転職については親戚の人に相談しませんでした(笑)」 「偶然にも、構造分野に進んだ友人も同じタイミングで会社を辞めており、励まし合いながら転職活動を進めていましたね。その期間に2人でツーリングをしたのはいい思い出です」 それから、Mさんは山崎設備設計を受けることになるのだが、どのように企業探しを進めていたのだろうか。 「実は、就活時に山崎設備設計は気になっていたんです。設備設計を専門にやっていること、さらに設備設計の会社で何十人もの社員がいるという珍しさから、印象に残っていました。転職先を探すタイミングでおぼろげながら存在を思い出してきたんです」 頭の片隅に残っていた記憶を頼りに、Mさんはなんとか山崎設備設計という社名を思い出した。早速ネットで情報収集をすることにしたという。 ——事前に雰囲気の良さを確認 Mさんは前職での経験もあって、まずはオフィスや社員の姿を含めた「会社の雰囲気」を知りたいと思っていたという。 「前職の雰囲気が良くなかったこともあって、山崎設備設計にどんな雰囲気があるのかはとても気になっていました」 「また、一緒に働くことになる”人”にも注視していました。前職では案件ごとに上司が変わるスタイルだったのですが、最初に担当した物件の上司はとてもいい人で、その人のもとで建物が完成した際にはとても大きなやりがいを感じました。でも、次の上司とはうまくいかず、物件が完成したときも『やっと終わった』という安堵感の方が大きくて…。そういった経験から、”誰と働くか”が重要であると感じていたんです」 そして、同社のFacebookアカウント、プラスストーリーズの記事を見つけたMさん。読んでみてどのような印象を持ったのだろうか。 「特に、冷暖房システムの導入風景を紹介した記事はよく覚えています。写真の奥の方にバーカウンターが写っていて、同社のオフィスのこだわりがよくわかる記事でした。社員のみなさんの普段の様子もおさめてあって、雰囲気の良さそうな会社だと印象に残りました」 ——先輩たちとの交流会から入社を決意 採用試験を受けたいという気持ちから、電話問合せをして、選考に進むことになったMさん。選考はすべてWeb上で実施されたという。 「正直に言うと、画面の小さなスマホでWeb面接を受けていたので、面接官の姿があまりわからなかったんです。内定はもらえたものの、選考を通して山崎設備設計の雰囲気をつかみきってなかったので少し不安を感じていました」 「でも、内定が出た後に会社が交流会を開いてくれたのが大きかった。年齢が近い先輩たちが多く参加してくれて、楽しい時間を過ごしました。それがきっかけで、ここでならやっていけると思えたんです」 当時Mさんは関西に住んでいて、石川県の同社への転職は、いわゆるIターン転職となる。不安はなかったのだろうか。 「強いてあげるとすれば、一人暮らしをしたことがなかったので、朝起きれるかどうかは不安でした。内定が出たあともその点が心配で心配で…(笑)。移住については特に気にしなかったですね」 ——設計スキルを高められる環境 Mさんが山崎設備設計に良い雰囲気があると感じているのは先述した通り。同僚間だけでなく、経営層との距離の近さにも驚いたという。 「オフィスで出会っても役員の方はとてもフレンドリーだし、飲み会の場でも『一緒に話そう』と、気さくに声をかけてくれます。前職では考えられません。さらに社長をさんづけで呼ぶなど、経営陣との距離の近さも当社の魅力だと感じていますね」 業務について、まだまだ学んでいる最中というMさんだが、施工管理の経験や建築士の資格を持っている。それらは今の仕事では活かすことが難しいのだろうか。 「設備設計は専門的なので、学ぶことはとても多い。ただ、今までの経験や資格が役に立ってないかと言われるとそうではありません」 「上司や先輩から教わっている時に、呑み込みが早くなるメリットはあると思っています。また、図面から立体的な完成物を想像できる力もこれまでの経験あってこそ。自身では、順調に建築分野におけるスキルアップができていると感じてます」 今後はどんな目標を定めているのだろうか。 「当社では役職者が大型案件を担当する傾向にあります。私自身、役職者になりたいという気持ちはそこまで大きくないのですが、大型の案件を任されるようなスキルや知識は身に着けていきたい。そのためにも設備設計一級建築士の資格取得だったり、普段の業務を通してのレベルアップだったりは強く意識したいですね」 最後に、転職活動中の方にエールを送ってもらった。 「経験から言うと、勇気を出して一歩を踏み出すことが重要だと思っています。当社では未経験の方も多く活躍していますし、現状を変えたいと思っている方はぜひ挑戦してほしいと思っています」 《編集後記》 初めての転職で、かつ移住をともなうというのに、心配ごとは朝起きれるかどうかだけと語っていたMさん。それだけ、プラストでの情報収集や入社前の交流会によって、山崎設備設計への入社後イメージをつかめていたのでしょう。取材中に、同社の魅力をイキイキと語るMさんの姿からは、大成功の転職になったことがありありと感じられました。 株式会社山崎設備設計のプラストでは、社員インタビューからオフィス紹介まで、働くイメージが具体的になる記事が数多く投稿されています。下記リンクより求人だけでは知り得ない魅力を感じてみてください。 ▶株式会社山崎設備設計の記事はコチラから ▶株式会社山崎設備設計HP 【バックナンバーはこちらから】 みんなの転職ストーリーまとめ

≪パワフル最年長≫社員インタビュー~K課長の最高の優しさでドライバーさんを優しく包み込みます~

皆さま、こんにちは。 株式会社貴順です🌞 いつも優しく笑顔の似合うK課長の紹介です🤩 ドライバーさんからの信頼も厚く、たくさん悩み相談が来る人気者です✌ それではインタビュー本編をご覧ください🎉 ①これまでのキャリアについておしえてください 学生を終えてからは、実家の稼業を父と一緒にやっていました。実家の仕事はわかりやすく言うと、紙の卸業者です。私はそこで営業と配達をやっていました。閉業に合わせてドライバーになろうと思っていたのですが、縁あって今の職種につかせてもらいました。 ②業務内容はどんなことしていますか ドライバーさんの使用する車両の担当をしています。新人ドライバーさんの車両選定や各車両の車検の手配などを行なっています。総合職として担当エリアのドライバーさんのフォローも行っています。遠方も担当していますので、東北へ行ったりすることもあります。 ③仕事のやりがいを感じるところをおしえてください たくさん人の役に立てている実感がわくところです。ドライバーさんの使用している車両に不具合があれば手配が必要ですし、すぐに対応してあげないと配達に支障がでるので、スピード重視です!正直、退屈だなと感じることはないですね! ④会社の雰囲気をおしえてください 風通しがよく、コミュニケーションが取りやすい会社です。みんな明るく元気で楽しいですよ! ⑤今後の目標 もっともっとドライバーさんに喜ばれる会社を目指し続けたいです! ⑥求職者さんに伝えたい会社の魅力 人として成長できる会社だと思います!少なくとも私は前向きな性格になりましたし、些細な幸せを感じることができるようになりました! いつも明るく社内のムードメーカーで人気者です👊 社内のメンバーからもドライバーさんからも人望が厚くこれからも活躍への期待大です☆彡 本日も最後までご覧いただきありがとうございました。 次回の更新もお楽しみに~🌈 仕事を通して、一緒に成長したい意欲のある皆さまのご応募、心よりお待ちしております🤗 株式会社貴順のHP 物流時代のyoutubeチャンネル 物流時代のTikTokチャンネル 物流時代のInstagram 物流時代のFacebook

【インタビュー】新入職員に聞いてみました!(vol.4)

【自己紹介をお願いします】 支援員のYと申します。 趣味は運動で、特にソフトテニスは中学校から大学まで続けるぐらい大好きです。 【つくしの里を選んだ決め手は】 つくしの里の見学会に参加した際に、先輩職員の方々が利用者さんに寄り添い、和気あいあいと支援されている姿を拝見し、実際に自分もつくしの里で働いてみたいと強く思いました。 【実際に仕事をしてみてどうですか。 学生時代に思い描いていたことと違うところ、新しい発見はありましたか。】 自分が思い描いていた福祉の職場では、利用者さんに寄り添って支援することが一番大切だと思っていました。 実際に仕事をしてみて、利用者さんの特性や性格が異なり、それぞれの利用者さんに合う寄り添い方を見つけることが難しいと思いました。 【どんな支援員、社会人になりたいですか。】 支援をする側と支援を受ける側の壁を作らず、それぞれの利用者さんに寄り添える支援員になりたいです。

+Stories.おすすめ記事5選 vol.122 ~プライベートの充実間違いなしの企業~

こんにちは! +Stories.(プラスト)編集部のOです。 昨日より新たなタグ特集がスタートしています! 今回は2つのタグで特集を同時開催。 特集するタグは「自慢の福利厚生」と「うちのチームを紹介します」です! 企業の福利厚生や人間関係を気になっている方は多いのではないでしょうか。ぜひのぞいてみてくださいね。 それでは、今週のおすすめ記事をどうぞ! ……………… 『バリバリ稼ぎたい!サクサク帰りたい!叶います!』 株式会社セルクリーンセンター @北関東エリア 退勤時間になると、一気にオフィスから人がいなくなるという同社。17時のガランとしたオフィス風景や、帰路につく社員さんの様子が写真に収められており、本当に誰もが残業なしで帰っていることが理解できます。 入社半年になる投稿者も毎日定時で帰れている模様。1日の仕事を計画的にこなしていること。そして何より、協力的な先輩方がいることが、同社の働きやすさの要因になっているようです。 ▶この記事を読む ……………… 『トラックドライバーの休日!』 越美通運株式会社 @東海エリア 土曜は家族サービス、日曜は山登りやツーリングなどの趣味を楽しんでいるという投稿者の藤田さん。最近の休日には、中学生になる娘さんと映画に行ってきたことを報告しています。 上記のように藤田さんがリフレッシュできているのは、同社が基本的に土日休みだから。さらに、有休もとりやすいと紹介されています。 ドライバー職と聞くと、休みをあまりとれないイメージがある方もいるかもしれませんが、同社にはプライベートの時間を十分に確保できる環境があるようです。 ▶この記事を読む ……………… 『野球のシーズンが来る!』 株式会社ステージプランナー @首都圏エリア 某野球チームファンのまっちゃんさんは、昨年は球場で15試合ほどを観戦したようです。仕事がある日でも定時で上がれば、十分に野球観戦を楽しめる時間に球場に到着できるんだとか。 今年も趣味の野球観戦を楽しむという意気込みを語るまっちゃんさん。記事からは、まっちゃんさんが仕事もプライベートも充実している様子が伺い知れます。 ▶この記事を読む ……………… 『心も身体もリフレッシュしましょう✨』 ハウスウェル株式会社 @首都圏エリア オン・オフをうまく切り変えて、仕事も休日も全力でエンジョイしている人が多いという同社。登場者の五味さんも、休日には大好きなサウナを楽しんでいるようです。 行きつけのスパがあったり、サウナ好きが高じて関連する資格を取得したり、記事では五味さんのサウナ愛が熱く語られています。 印象的なのは「平日休みだからスパがすいていて最高」と語っているところ。平日休みの働き方のメリットも存分に感じられる記事になっています。 ▶この記事を読む ……………… 『推し休暇制度始まります!!』 日本濾過器株式会社 @首都圏、北信越エリア 2024年5月1日より、「推し休暇制度」を導入した同社。 好きなアーティストのライブに行くというのはもちろんOK。ちなみに、同社が定める「推し」の対象は身近な人も含まれるようで、子どもや親せきとの用事でもいいんだとか。誰もが利用しやすい休暇制度になっています。 さらにネーミングも今っぽく、時流を鑑みる同社の柔軟な社風を感じる制度に。多くの社員が新制度を喜んでいると想像できます。 ▶この記事を読む ……………… 以上、今週のおすすめ記事でした。 過去に投稿したおすすめ記事も併せてチェックしてみてくださいね。 【2つのタグで特集を実施中!】 ◎「#自慢の福利厚生」 ◎「#うちのチームを紹介します」 【先輩たちの転職成功体験から学ぶ】 みんなの転職ストーリー 【転職活動中にプラストを利用するメリットを解説】 【企業の深掘りができる「+Stories.」】 "情報収集"が後悔のない転職を実現するカギに 【プラスト記事セレクション】 【注目を集めた記事/編集部おすすめ記事】プラスト記事セレクション2023👑 【過去のおすすめ記事はこちらから】 おすすめ記事5選

【社員インタビュー】会社全員でお客様の家づくりお手伝い!金子さん編

こんにちは🤗 東建グループ+Stories.編集部です 今回は、東建グループの中でインテリアコーディネーターとして活躍中の 金子さんにインタビューを受けていただきました✨ …………………………………… 名前:金子さん 所属:住宅部 営業設計課 …………………………………… ………………………………………………… ■Q1,自社や仲間のここが好き!という点は? ………………………………………………… スタッフ一人一人が優しいところ。入社して5年目になりますが、皆さんとても優しく仲良く仕事をしています。新人の皆さんには自分の仕事が忙しくても、分かりやすく丁寧に教えます。また部門の隔たりもないので、色々な方とお食事や飲みに行ったりしています。会社全員でお客様の家づくりお手伝いに取り組んでいます。 ………………………………………………… ■Q2,仕事のやりがいは? ………………………………………………… 設計の方や監督と関わることが多く、何か頼まれ事をされた時に『ありがとう』と言われた時や、材料の発注を行っているので、自分が発注した材料が使われて完成した建物を見た時です。裏方のお仕事ですが、お客様のお家づくりのお手伝いに少しでも関われていると思うととても嬉しいです。 ………………………………………………… ■Q3,休日の過ごし方を教えてください ………………………………………………… テレビを観ることが好きなので、テレビを観ながらお家でまったりしています!(笑) 最近は以前放送していたドラマを観返したりもしています。 Shoppingに出かけて衝動買いをすることも多いです… ………………………………………………… ■Q4,これからの夢や目標を教えてください ………………………………………………… コーディネーターとしてお客様と打合せをさせて頂くことが増えてきたのですが、まだまだ経験が足りず満足に提案することが出来ていません。もっと経験を積んでもっと勉強して自信を持ってお客様にいつまでも幸せに暮らして頂けるお家づくりのお手伝いが出来るようになることです。 ………………………………………………… ■Q5,就活生へメッセージ ………………………………………………… 学生から社会人へとなる時、会社に馴染めるかな?仕事内容についていけるかな?と不安に思うことがたくさんあると思います。東建ビルダーはアットホームでスタッフみんなが仲良しです。すぐに仕事が出来る人なんていないと思います。一生懸命に取り組んでいれば周りのみんなが認めてくれるので不安に思うことはありません。みんなで仲良く楽しく働きましょう! +.。.:・゚+.。.:・゚+.。.:・゚+.。.:・゚+.。.:・゚+.。.:・゚ 少しでも東建グループにご興味を持っていただけた方が いらっしゃいましたら、随時会社説明会を開催していますので ぜひ、お気軽にご連絡ください😊 お電話でのお問い合わせは TEL.0284-72-0645 申込フォームはこちら SNS等で情報発信しています! ぜひ、フォロー&いいねをお願いします! ▶Instagram ▶YOUTUBE ▶TIKTOK ▶ホームページ

