記事一覧

週明けを良い気分で迎えられるように【ノー残業デー】

こんにちは!デザイン部中根です。 毎週金曜日はノー残業DAY! 環境整備をして終業します。 環境整備とは、自席の清掃・PC内も綺麗にし 週明けを良い気分で迎えられるように整えることです。 休日はしっかりデトックスをしてまた月曜から業務に励みます!

入社1か月★デザイン部のニューフェイス!

こんにちは。イング北海道 デザイン部 相馬です!🙋 私はイング北海道に入社して約1か月ぐらいの新人社員です。 デザインの仕事は未経験なので、初めて学ぶことが多くドキドキわくわくの毎日です! 入社する前は、馴染めるかな…。と心配していましたが そんな心配はいりませんでした! デザイン部はとってもアットホームでノリがいいです!!😆 みなさんのおかげで毎日楽しく仕事をしながら日々学んでいます!😄

大手企業の管理職は辞退した。あえてベンチャーで挑み続けるワケ。

【夢はムエタイのチャンピオン】 清水は大学時代、1年半もの月日をタイで過ごした。当時の夢は、キックボクサーとしてチャンピオンになること。現地の人々とともに、頂点を目指してムエタイの修行に明け暮れた。 しかし、タイでムエタイをやることは、実は野球でメジャーリーグに挑戦するようなものだった。成功をつかむために、人生をかけてムエタイに打ち込むタイの人々のモチベーションは異次元。滅法強い選手であふれているためである。そんな中で清水が頂点に立つことは難しかった。 「選手として大成することができないのなら、選手が生活の心配をせずに競技に取り組める環境づくりができないか」。そう思ったことがきっかけとなり、頑張る誰かをサポートするという新たな夢ができた。 【「やりたい」に応えてくれる会社との出会い】 「タイに、ムエタイに打ち込める施設を作り選手をサポートしたい」。 就職活動のシーズンを迎えると、清水は面接で自身の夢を熱く、そして堂々と語った。タイでのムエタイの経験、そして挫折、そこから生まれた新たな夢を。ほとんどの面接官はそこには取り合ってくれなかった。 そんな中、ただ1社だけが本気で向き合ってくれた。「いつか実現できる、どんなことにも挑戦しよう」。小さなベンチャー企業の社長だった。そんな社長の下で、清水は社会人としての第一歩を踏み出した。 【ベンチャーに新卒入社。新事業に放り込まれる】 新卒ながら、入社後は即管理職に抜擢された。任された仕事は人材紹介の新事業の立ち上げ。留学を経験した学生たちの就職をサポートする、まさに清水がやりたかった頑張る人をサポートする仕事だ。 自分にも会社にも、人材紹介に関するノウハウはない。知り合いの業界人に話を聞いたり、弁護士のもとを訪れたり。すべてを一から勉強した。自分の力でゼロから事業を育てていくことは大変だったが、それ以上にやりがいがあった。荒地を耕して花を咲かせるかのように、自分がやってきたことの成果が目に見える環境が楽しかった。 そうして徐々に事業は軌道に乗り、部下も育った。順調な毎日の中で、ふと胸をよぎったのは「もっと広い世界を見てみたい」という思い。 新卒からこれまでは自分の力で事業を推進してきたが、しょせんは井の中の蛙。「世の中にはもっとすごい人がいるはず」「自分のやり方の答え合わせがしてみたい」と清水は転職を決意した。 【この会社では管理職になりたくない】 知り合いが勤めていた縁でスカウトされ、清水にとって第二の会社が決まった。次の会社は以前のベンチャー企業とは一転、名前の知られた大手企業だった。 「全力で挑戦し、自分で新たな道を切り開いていく」。これまでそんな働き方をしてきた清水にとって、大手企業での仕事はカルチャーショックの連続だった。 少数精鋭で働くベンチャー企業と違って大手企業には社員数が多く、やることも細かく決まっている。そして自分の職域以外のことはできない。自分自身に割り当てられた業務だけをこなす毎日。「大きな会社だけれど、自分はその中の小さな役割しか担えない」「上層部が詰まっているこの会社ではステージアップも望めない」日々、物足りなさが募っていった。 そんな清水の思いとは裏腹に会社は仕事ぶりを評価してくれて、管理職への昇進も打診された。しかし、清水にこの会社でやりたいことはもうなかった。ここで管理職になることにはどうしても魅力を感じられなかった。そして再び転職する道を選んだ。 【満を持して、オンタイムデリバリージャパンへ】 2度目の転職活動の軸は経営者との距離が近い会社であること。経営者との距離が近ければ近いほど、スピード感を持って業務にチャレンジできる。新卒でベンチャーに入り、2社目で大手企業勤めを経験したからこその思いだった。 オンタイムデリバリージャパンと出会ったのは、転職活動を始めてわずか1社目。求人情報を見て、経営者との距離の近さを感じ、社員や代表の話を聞いてみたいと思った。 そして実際に面接を受けてみて、想像は確信に変わった。この会社なら自分の思いを直接代表に伝えられる。やりたいことに挑戦できる環境がある。面接中に二つ返事で入社を決めた。 【挑戦したい気持ちに応えてくれる環境がある】 オンタイムデリバリージャパン大阪支店に営業として入社し、わずか2か月で新規営業のアポインターをまとめる立場に。夢は新卒当初から変わっていない。頑張っている人のサポーターとなること。 会社での目標は、オンタイムデリバリージャパンの柱となる新たな事業を作ることだ。HR事業と並ぶもう一つの事業の柱を作ることで、在籍する社員が挑戦できる場を増やしていきたいと考えている。 会社を大きく動かすような目標も、オンタイムデリバリージャパンなら臆せず口に出せる。そして、それを受け入れてくれる代表がおり、応援してくれる環境がある。 「あえてベンチャー企業を選んだのではない。ただやりたいことが実現できる環境がベンチャー企業にあっただけ」と清水は言う。自分のやりたいことを叶えるために、清水は今日も全力で働いている。

