記事一覧

新入社員研修⸜(*ˊᗜˋ*)⸝ワーイ

こんにちは! カイトウ建築設備工業です! 新入社員の方が入りましたので先輩社員の方が色々と教えております📒📝 現場にすぐに出るのではなく、設備とは何か、製図とは何か、など本当に基礎の基礎から教えています。 基礎の基礎なので、先輩たちも色々と資料を取り出し、これがね…と一生懸命に教えています! 弊社の先輩達は皆様本当に優しいです😊💕 分かるまで何度も色々質問してくださいね✨ そんな感じで会社にはフレッシュな空気が流れていて、いつもよりも人数が多く ワイワイ・がやがや楽しい感じになっています😊✨ 弊社では、工事部会がある日は外に出ている現場管理の方々も本社に来ます。 この日は更に人が多く、ワイワイしています(話している内容は真剣に現場のお話です( ´艸`)✨) 新人からベテランまで、多いと社内が人でごった返します(o^―^o)ニコ… 社長、そろそろ歓迎会しましょー!🍺(ここで私信!) 👇👇👇弊社では一緒に頑張ってくださる社員さんを募集しております👇👇👇 気になった方は是非、弊社求人をチェック!

夜の太宰府天満宮まで散歩してみた ~社内ウォーキングイベント開催中

こんにちは 福岡の建設コンサルタント オービット総務部のSです。 オービットでは、社内ウォーキングイベント開催中です🚶‍♀️🚶‍♂️ 4月にスタートしたこの企画ですが、4月に全社員の累計歩数を見てびっくり!! 1ヶ月で60万歩歩いている人もいました!! 相当頑張らないと上位にはなりません。 そこで、私も夜のウォーキングに出かけることにしました。 自宅から片道徒歩40分で行けるあの有名な 太宰府天満宮へ!! 夜の太宰府天満宮に行かれた方は少ないと思います。 地元民の特権ですね、、、 夜の西鉄太宰府駅も素敵です 昼は観光客で大混雑の参道もひっそりとしています 太鼓橋もこんな感じ ここに来ると空気が変わります 現在の時間は20:00 楼門は閉まっています。楼門は19:00で閉まるようです。 たまに、ウォーキングしている人とすれ違いますけれど、ほぼ誰もいません。 楼門で折り返して自宅まで約1万歩 気持ちいいウォーキングコースでした。 だぶんこの社内イベントがないと、こんな素敵な景色には出会えていないと思います。 色々なところを歩いてみませんか。 意識して歩くことを心がけて、体力も精神的にも健康になって生産性を上げていきましょう!! オービットに入社してまだまだ間に合うこのイベントに参加してください🏃‍♀️🏃‍♂️ いっしょに働く仲間募集中です✨