【社員インタビュー】家族を大事にする米澤さんにインタビュー

こんにちは!大同電気株式会社 管理課小原です。 今回は、マイナビ+Stories.(プラスト)編集部さんが入社2年目の米澤さんに インタビュー! これまでの経歴や入社後の感想までざっくばらんに聞いています。 是非ご覧ください! 【所属・名前】電気課 米澤  【 経 験 】製造、電気工事士(前職) 【 趣 味 】子供と遊ぶ事、スポーツ観戦 Q. なぜ電気工事士を目指したのでしょうか? 手に職をつけたいと思っていたからです。 私はこれまでのキャリアで製造職の経験があります。そこでは、毎日決まった作業を正確に繰り返すということが仕事でした。 着実に知識やスキルが身についている感覚はなく、将来的にこのままで大丈夫だろうかと不安に感じていたんです。そんな経緯から、仕事をしながら第二種電気工事士の資格を取得。その資格を活かしたい気持ちが強まり、電気工事士を目指すことに決めました。 Q. 当社を選んだ理由を教えてください 腰を落ち着けて長く活躍できる環境があると思い入社しました。 大同電気は元請け企業で、大規模な電気工事をたくさん請け負っています。何件も掛け持ちするのではなく、一つの案件に集中して取り組むのは前社にはなかったスタイル。そこに魅力を感じましたね。 また、残業がほとんどないところも入社理由の大きな要因になりました。 大同電気に入社する前に二人目の子どもを授かり、もっと家庭にいる時間を増やしたいと考えていたので、早い時間に帰宅できる環境はとてもありがたいです。 Q. 入社後に感じた当社の魅力を教えてください 人間関係や雰囲気の良さですね。 入社初日から現場を経験させてもらったのですが、休憩中にはベテランの親方衆が気さくに話しかけてくれました。率直に人間関係の良い会社だと思ったのを覚えています。 さらに、同世代でレベルの近い人がいたことも自分にとって大きかった。『ここはどうするんだっけ?』みたいに、ちょっとした質問も気軽にできるので助かっています。切磋琢磨できる関係性を築けるのもいいですね。 Q. 最後に、転職活動中の方にエールをお願いします 異業種、異職種へのチャレンジは勇気が必要ですが、手に職つけたいというような強い思いがあればぜひ踏み込んでほしいと思います。 大同電気には、高い技術を持ったベテランの方から、一緒に成長し合えるような若手まで在籍しています。人間関係の面から働きやすさを感じることはもちろん、電気工事士として高みを目指せる環境があるのが何よりの魅力です! 以上、米澤さんへのインタビュー記事でした。 「ここで働いてみたい!」「新たな分野に挑戦したい!」と思ってもらえたらうれしい限りです。 【米澤さんのプラストインタビュー記事はこちら】 大同電気のメンバー紹介は弊社HPへ!! それでは次回もお楽しみに!

★小桜建設工業 テレビに出ます★

SMBC日興証券様に紹介いただき 静岡朝日テレビの番組「とびっきり!しずおか」の「しずおか元気印応援団」のコーナーにて 弊社を紹介していただくこととなりました。 撮影当日はSMBC日興証券の支店長と弊社櫻井代表との対談・社内風景など、 朝日テレビさんに取材・撮影して頂きました。 社員一同TV取材・撮影に慣れていないので当日はとても緊張しました。 ・・・どんな放送になるか楽しみです☆= みなさんも是非ご覧になってください! ―――放送詳細――― 放送番組 静岡朝日テレビ「とびっきり!しずおか」 放送日時 2024年6月13日(木)      PM6時44分ごろ コーナー枠が2分ということで短いので、お見逃しなく! まばたき厳禁ですよ!(笑)

🌷新入社員紹介 Vol.2🌷

こんにちは💚永沢製作所 総務の高橋です 前回の投稿から1か月以上間が空いてしまいました…🤷‍♀️ この時期色々忙しい…です…よね😉😉😉😉😉 今日は4月に中途で入社した Mさんのインタビュー記事をお送りします Mさんは品質管理部で製品検査やデータ入力を行っています     高橋:前職ではどんな仕事をしていましたか? Mさん:物流系の会社で出荷管理・在庫管理・電話対応をしていました。     仕事の幅を広げるためにフォークリフトの資格もその時取得しました。 高橋:フォークリフト!!かっこいい…😲!!    そこから転職を決めたきっかけは何だったんですか? Mさん:契約社員だったので、今までの経験や資格を活かし、     社会保障の整った正社員になりたいと思い転職を決意しました。 高橋:入社前と後でギャップはありましたか? Mさん:入社前に専務と話す中で、不安な点は全て聞いていたので    ギャップはあまりなかったです。    社員の方もみんな優しいので、安心しました😊 笑顔の素敵なMさん♡ 有休が付与されたら県外へ旅行に行きたいとのことでした🚗 次回の更新もお楽しみに!!

🎤面接官インタビュー~その2~🎤三浦常務に聞いてみた✨

こんにちは😆 メガペトロ株式会社 採用担当の高梨です✨ 前回に引き続き 三浦常務へのインタビューを お送りいたします❗ 今回は 面接で見ているポイントなど 詳しくお伺いしてきました✨ それでは、どうぞ~🙌 ✅面接でみているポイントは何ですか? お客さまや同僚、周囲の方と コミュニケーションを取ることが出来るか という点を重視しています。 話し方の上手・下手は問いません。  ご自身の言葉で正直に お答えいただければ大丈夫です。 ✅ずばりとのようなことを面接で聞いていますか? これまで従事されたお仕事の内容や 経験を中心にお聞きしています。 また、ガソリンスタンド業界に関する ご意見もお聞きすることがあります。 なお、ガソリンスタンドの勤務経験がなくても 面接で不利になるようなことはなりません。 ✅どのような方に当社に入社して欲しいでしょうか? 「真面目」を前提として、その上で ①.周囲とのコミュニケーションを大事にする方 店舗を運営していますので、 周囲とコミュニケーションをとり、 互いに協力し合いながら 円滑に仕事を進めていく必要があるからです。 ②.情報収集のアンテナを張っている方、 想像力を働かせることが出来る方 具体的には、 お客さま視点でサービスを提案出来る方、 会社を良くするための 前向きな意見を出せる方、 批判ではなく対案を出せる方です。 ③.実行出来る方、実行力のある方 良いアイデアや提案も実行が伴わなければ、 絵に描いた餅となります。 初めの第一歩をいかに早く踏み出せるかが 大切だと思います。 ✅これから入社してくる方にメッセージをお願いします❗ 仕事に対する考え方は人それぞれですが、 楽しんで仕事をするのか、 嫌々仕事をするのか自分次第、 自身の心の持ち方次第ではないでしょうか。 楽しむとは前向きに行動していくことだとすると、 心の持ち方は年齢に関係なく、 いつでも変えることが可能です。 当社の将来づくりに向け、 一緒に楽しんで仕事をしてまいりましょう! ~~~~~~~~~~~~~~~ 三浦常務、ありがとうございました❗❗ どのような仕事でも 前向きに自身の課題や使命を持って 取り組む姿勢が大事ということを 改めて実感する内容でした✨✨ 私自身は採用担当として 当社で仕事をするようになって 1年経ちます。 応募者さまの対応やブログ更新など 初めは慣れないことだらけで戸惑いました💦 ですが、これまでのブログ更新で 当社の従業員1人1人が 安全・安心を意識し またお客さまにご来店いただけるような 店舗作りをしていることがよくわかりました💡 現在お仕事を探している方たちへ そのような当社の魅力を 存分にお伝えすることに 使命感を持って取り組んでいこうと思います❗ さて、採用担当のそんな決意も新たに(笑) これから選考を受けて頂く方には 面接ではぜひ ご自身の言葉で 当社でどう働きたいかについて お話いただければと思います😄 ぜひご参考くださいね🎵

🎤面接官インタビュー🎤~その1~三浦常務に聞いてみた✨

こんにちは😄 メガペトロ株式会社 採用担当の高梨です✨ 今回は 当社の採用面接において 面接官を担当してる三浦常務に お話をお伺いしてきました❗❗ プライベートなことから 当社についてなど 色々なことをお話いただきました🎶 今回も2回に分けて 投稿します💡 それではご覧ください🎤 ✅ご出身は? 大阪市の 「あべのハルカス」がある阿倍野区です。 ✅好きな食べ物は? 麺類です🍜 最近は夕飯はほとんどラーメンか焼きそばです😁 インスタントですが自分で作るうちに 手際が良くなってきました! ✅趣味・特技は? 読書が趣味です。 ミステリーを中心に最低でも毎週1冊読んでいます📚 今年は読書の幅を広げるため、 これまで避けてきた海外のミステリーに 挑戦しています。 ✅最近ハマっていることは? 数年前、テレビのオーディション番組でたまたま目にしてから K-POPの世界にハマりました。 メンバーの見分けはつくようになりましたが 名前を覚えるのに苦労しています…。 ✅好きな言葉 天は自ら助くるものを助く ✅経歴を教えてください! 1995年 当時のジャスコに入社、 三重県の店舗に配属となり、 婦人衣料を担当しました。 その後は、店舗・担当を変えながら 三重県内を北部から南部まで異動し、 グループが主催する ビジネススクールの受講や公募を経て グループ各社の経理業務を受託する シェアードサービスの会社や ネット販売の会社で勤務しました。 当社には2018年からお世話になっています。 ガソリンスタンドを運営する会社での 勤務は初めてでしたので、 当社着任後は危険物の資格を取得し、 事業特性に対する理解を深めているところです。 ✅様々なご経験を積まれておりますが そんな三浦常務から見て メガペトロ株式会社のどのような社風でしょうか? 真面目で黙々と努力する社風だと思います。 グループ会社を複数社経験して、 当社は特にその傾向が強いと感じます。 ✅当社の特徴や課題について教えてください! 当社は1996年の創業以来、 生活必需品である燃料油の販売を通じて 地域社会に貢献してまいりました。  数あるイオングループ各社の中で、 燃料油やドライブスルー洗車は 当社のみで取り扱っていますので、 ユニークな存在だと言えます。 燃料油は性質上、 大事故に繋がるリスクをはらんでいますが、 その中で当社が営業を継続出来ているのは、 ひとえに従業員の日々の行動によるものです。  安全・安心に対する意識が 社風の醸成に影響していると考えています。 また、(ドライブスルー洗車以外の) 油外商品・サービスは 当社がこれまで注力出来ていなかった分、 新たな取り組みを含めて 伸びしろは大きいと思います。 よって、 イオングループの一員、 そして、 イオンのショッピングセンター内の ガソリンスタンドという特長を大いに活かして 既存事業を発展させるとともに、 伸びしろを今後の成長に繋げていくことが 当社の課題です。 ~~~~~~~~~~~~~~~ 当社では 保安管理や従業員の意識向上のため 【安全・安心】という言葉を使用して 店舗運営・管理を行います。 三浦常務のお話を聞いて 常日頃からそれを意識した店舗運営が 出来ているからこそ 安心してお客さまを迎えることが 出来るのだと感じました✨✨ 次回は三浦常務が面接てみているポイントを お伝えいたします👍 ぜひ次回もご覧ください♪

【インタビュー】新入職員に聞いてみました!(vol.3)

【自己紹介をお願いします】 福岡県の大学出身のIと申します。 福祉の現場は初めてで戸惑う事も多いですが、職員の方々や利用者さんとのコミュニケーションを大切にし、少しでも早く信頼して頂ける職員になれるように頑張っていきたいと思います。 【つくしの里を選んだ決め手は】 見学の時に職員さんの雰囲気が良かった事です。 大学在学中から職員間のコミュニケーションや仲の良さが大切だと感じており、見学に来た際に自分の理想の雰囲気に近かった為、つくしの里に決めました。 【実際に仕事をしてみてどうですか。 学生時代に思い描いていたことと違うところ、新しい発見はありましたか。】 福祉の現場での実習経験などが無かったため、実際に働いてみると自分の想像とすべてが違いました。 私はグループや班ごとに、支援の仕方が、ある程度統一されているものだと思っていたのですが、実際は一人一人の利用者さんの状態に合わせた細かい支援に加え、利用者の方ごとに配慮すべきことも多くあったので、利用者さんについて毎日新しい発見がありました。 【どんな支援員、社会人になりたいですか。】 実際に働く中で、マニュアル通りに仕事をするだけでなく、臨機応変な対応や気配りができる支援員・社会人になりたいと考えました。 ただ、今のように目の前の事だけに一生懸命になっている状態では臨機応変な対応や気配りをするような余裕は生まれないと思うので、1日でも早く仕事を覚えていきたいです。

社長メッセージ

こんにちは。代表取締役玉水佑治です。 弊社は2003年5月に創業し、2006年9月に現在の株式会社玉水建装を設立しました。 当時は、「職人に新たなステージを」という思いでこの会社を立ち上げ、 一流企業のように、キャリアアップや福利厚生などがあり、誰もが活躍できる環境を整え、社会的地位を引き上げていくぞ!! という気概で邁進してきました。 まずは、一流の職人づくりを目指してやっていましたが、量産が出来ないという壁にぶつかりました。 「誰もが簡単に技術を身につけられ、モノづくりの楽しさを実感することが大切」 と舵を切り直し、環境整備による役割分担、チーム編成においてのマネジメントを幹部と共に考え、実行してまいりました。 その結果、3年以内の職人の離職者はゼロという偉業を達成する事ができました。 この勢いにもっと加速をつけるべく、 とにかく一人一人の技術力の向上と働きやすい職場環境づくりをと、 2025年春には、技術研修センターも新設し、より技術力のアップに磨きをかけていく予定です。 そんなさらなるステージを共に創り、共感できるメンバーをいや、パートナーを探しております。 NEVER TOO LATE 常にチャレンジし続けよう!! 我こそはと思う方、是非お待ちしております!!              ※2006年設立当時

入社2か月目!新入社員インタビュー🎤✨

こんにちは。株式会社オービット総務部のAです。 今日は、この4月に入社したばかりの設計部のNさんにインタビューしました。 入社2か月目のフレッシュな、リアルな声をお伝えできればと思います。 設計部所属 Nさん(25歳) 職歴:中途入社 趣味:ドライブ、カメラ、ゲームetc... これまでのキャリアを教えて下さい。また、転職活動を始めたきっかけは何ですか? 高等専門学校を卒業後、金属屋根の会社で屋根工事の施工管理に従事しておりました。地元九州で働きたいという思いと、建設コンサルタントという業種に興味を持ち転職をしようと決めました。 他の企業ではなく、なぜ当社への入社を決断したのでしょうか? 面接は5社ほど受けたのですが、その中でも一番面接中の雰囲気が良かったこと、会社内について正直に話をして頂いたことで、この会社なら安心して働けると思ったからです。 また、転勤がないという点も強い判断材料になりました。 入社後に感じたギャップはありましたか? 面接時に社内の見学をさせて頂いたのですが、その時は正直重い雰囲気を感じました(笑)。しかし実際に働いてみると社員同士の会話も多く、明るい雰囲気で仕事ができています。 転職してよかった思うことを教えてください 興味があった分野で働けるということが一番によかったと思います。 終業時間や休みの管理も徹底されており、休日には自分のやりたいことができてプライベートが充実したところもよかったですね。 就活・転職活動中の方へメッセージと、今後挑戦してみたいことがあれば教えて下さい ホームページやネットにある情報だけでは判断できない点が多いですが、社員に直接話を聞ける機会があればぜひ活用してみて下さい。転職の際にこれはとても大事になります。 今後は今の部署で基礎を固め、様々な資格取得に向けて頑張りたいです。 笑顔がさわやかなNさん。 まだまだ慣れない環境で大変な時期にもかかわらず、質問にも一つ一つ、丁寧に答えてくれました。 今後も一緒に会社を盛り上げていきましょうね!