入社9か月!デザイン部Hさんは「YouTuber!?」

デザイン部の本田です。 3月から入社して9ヶ月目に入りました。入社してからというものの色々な発見があり、毎日楽しく過ごしています! 趣味でチューバという楽器を吹いているのですが、楽器を知らない人には高確率で「YouTuber!?」と聞き返されます😂 重たいしベースばかりなのでどこが好きなのかとよく聞かれますが、この見た目かっこよくないですか?! 社内にも楽器やってた方がチラホラ見られるので、会社全体で何人いるのか気になる今日この頃です😉 土日祝はお休みなのでしっかり趣味に打ち込むことが出来ます! まだまだ他にも趣味があるのでまたの機会に紹介できたらなと思います。

内定式🌸

こんにちは! 管理部の是永です☺ 先日の内定式での写真です📸✨ 初めて内定者の方と直接お会いしましたが、すぐにODJメンバーと馴染んでいたので、来月から始まるインターンがとても楽しみです🩷

わんこそば対決⚔️

こんにちは! 管理部の是永です🌻 先日の内定式でわんこそば対決を行いました🍜 会社としても初めての試みでしたが、無事大盛り上がりでした✨ 内定者と社員の仲がより一層深まったと思います🌻

オリジナルTシャツ🩵🖤🩷

こんにちは! 管理部の是永です🌻 オンデリオリジナルTシャツを紹介させていただきます👕 色はピンク・ブルー・ブラックの3色です✨ 社内イベントの際は全員でTシャツを着用しています~✌🏻 一緒に盛り上がれる仲間を楽しみにお待ちしています✨ ご応募お待ちしております!

ニセコキャンプ♪

本日の投稿はデザイン部 サポート課のMさん! ーーーーーーーーーーーーーーーーーー 10月の三連休を利用してニセコにある、サヒナキャンプ場に行ってきました! 最初は雨も降っていましたが午後からは天気が回復し、最高のロケーションを満喫することが出来ました♪ 当社は土日祝日がお休みなのと、夏季・冬季休暇もあるので プライベートを充実させたい方にはとてもいい環境だと思います。 是非一度マイナビの求人ページ&オフィシャルサイトの採用情報をご覧ください! ご応募お待ちしております♪ ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

デスクワークでもしっかり評価♪

今回は、デザイン部の方の投稿をご紹介! ーーーーーーーーーーーー デザイン部です! ナイトレジャーの広告を担う当社では、 下半期・上半期で表彰式があります。 日々の業務を含めて個人の挑戦や会社への貢献が高く評価された社員が 表彰され副賞も与えられます。 今回は、表彰されたデスクワークで活躍された2人を紹介! 2人とも、広告の仕事が未経験からスタート! ナイトレジャーの「ナ」の字も知らないところから、 今や、丁寧な仕事を徹底し後輩指導も安心して 任せられる頼もしい存在になりました。 現在、約3割の社員が女性で「フロント」「バックオフィス」で 活躍しています! デスクワークでもしっかり評価される当社で働いてみませんか? ご応募お待ちしております!

【WEBデザイナー】実はデザイン未経験での入社でした!