【転職体験談 #17】「経験と生活スタイルから見えてきた希望の仕事」やりがいを見つけたTさんの物語

こんにちは! プラスト編集部のOです。 第17回目となる「みんなの転職ストーリー」。 今回は有限会社藤田工務所に、線路メンテナンススタッフとして入社したTさんにお話しを聞きました。 【🏢有限会社藤田工務所】 JR東日本グループの総合建設会社『ユニオン建設』の協力会社として、青森県内の各種鉄道の軌道工事を担っている藤田工務所。社員のエンゲージメント向上につながる福利厚生やキャリアアップ制度を積極的に導入している。 記事では”転職におけるさまざまな決断の瞬間”や”転職成功を実現するための手段”が語られています。 転職活動中の方はもちろん、これから始めようと考えている方にとっても、きっと参考いただける転職体験談になっていますので、ぜひご一読ください。 ※本記事は2024年5月21日時点の情報をもとに作成しています ——生活スタイルにも、自身の適性にもあった仕事をみつける 未経験から線路メンテナンスの仕事を始めたTさんは、藤田工務所に入社してから半年が経とうとしている。深夜帯での勤務や初めての仕事内容にどんな印象を持っているのだろうか。 「もともと夜勤の仕事を望んでいました。妻が日中に働いていることもあり、夕方に学校から帰ってきた子どもの面倒をみるのは私の役目。習い事の送り迎えなどをする必要があるので、夜の時間帯に働くほうが生活スタイルにあっていました」 「今、子どもは小学生でバスケを習っているんです。私がバスケ好きなこともあり、ちょくちょく練習や試合を見に行ってはアドバイスをしています。私のほうが楽しんでいるかもしれませんね(笑)。仕事と家庭の両立が大変だと思う時もありますが、今の生活スタイルが気に入っています」 仕事についてはどうだろうか。 「先輩の仕事を見ていると、知識はもちろん、多くの制約があるなかで重機を正確に操縦したり、そのスキルにいつも圧倒されています。日々この仕事の奥深さを感じる毎日ですね。人力で重い物を運ぶシンプルな作業ひとつとっても、私とはテンポがまるで違うんですよ」 「職人仕事で想起されるような『仕事は見て覚えろ』といった風潮はなく、丁寧に教えてくれるしサポートもしてくれる。憧れと同時に、尊敬できる先輩が多いのも、当社に入社して良かったと思えたポイントです。早く先輩たちのようになりたいと思いながら働いています」 Tさんの語り口からは、働き方にも仕事にも満足している様子が伺い知れた。Tさんは希望に合った環境を見つけるまでに、どんなキャリアを送ってきたのだろうか。その軌跡を追いかけた。 ——10年以上勤めた職場を離れ、未知なるキャリアへ 大学を卒業したTさんが就職先として選んだのは、施設管理を手掛ける企業。最初はスポーツ施設の事務職を任されたようだが、ほどなくして、さまざまな施設の維持管理を担う現場作業の部署に異動したという。 「土を入れ替えたばかりの球場をとんぼがけしたり、市民プールの水を抜いてペンキを塗り直したり…。提携している施設に赴いて作業をする仕事でした。今考えると、私が事務仕事よりも、体を動かす現場仕事のほうが向いていると感じているのは、この時の経験が大きかったように思います」 1社目には10年以上勤めたというTさん。それだけ長く働いてきた職場を離れようと考え出したきっかけは何なのだろうか。 「経理の仕事に興味が湧いてきて、日商簿記の資格を取得したことが転職を考えるきっかけになりました。せっかく取得したので、資格を活かせる仕事にチャレンジしてみたい意欲が強まったんです」 「さらに、1社目に退職金制度がないことも要因のひとつでした。将来的に長く働くためにも、より制度が整った環境に身を置きたいと考えたんです」 ——転職後にぶつかった壁 1社目に在籍中に転職活動を始めたTさん。ハローワークのネットサービスで見つけた会計事務所に応募してみたところ、一発で内定が出たという。日商簿記の資格を活かせることからも、Tさんは会計監査スタッフとして新たなキャリアを歩み出すことに。 「覚えることも多いし、今まで経験がなかったパソコン作業も多いし、慣れるまでには相当苦労しました。でも、社会保険料の仕訳作成など、一歩一歩新しいことを覚えていくのは楽しかった。それに、企業の社長をはじめ、さまざまなお客様と密にやりとりしながら関係性を築くという部分にも大きなやりがいを感じていました」 しかし、やりがいを感じる一方で、Tさんの心は転職に傾いていったという。 「とにかく残業がきつかった。とても忙しい職場で、先輩たちも新人に教える余裕がない状況でした。わからないことがあっても聞きづらく、自力で解決するしかない。だから一層仕事に時間がかかってしまい、残業時間が増え…」 「当時は子どもがまだ幼く、家族で過ごす時間を大切にしたいと考えていたんです。もうちょっと続けたい気持ちはあったのですが、転職を決断しました」 ——転職成功のカギは「資格」 2社目では1年半ほどを過ごしたTさん。