【転職体験談 #17】「経験と生活スタイルから見えてきた希望の仕事」やりがいを見つけたTさんの物語

こんにちは! プラスト編集部のOです。 第17回目となる「みんなの転職ストーリー」。 今回は有限会社藤田工務所に、線路メンテナンススタッフとして入社したTさんにお話しを聞きました。 【🏢有限会社藤田工務所】 JR東日本グループの総合建設会社『ユニオン建設』の協力会社として、青森県内の各種鉄道の軌道工事を担っている藤田工務所。社員のエンゲージメント向上につながる福利厚生やキャリアアップ制度を積極的に導入している。 記事では”転職におけるさまざまな決断の瞬間”や”転職成功を実現するための手段”が語られています。 転職活動中の方はもちろん、これから始めようと考えている方にとっても、きっと参考いただける転職体験談になっていますので、ぜひご一読ください。 ※本記事は2024年5月21日時点の情報をもとに作成しています ——生活スタイルにも、自身の適性にもあった仕事をみつける 未経験から線路メンテナンスの仕事を始めたTさんは、藤田工務所に入社してから半年が経とうとしている。深夜帯での勤務や初めての仕事内容にどんな印象を持っているのだろうか。 「もともと夜勤の仕事を望んでいました。妻が日中に働いていることもあり、夕方に学校から帰ってきた子どもの面倒をみるのは私の役目。習い事の送り迎えなどをする必要があるので、夜の時間帯に働くほうが生活スタイルにあっていました」 「今、子どもは小学生でバスケを習っているんです。私がバスケ好きなこともあり、ちょくちょく練習や試合を見に行ってはアドバイスをしています。私のほうが楽しんでいるかもしれませんね(笑)。仕事と家庭の両立が大変だと思う時もありますが、今の生活スタイルが気に入っています」 仕事についてはどうだろうか。 「先輩の仕事を見ていると、知識はもちろん、多くの制約があるなかで重機を正確に操縦したり、そのスキルにいつも圧倒されています。日々この仕事の奥深さを感じる毎日ですね。人力で重い物を運ぶシンプルな作業ひとつとっても、私とはテンポがまるで違うんですよ」 「職人仕事で想起されるような『仕事は見て覚えろ』といった風潮はなく、丁寧に教えてくれるしサポートもしてくれる。憧れと同時に、尊敬できる先輩が多いのも、当社に入社して良かったと思えたポイントです。早く先輩たちのようになりたいと思いながら働いています」 Tさんの語り口からは、働き方にも仕事にも満足している様子が伺い知れた。Tさんは希望に合った環境を見つけるまでに、どんなキャリアを送ってきたのだろうか。その軌跡を追いかけた。 ——10年以上勤めた職場を離れ、未知なるキャリアへ 大学を卒業したTさんが就職先として選んだのは、施設管理を手掛ける企業。最初はスポーツ施設の事務職を任されたようだが、ほどなくして、さまざまな施設の維持管理を担う現場作業の部署に異動したという。 「土を入れ替えたばかりの球場をとんぼがけしたり、市民プールの水を抜いてペンキを塗り直したり…。提携している施設に赴いて作業をする仕事でした。今考えると、私が事務仕事よりも、体を動かす現場仕事のほうが向いていると感じているのは、この時の経験が大きかったように思います」 1社目には10年以上勤めたというTさん。それだけ長く働いてきた職場を離れようと考え出したきっかけは何なのだろうか。 「経理の仕事に興味が湧いてきて、日商簿記の資格を取得したことが転職を考えるきっかけになりました。せっかく取得したので、資格を活かせる仕事にチャレンジしてみたい意欲が強まったんです」 「さらに、1社目に退職金制度がないことも要因のひとつでした。将来的に長く働くためにも、より制度が整った環境に身を置きたいと考えたんです」 ——転職後にぶつかった壁 1社目に在籍中に転職活動を始めたTさん。ハローワークのネットサービスで見つけた会計事務所に応募してみたところ、一発で内定が出たという。日商簿記の資格を活かせることからも、Tさんは会計監査スタッフとして新たなキャリアを歩み出すことに。 「覚えることも多いし、今まで経験がなかったパソコン作業も多いし、慣れるまでには相当苦労しました。でも、社会保険料の仕訳作成など、一歩一歩新しいことを覚えていくのは楽しかった。それに、企業の社長をはじめ、さまざまなお客様と密にやりとりしながら関係性を築くという部分にも大きなやりがいを感じていました」 しかし、やりがいを感じる一方で、Tさんの心は転職に傾いていったという。 「とにかく残業がきつかった。とても忙しい職場で、先輩たちも新人に教える余裕がない状況でした。わからないことがあっても聞きづらく、自力で解決するしかない。だから一層仕事に時間がかかってしまい、残業時間が増え…」 「当時は子どもがまだ幼く、家族で過ごす時間を大切にしたいと考えていたんです。もうちょっと続けたい気持ちはあったのですが、転職を決断しました」 ——転職成功のカギは「資格」 2社目では1年半ほどを過ごしたTさん。自身でも不完全燃焼だったと感じていたようで、次も経理や会計の仕事で探していたという。 「2社受けたのですが、第一志望だった企業の経理職は残念ながら縁がありませんでした。内定が出た法律事務所は残業がないということもあり、入所を決めました」 Tさんはこれまでの転職活動経験で、志望企業から高確率で内定を勝ち取っているが、選考において意識していたことはあるのだろうか。 「私の場合、日商簿記の資格を取得したのが大きいかもしれません。入社したいという想いだけでなく、資格があることで、私自身が企業に対してどんな貢献ができるかを具体的に伝えられるようになりました。さらに取得した経緯も含めて説明することで、より入社意欲が伝わるようになったと思います」 「それに、資格を持っていること自体が自信につながるし、勉強をがんばったという証にもなります。武器をひとつ手に入れた感覚に近いですね」 ——身体を動かす仕事を目指す 法律事務所の税理士部門に配属となったTさん。しかし、入所直後に人員体制の変更があり、所属部署の運営状況は芳しくなかったという。収入が上がる目途も立たず、退職することに決めた。 「実は、コロナ禍の影響もあり、以前から実家が営む小売店を手伝ってほしいと言われていたんです。だから、法律事務所を退職したと同時に、家業を手伝いはじめました。このタイミングで、日中に子どもの面倒をみるのが私の役割になったんです」 コロナ禍が落ち着き、家業も安定してきたことで、次の仕事を探すことになったTさん。日中にお子さんの面倒をみることができる夜勤の仕事を探していたのは先述した通り。その他にも、これまでの経験を思い返して仕事を選択したという。 「今まで経験した内勤と現場仕事を振り返り、自分には体を動かしながら作業する現場仕事のほうが向いていたなと思ったんです」 「内勤時代は運動不足になって、日に日にスーツがきつくなっていって…(笑)。体を動かす仕事なら、仕事が運動にもなり一石二鳥だと思ったのも正直なところです」 ——面接で正直な想いをぶつける 夜の勤務時間で求人検索をし、藤田工務所の募集を発見したTさん。夜間帯であり、かつ体を動かす仕事であるという希望が叶うことから、すぐに応募したという。 「面接は社長が担当してくれました。団体で動く仕事だからわからないことがあっても大丈夫であることを丁寧に教えてもらい、とても安心したのを覚えています。また、作業中に電車が通ることがあるなど、作業の危険な部分も包み隠さず説明してもらいました。誠実なお人柄を感じたことも、入社の決め手のひとつです」 今までの選考は、資格取得を軸に対策を組み立てていたTさんだが、今回はどのように伝えたのだろうか。 「今回は、子どもの面倒をみるためや体を動かす仕事をしたいという想いを正直に伝えました。ただ、分野は違えど、資格を取得したという経験はスキルアップの意欲の現れととらえてもらえたようです」 ——希望通りの転職を実現 面接の場で即内定が出たというTさん。家族の応援もあり、すぐに内諾の返事をしたという。入社直後は驚いたことがたくさんあったようだ。 「上司がマンツーマンで作業の流れや注意点をレクチャーしてくれました。さらに映像を見ながらの研修もありました。いきなり現場ではなく、座学で学べる環境があるのはうれしかったポイントです」 「あと、スマホでの勤怠管理だったり、アルコール検査の機械だったり、何かとデジタル化が進んでいてびっくりしました。出退勤ではタイムカードを切って…みたいな感じを想像していたので(笑)」 人間関係の良さも藤田工務所の魅力だという。 「経験年数は全然違うのですが、同年代の先輩も多く在籍しています。休憩時間には、若かったころに流行っていたことの話題などで盛り上がっています。作業中に電車が通ると作業を中断するのですが、その際もちょっと雑談をしたり。仕事でも休憩時間でもコミュニケーションが盛んですね」 最後に、Tさんの今後の目標と転職者に対するエールを送ってもらった。 「この仕事にもたくさんの資格があるので、勉強を頑張りたいですね。そして、かっこいい先輩たちのように、現場の戦力として活躍できるようになりたいです」 「転職活動中の方には、型にはまらずにキャリアを考えてほしいと思っています。これまでの経験や培ってきたスキルだけで仕事を選ぶのではなく、家族のことや、プライベートの過ごし方のことなど、自身が重要に感じていることから、仕事や会社を選ぶことをおすすめしたいです」 《編集後記》 Tさんは資格を武器にしていたことは記載した通りですが、他にも、履歴書や経歴書の書き方は書籍を参考にしていたと言います。できることをコツコツを続けていたTさんの行動が、転職成功につながっていると思えた取材でした。 有限会社藤田工務所のプラストでは、仕事内容紹介から福利厚生紹介まで、働くイメージが具体的になる記事が数多く投稿されています。下記リンクより求人だけでは知り得ない魅力を感じてみてください。 ▶有限会社藤田工務所の記事はコチラから ▶有限会社藤田工務所HP 【バックナンバーはこちらから】 みんなの転職ストーリーまとめ

✨MVP✨ ~2024年4月度 月間MVP🏆~

こんにちは! 株式会社プラスト 本社総務課のOです🧸 私たちプラストは、 ホームページの制作・モバイルマーケティング・OA機器の販売等、幅広く事業を展開している会社で、「従業員、そして関わる全ての大切な人たちが『幸せな人生』を送る為の基盤であり続ける」ことを企業理念に掲げています!! 今回は、先日社内で発表された 4月度 プラスト月間MVP についてご紹介します✨ プラストでは、 毎月各課より課内月間MVPが選出され、 その中から、事業部責任者の投票により事業部MVPを決定します! 更に各事業部のMVPの中から『最もMVPにふさわしい』と評価された方が、 プラストの月間MVPとして表彰されます🎉✨ 👇過去に投稿した月間MVPの紹介も併せてチェックしてみてくださいね👀✨ 【19期月間MVPブログ一覧】 【20期月間MVPブログ一覧】 今回、月間MVPに選出されたのは・・・ CRM事業部 モバイル九州1課 Aサブマネージャー おめでとうございます🎊💞 多くのライバルを抑えて月間MVPに輝いたAサブマネージャーですが 4月稼働前半は思うような結果がでず、不調だったようです😢 しかし後半、怒涛の5日間連続ご成約と大奮起💥 ふたを開けてみれば、ご自身の自己最高記録を更新し、 更にAサブマネージャーの姿に鼓舞されたチームメンバーの活躍もあり、 モバイル九州1課の成績までも過去最高へと導きました🙌💕 サブマネージャー自らが、課員を牽引する姿は やっぱりかっこいいですよね🥰✨ 前半不調だったとは思えない程の大活躍で、 全社の売り上げランキングでも1位を獲得🥇 文句なしの事業部MVP選出でした😊 山下社長に月間MVP選出の理由をお伺いしました🎤 ____________________________✎ 4月はAサブマネージャー自身もチームも苦戦しましたが、 最後まで諦めずに取り組みました。 稼働終盤にはお客様との信頼関係を築き、 見事5日連続でご成約をいただけました。 結果、1年7か月ぶりに自己最高実績を更新し、 チームも過去最高実績を達成。 課員にも大きな影響を与えたことを評価し、 4月度の月間MVPを贈ります! ✎____________________________ プラストの指針の一つに『growth chain(成長の連鎖)』 という言葉があるのですが、 Aサブマネージャーの姿にチームが応えた様子が まさに『成長の連鎖』だなぁと感じました😳👏 Aサブマネージャーから受賞コメントと今後の野望が届いております! 月間MVP受賞、本当におめでとうございます😊! 月間MVPの様子は公式Instagramでも投稿しています。 インスタでは各事業部MVPの受賞者もご紹介しています!🥰 弊社の素敵なメンバーをぜひぜひご覧ください😊💕 最後まで読んでいただきありがとうございます🙇‍♀️ 株式会社プラストでは一緒に働く仲間を募集しております🥰 未経験の方も大歓迎! 詳しくは、求人情報またはプラストHPの採用情報をご確認ください💁‍ 弊社の公式Instagramでは、 たくさんの写真と共に社内・社員の様子や会社の活動について詳しく紹介しております📸✨ ぜひInstagramの投稿もご覧ください💓 🏢ホームページ:https://www.plust.jp/ 🌏Facebook:https://www.facebook.com/plustfb 📱Instagram:https://www.instagram.com/plust_official/ ✏️他の投稿も気になったら… #プラストブログ で検索👀🔎✨

製造オペレーター・Sさんにインタビュー♪

こんにちは🌈 管理部の上林です。 久々の従業員インタビュー記事です! 入社して6年が経ったSさんにお話を聞きました♫ お仕事紹介③でも登場しました頼れる優しいお兄さんのSさんです(^^) 職場環境について わからないことがあったら、なんでも相談できる雰囲気があります。 チームワークを大切にしていて、全員で協力して取り組みます。 困り事等は、すぐ聞ける体制が整っていますよ。 ほんとに未経験でも大丈夫? 社会人としての自覚があれば大丈夫です。 未経験であっても想像力が豊かであれば活躍できます。 先輩がマンツーマンで、作業項目ごとに習熟確認をしながら教育をします。 段階的に業務を覚えられます。 「機械を分解したり、組み立てることが好き!」という方は、向いている仕事だと思います。 新しい仲間に期待すること 何でもやってみたい!とチャレンジ精神がある人には、いろんな事を教えていきますので、会社の雰囲気にも仕事にも慣れていってください。 ゆくゆくは仕事の効率化などの提案をしてくれる人は、頼りになりますね。 仕事の話だけでなく、たまにはプライベートの話もして、お互いを知っていきましょう。 以上、Sさんへのインタビューでした。 記事を面白いと感じてくださった方、是非いいねをしてください\(^o^)/

【インタビュー】新入職員に聞いてみました!(vol.2)

【自己紹介をお願いします】 Nです。 県内の大学の美術学科出身です。 【つくしの里を選んだ決め手は】 一日体験会や見学会に行った際の職員と利用者の方の関係の良さや、雰囲気の良さにひかれて入職したいと考えました。 【実際に仕事をしてみてどうですか。 学生時代に思い描いていたことと違うところ、新しい発見はありましたか。】 想像していた以上に覚えることが沢山あり大変ですがその分学ぶことが沢山あって日々成長できていると感じます。 先輩職員方が丁寧に教えて下さるので初めてでも安心して業務をする事が出来ます。 【どんな支援員、社会人になりたいですか。】 自分の強みも生かしながら利用者さんの長所も引き出す事が出来るような支援員になりたいです。