今回はデザイン部 中島さんの投稿をご紹介! ==================== こんにちは。デザイン部の中島です。 デザイン部は、クリエイティブで活気ある雰囲気が漂う場所です。 デザイナーたちは常に新しいアイデアを出し合い、仕事に取り組んでいます。 最近では、AIなども少しずつ取り入れているんですよ! 当社は多様性と包括性を尊重し、異なるバックグラウンドを持つデザイナーが一堂に集まる場所です。 実は私も5年前にデザインは全くの未経験で入社しております。 皆様の個性とスキルが、私たちのデザイン部門をより豊かなものにします。 興味のある方は、ぜひ私たちのデザイン部門でキャリアを築いてみませんか? ====================

【営業部】目標達成で初めての〇〇〇屋さんに!

営業部の髙橋です! 先日、社長に目標達成としてうなぎ屋に連れて行ってもらえました。 外で食べる鰻は初めてで、びっくりするほどおいしかったです! そのあと、パフェを食べに行ったのですが 店内が今時過ぎてカップルか女性しかいなく男3人だけなのはなかなかハードでした笑

<活躍社員インタビュー⑥>

弊社の中で活躍している社員を続々紹介して参ります。 第6弾は、『デザイン部』チーフデザイナー二枚田将臣さんです! --------‐入社きっかけを教えてください! 大学卒業後、やりたい仕事がはっきりしなかったので就職できず一旦、就職はあきらめて演劇のサークルに入り動画編集の役割を約2年間担っていました。その動画編集の活動がきっかけで広告関係の仕事がしたいと思い入社しました。 --------‐入社する前、入社後のギャップはありませんでしたか? 入社当初はWEB広告ではなく、雑誌作成の全盛期という事もあり非常に過酷な環境ではありました。前職は、休み時間も多く緩い勤務形態でしたので入社後すぐに広告業の過酷さを身をもって知りました。 現在はそういった労働環境の変化を一番感じています。就業時間、残業時間もしっかりと時間で管理されており、残業時間の超過に関しては厳しい面があると思います。 --------‐仕事のやりがいはなんですか? 業界の悪いイメージを少しでも改善するお手伝いができることです。入社前の業界は正直良いイメージはありませんでした。しかし仕事を通して真剣に業界のお仕事を考えているお店のスタッフさんやそこで働く女性の真剣さを学ぶことが多くあります。 --------‐仕事をする上で大切にしている事は? 1位:頼られること、2位:認められること、3位:休日 自らやる仕事よりも頼られた仕事を実行したほうがパワーが出る事、自分の仕事や能力を認めてくれないと何のために仕事をしているのか、自分の存在価値が分からなくなる事が大きな理由です。また、会社では学べないことを学ぶ時間も必要だと感じています。 --------‐プライベートはどのように過ごしていますか?? 朝、書道。 昼、筋トレ。 夕方、ユーチューブ動画でボディビルの大会の映像を見ながら妻と「ここの筋肉のふくらみが良い!」とか 「この選手イケメン!」等、言い合う。 夜、飼い猫のケツを追いかける。 -------‐就活生へ一言! 世間的には、まだまだこの業界が良く思われない印象がありますが、自分たちの仕事できっと良くなる日がやってくると信じて真正面から向かってきてください。 二枚田さんありがとうございました! いかがでしたか? 是非、ご興味を持った方はまずはより詳しい『会社説明会』へ https://ing-hokkaido.co.jp/recruit/

<活躍社員インタビュー⑤>

弊社の中で活躍している社員を続々紹介して参ります。 第5弾は、『販売促進部』マネージャー三浦卓也さんです! --------‐入社きっかけを教えてください! グラフィックデザインを学ぶ専門学校を卒業しましたが、当時就職先が札幌では見当たらない状況でした。カメラマンで募集してる求人を拝見し、とりあえず就職ができればいいと思い面接を受けました。面接官と話してるとザイナーも募集していると言われ、出来ればデザイナーで採用してほしい意思を伝えたところデザイナーで採用となりました。 --------‐入社する前、入社後のギャップはありませんでしたか? デザイン経験がないのでより厳しく教えられるかと思いましたが、先輩たちはフランクに接してくれて丁寧に仕事を教えて頂けました。 --------‐仕事のやりがいはなんですか? 難しい部分はすぐに結果が出ないところです。新しいことを始めたりする事が多くありますが、中々前に進まなかったり結果がすぐに出ないので意味があるのか不安に思うこともあります。しかし、やり続けることで結果が出ることもありますし、失敗は無駄ではなく次回に続くプロセスの一つだと思うので、その経験に感謝して前に進むのが大切だと思います。 --------‐仕事をする上で大切にしている事は? 1位:給与、2位:休日、3位:やりがい 自分が将来どうなっていたいかを考えると、「結婚して子供が欲しい」「家が欲しい」「趣味を充実させたい」と思います。その時に必要なものを優先順位で考えると給与、休日、やりがいになりました。自分の将来を考えたとき、イング北海道でそれが叶うと思いました。 --------‐プライベートはどのように過ごしていますか?? 元々居酒屋など飲みに行くのが好きだったのですが、コロナの影響もあり、休日はキャンプに出掛けることが多くなりました。旅行にも行きますが、基本的に連休が多いので予定を立てやすいです。 -------‐求職者へ一言! 新たにチャレンジしたい気持ちを持っていればきっと活躍できる場所がイング北海道にはあると思います。未経験でも問題ありませんので、是非応募してください。 三浦さんありがとうございました! いかがでしたか? 是非、ご興味を持った方はまずはより詳しい『会社説明会』へ https://ing-hokkaido.co.jp/recruit/