自身でも不完全燃焼だったと感じていたようで、次も経理や会計の仕事で探していたという。 「2社受けたのですが、第一志望だった企業の経理職は残念ながら縁がありませんでした。内定が出た法律事務所は残業がないということもあり、入所を決めました」 Tさんはこれまでの転職活動経験で、志望企業から高確率で内定を勝ち取っているが、選考において意識していたことはあるのだろうか。 「私の場合、日商簿記の資格を取得したのが大きいかもしれません。入社したいという想いだけでなく、資格があることで、私自身が企業に対してどんな貢献ができるかを具体的に伝えられるようになりました。さらに取得した経緯も含めて説明することで、より入社意欲が伝わるようになったと思います」 「それに、資格を持っていること自体が自信につながるし、勉強をがんばったという証にもなります。武器をひとつ手に入れた感覚に近いですね」 ——身体を動かす仕事を目指す 法律事務所の税理士部門に配属となったTさん。しかし、入所直後に人員体制の変更があり、所属部署の運営状況は芳しくなかったという。収入が上がる目途も立たず、退職することに決めた。 「実は、コロナ禍の影響もあり、以前から実家が営む小売店を手伝ってほしいと言われていたんです。だから、法律事務所を退職したと同時に、家業を手伝いはじめました。このタイミングで、日中に子どもの面倒をみるのが私の役割になったんです」 コロナ禍が落ち着き、家業も安定してきたことで、次の仕事を探すことになったTさん。日中にお子さんの面倒をみることができる夜勤の仕事を探していたのは先述した通り。その他にも、これまでの経験を思い返して仕事を選択したという。 「今まで経験した内勤と現場仕事を振り返り、自分には体を動かしながら作業する現場仕事のほうが向いていたなと思ったんです」 「内勤時代は運動不足になって、日に日にスーツがきつくなっていって…(笑)。体を動かす仕事なら、仕事が運動にもなり一石二鳥だと思ったのも正直なところです」 ——面接で正直な想いをぶつける 夜の勤務時間で求人検索をし、藤田工務所の募集を発見したTさん。夜間帯であり、かつ体を動かす仕事であるという希望が叶うことから、すぐに応募したという。 「面接は社長が担当してくれました。団体で動く仕事だからわからないことがあっても大丈夫であることを丁寧に教えてもらい、とても安心したのを覚えています。また、作業中に電車が通ることがあるなど、作業の危険な部分も包み隠さず説明してもらいました。誠実なお人柄を感じたことも、入社の決め手のひとつです」 今までの選考は、資格取得を軸に対策を組み立てていたTさんだが、今回はどのように伝えたのだろうか。 「今回は、子どもの面倒をみるためや体を動かす仕事をしたいという想いを正直に伝えました。ただ、分野は違えど、資格を取得したという経験はスキルアップの意欲の現れととらえてもらえたようです」 ——希望通りの転職を実現 面接の場で即内定が出たというTさん。家族の応援もあり、すぐに内諾の返事をしたという。入社直後は驚いたことがたくさんあったようだ。 「上司がマンツーマンで作業の流れや注意点をレクチャーしてくれました。さらに映像を見ながらの研修もありました。いきなり現場ではなく、座学で学べる環境があるのはうれしかったポイントです」 「あと、スマホでの勤怠管理だったり、アルコール検査の機械だったり、何かとデジタル化が進んでいてびっくりしました。出退勤ではタイムカードを切って…みたいな感じを想像していたので(笑)」 人間関係の良さも藤田工務所の魅力だという。 「経験年数は全然違うのですが、同年代の先輩も多く在籍しています。休憩時間には、若かったころに流行っていたことの話題などで盛り上がっています。作業中に電車が通ると作業を中断するのですが、その際もちょっと雑談をしたり。仕事でも休憩時間でもコミュニケーションが盛んですね」 最後に、Tさんの今後の目標と転職者に対するエールを送ってもらった。 「この仕事にもたくさんの資格があるので、勉強を頑張りたいですね。そして、かっこいい先輩たちのように、現場の戦力として活躍できるようになりたいです」 「転職活動中の方には、型にはまらずにキャリアを考えてほしいと思っています。これまでの経験や培ってきたスキルだけで仕事を選ぶのではなく、家族のことや、プライベートの過ごし方のことなど、自身が重要に感じていることから、仕事や会社を選ぶことをおすすめしたいです」 《編集後記》 Tさんは資格を武器にしていたことは記載した通りですが、他にも、履歴書や経歴書の書き方は書籍を参考にしていたと言います。できることをコツコツを続けていたTさんの行動が、転職成功につながっていると思えた取材でした。 有限会社藤田工務所のプラストでは、仕事内容紹介から福利厚生紹介まで、働くイメージが具体的になる記事が数多く投稿されています。下記リンクより求人だけでは知り得ない魅力を感じてみてください。 ▶有限会社藤田工務所の記事はコチラから ▶有限会社藤田工務所HP 【バックナンバーはこちらから】 みんなの転職ストーリーまとめ