転職インタビュー ③

こんにちは!株式会社タマヤです。 福井県越前市にて、オフィス機器の販売やレンタル業を中心に、オフィスソリューション事業を展開しています。 実際に当社で働くスタッフ3人目の紹介です。 スタッフ自らの声で、当社の雰囲気を感じていただければうれしいです! 今回、登場するのは若手エースのレンタル営業職T.Rさんです。 ——これまでの経歴を教えてください 前職ではイベント会社で働いており、企業イベントの企画と運営を手掛けていました。色々な企業からの依頼を受け、展示会や社内イベント等を成功に導くために、お客様のアイデアを形にする仕事です。お客様の期待を超えるイベントを作り、その瞬間に立ち会えることが何よりの喜びで、常に新しい挑戦をし続ける仕事でした。 ——転職のきっかけを教えてください 一方で、イベント業界特有の長時間労働とプレッシャーが自分の時間を奪うこともあり、体調を崩してしまうことも多々ありました。そこで、もっとバランスの取れた生活を求めて、新しいキャリアを模索するようになりました。 ——入社後大変だったことはありますか? 新しい業界でのスタートは挑戦的でしたが、先輩たちの指導が大きな支えとなりました。必要な知識を教えてくれるだけでなく、トラブル発生時の対応やお客様へ説明の方法も丁寧に説明してくれました。先輩の手本となる姿勢からは、チームワークの重要性とプロフェッショナルとしての責任感を学びました。 ——今後の目標を教えてください 私の今後の目標は、レンタル業界におけるAI技術のさらなる活用を探求することです。具体的なアプリケーションや方法に囚われず、どのようにしてAIが私たちの業務を進化させ、顧客体験を向上させるかを考え、それを実現する方法を模索したいと考えています。この技術の可能性を活かすためには、常に最新のトレンドを学び、様々さ情報を取り入れていきたいと思っています。   ・——職場の雰囲気や人間関係はどうですか? 当社はとてもアットホームで、社員一人ひとりが互いに支え合っています。小規模ながらも各部署が密接に連携を取りながら働いているので、新しいアイデアや提案が常に歓迎される開放的な環境です。 ・——プライベートの過ごし方を教えてください 休日は主にビデオゲームを楽しんでいます。様々なジャンルのゲームをプレイすることで、日々のストレスを解消しています。特に戦略的なゲームやアクションゲームに夢中になることが多く、友人とオンラインでプレイするのが週末の楽しみの一つです。 ・——入社して一番驚いたことは何ですか? 特に驚いたことはないですが、入社してみて、職場の皆が非常にフレンドリーで協力的だったことに安心しました。人間関係の構築がスムーズで、すぐに仕事に集中できる環境が整っていたことがとても心強かったです。 ・——上司や先輩の人柄について教えてください 上司や先輩たちは非常に話やすく、困った時はいつでも相談に乗ってくれます。それぞれが専門知識を持ち合わせており、先輩方から学ぶことは多いです。特に、私の直属の上司は業界で長年の経験を持つベテランで、上司の指導の下、多くの実務知識とスキルを習得しています。 ・——入社後にはどんな研修がありましたか? 入社後の研修はありませんでしたが、先輩や同僚がOJTで丁寧に教えてくれたので、実務を通じて必要なスキルや知識を学ぶことができました。特に、初めてのお客様対応では、チーム全員がサポートをしてくれ、その過程で多くのことを自然と身につけることができました。

除草工事スタート

こんにちは! 水谷建設株式会社です😀 今年も除草工事が始まりました! 現場から海が見えました✨ 除草/伐採スタッフも募集中です! 自然に囲まれて一緒に働いてみませんか? 水谷建設株式会社では職場見学や職場説明会を行なっております! 弊社のことが気になる、ご興味がある方はお気軽にご連絡ください! オンラインでも対応可能です。 採用担当:水谷 TEL:0965-31-1718 E-mail : mztn9301@tsm.bbiq.jp

【転職体験談 #16】「手に職つけたい!」新しいキャリアを切り拓いたYさんの物語

こんにちは! プラスト編集部のOです。 第16回目となる「みんなの転職ストーリー」。 今回は大同電気株式会社に、電気工事士として入社したYさんにお話しを聞きました。 【🏢大同電気株式会社】 静岡県吉田町で創業69年の歴史を誇り、地域での知名度も抜群の大同電気。元請け企業として地域のさまざまなインフラ工事を手掛ける。『健康経営優良法人 2024』にも認定されており、社員の働きやすさ促進にも注力している。 記事では”転職におけるさまざまな決断の瞬間”や”転職成功を実現するための手段”が語られています。 転職活動中の方はもちろん、これから始めようと考えている方にとっても、きっと参考いただける転職体験談になっていますので、ぜひご一読ください。 ※本記事は2024年5月9日時点の情報をもとに作成しています ——切磋琢磨できる仲間がいる喜び 大同電気に入社して1年半が過ぎたというYさん。働きやすさを感じる日々だという。 「当社は、工事の発注者から直接依頼を請ける元請け企業です。何件も工事を掛け持ちするというよりは、会社近郊の大きな案件に集中できる環境があります。だから移動時間も少なくて済むし、仕事をきっちり17時に終える文化も根付いている」 「当社に入社するタイミングで2人目の子どもを授かり、今まで以上に家事や育児を頑張らなくちゃと思っていたんです。入社後は早い時間に帰宅できるようになったので、妻も喜んでいます」 プライベートの時間が増えたこと以外にも、転職して良かったと思っていることがあるようだ。 「同じような経験年数で、かつ同世代の人がいたことが大きかったですね。『ここはどうするんだっけ?』みたいな感じで、ちょっとした質問も気軽にできて助かっています(笑)。一緒に成長していける仲間がいるだけで心強いと思うことばかりですよ。そして、プライベートの話で盛り上がる瞬間は大きな息抜きになっています」 家族との時間を大事にしつつも、手に職つけるための成長環境を求めていたYさん。どのような経緯で理想的な環境を手に入れることができたのだろうか。Yさんのキャリアの軌跡を紹介します。 ——就職の決め手は”安定性” 工業高校を卒業後、Yさんが就職したのは飲料メーカーの工場。ラインオペレーターとして4年間を過ごしたという。 「就職した当時はリーマンショックの渦中で、世間的にも不況が叫ばれていました。そのような状況のなか、食品系なら安定しているのではと考えて就職先を決めたのを覚えています」 Yさんの想定通り、1社目は不況のあおりを食うこともなく安定していた。さらに人間関係も良好で居心地が良かったという。しかし、転職に踏み切る十分な理由があった。 「翌週は土日休みだと掲示されても、直前で出社日に変更になるということが連続して起こりました。休日の予定を何回もキャンセルすることになり、だんだんと耐えられなくなって…。このことがきっかけで同僚も続々と辞めていき、私も退職を決意しました」 ——安定性よりも、手に職つけたい思いを優先 最初の転職ではハローワークを利用したというYさん。求人数が多かったこともあり、引き続き製造職で仕事を探していたという。そして、製薬会社のグループ企業に入社することになった。 「土日は完全に休みで、急に休日出勤が発生することもない。1社目に感じていた不満はすっかりと解消されました。それに長期休暇もあるし、賞与もしっかりと出たし、転職して正解だったと思うことばかりでしたね」 Yさんは2社目で7年を過ごし、その期間に1人目のお子さんも産まれたという。話しを聞いていると仕事もプライベートも順調に思えたが、徐々にキャリアに関してモヤモヤを感じるようになっていく。 「毎日決まった作業を正確にこなすといった仕事だったので、30歳を目の前にして、このままでいいんだろうかと心配になっていきました。手に職つけないと、この先やっていけないのではないかと…」 「家族のことを考え、安定していた2社目で働き続けることも考えました。でも、自身のキャリアも大切にしたい。求人広告を見ていると、年齢制限を設けている求人が少なくなかったのも、転職を急いだ要因のひとつでした。妻にはなんとか理解してもらって、転職することを決断しました」 ——新しいキャリアに挑戦 2回目の転職活動ではエージェントを活用して、何社か電気工事会社を紹介してもらったという。どうして電気工事士のキャリアを選んだのだろうか。 「2社目に在籍中、将来のことを考えて、独学で第二種電気工事士の勉強を始めたんです。会社にかけあって講習を受けることができ、無事に試験に合格。次に就く仕事では、第二種電気工事士の資格を活かした、電気工事現場の職人(電気工事士)にチャレンジしようと思っていました」 「意図して選んでいたのは、社長に直に教えてもらえるような小規模の会社です。エージェントにもそういう会社を紹介してほしいとお願いしていました。そういう環境の方が自身の成長が早まると考えたためです」 3社目に入社後は厳しく指導してもらい、電気工事士としての経験を積み重ねたYさん。激務ではあったものの日々やりがいを感じていたという。ただ先述したように、2人目の子どもを授かったタイミングで、働きやすさを求めて転職に踏み切ることになった。 ——今までにない魅力を感じる環境 3回目の転職活動は、自身で求人を探していたYさん。大同電気の求人は残業がないことが大々的にうたわれていて特に気になったという。さらにもうひとつ、大きく興味をひく要素があった。 「会社のHPを確認すると、『プラストを更新しました』というお知らせが載っていたんです。クリックしてみると、新人が担当した現場を紹介した記事や、同世代の社員が紹介されている記事が投稿されていました」 「前職は大ベテランの先輩ばかりだったので、同世代で同じ経験値くらいの人が働いている環境にはとても惹きつけられました。切磋琢磨しながら成長できそうだと感じたんです。また、経験したことのない案件に携われることもわかり、スキルアップできる環境がありそうなことも大きな魅力にうつりました」 面接ではプラストの話題も出て盛り上がり、さらに面接後の社内見学では、社員たちのフレンドリーな対応に好感が持てたという。一気に大同電気に入社したいという想いが強まることになった。 ——希望通りの転職を実現 無事、大同電気に入社することができたYさん。面接で会社を訪れた際に感じた雰囲気の良さを、入社直後に早速実感したという。 「初日から現場を経験させてもらったのですが、休憩中にはベテランの親方衆から積極的に話しかけてくれたんです。人間関係の良い会社だと思えたのを覚えています」 電気工事の仕事の幅は広く、未経験も同然だと語るYさん。今後の目標を聞いてみた。 「まだまだ覚えることがたくさんある修行中の身なので、経験を積んで課長や班長のように、どんな現場でも臨機応変に対応できるような職人になりたいと思っています」 最後に、転職活動中の方にエールを送ってもらった。 「異業種、異職種へのチャレンジは勇気が必要ですが、手に職つけたいというような強い思いがあればぜひ踏み込んでほしいと思います。私の経験として、同世代の人がいる会社だと入社後に心強いですよ。大同電気は若手からベテランまでさまざまな年代がいるので、どんな人にもおすすめできる会社です」 《編集後記》 独学で電気工事士の資格を勉強したり、成長意識をもって企業を探したり。Yさんの「手に職つけたい」という目的に向かって行動する力には驚くばかりでした。Yさんが大同電気という理想的な企業に入社できたのも必然であると思えた取材となりました。 大同電気株式会社のプラストでは、社員インタビューから仕事内容紹介まで、働くイメージが具体的になる記事が数多く投稿されています。下記リンクより求人だけでは知り得ない魅力を感じてみてください。 ▶大同電気株式会社の記事はコチラから ▶大同電気株式会社HP 【バックナンバーはこちらから】 みんなの転職ストーリーまとめ

【社員インタビュー】お引き渡しした際に感謝される仕事!小室さん編

こんにちは🤗 東建グループ+Stories.編集部です 今回は、東建グループの中で住宅アドバイザーとして活躍中の 小室さんにインタビューを受けていただきました✨ …………………………………… 名前:小室さん 所属:住宅部 営業設計課 …………………………………… ………………………………………………… ■Q1,自社や仲間のここが好き!という点は? ………………………………………………… 経営理念の1つ 顧客第一主義 というモットーに共感した全スタッフがより良い住宅をご提案・施工するために信頼し合い仕事をしていること。 ………………………………………………… ■Q2,仕事のやりがいは? ………………………………………………… 自分が携わったお客様の住宅が竣工し、お引渡しをした際に感謝される時にやりがいを感じます。 ………………………………………………… ■Q3,休日の過ごし方を教えてください ………………………………………………… 息子と野球をしたり、外食や買い物に行ったり家族と過ごしています。 ………………………………………………… ■Q4,これからの夢や目標を教えてください ………………………………………………… 担当し建築して頂いたお客様から多くの紹介を頂きそのつながりを増やして、多くのご家族の笑顔を作れたら幸せです。 ………………………………………………… ■Q5,就活生へメッセージ ………………………………………………… どんな仕事でも大変だと思います。ただそのなかで、 自分のやりがいを見つけて楽しく仕事をしてください。 住宅アドバイザーのざっくりとした仕事の流れはこんな感じです! ぜひご参考にしてみてください😊 +.。.:・゚+.。.:・゚+.。.:・゚+.。.:・゚+.。.:・゚+.。.:・゚ 少しでも東建グループにご興味を持っていただけた方が いらっしゃいましたら、随時会社説明会を開催していますので ぜひ、お気軽にご連絡ください😊 お電話でのお問い合わせは TEL.0284-72-0645 申込フォームはこちら SNS等で情報発信しています! ぜひ、フォロー&いいねをお願いします! ▶Instagram ▶YOUTUBE ▶TIKTOK ▶ホームページ

【社員インタビュー#2】安中工場での仕事とは?≪製造部≫

こんにちは! カイエー共和コンクリート採用担当です。 何を製造しているの?安中工場ってどんなところ? 今回はなかなかイメージのつきにくい安中工場での仕事について聞いてみました! Q1.どのような仕事をしていますか? 主に品質管理という仕事をしています。 営業部や製造部の努力を、施工する先方へ最高の形でお届けする大事な仕事です。 Q2.1日のスケジュールを教えてください。 8:00~ 朝礼 8:15~ 製造部で使用する書類の作成 9:00~ 製造の検査を行う 12:00~ 昼食 13:00~ 書類作成 13:30~ 工場内の作業進捗をチェック       製造品の検査 17:00~ 退社 Q3.職場の雰囲気はどうですか? 活気があり笑顔が溢れる職場です。 Q4.入社後に苦労したこと、難しいと感じたことはありましたか? コンクリート業界に携わるのが初めてだったので、色々なことを覚えるのに苦労しました。 最初は自分自身何が理解できていないのかが分からない状態が続き、とても大変でした。 Q5.会社や上司、先輩からはどんなサポートがありましたか? 困っている時に優しく声をかけて頂いたり、失敗しても励まして頂いたりしたので、分からない事や出来ない事へのストレスが溜まることなく仕事が覚えられました。 Q6.さいごに 自分のやる気ひとつで何でも出来る会社です。新しいことへの挑戦を全力で応援します。 自分の成した事の成果もすぐに効果測定出来るので、未知の世界でも恐れずに是非一緒にこの業界を盛り上げましょう! 先輩からの手厚いサポートがあるので未経験の方も安心して働けます。 皆さんからのご応募お待ちしております!