社員インタビュー① 「人の心を動かすために…」

こんにちは。 制作チーム、ライターのUです。 求人広告代理店である当社の制作チームには、 文面の作成を担当するライターのほか、デザイナーも在籍しています。 今回はそんな当社のデザイナーにインタビューしてみました! ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー デザインを作成する際、気を付けていることは何ですか? ――――バランスや構成、色遣いですかね。     「元となる写真素材をどう活かすか」は常に考えるようにしています。 普段の生活の中でデザインの参考にしているモノってありますか? ――――電車の中づり広告やYoutubeのサムネイルは参考になりますね。 最近一番いいなと思ったデザインはありますか? ――――(スマホの画面を見せながら)先日見つけたカップ麺のデザインですが、     正面にゴリラが印刷されててインパクトがありました。   自分が注意を引かれたものには人の意識に呼びかける理由があると 思いますし、参考になるので記録として写真に収めるようにしています。 仕事のスタイルを教えてください。 ――――基本的にはPCで作業が完結するのですが、      煮詰まったときは手帳に描き起こして頭の中を整理するようにしています。 作成するデザインへのこだわりを教えてください。 ――――ぱっと見で目立つかどうかは気にしますね。他のデザインと被らないかや、     どんな写真を使うか、フォントや構成が他と違うかに気を配っています。 最後に、あなたにとってデザインとはなんですか? ――――『人の心を動かすもの』です。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 「人の心を動かす」瞬間を間近で見届けることが出来るのは、同じ会社にいるからこその特権ですね! これからの活躍も期待しています!!

<活躍社員インタビュー①>

今回からは、弊社の中で活躍している社員を続々紹介して参ります。 TOPバッターは、弊社の花形部署『営業部・マネージャー』鈴木邦明さんです! --------当社のここがすごい!と思う所はどこですか? どこか一般の企業とは違うのではないか? 態勢が安定していないのではないか? そうイメージされる方も少なくないと思います。 コロナ禍で倒産、解雇が相次いだ中でも、当社の社員は月収も誰一人下がることもなく、給与はもちろん、賞与ももらえています。 コロナ前と何一つ変わらずに働くことが出来ています。 --------実際、コロナになって大きく変わった事は何ですか? 当社は、コロナ禍でいち早くオンライン訪問、在宅ワークを取り入れました。 社員全員にマスクの配布、アルコール消毒液、手に入りずらかった時期も困ったことは 一度もありません。コロナウィルス感染のリスクはどこの企業で働こうとも同じです。 当社の世の中の変化に対する対応力は超一流。 今回のコロナ禍でそれが確固たるものになったと僕は思っています。 --------ぶっちゃけ『営業』って難しそうですが、どうなんですか? 広告提案は、カタチのない営業。 モノをお勧めするのではなく、情報掲載をご案内し、 コンテンツを制作して世の中に出すことで効果を得ていくことが仕事です。 約2ヶ月間にわたり、先輩の営業活動に同行し、仕事の流れ、サイクルを覚え、お客さまと顔なじみになってきたら、掲載申込書の確認や発注の取次などを行います。 しっかりとした研修を経て、独り立ちし、既に掲載されている広告のリニューアル提案などからスタートし、同じ目標に向かい進んで行きます。 鈴木邦明さん、ありがとうございました! 皆さんいかがでしたでしょうか? 弊社が、 どれだけ世の中の変化や環境の変化に関して取り組んでいるかという事、 営業という一見大変そうな仕事でもしっかりとした研修がある事、 が伝わったかと思います。 ■現在の求人広告はコチラから WEB広告営業  /https://tenshoku.mynavi.jp/jobinfo-105100-4-9-1/ WEBデザイナー /https://tenshoku.mynavi.jp/jobinfo-105100-4-8-1/ フォトグラファー/https://tenshoku.mynavi.jp/jobinfo-105100-4-10-1/

+Storiesとは?+Storiesとは? 見つける