年に1度の社員旅行♪

こんにちは! 日産サティオ宮崎 本社のFです。 社員旅行で大分県に行ってきました♨ あの有名な『杉乃井ホテル』に宿泊してきましたよ。 広大なホテルの中には、温泉や食事、アクテビティ施設が充実していて夜までとことん楽しみました。そのほか、アフリカンサファリやうみたまごなどにも行って大分旅を満喫することが出来ました(^^) また、社員旅行と合わせて『表彰式』も行われました。 当社では、半期ごとに優秀な店舗や社員を表彰していて、対象の方は褒賞金が貰えます✨ カーライフアドバイザーだけでなくフロアアテンダント、テクニカルスタッフも受賞できるチャンスがあるのはサティオ宮崎だからこそではないでしょうか! 仕事も遊びも一生懸命なサティオ宮崎で一緒に働きませんか!(^^)!

三陽工業のX(旧:Twitter)のアカウントをご紹介😊✨

こんにちは! 三陽工業 採用グループのまえっちです! 三陽工業ではX(旧:Twitter)・TikTok・Youtubeなどの SNSを使用してさまざまな情報を発信中🎈 TikTokやYoutubeは このブログで何度か取り上げたことがあるため、 今回は3つのアカウントを持つX(旧:Twitter)について紹介したいと思います。 ・三陽工業【公式】広報部担当 広報が運用しているアカウント😼 ・社内イベント ・SNS更新のお知らせ ・スポンサーを務める全日本ロードレースについて ・広報の日常の様子 など、三陽工業に関する情報から広報のつぶやきまで、 さまざまなことを発信❗ 皆さんからの引用ポストやリプライなどの反応をチェックしています🤭 “三陽工業の情報を知りたい”と思ったときは、 このアカウントがオススメです👀✨ ■三陽工業【公式】広報部担当 ・三陽工業 せいぞうびと 製造現場で働く主任6人が運用しているアカウント👨‍💼 豊田、米原、明石、岡山、佐賀、中津の6拠点から、 出張の様子や本日のご飯、主任のプライベートまで、 製造現場で働くリアルな日常の出来事をお届けしています🌟 フォロワー700人を目指しており、 5/24時点で645人! このアカウントに興味がある方・面白そうと思われた方、 ぜひフォローをお待ちしております🤗 ■三陽工業 せいぞうびと ・三陽工業福岡(公式) 九州を拠点に活動中の 三陽工業の部活【野球部】が運用しているアカウント⚾ 主に出場する大会の情報や試合の結果を 投稿しています。 また、練習の様子も投稿しているので、 気になる方はチェックしてみてください🤩 ■三陽工業福岡(公式) 皆さんは、 三陽工業のX(旧:Twitter)のアカウントを知っていましたか? X(旧:Twitter)だけでなく、FacebookやInstagramなど、 その他さまざまなSNSからも、 三陽工業の情報を発信しています❗ お時間がございましたら、ぜひSNSをご覧ください✨ 次回の投稿もお楽しみに! 【三陽工業(株)会社HP】