【インタビュー】新入職員に聞いてみました!(vol.1)

【自己紹介をお願いします】 4月から、つくしの里支援員として勤務していますTです。 大学では、芸術学部に在籍し、美術を専攻していました。 利用者さんと一緒に作品を制作したり、発表したりする機会を作りたいと思っています。 【つくしの里を選んだ決め手は】 秋の里まつりに参加させていただいた際に、利用者の方・保護者の方・職員の方たちが、笑顔で楽しそうにされていた姿が印象に残り、自分も一緒に働きたいと思ったからです。 【実際に仕事をしてみてどうですか。 学生時代に思い描いていたことと違うところ、新しい発見はありましたか。】 学生時代には、自分に支援員の仕事が務まるか不安でした。 現場に入ってからは、利用者さんや職員の方のお名前を覚える事から始まり、1日1日覚える事が多く大変だと思う事も多々ありますが、職員の皆さんは優しく、分からないことがあれば何でも聞く事ができます。 また、利用者さんからの「ありがとう」や笑顔に力をもらっています。 【どんな支援員、社会人になりたいですか。】 周りの状況をみながら自分から率先して動く事が出来る事ができ、利用者の皆さんが毎日楽しく過ごせるような支援をしていきたいと思っています。 そして、利用者さんとご家族の皆様に信頼してもらえるような支援員になりたいです。

⛽🎤社長インタビュー🎤⛽パート2【メガペトロ株式会社】

こんにちは✨ メガペトロ株式会社 採用担当の高梨です😊 今回の記事で 100回目の更新となります✨ 99回~100回に渡り 本年度3月より新たに着任されました 名倉新社長へのインタビューを 掲載しております❗❗ 前回の記事はこちら↓↓ 名倉社長インタビューパート1 それでは続きをどうぞ🙌😉 ✅今後当社が目指していくべき点はどのようなことだとお考えでしょうか? 今は克服していますが、 当社は10数年前に経営が苦しい時期があり 出店が停滞しておりました。 成長をし続けることが重要です。 特に出店成長を続ける会社には 働く社員の皆さまの希望が生まれ 自らの成長も実感できる会社になるはずです。 ✅新たな出店の機会を逃さないことが大事、ということですね。 それでは、それを実現するため、当社の従業員に仕事をする上で意識して欲しいことは何ですか? 当社に入社するという事は 「イオングループ」に 入社することになります。 グループでは従業員を総じて イオンピープルと呼んでいます。 AEONの一員として、第一に お客さまを大切していただく 必要があります。 お客さまの期待を汲み取り、 それを実現する 「商売」をしていくという事の 認識が大切です。 (将来イオンの各社で 活躍するという道もあります) もちろん、ガソリン販売、 洗車販売を中心とする 「モビリティ生活」を担う当社に 入社していただく方には 危険物取扱の資格(乙4取得)や その徹底を行っていただく 「安全」への意識が 大前提となります。 これをご理解いただければ アンマッチはないと思います。 ✅それでは、今後どのような方に当社に入社して欲しいでしょうか? チャレンジ精神のある方です。 チャレンジ精神とは、 勇気をもって 変革し続けることだと思います。 よく採用面接で口にされる方が多く見えますが 変化とは「閃いた」 「未だ世の中にない」目標に対して 諦めず、努力し続ける事だと 思っています 言い換えれば、 チャレンジ精神=努力し続けられる方は 特に大切です。 ✅これから選考を受ける方や入社してくる方にメッセージをお願いします! 情報が多く色々な選択肢があり 自分の方向性や選択に 迷いがでるのは当然かと思います。 そんな中でも 覚悟を持って 新しい環境や仕事に挑戦し 前向きに向き合える方を 当社では歓迎しております。 店舗巡回時には 業務改善に関するご提案も 相談に乗る予定です。 風通しの良い環境を目指して 「変革」を進めますので ぜひ飛び込んで来てください!! お待ちしております。 名倉社長、 お忙しい中ありがとうございました💡 新しい社長に着任いただき 今年度のメガペトロ株式会社は 変革を迎えます✨ そんな当社で 働きたいという方 ぜひお待ちしております❗❗

⛽🎤社長インタビュー🎤⛽パート1【メガペトロ株式会社】

こんにちは😊 メガペトロ株式会社 採用担当の高梨です✨ 2023年9月にプラストに初投稿してから 約8カ月経ちますが、、 ついに今回の記事で当社のブログが 99回目を迎えました❗❗ これまで全国各地にある ペトラスのご紹介記事や 当社で活躍する社員のインタビュー記事など 当社をよりご理解いただけるような情報を お伝えすべく発信してきました😄 記念すべき100回目を目前に控え 今回と次回の記事に分けて 今年の3月に当社に新たに着任した 名倉稔博(なぐらとしひろ)社長に インタビューを行いましたので ご紹介いたします🎵 名倉社長ですが 最終面接の面接官も務めて頂いております❗ それではどうぞ🙌😉 ✅ご出身地は? 愛知県名古屋市です。 ✅好きな食べ物は何ですか? 食べ物ではないですが 日本海側で作られているお酒が好きです✨ ✅趣味や特技はありますか? 剣道2段を持っています。 趣味はハーモニカや釣りなど色々です✋ ✅3月に当社の社長に就任されてから間もないですがメガペトロ株式会社の印象はいかがでしょうか? ガソリンスタンドは ロードサイドでの営業が主流ですが、 当社はショッピングセンター内に 出店するという 当社創業の方々の「変革」によって なされた会社です。 その結果、当社の多くの店舗は、 全国平均のガソリン販売量を 大きく上回っています。 どなたでも、安心してゆっくりレーンに入り、 給油が出来、慌てることなく、 店舗をあとに出来ることが お客さまにご支持いただいていることを 実感しました。 また、ガソリンスタンド営業で最も重要な 「保安」体制がしっかりしていることを 確認できました。 乙4資格者の構成状況や 保安体制のルールの維持、 定期的な教育の実施状況は、 イオングループの一員として しっかりした内容を維持していると 感じております。 ✅こちらの社長に就任するまでイオングループ各社にて様々なご経験を積み、役職にも就かれていたかと思います。そのようなご経験がある社長だからこそ見えてきた当社の強みは何ですが? 1つ目は店舗が ショッピグセンターにあるという事。 ショッピングセンターの 各店と連携した催事や販促ができるのが、 他のガソリンスタンドと当社との 最大の差別化です。 2つ目は、全国にはまだまだ大きい ショッピングセンターが沢山あり、 そこに新たな機会があること。 成長のチャンスがあるのは大きな 強みです。 また、当社はグループの子会社として イオンとの関係を維持していますが、 さらに「三菱商事」様や 当社のガソリンの仕入れ先の 「三菱商事エネルギー」様にも ご出資いただいており、 強い協力関係があることが3つ目の強みです。 ✅逆に当社の課題は何ですか? 現状、大手の競合でも、 ガソリンの販売以外の (業界では「油外」と呼んでいます) 拡大、創造は、盛んです。 実際、ガソリン販売量は、 車性能の向上等から微減しています。 しかし、紙の本は激減しましたが、 文字で伝えることは減っていません。 CDは激減しましたが、 音楽はますます盛んです。 その意味で イオンのショッピングセンターには、 車による来店のお客さまは これからも増えるでしょう。 その「モビリティ生活」を広く捉えて スピード感を持って 自らを変革していくことが大切と考えています。 ~~~~~~~~~~~~~~~ "SUPPLY PETROL AS SHOPPING" 「買い物しながら給油」という 創業の理念の通り名付けられた 当社のガソリンスタンド 【ペトラス】(PETRAS) 全国各地にあるイオンのショッピングセンターに 併設されておりますが 今後もその強みを活かしつつ 新たな可能性に向けて 邁進していきたいですね❗❗ 次回も続きます❗❗

社員インタビューVol.3 <新入社員編>

今回の社員インタビューは、4月1日新卒採用で入社した「T.Sさん」です。 T.Sさんは、県内の普通高校を卒業して入社して頂きました。 高校生の時に、色々な職種の企業を見学をして、弊社を選んでいたたきました。 そんな T.Sさんに色々インタビューをしましたので、弊社に興味がある方は参考にして下さい。 Q1. この仕事を選んだ理由は? 私は、普通高校を卒業し新卒採用で三ツ星工業へ入社しました。 高校生の時、三ツ星工業へ企業見学しました。公共施設で空調設備の保守点検を見学をしました。 その時、対応していただいた社員さんの人柄を見て、この会社なら就職してもやっていけそうだと思いました。また、大きな建物の空調設備の仕組みに大変興味を持ちました。 Q2. 仕事のおもしろさは? 入社して、一カ月が過ぎましたが、宿泊施設、公共施設、一般家庭等の空調機など工具を使って設置や解体、保守点検などの作業が面白いです。 まだまだ、先輩たちの仕事の補助しかできませんが、しっかり仕事を教えて頂いて、まずは一つ任せてもらえる事を作ります。 Q3. 職場の雰囲気は? 先輩たちは、どこの現場へ行っても真面目でそつなくこなす反面、面白い人が多いので雰囲気はいつも明るく楽しいです。 Q4. 休暇について? 他の建設業の会社より十分休めると思います。 ゴールデンウィークもしっかり休めました。 Q5. 大変なところは? 資格が無いとできない作業があるので、これから色々な講習へ参加しますが、勉強が大変だと思います。 入社して約一カ月半、初めての就職活動から自動車免許取得をし入社、通勤電車で一時間、新入社員研修・初めてな事ばかりで大変だと思いますが、本当に一生懸命取り組んでいます。 T.Sさんのインタビューは、引き続き行っていきますので楽しみして下さい! 少しでも興味を持っていただいた方は当社の求人をチェックをお願いします! これからも会社の雰囲気が伝わる情報を発信していきます。

【入社3年目・施設管理職】メキメキ成長中の須賀さんにインタビュー!

こんにちは!  今回は弊社指定管理施設のひとつ、オリオンスクエアではたらく須賀未樹さんに、自己成長エピソードを語っていただきました。 当社に成長できる環境があることを感じてもらえればうれしいです。ぜひご一読ください。 【須賀未樹さんのプロフィール】 入社:入社年2022年・社歴3年目 所属:施設管理部・オリオンスクエア配属 職歴:新卒入社 趣味:写真撮影(人物と景色で撮ることが好きです。) Q1 仕事のなかで成長するきっかけとなった出来事について具体的に教えてください。 昨年、後輩ができ「自分の仕事」と「後輩指導」の両立をしたことです。 私が1年目の時にも先輩方から色々教えていただきましたが、自分が実際その立場になってみると、両立することや伝えることの難しさを痛感しました。 後輩に説明する際には、伝わりやすいようにメモをするなどして、事前に準備をしました。そうすることで、端的に分かりやすく教えることができたと思います。 共有することを大切に、日々の仕事で心掛けています。はじめは自分のやることに精一杯で共有が漏れてしまい、失敗してしまった経験もありました。その後は、できるだけ素早くスタッフ全員に伝えるようにしています。些細なことで「伝えなくてもいいかな?」と迷った時には、伝えることで会話が生まれたり、感謝をされることもあります。 その他、様々な資格試験にもチャレンジできるため、オリオンスクエアの実務に活かせる「イベント業務管理士」「ユニバーサルイベント検定」など様々な勉強にもチャレンジして行きたいと考えております。 会社にも補助があるので、有効活用していきたいです. Q2 当社はどんな社風だと思いますか? 職場の雰囲気や人間関係について教えてください。 本店営業部や管理本部の皆さんを中心に、お互いの仕事状況などを話す機会もあり気さくで、思いやりのある方が多く感じられます。 特に配属先では、少人数かつコンパクトな事務所なので、コミュニケーションが取りやすい環境であると感じています。 Q3 残業時間についてはどうでしょうか? ワークライフバランスについて教えてください。 施設利用者からの申請時間によっては、出勤時間の変動はありますが実働8時間が基本です。 オリオンスクエアの主催事業が月1・2回ほどありますが、その際には1-2時間程度残業になります。 また、シフト制のため平日土日祝問わず休みになるため、平日人混みを避けて出かけることもできますし、土日祝は友人や家族と予定が合うため、一緒に過ごすことが多いです。 Q4 最後に、今後の目標や意気込みを教えてください。 「栃木県の魅力を伝えたい」をモットーに、入社した会社ですが2年間はイベントをカタチにすることに必死でした。3年目のこれからは、私のモットーを改めて思い返し「どうしたら魅力を伝えられるか。」「沢山の人に来てもらえるか。」を考えながら仕事をしていきたいと思います。知識をつけるためにも今年は、イベント検定に挑戦しようと思います。 EX:先輩社員の吉澤さんにもインタビュー!! 新入社員で入って来た時から、傍で見てきた先輩社員の吉澤さんに、 須賀さんの普段の働きぶりや今後期待することなど聞いてみました。 今ではどんなことでもできるようになり、頼もしい存在です。須賀さんのおかげで、イベントの準備がスムーズに進みますし、いつも細かいところまで気を配ってくれるのでありがたいです。実務では私から教えることは何もありません(笑)。それくらい信頼しています!昨年は後輩が入ってきて、実務をしながらの後輩指導に戸惑いや悩みもあったかと思いますが、須賀さんなりに工夫して取り組んでいました。そんな姿を見て本当に成長したなと感心しています。これからも須賀さんの笑顔とパワーで共にオリオンスクエアを盛り上げていきたいと思っています。いずれはオリオンスクエアの施設長も?! 期待しています。 以上、須賀未樹さんの自己成長エピソードでした。 当社では社員のキャリアアップやスキルアップを積極的に応援しています。仕事における相談事もしやすい雰囲気がありますよ。 当社が気になった方は気兼ねなくマイナビ転職やHPからご応募ください。 また、ぜひ他の投稿記事も読んでみてくださいね。それでは次回をお楽しみに!

新入社員を紹介します! Part.2

こんにちは! 入社2年目の小池です。今回の記事は先月に引き続き、新入社員の紹介です! 紹介するのは、設計部に配属された「大竹 瑞希さん」です! 簡単な質問にも答えてくれたので、それもぜひ読んでください! Q1:弊社を志望した理由を教えてくだい A1:内装を考える仕事がしたくて求人サイトで探していたら弊社を見つけ、説明会やインターンに参加したときの雰囲気がよく、仕事内容もやりたいことだったからです。 Q2:4月後半の社員旅行はどうでしたか? A2:1日目の宴会が特に楽しかったです!普段は同じ部署の人としか話す機会がないけど、いろんな人と話すことができて良かったし、普段やらないようなゲームができて楽しかったです。 Q3:どんな仕事を任されているのか教えてください A3:お客様との打ち合わせに使用するプレゼン資料作り、図面の修正が多いです Q4:今後の意気込みを聞かせて下さい A4:入社して一か月が経ちましたがまだまだ分からないことが多いので、先輩に聞きつつ、少しでも早くやることを覚えていきたいです 大竹さんはもうすでに新築工事の壁紙を先輩社員と相談しながら決めていましたね! お客様の好みに合わせてそれぞれの壁紙を選んでいたのは、専門学校での学びがいかせているのかなと思いました。 今後の活躍に期待ですね! ここまで読んでいただきありがとうございます! 次の記事では最後の一人を紹介を予定してますので、ぜひまた読んでくださいね!

【社員インタビュー】営業職として入社したばかりのMさんにインタビュー!