昼休みは一日のオアシス

こんにちは、古河支店のYです 毎度でーす お昼休みに 今日はどこでランチを?って考えるの 大好きなひと時です 最近はどこも値上げ 財布が悲鳴をあげてます(笑 なもんで いかに安くてボリューム満点のお店を 確保するか 使命感を持って開拓中 担当地区某所のこのお店 安くてボリューム満点 おまけにメニューが豊富! 写真はキムチ冷やしうどんにイカ、 舞茸天丼にミニサラダ お味噌汁、ドリンクもついて699円! こっち方面のお仕事に行った際は 毎回、このお店を利用します 栄養補給満点だし 午後のお仕事も頑張ろうってなる

☆歓迎会★

こんにちは🐶 賃貸ユニット 綿引です🏄‍♂️ 賃貸ユニットでは、4月から新入社員としていっしょに働く仲間が増えました🙌✨ ので、この前、歓迎会を行いました🍻🍻 とってもやる気のあるメンバーで、逆に刺激をもらっています😭👏 当社では、中途・新卒採用どちらも行っているため、年齢はバラバラですが、 年齢の垣根を越えた楽しい飲み会でした🎉🎉 新たなメンバーと力を合わせて、今期 ✨目標達成✨に向けて全力で頑張ります🔥🔥

【インタビュー】新入職員に聞いてみました!(vol.2)

【自己紹介をお願いします】 Nです。 県内の大学の美術学科出身です。 【つくしの里を選んだ決め手は】 一日体験会や見学会に行った際の職員と利用者の方の関係の良さや、雰囲気の良さにひかれて入職したいと考えました。 【実際に仕事をしてみてどうですか。 学生時代に思い描いていたことと違うところ、新しい発見はありましたか。】 想像していた以上に覚えることが沢山あり大変ですがその分学ぶことが沢山あって日々成長できていると感じます。 先輩職員方が丁寧に教えて下さるので初めてでも安心して業務をする事が出来ます。 【どんな支援員、社会人になりたいですか。】 自分の強みも生かしながら利用者さんの長所も引き出す事が出来るような支援員になりたいです。

営業職と技術支援職はタッグチームなんです

こんにちは 古河支店技術サービス部のYです 本日も納品、修理依頼ほか びっしり予定が詰まってました 昨日は肌寒い雨天でしたが 今日は打って変わって 朝から日差しが強烈な一日 暑かったなあ(汗) 写真は営業部の若きエースAさん 朝の出発前に書類を再確認中 こちらは、熱い!眼差しでした 私もAさんの担当する得意先に 技術サービス支援で訪問します Aさんと同様 お客様の気持ち、立場を考えながら 対応するよう心掛けています 明日も気温が上がりそうです もうすぐ夏だなあ 熱中症対策を忘れず 頑張りまっす!

現場で寝ている人発見!

久しぶりの投稿 現場作業が忙しく投稿が出来ていませんでした… で、今日は時間が出来たのでちょっと思い出してみたら、なんと! 現場で寝ている人発見!!! 何をしているかというと、シート下に隠れた、土の中に埋まっている配管を探しているシーンです。 配管の中にヨビ線というものを挿入し、カチャカチャ音がするのを聞いています。 本当は3人並んで寝ている姿を激写したかったのですが、撮影されるのが恥ずかしかったらしく、逃げられてしまいました。 3人並んで寝そべっている姿はなかなか現場ではない光景ですので。  激写したかった… 投稿者 平田でした

社員紹介 Oさん

こんにちは!加積製作所のKです♪ 今回は技術グループのグループ長Oさんにインタビューしました🎉 当社を選んだ理由などを聞いていますので、ぜひご一読ください😊 【《O》さんのプロフィール】 入社:平成20年入社・38歳 所属:技術グループ・グループ長 出身:富山 職歴:新卒入社  趣味:スポーツ観戦 ## Q1. 他の企業ではなく、なぜ当社への入社を決断したのでしょうか? A. 転勤などなく、地元で長く働きたかった為です。 ## Q2. Oさんが思う当社の良いところ A.有休は取りやすく、所属による差なども少ないです。  中小ながらも、大企業と対等な付き合いをできているところが強みだと思います。 ## Q3. 子育て世代から当社をみると A.基本的には残業は遅くても19:00までとなっているので、育児の時間はとれると思います。男性の時短出社や育休の実績もあり、安心して子育てできる環境です。 ## Q4. 求職者さんに一言 A.色んな事に、興味のがある方待っています!😊 以上、Oさんのインタビュー記事でした。 Oさんは今週行われる「マイナビ 転職フェア」に出席されます。 ぜひお話しだけでも聞きに来ていただければと思います。 当社が気になった方は気兼ねなくマイナビ転職やHPからご応募ください。 それでは次回をお楽しみに!🌸✨

現場監督から営業職へ、入社9カ月の所感

はじめまして! ソリューション営業課のOです これは、当社裏庭の桜の大木です とても存在感あります 満開の桜を誇らしげに揺らせていた 春も過ぎ、気づけばもう夏の予感 季節の移ろいはあっという間 入社して9カ月経ちました 前職は建設関係の工程管理です 今の仕事内容とは全く違いました 新たな可能性を求めて転職を決意 当社は落ち着いている先輩が多く 分からないことは質問し易いし 居心地良いです 納品後の担当案件が順調に 稼働しているの確認できた時 達成感は格別です ところで 桜の木、存在感ありすぎて 朝など 車の出庫に苦労します 何度か車を木にぶつけそうになり ヒヤッとした

+Stories.おすすめ記事5選 vol.120 ~働くイメージが湧いてくる記事~

こんにちは! +Stories.(プラスト)編集部のOです。 先週に引き続き、今週もみんなの転職ストーリーを投稿しました! 第16弾は、手に職を付けたいという思いから目的に向かってひたすら行動した転職者のエピソードになっています。ぜひ、転職活動の参考にもなりますのでご一読ください! 【転職体験談 #16】「手に職つけたい!」新しいキャリアを切り拓いたYさんの物語 それでは、今週のおすすめ記事をどうぞ! ……………… 『青果・鮮魚・海鮮寿司・精肉・惣菜部門の魅力をお伝えします!!』 株式会社山梨さえき @甲信越・東海エリア 同社の販売部には8つの部門があり、本記事ではそのうちの5つの部門の仕事内容とその魅力が紹介されています。 スーパーの仕事と聞くと接客のイメージが先行しがちですが、あらゆる食品の調理や加工などもあり、仕事内容は実に多岐にわたっています。 さらに、投稿者の経験談をもとに仕事の魅力を紹介しているのが印象的。旬の食材の知識が身に付いたり、魚をおろせるようになったり…。それらのスキルアップをうれしそうに語る投稿者の様子から、仕事が楽しいと思っていることがありありと伝わってきます。 ▶この記事を読む ▶続編記事を読む ……………… 『巡回員の作業風景』 SCTS株式会社 @関西エリア 同社の清掃巡回スタッフの仕事内容について紹介した本記事。 建物の壁面などに異常がないか調べたり、清掃が行き届いているか確認したりなど、ご入居者様が気持ちよく生活を送るために欠かせない仕事であることがわかります。 記事には画像がふんだんに貼付されているので、具体的にどんな作業をしているかイメージしやすいのもポイント。清掃員の方や建物の管理会社の方とコミュニケーションを取る機会が多いといった内情まで紹介されており、同社の清掃巡回の仕事がよく理解できます。 ▶この記事を読む ……………… ダーツは若者のスポーツだと決めつけてませんか? 株式会社ワンエンタープライズ @中国エリア 研究を通して、ダーツが認知症予防やコミュニケーション能力の向上に効果的だとつきとめた同社。シニア層向けのダーツ教室を開催しています。 ダーツに興じる参加者の様子からも、教室が大盛況だったことがわかる内容に。ダーツを社会に広めると同時に、健康寿命の向上にも寄与する同社の仕事はとてもやりがいにあふれています。 ▶この記事を読む ……………… 『🏀3x3(3人制バスケットボール)パリ2024(UQQT2)に弊社の企画営業職が関わりました!』 株式会社五光 @北関東・首都圏エリア 3人制バスケットボールの大きな大会の運営、設営を担当した同社。記事では、ビッグイベントを成功に導くために、同社の営業スタッフがどのように立ち振る舞っているかを紹介しています。 同社がつくったフラッグで街中をうめつくしたり、適切な人数の作業員手配やコスト管理にも気を配ったり、まさに仕掛けからディレクションまでこなすイベントディレクターさながらの働きは圧巻。仕事に大きな達成感を求める方は必見ではないでしょうか。 ▶この記事を読む ……………… 『㈱アスト 「現場監督」ルーティーン』 株式会社アスト @首都圏エリア 現場監督の1日の流れを紹介した本記事。スケジュール紹介だけでなく、「現場監督はサッカーの監督みたいにみんなをまとめるポジションである」と紹介されており、職種についてのイメージが進みます。 しっかりと仕事をこなせば、期末賞与が出たり、賃金アップを実現できるようで、頑張りが評価される環境があるのも魅力的ではないでしょうか。チャレンジ意欲が湧く内容になっています。 ▶この記事を読む ……………… 以上、今週のおすすめ記事でした。 過去に投稿したおすすめ記事も併せてチェックしてみてくださいね。 【タグ特集を実施中!】 「#この仕事を始めてよかった」 【先輩たちの転職成功体験から学ぶ】 みんなの転職ストーリー 【転職活動中にプラストを利用するメリットを解説】 【企業の深掘りができる「+Stories.」】 "情報収集"が後悔のない転職を実現するカギに 【プラスト記事セレクション】 【注目を集めた記事/編集部おすすめ記事】プラスト記事セレクション2023👑 【過去のおすすめ記事はこちらから】 おすすめ記事5選