こんにちは! 丸トポートリー食品(株) 関東支店です。 今回は、2024年3月に営業職として入社したMさんにインタビューをしました。 Mさんは1ヵ月ほどの製造研修を終えて、営業としてのキャリアを歩み出したばかり。現在は、先輩の商談に同行しながら学びの日々を送っています。 そんなMさんに、これまでの経歴や入社後の感想までざっくばらんに聞いてきました。ぜひご一読ください! Q. なぜ当社の営業職を選んだのでしょうか? 愛着を持てる商品を扱う営業になりたいと思っていたからです。 私の前職は人材派遣の営業だったのですが、働いているなかで「提案するのが自分の好きなモノゴトだったら、もっと仕事に前のめりになれる」と感じることがたびたびあったんです。 そんなモヤモヤがあったなかで目に留まったのが、幅広い鶏肉商品を手掛ける当社の求人。 詳しく調べてみると、ひな鳥の育成から商品の製造・加工までを自社で一貫しておこなっているとわかりました。もともと鶏肉が好きだったこと、そしてものづくりに対するこだわりを感じたことから「ここでなら自信を持って商品をお客様に提案できる」と思い、志望しました。 Q. 入社後はどんなことから始めましたか? 製造現場での研修からスタートしました。 包丁での鶏肉のカットや袋詰め作業など、商品が出荷されるまでの製造工程を学んでいました。 私はほとんど料理をしないので、やれるのかとても心配で…(笑)。でも、教育担当の方やパートさんたちが都度丁寧に教えてくれるので、不安もいつの間にか消えさっていましたよ。 現在は営業の先輩に同行させてもらっているのですが、製造現場での研修があったから、商談の場での話にもなんとかついていけています。 Q. 当社の人間関係や雰囲気についてはどう感じましたか? 製造の研修中は営業の先輩と関わることもほとんどありませんでした。 でも、ある日食堂にいると、同じく業界未経験で入社した営業の先輩がフレンドリーに声をかけてくれたんです。共通点を見つけて積極的に話しかけてくれたことがとてもうれしかった。製造現場の人たちも丁寧に仕事を教えてくれるし、やっぱりいい人が多い会社なんだろうなと思ったのを覚えています。 実際に営業の研修も始まり、人間関係の良さを実感する毎日ですね。 Q. 今後の目標を教えてください 弊社の商品はどれも自信を持っておすすめできるものばかりです。より多くの販売店に提案したいし、そしてより多くの消費者様に商品を食べていただきたい。この想いを実現すべく、ゆくゆくは販売エリアの拡大を担うような人材になりたいと考えています。 そのためにも、今は目の前のことをしっかりと学ぶことに集中しています。 Q. 最後に、転職活動中の方にエールをお願いします 私は4回の転職経験があり、職種もバラバラ。なかには短期離職となった職場もあります。転職回数などについてネットで調べるとネガティブな情報がたくさん出てきて落ちこんだりもしました。 ただ、さまざまな仕事を経験したからこそ本当にやりたい仕事がわかったとも思っています。さらに強い気持ちを持って転職活動に臨めば成功に近づくことも実感しました。 たとえば鶏肉が好きというような強い気持ちがあれば、ぜひ当社で一緒に働きましょう! 以上、Mさんへのインタビュー記事でした。 「ここで働いてみたい!」「新たな分野に挑戦したい!」と思ってもらえたらうれしい限りです。 それでは次回もお楽しみに!

【転職体験談 #15】「推せる商品を広めたい」 4回の転職経験から真の働きがいをみつけたMさんの物語

こんにちは! プラスト編集部のOです。 第15回目となる「みんなの転職ストーリー」。 今回は丸トポートリー食品株式会社に、営業職として入社したMさんにお話しを聞きました。 【🏢丸トポートリー食品株式会社】 22の畜産・食品企業で構成されるマルトグループに所属する丸トポートリー食品株式会社。農場経営から加工・販売までを自社で一貫して手掛け、安全でおいしい鶏肉を提供している。 記事では”転職におけるさまざまな決断の瞬間”や”転職成功を実現するための手段”が語られています。 転職活動中の方はもちろん、これから始めようと考えている方にとっても、きっと参考いただける転職体験談になっていますので、ぜひご一読ください。 ※本記事は2024年4月18日時点の情報をもとに作成しています ——自信と誇りを持った商品で、営業として成長したい お話しを聞いた時点で、Mさんは入社1ヵ月を過ぎたばかり。1ヵ月超におよぶ製造現場での研修を経て、つい最近、営業職としての道を歩みだしたばかりだ。 「研修では鶏肉を決まった重さにカットしたり、加工したものを袋詰めしたり、商品が出荷されるまでの製造工程を一通り経験しました。私は食品加工の仕事どころか、料理経験もほとんどありません。やり遂げられるか心配でしたね(笑)」 「ただ、研修のおかげで、商談の場で先輩とお客様が話す内容にもなんとかついていけています。最初は不安でしたが、着実に知識を身に着けられていたんだと実感しています」 そもそも、Mさんが食品メーカーである同社に入社しようと思ったのはどんな理由からなのだろうか。 「鶏肉が好きだからです。4回の転職経験から、営業をしたいという気持ちは固まっていました。さらに言えば、自身が好きな商品を扱う営業になりたいと思っていたんです」 「鶏をひなから育て、製造や加工も一貫して自社でおこなう丸トポートリー食品であれば、自信と誇りを持って商品をお客様に勧められる。そして、その商品が多くの消費者の食卓をいろどる。まだまだ営業として一歩を踏み出したばかりですが、大きなやりがいのある仕事だと確信しています」 さまざまな職種を経験し、挑戦したい仕事をみつけたMさん。少なくない転職回数は、Mさんのキャリア形成にどのような影響を与えたのだろうか。これまでの軌跡を追いました。 ——夢をあきらめきれず、早期離職を決意 大学を卒業したMさんが就職したのは設備点検の会社。しかし、そこは短期間で離職することになったという。 「実は、学生時代から公務員になりたいと思って勉強していたんですが、試験に落ちてしまいその夢は叶わなかった。一旦は働きながら勉強して、次の試験にチャレンジしようと思っていました」 「でも、いざ働いてみるとやっぱり思い通りにいきませんね。仕事のことを覚えなくてはいけないし、1日働いた疲れから、終業後の試験勉強にもなかなか身が入らない。迷った結果、退職して試験勉強に集中することにしたんです。決して会社や仕事に不満があったわけではありませんでした」 準備万端で次の公務員試験に臨むも、残念ながら結果は不合格。Mさんはこの道をすっぱりとあきらめ、新たなキャリアを模索し始める。 ——少しずつ見えてきた、自身に向いている仕事 ずっと公務員になることを目標にしていたため、特にやりたいことが思いつかなかったというMさん。とにかくいろんな経験をしてみようと思い、派遣会社に登録することに。 「3~4社紹介された中で気になったのは、病院で医療器具などの在庫管理をする仕事。給与面も悪くなかったので、とりあえずチャレンジしてみることにしました」 軽い気持ちではじめた仕事だったが、やりがいや楽しみを感じることも多かったという。 「病院のドクターや看護師、それに医療器具メーカーの営業さんなど、多くの人と関わる仕事です。頻繁にコミュニケーションを取りながら進める作業が多く、直接感謝の言葉をいただく機会もたびたびありました。やりがいはとても大きかったですね」 ここでは2年ほど勤め、正社員雇用の話もいただいたというが…。 「プライベートの関係で、都道府県をまたぐ転居を考えていたんです。とても迷ったのですが、その選択肢を優先し、新しい場所で新しい仕事を探そうと決心しました」 ——3社目は長くつづくも… Mさんが次に選んだ仕事は製造職。前職でコミュニケーションの部分にやりがいを感じていたようだったが、営業などの仕事は視野にいれなかったのだろうか。 「私の兄が営業職なんですが、仕事の話しを聞くとすごく大変そうだったんですよ。前職で関りのあった医療器具メーカーの人を見ていてもそのイメージは強まるばかり…。それに、転居先は工業地帯で、住民の多くが製造業に就くようなエリア。いろんな経験を積みたいという思いもあり、製造職を選択しました」 3社目では4年間を過ごしたというMさん。とにかく人間関係が良い会社だったようで、今でも交流が続く人もいるようだ。しかし、段々と転職を考えるようになっていく。 「ひとつ目の理由は仕事について。製造の仕事だと工場内の人たちだけとの関係で終わるので、もっといろんな人と関わる仕事がしたいと思ったんです。過去を振り返っても、多くの人と関わる病院での在庫管理の仕事は大きなやりがいがあったなと」 「ふたつ目の理由は、結婚し、さらに子どもが産まれたからです。家族のためにももっと収入を上げたいというのは、やっぱり転職を考える大きな要因になりました」 ——短期離職や転職回数への不安 3社目を退職した後、人材派遣の会社で営業となったMさん。そこを1年ほどで辞め、丸トポートリー食品の門をたたくことになる。 「企業と人をつなぐ人材の仕事は、私の希望通りでコミュニケーションの機会も多くてやりがいを感じていました。ただ、営業を経験してはじめて、自身が好きなものや興味があるものを扱えれば、もっと仕事を好きになると気づいたんです。一社で長く勤めるためにも、その部分は重要だなと感じました」 退職すれば4回目の転職となるのだが、転職活動に不利に働くなどの不安を覚えたことはなかったのだろうか。 「もちろん、短期離職の経験もあるし、転職回数も多いし、不安しかありませんでした。ネットで調べてみても『転職回数3回 多い』とか、『転職回数4回 どこも入れない』とか出てきて落ち込みましたね…」 「でも、今までの転職活動はうまくいっていたし、仕事が嫌になったとか、人間関係でもめたとかいう理由で会社を辞めたことはない。収入を上げたい、新たなチャレンジがしたいという前向きな理由ばかりです。志望動機も一貫している。そこに自信を持っていいと考え、強い気持ちで転職活動に臨んでいました」 ——希望通りの転職を実現 冒頭に述べたとおり、鶏肉が好きだったことからMさんは丸トポートリー食品に応募。今までにない転職体験をしたという。 「丸トポートリー食品では、求人票だけでなく、プラストでブログ記事を発信していました。今まで面接や入社後にはじめて知ることも、応募前に知ることができた。写真も豊富だったので、『こんなイベントに出展しているんだ』といった感じで、自身が働くイメージが深まったことを覚えています」 加えて、面接では同社の心配りが記憶に残っているという。 「面接では、収入のことなどこちらからは聞きにくいことを事前に説明してくれて助かりました。それに、仕事の大変な面なども隠さずお伝えいただき、オープンなところに好感が持てました」 「面接官の方に『かしこまらずに自分を出してほしい』と言っていただいたのも、うれしかったポイントです。おかげさまで自分らしく堂々と受け答えできました」 2回目の面接でその場で内定をもらったMさん。希望通りの転職を実現でき、本人はもちろんご家族も喜んでいたという。 ——良好な人間関係のなか、新たなキャリアを歩む 製造現場での研修中は、黙々と作業をすることが多く、他の社員とコミュニケーションを取る機会もそこまで多くなかったというMさん。入社後はどんな印象を持ったのだろうか。 「たしかに作業に集中するので、コミュニケーションが多いわけではありませんでした。ただ、教育担当の先輩からパートさんまで、わからないことを聞けば優しく丁寧に教えてくれます。いい人が多い職場だという印象がありましたよ」 「ある日の食堂で、同じくマイナビ転職経由で入社した営業の先輩が声をかけてくれたんです。まだ製造研修中で、営業の人たちとはほとんど接点がない時期でした。私との共通点を見つけて積極的に話しかけてくれたことはとてもうれしかったです。改めて、人間関係の良い会社なんだと実感した瞬間でもありました」 現在のMさんは、先輩の商談に同行し、営業の仕事をイチから学んでいる最中だという。駆け出したばかりのMさんに、今後の目標を聞いてみた。 「お客様にもっといろんな自社の商品を紹介できるようになりたいし、新しいお客様の発掘もしていきたい。自信を持って推せる商品だからこそ、より多くの地域に、そしてより多くの人に届けたいと思っています。そのためにも、目の前のことをしっかりと学んでいきたいです」 《編集後記》 「転職活動中、誇れるような知識やスキルがないことにも引け目を感じていた」と語っていたMさん。ただ、幅広い職種を経験したからこそ、仕事に対する譲れない軸が見つかり、理想的な環境を手に入れられたとも言えるのではないでしょうか。取材中、丸トポートリー食品の魅力をイキイキと語るMさんの表情から、そう感じざるを得ませんでした。 丸トポートリー食品株式会社のプラストでは、イベントへの出展や社内イベント、さらには社員インタビューまで、働くイメージが具体的になる記事が投稿されています。下記リンクより求人だけでは知り得ない魅力を感じてみてください。 ▶丸トポートリー食品株式会社の記事はコチラから ▶丸トポートリー食品株式会社HP 【バックナンバーはこちらから】 みんなの転職ストーリーまとめ

【インタビュー】先輩になりました♪

新入職員を迎え先輩になった職員を紹介します! 【自己紹介をお願いします】 熊本県出身のSです。入職2年目になります。 趣味は買い物・ドライブ・アイドルを応援することです😀 【つくしの里に就職した理由は】 就職活動の中で、様々な福祉施設を見学していくうちに、自分がどのような仕事をしたいのか分からなくなった時期に、つくしの里で働かれている大学時代の先輩から声を掛けて頂き、まずは見学会に参加しました。 行事や体験会を通して、利用者さんと関わることの楽しさを感じ、その中でも特に職員同士の仲の良さが印象的でした。 何度も参加したことで、自分の中でつくしの里で働くビジョンが見えた気がしたので、就職することを決めました。 【実際に仕事をしてみてどうでしたか。 学生時代に思い描いていたことと違うところ、新しい発見はありましたか。】 初めてのことばかりで悩むことも多かったですが、実際に仕事をしていく中で職員と利用者さんの距離の近さに驚きました。 距離が近いからこそ、小さな変化に気づくことが出来たり、逆に私の体調が悪いときには「大丈夫?無理せんでね」と声掛けを掛けて頂くこともあります。 時間を掛けながら利用者さんとの関係を築いていくことで、お互いを知ることが出来るところが特に印象的な発見でした。 【新入職員が入って先輩になった気持ちは】 1年前、自分も疑問に思っていたことを尋ねられた時に、すんなりと答えることができて、「あ、私も先輩になったんだな」とふとした瞬間に感じることがあります。 1つ上という年齢が一番近い存在であるからこそ、話し掛けやすい雰囲気を作ることを大切にしています。 【1年前の自分に言ってあげたいことは】 不安なことばかりだと思いますが、周りには頼れる職員さんがたくさんいます。 初めのうちは分からないことが当たり前なので、まずは質問をしながら不安を解消していって下さい。 無理せずに自分らしく頑張って下さい。 【どんな時にやりがいを感じますか】 自分が担当した行事やイベントごとで利用者さんが笑顔になって頂ける時にやりがいを感じます。 他の職員からも良かったところや頑張りを直接褒めて頂けることで、モチベーション向上にも繋がるので、「頑張ってよかったな」と毎回思います。 失敗をすることも多いですが、先輩職員の皆様からのサポートで支えて頂くことも多く、もっと自分も頑張らなくてはいけないなと考え直すこともあります。 【休日やプライベートな時間はどのように過ごしていますか】 休みの日は買い物やドライブに出かけることが多いです。 不規則勤務のため平日に休みのことが多いので、人ごみの少ない中ゆっくりと買い物をする時間が私はとても好きで、リフレッシュしています。 有給を利用して好きなアイドルのライブやイベントに行くことも多く、推しに会うためであればどこへでも行きます(^^♪ 休みも申請しやすい職場なので、自分の趣味も大事にしながら働くことが出来ます。 【職場としてのつくしの里の推しポイントは】 働きながらスキルアップすることができるところです。 私も未経験で入職しましたが、研修中も1から丁寧に指導して下さるので、基本的なことから福祉について学ぶことが出来ます。 入職後も隙間時間にオンラインで研修を受けられ、短時間でスキルアップすることが出来て、私はその点が推しポイントです。 みなさんもつくしの里に遊びに来て下さい♪

【焼却炉のお仕事】アルムナイ採用のOさんにインタビュー🎤

こんにちは! 今回は出戻り(アルムナイ採用)総務事務の、Оさんにお話しを聞いてみました☆彡 ★正社員募集内容はこちらをクリック★ Q:Oさんは普段どのようなお仕事をしているのでしょうか? Oさん:請求業務や、マニフェスト管理を主にしています!     その他にも、備品発注や電話対応などの総務業務などを行っております♪ Q:普段の業務で気を付けている事はなんでしょうか? Oさん:ミスを少なくかつ、迅速に作業を進めるために効率を考えて作業を行っています!また、主任技術者なので後輩たちや上司、営業さんが気持ちよく仕事をできるように細かなところに配慮して楽しく仕事が出来るように心がけてます Q:やりがいや、日々のモチベーションはどんなことでしょうか? Oさん:産業廃棄物業界に20代のころから携わって、とても面白い仕事だと思っています。マニフェストという特殊な書類を使ったり、現場の作業員の方たちもどんな悪天候の中でも中断せずに作業している姿を見ると、とても尊敬できるし、カッコイイです☆   また、プライベートもしっかりとれるので愛犬の誉くんとドックランに行って遊んだりして日々の疲れをリフレッシュしています🐶 Q:職場の楽しいところは?   Oさん:事務所の女の子たちは若い子も多くいるので、新しい情報を聞けたり面白い話が聞けていつも楽しく笑わせてもらっています(o^―^o) Q:最後に一言! Oさん:私は一度体調不良などの理由で退職してしまいましたが、戻ってくる際のみんながあったかくてとても復帰しやすい環境で、私にとってはとてもありがたかったです☺  今回のインタビューを通して気軽に復帰できる環境と、普段の細かな配慮などを知ることができました! ありがとうございました💛 ★社員紹介のまとめはこちらをクリック!!★

【焼却炉のお仕事】受入管理課のKさんにインタビュー🎤

みなさんこんにちは('◇')ゞ 今回は受入管理課のKさんの紹介記事になります🎊 施設部受入管理課に配属された彼の日常をお見せします!! ~受入管理課について~ 搬入の予約受付や調整、搬入車両の誘導、廃棄物を燃やすための下処理、焼却灰の搬出管理などの業務に従事します。 ★正社員募集内容はこちらをクリック★ Q1.この仕事を選んだ理由は❔ 派遣社員で紹介され入社したのがきっかけでした。特に何かやりたい事があった訳ではなかったけど、変わった仕事というか・・・なかなか経験出来ないような仕事には興味があったので始めは好奇心だけでした。過去の経験もなく、ゼロスタートになります。 Q2.同僚たちとの日常はどのような感じですか 立場上、現場の作業員に指示や指導をしていますが休憩時間はワイワイ一緒になって騒いでいます(@^^)/~ Q3.仕事内容はどんな事を担当していますか❔ 弊社は予約制になっているので予約管理が主な仕事です。 Q4.仕事楽しさを感じた時はありますか❔ 忙しい時に楽しさを感じます。自分の思い通りにならないとキーーーっ(。-`皿-)となることもあるけど、ビシビシはまった時はパズルが解けていく感覚でテンション上がります! Q5.仕事の源はなにかありますか❔ ありきたりですが「家族」ですね。自分は相当の怠け者だと思っています。家族いなきゃモチベーションは維持できていないと思います。これといった趣味もないので(;^ω^) Q6.入社する前とギャップはありましたか❔ 入社前は正直、汚そうだな~・・・きつそうだな~・・・働いている人も怖そうだな~など、マイナスなイメージがありました(スミマセン💧)。 実際働きだして上司や同僚は気さくで話しやすい人が多く、職場環境も廃棄物を扱っているからこそ、逆に清潔にしている職場に共感した記憶があります^^ Q7.仕事とプライベート両立のコツは❔ プライベートで子供と遊ぶ事が好きなので時間を作るためにもメリハリをつけて仕事をしています(´_ゝ`) 有給休暇も取りやすいので助かっています。 Q8.最後に求職者の方へのメッセージをお願いします❕ 誰もが最初は未経験です!未経験で知識もない自分ですがこうして働いています。知識は後からついてくるものでもあると思うので興味あれば是非。 以上!受入管理課のKさんでした💮 ちなみにKさんは過去の記事【こちら】でも紹介されていますので是非ご覧ください🐸 ★社員紹介のまとめはこちらをクリック!!★ ★面接官紹介記事のまとめはこちらをクリック!!★

タマヤで働く人 転職インタビュー

こんにちは!株式会社タマヤです。 福井県越前市にて、オフィス機器の販売やリース業を中心に、オフィスソリューション事業を展開しています。 実際に当社で働くスタッフを紹介します。 スタッフ自らの声で、当社の雰囲気を感じていただければうれしいです! 登場するのはレンタル事業 I・Tさんです。 ——これまでの経歴を教えてください 前職ではシステムエンジニアです。 この職種を選んだ理由は、システム開発を通じて、お客様が業務で抱える課題を解決し、 効率化や正確性の向上を実現できるところに、貢献できる点が多いと考えたからです。 また、私が選んだ企業は全国にお客様がいる会社で、日本全国のお客様のために仕事ができること、多様なシステム開発の経験を持った社員が多く在籍しているため自身の情報技術を向上させる機会が豊富であると感じたためです。 ——転職のきっかけを教えてください 仕事以外で地元の地域の方々と関わりが多く、システム関連の相談を受ける場面がありました。その経験から、これまで培ってきたスキルや知識を身近にいる方々のために活かしたいという思いが強くなり、転職を考えるようになりました。その中で、当社が長きにわたり地元のお客様にICTソリューションの提供を行ってきたことを知ったためです。 ——入社後大変だったことはありますか? 社内のシステム管理の役割を担う中で、入社前から上がっていたシステム改修の要望に対応することでした。単に開発ベンダーが提供したシステムを確認するだけではなく、その内容が正しいかどうかを判断するためにも、要望を出した部署のニーズや思いを理解する必要があります。そのため、開発ベンダーや関連部署とのコミュニケーションを積極的に取り、情報の共有を図るよう心掛けています。 ——今後の目標を教えてください 当社が長年使用してきた基幹システムの刷新です。この目標を達成するためには、当社が将来的にどのような方向性を目指すのかを明確に理解し、それを実現するために必要な情報技術を習得する必要があります。  ——職場の雰囲気や人間関係はどうですか? 私の所属するフロアは、お客様からのレンタル品の注文依頼の問い合わせで電話が絶えず鳴り、スタッフが迅速に対応する様子が見られますが、その中でも和やかな雰囲気が広がっています。また、定例の会議だけでなく、業務中にも必要に応じて意見交換が行われ、常に業務改善や効率UPに取り組む姿勢が見られます。 ——プライベートの過ごし方を教えてください 地域の子供たちと一緒にプログラミングを通して交流したり、ミュージカル鑑賞やゴルフなど行っています。 ——入社して一番驚いたことは何ですか? 会社の玄関での履き替えや毎日のトイレ掃除が当番制で行われていることでした。私が所属する会社はお客様へのレンタル品を扱う会社であり、このような取り組みはおそらく身の回りの整理・整頓を促進し、清潔な環境を保つための取り組みだと思われます。 ——上司や先輩の人柄について教えてください 温厚な方が多く、気軽に相談に乗ってくださったり、悩みや困りごとがある場面では、積極的に声を掛けて話を聞いてくれ、役立つヒントやアドバイスを提供してくれます。 ——入社後にはどんな研修がありましたか? 当社が使用している基幹システムの概要について各担当部署のリーダーから説明していただきました。その後はOJTという形で実際業務を通じてシステムを操作し、システム外での運用手順やルールも教えていただき、業務全体の理解度が深まりました。

【社員インタビュー】自分の成長がダイレクトに感じられる仕事!竹内さん編

こんにちは🤗 東建グループ+Stories.編集部です 今回は、東建グループの中で総合内装工事業を手掛ける 竹内さんにインタビューを受けていただきました✨ …………………………………… 名前:竹内さん 所属:内装事業部 …………………………………… ………………………………………………… ■Q1,自社や仲間のここが好き!という点は? ………………………………………………… 会長からの創業の思いである、お客様との和・社員同士の和・地域の和と、とても和を大切にしている会社です。社員同士はみんな仲が良く、上司・先輩は面倒見が良いので、先輩・後輩関わらずなんでも話せる間柄になっています。仕事での失敗もみんなでフォローするのが当たり前になっているので、自然と和が作られていく、そんな会社です。 ………………………………………………… ■Q2,仕事のやりがいは? ………………………………………………… 内装仕事とは「室内を創る」事です。大型店舗から住宅まで幅広くあります。営業・積算・発注・打合せ・工事管理を全て一貫して行う業務ですので、毎日様々な人との関わり合いがあります。大変な事もありますが、責任をもって一つの物件に携わることができ、工事が完了した時の達成感はとても大きいです。自分の成長がダイレクトに感じられる仕事だと思います。 ………………………………………………… ■Q3,休日の過ごし方を教えてください ………………………………………………… 家族で過ごしています。買い物や、家でのんびりする事が多いですね。子供が小学校の野球チームに入っていますので練習に参加する事もあります。息子とは良くキャッチボールをしています。 ………………………………………………… ■Q4,これからの夢や目標を教えてください ………………………………………………… 若い社員も多いのでみんなをまとめていけるような人になりたいです。仕事もプライベートも今まで以上に充実したいです。 ………………………………………………… ■Q5,就活生へメッセージ ………………………………………………… 仕事において多くの困難にぶつかる時もあると思います。それを乗り越えて行く事が自信になり、自分次第ではどこまでも向上出来ます。多くの人と関わって、経験や刺激をもらって、自分の人生を充実させてほしいと思います。 +.。.:・゚+.。.:・゚+.。.:・゚+.。.:・゚+.。.:・゚+.。.:・゚ 少しでも東建グループにご興味を持っていただけた方が いらっしゃいましたら、随時会社説明会を開催していますので ぜひ、お気軽にご連絡ください😊 お電話でのお問い合わせは TEL.0284-72-0645 申込フォームはこちら SNS等で情報発信しています! ぜひ、フォロー&いいねをお願いします! ▶Instagram ▶YOUTUBE ▶TIKTOK ▶ホームページ

【インタビュー】新人の指導担当になりました!(vol.3)

【自己紹介をお願いします】 支援員のKです 【つくしの里に就職した理由は】 施設見学に行った際、職員同士が楽しそうに話しをしている姿を見て、とても雰囲気がいい職場だなと思ったからです。 【新入職員の指導担当になってどんな気持ちですか】 私が緊張しています(_; 人見知りで、言葉で説明するのがとても苦手ですが、分かりやすい言葉で説明できるよう頑張っていきたいと思っています。 【自分の新人時代はどうでしたか】 初めての仕事でとても緊張していました。 右も左も分からない状況で先輩方にたくさんご迷惑をお掛けし、助けていただきました。 【新人時代の自分に声をかけるとしたら】 優しく教えてくれる先輩方がいらっしゃるので、分からない事があれば尋ねる事が大事だという事を伝えたいです。 【新入職員と接する時に気を付けていることは】 分かりやすい様に説明する事、わからない所を気軽に尋ねる事が出来るような雰囲気付作りをしていきたいと思っています。 初心にかえって何が不安だったのか照らし合わせながら一緒に頑張っていきたいと思っています。 【転職を考えている人にメッセージをお願いします】 転職とはとても勇気がいる行動だと思います。 転職した先には必ずいい出会いがあると信じています。 応援しています。頑張ってください。

≪最年少メンバー≫社員インタビュー~Wさんの現場経験を活かしてドライバーさんに安心感を提供します~

皆さま、こんにちは。 株式会社貴順です🌞 ドライバーさん経験のある最年少Wさんの紹介です🤩 現場経験を活かしてドライバーさんたちの頼れる存在です✌ 新人ドライバーさんの研修や悩み相談でバシバシ解決しています👊 それではインタビュー本編をご覧ください🎉 ①これまでのキャリアについておしえてください 専門学校卒業後に消防士になりました。4年ほど消防士を経験した後に貴順の委託ドライバーになりました。経験を活かして今の職に就かせてもらいました。 ②業務内容はどんなことをしていますか 新人さんや伸び悩んでいるドライバーさんの添乗研修指導や悩み相談、売上コンサル、事故対応などをしています。 ドライバーさんの困っていることを解決するなんでも屋さんです。 家が水漏れしたドライバーさんの家賃交渉などもありました(笑) ③添乗研修指導では具体的にどのようなことをしていますか まずはお手本として見てもらいます。 基本的な作業をしっかり指導させてもらってます。業務端末の操作、ルートの組み方、積載・荷探し方法などがそれにあたります。 皆さんそれぞれ個性がありますので、どの方法がベストなのかを対話しながらアプローチさせてもらっています。 ④仕事のやりがいをおしえてください 解決しにくい問題が解決した時や添乗指導を通じて成長を実感できた時はとても嬉しく感じます。 ⑤会社の雰囲気は 明るくて、締める時は締めるメリハリがとても良いと思います!社内も仲が良いから相談しやすいし抱え込まなくていいので安心感もあります! 良い案は採用され、頑張りを認めてもらえることもいいところです! ⑥求職者に伝えたい会社の魅力 日々いろんなことが起きるので刺激的でマンネリしないです! 自己成長もバンバンします! あと、会社が恵比寿にあるのが立地最高で、かっこいいですね(笑) 『クライアントからもドライバーさんからも日本一愛される会社にしたい』が今後の目標ととても志が高く、これからもWさんの活躍に期待大です👋 🙏 本日も最後までご覧いただきありがとうございました🙏 次回の更新もお楽しみに~🌈 仕事を通して、一緒に成長したい意欲のある皆さまのご応募、心よりお待ちしております🤗 株式会社貴順のHP 物流時代のyoutubeチャンネル 新規開設TikTokチャンネル

面接官に聞いてみた 注目のポイントは?

こんにちは福岡の建設コンサルタント オービット総務部のSです。 いよいよゴールデンウィークですね。みなさんの連休はカレンダーどおりですか? オービットは有給取得推奨日になっているので、約80%の社員が10日間連続休暇を取得する予定です。すごいですね・・10日間!! さて今回は、選考のポイントについて紹介します。 インタビューする面接官は前回も登場の取締役 企画部F室長 オービットではすべての面接をおこなっています。 当社の選考に進むにあたって、みなさんの役立つ情報になっていますので、ぜひご一読ください。 履歴書・職務経歴書で注目しているポイントは? これまで携わってきた業務内容の分野が分かり易く記載していることと 取得している資格があるかを注目しています。 面接前に準備してきてほしいことは? オービットのことを調べてきてほしい。そしてこの建設コンサルタント業界がどのようなものかを理解してきてほしいです。 ここは重要ポイント! オービットのマイナビ+Stories記事を見てきてほしい。 「マイナビ+Stories見ました」と言ってもらうと喜びます(笑) 面接で応募者に必ず聞いていることは? 「自分のキャリアプランについて どのような技術者になりたいか」 ということはよく聞いています。 自分が建設コンサルタントという立場で将来どうなりたいか。将来の自分をイメージしてきてください。 どんな方が活躍できる? 前向きで挑戦して取り組める方 自分を成長させたい方 今は求職者が企業を選ぶ時代と言われています。求職者の方にぜひ知ってほしい当社の魅力を教えてください オービットは主に国発注の業務をおこなっているプロフェッショナルな集団ですが、 アットホームな雰囲気で、上司と部下の関係性がとてもいいことが魅力です。 面接では、応募者のどんなところに注目しているのでしょうか? コミュニケーションのとり方がテンポよくできる方 当社で内定が出る人に特徴や共通点はあるのでしょうか? 清潔感があって礼儀正しいというのは共通しています。 最後に、当社への応募を検討している人にメッセージをお願いします 転職活動は大変だと思いますが、当社だけではなく他の企業も見たうえで当社を選んでください。 以上 面接官 F室長のインタビュー記事でした。 「面接前にオービットのマイナビ+Stories記事を見てきてほしい」という話がありましたが、マイナビ+Storiesの記事には会社のことや、社員の日常がわかる記事をたくさんUPしています。ぜひ オービットストーリーズのバックナンバーを見てみてください!! たくさんのご応募お待ちしております。

社員紹介⑧ 4歳のお子さんの子育て真っ最中です!

こんにちは! 今日は弊社社員のインタビューを紹介します✨ 今回は、久しぶりに女性社員のご紹介😌 入社してまだ5ヶ月! 子育て真っ最中!のお母さんでもあります。 色々と制約も多い中で、笑顔を絶やさず、一生懸命働いてくださっています! ◆まず、この会社で働いてみて感じていることを教えてください 未就学児の小さい子どもがいるので、どうしても子どもに合わせて生活しなければならない毎日です。多くの普通の会社なら就業時間が決まっていて、その時間に自分が合わせなければならないところ、修和塾では会社の方が合わせてくれます! まずそのことにびっくりしていて、本当に働きやすくて、感謝しかありません🥺 たとえば、 ・保育園のお迎えに間に合うように、就業時間はこの時間に変更しましょう ・子どもが急に発熱!その場で連絡し、すぐにその日の勤務を休ませてもらえる ・そのような場合、他の会社だと欠勤扱いや有休の適用になってしまうことが多いが、在宅で子どもの様子を見ながら仕事ができる場合は「じゃあ在宅に切り替えましょう」、病院に連れて行かないといけない日は「では今日は4時間勤務ということにしましょう」など、その日で柔軟に対応してもらえる 普通はここまで柔軟には対応してもらえないと思うので、本当にびっくりしています❗️ ◆今、どんな仕事に取り組んでおられますか? 今までチャレンジしたことがない仕事にチャレンジさせてもらえて、日々勉強、日々刺激いっぱいの毎日です! 具体的には、 ・幼児教室の責任者として、入会されたい保護者様との面談や、スタッフの方の業務管理 ・会社の広報としての様々な販促物のデザインや作成 ・特別に支援が必要なお子様に対する授業の内容の開発 などの仕事に今取り組んでいます! 「こんなことをやってみたい」「こういうことをやりたい」と言ったことを、なんでも「ぜひやってみましょう!」と会社から言ってもらえるので、どんどんチャレンジできて楽しいです。 そして、そのやってみたいといったことを任せっきりにさせるされるわけではなく、具体的な進め方の道筋の相談にも乗ってもらえるので、嬉しいです。 パンフレットやチラシなどのデザインや作成は、自分がやったことが明確に形になることで達成感があり、仕事ではありますが、「これが仕事でいいのかな?笑」って思うくらい、非常に楽しませてもらっています😌 会社としても大きな戦力になってもらっています❗️ これからの活躍にも期待です✨ ▼当社採用動画はこちら 株式会社修和塾 紹介動画 ▼当社HPはこちら 株式会社修和塾ホームページ

三芳営業所🚚チーム名アーニャ

こんにちは😊 東京タイセイ三芳営業所所属、この春4月より班長に昇進したS班長を紹介いたします(写真:向かって一番左のお父さん) 班員の出勤時間はバラバラですが、電話はSNSでその日の注意点を連絡し、退勤時には営業所で談笑してチームを纏めております そのS班長より一言🫡 前職は、25年間職人として働いていました。昔から憧れていた🚚トラックドライバー職に転職した事は、新しい発見があり楽しいです。また、会社の福利厚生(お誕生日券・免許支援制度・社内イベント・社員旅行等)が前職と比べても非常に充実しているので、安心して働けます。ですから、皆様もやりがいのある弊社を選べば、楽しい毎日を過ごせると思います。是非一度、弊社を見て頂ければと思います😃

🌸新入社員紹介🌸

こんにちは😏 永沢製作所 総務の高橋です。 今回は4月に入社となった【Hさん】に インタビューしてみました🤤🤤 Hさんは生産管理部で、 製品の梱包・出荷業務を担当しています。 高橋:さっそくですが、永沢製作所を志望した    理由は何ですか? Hさん:県内での就職を希望していて、    ものづくりに興味があったからです。    社内の風通しの良さや若手が多く活躍    している点も魅力的でした。 高橋:だから手先が器用なんですね!    職場の雰囲気はどうですか? Hさん:皆さんとても優しく、丁寧に教えて     いただいています。わからないことも     すぐに聞ける雰囲気で安心しました。 高橋:それは良かったです😊    最後に今後の目標を聞かせて下さい。 Hさん:早く仕事を覚えて、     できることを増やしていきたいです。 高橋:一緒に頑張りましょう! 趣味はスイーツ巡りで、最近はパフェが マイブームだというHさん🍰🍮 今度おすすめのお店を教えてもらいましょう🍩🧡🍩🧡🍩🧡🍩🧡🍩🧡🍩🧡🍩🧡🍩 次回も新入生のインタビュー記事を お届けします! お楽しみに😉

✨MVP✨ ~2024年3月度 月間MVP🏆~

こんにちは! 株式会社プラスト 名古屋総務課のNです🍯 私たちプラストは、 ホームページの制作・モバイルマーケティング・OA機器の販売等、幅広く事業を展開している会社で、 「従業員、そして関わる全ての大切な人たちが『幸せな人生』を送る為の基盤であり続ける」ことを企業理念に掲げています!! 今回は、先日社内で発表された 3月度 プラスト月間MVP についてご紹介します✨ プラストでは、 毎月各課より課内月間MVPが選出され、 その中から、事業部責任者の投票により事業部MVPを決定します! 更に各事業部のMVPの中から『最もMVPにふさわしい』と評価された方が、 プラストの月間MVPとして表彰されます🎉✨ 👇過去に投稿した月間MVPの紹介も併せてチェックしてみてくださいね👀✨ 【19期月間MVPブログ一覧】 【20期月間MVPブログ一覧】 今回、月間MVPに選出されたのは・・・ CRM事業部 モバイル関東1課 Iサブマネージャーです!! おめでとうございます🎊 まずは、選出理由からご紹介! 関わるチームメンバーと共にプラストのビジョンであるGROWTH CHAIN(成長の連鎖)を生み出し、事業部ギネス(最高記録)だけではなくチームの過去最高も大幅に更新! 周りへの感謝を忘れずに謙虚なスタイルとプロフェッショナルな仕事ぶりで 上半期決算を駆け抜けてくれた事を評価し、月間最優秀賞を贈ります! おめでとうございます! 月間納品件数・売上金額共に事業部月間最高記録を更新したIサブマネージャー! 課の月間過去実績の達成の立役者として多大な貢献をしました👏 そんなIサブマネージャーに選出されたお気持ちを聞いてみました!🙌 ご選出いただき、ありがとうございました! 月間MVP・ギネスの更新という結果は、周りの皆様のおかげです! いつもありがとうございます! 選出理由にもある通り、Iサブマネージャーは本当に謙虚! MVP発表では何度も「支えてくれている課員のおかげです。」とおっしゃっていたのが印象的でした。 ご自身の努力はもちろんなのですが、その中でも周囲への感謝を忘れない姿は ぜひともお手本とさせていただきたいです😊🌟 そんなIサブマネージャーに今後の野望をお聞きしました👀! Iサブマネージャーが支えるモバイル関東1課。 更なる活躍が楽しみですね😍💖 月間MVP受賞、本当におめでとうございます😊! 月間MVPの様子は公式Instagramでも投稿しています。 インスタでは各事業部MVPの受賞者もご紹介しています!🥰 プラストには活躍している素敵なメンバーたくさんいるので、 毎月月間MVPとして1名を絞るのは苦渋の決断なんだとか・・・😳✨ 弊社の素敵なメンバーをぜひぜひご覧ください😊💕 最後まで読んでいただきありがとうございます🙇‍♀️ 株式会社プラストでは一緒に働く仲間を募集しております🥰 未経験の方も大歓迎! 詳しくは、求人情報またはプラストHPの採用情報をご確認ください💁‍ 弊社の公式Instagramでは、 たくさんの写真と共に社内・社員の様子や会社の活動について詳しく紹介しております📸✨ ぜひInstagramの投稿もご覧ください💓 🏢ホームページ:https://www.plust.jp/ 🌏Facebook:https://www.facebook.com/plustfb 📱Instagram:https://www.instagram.com/plust_official/ ✏️他の投稿も気になったら… #プラストブログ で検索👀🔎✨

【インタビュー】新人の指導担当になりました!(vol.2)

【自己紹介をお願いします】 支援員のOです。つくしの里に入職して10年目となりました。 最初の2年間は作業班に所属し、箱の組み立てやラベル張りといった委託作業を利用者の方と行っていました。 3年目からは、介助を要する利用者の方が在籍する班に異動になり、日々利用者さんの食事・排泄支援や運動等を行っています。 【つくしの里に就職した理由は】 高校時代に知的障がい者の方がいらっしゃる施設にボランティアに行く機会があり、なんとなくですが、将来私はこのような仕事就くのかな…と漠然と感じていました。就職先を探していた所、自宅から遠すぎず近すぎずの距離でつくしの里がヒットし、就職先に決めました(^-^) 【新入職員の指導担当になってどんな気持ちですか】 私は人見知りなので、どうしよう…が正直な感想でした。 ただ指導担当になり、改めて自分の支援を振り返ることができて良かったと思っています。 どういう経緯でどんな意図があってこのような支援を行っているのか、説明する難しさを感じているところです。 【自分の新人時代はどうでしたか】 利用者さんとのコミュニケーションに難しさを感じていました。 自信もなく、声も小さかったと思います😓 【新人時代の自分に声をかけるとしたら】 初めてのことばかりなので、あたふたするのは当たり前。 何事も経験! 経験した事をしっかり自分の物にしてください。 【新入職員と接する時に気を付けていることは】 マスク越しですが、笑顔で明るくを心掛けています。 10歳くらい年が離れているので、歳の差を感じる場面もありますが、寄り添っていきたいなと思っています。 これから色んな壁に遭遇すると思いますが、その時に頼られる、相談してもらえるような存在になりたいです。 【転職を考えている人にメッセージをお願いします】 資格や経験がなくとも大歓迎です! 刺激のある毎日を送る事ができ、とても楽しいです♪ 個性的な職員も多く、日々成長させてくれます。 また、私自身2度の産休・育休をいただき、現在5歳と11か月の子どもを育てながら正職員として働いています。 子育てしながら働くことは楽ではないですが、充実した日々を過ごしています。 子育て中の方も是非つくしの里へ! たくさんの出会いを待っています。

東建ビルダーの施工体制が株式会社log build(ログビルド)様に取り上げられました!

皆さんこんにちは!東建ビルダーです😊 東建ビルダーの施工体制が株式会社log build(ログビルド)様に取り上げられました! 現在、デジタルをフル活用して、「現場の見える化」で、皆様の不安解消に取り組んでいます。 今回は、進化し続けるお家づくりの現場についてご紹介させていただきます😊 ↓株式会社log build(ログビルド)様に取り上げられた記事はこちらから ✔️https://www.log-build.com/interviews/6479/ キレイで魅力ある現場を作るために 建設中のお施主様や、お客様、協力業社の皆様、そして社員の不安を取り除くために 株式会社log build(ログビルド)が提供するLog Systemを導入しました。 ↑施工管理マネージャー:石倉 元総務・遠隔管理者:小澤 (取り上げられた際の写真) Log Systemは、現場状況を定期的に360度VR空間で記録してくれるので、 職人側は良いプレッシャーの中で仕事をしてくれていると思います❗️ 断熱の入れ方一つでも、監督だけではなく、関わる協力業者含めて多くの方に見られ、 記録も残るので、施工に良い緊張感があります。 大工さんの中には、以前は現場美化観点で少し問題のあった方も、 しっかり現場美化を整えてから360度VRを撮影してくれるようになり、本当に変化を感じます✨ Log Meet(誰でも簡単に現場と繋がる専用のアプリケーション)では、 ジャストなタイミングで行けない施工チェックでも 遠隔で繋いで記録を残せるので、非常に助かっています。 土台や型枠検査など、ピンポイントで見ないといけない部分は、 業界的にジャストなタイミングでの確認は難しいところ、、、 そこにLog Meet(誰でも簡単に現場と繋がる専用のアプリケーション)を使用する事で、 遠隔立会いが可能となり、全棟で検査実施ができています😊 安全美化の促進 元々会社として強化していた5Sパトロールに遠隔でのパトロールが可能になりました。 サッシ施工時や断熱施工時など、会社で決めたタイミングで、360度VR現場空間で安全管理を実施。 監督が確認→職人さんへフィードバック→是正の流れが確立できています。 今まで、5Sパトロールは、担当者ベースだったのですが、それを会社ルールで 同一基準でチェックできるという点が、会社の品質や安全向上に繋がっています。 しかも、Log Walk(VR空間を自由に動き回れる)なら、デスクで出来るので時間縛られず、 会社全体への報告も、VR空間を見ながら報告すれば、リアルな状況を共有できます😊 現場に行くことが出来ないお客様や、現場は危ないので見学できない妊婦の方、 遠くに離れて暮らす親御さんへの報告など、様々な方に貢献できていると実感しています。 また、小澤さんが実施している検査の報告書もお客様に好評いただいております。 デジタル化の進む世界で、お家づくりにも最先端の技術や仕組みなどを取り入れ 皆様の夢と幸せをカタチにしていけたらと思います。 ↓株式会社log build(ログビルド)様に取り上げられた記事はこちらから✨ ✔️https://www.log-build.com/interviews/6479/ ↓「東建ビルダーのキレイで魅力ある現場づくり」も併せてご覧ください😊 ✔️https://www.tooken-b.co.jp/vr-check/ 少しでも東建グループにご興味を持っていただけた方が いらっしゃいましたら、随時会社説明会を開催していますので ぜひ、お気軽にご連絡ください😊 お電話でのお問い合わせは TEL.0284-72-0645 申込フォームはこちら ▼SNS等で情報発信しています!  ぜひ、フォロー&いいねをお願いします! ▶Instagram▶YOUTUBE▶TIKTOK▶ホームページ

+Storiesとは?+Storiesとは? 見つける