入社して2か月の広報担当

こんにちは! 新入社員の中島です。 広報担当として入社して2か月が経ちました。 今回は、私の業務内容について紹介したいと思います。 主にやっていることは、 ・HPやSNSの運用 ・会社広報紙の作成 ・会社パンフレット・チラシの作成 ・イベント発信 などです。 現在は、8月に開催する木工教室の記事作成をしております。 会社の認知度を高めるために、色んなPR方法を模索していきたいと思います。

【資格取得支援の取り組み📝】 ~キャリアコンサルタントについて~

こんにちは! 三陽工業 採用グループのまえっちです! 今回は、当社が取得資格の促進を行っている 【キャリアコンサルタント】について お話しいたします😊 キャリアコンサルタントとは👨‍🏫 国家資格の一つであり、 人々が抱える職業選択の悩みや、 職業能力に関する相談に応じ、助言やアドバイスする専門家のこと。 三陽工業では、 “一人一人が思い描く希望を実現したい”と考えており、 スタッフが自身のキャリアについて、どのようなことに悩み、 どのような考えを持っているのかなどの 悩みや考え方を理解し、アドバイスができるように、 資格の取得促進を行っています❗ 資格支援の取り組み📝 ・資格手当として月額 20,000 円を支給。 ・受験費、無料。 ・土曜日に8時間の研修プログラムあり 研修は、オンラインで集団研修です。 今回は営業スタッフの3名が研修に参加❗❗ 【営業スタッフにインタビューしてみました🎤】 ①キャリアコンサルタントを受けようと思ったきっかけは何ですか? 資格支援制度が存在したことと、 自己のキャリアアップのために学習し、 資格として取得しておきたかったから。 ②試験に向けて自身が取り組んでいることを教えてください。 オンライン講義に参加したり、 隙間時間を見つけて学習している。 面談力を強化しようと頑張っている。 ③研修の雰囲気を教えてください。 全員が意欲的で前向きなため、明るい雰囲気。 新しいことを学ぶのは楽しいが、内容は難しい💦 資格取得は大変かと思いますが、 良い結果になるよう、頑張ってほしいです🥺🌈 今後の目標✨ ~2024年度の目標~ 三陽工業が展開している “27拠点のエリアに1名以上、 キャリアコンサルタントの有資格者が常駐している”こと🌟 ~未来のお話~ “営業スタッフ全員がキャリアコンサルタントの資格者である” ことを目指します🙋‍♀️ 製造部署と営業部署間の コミュニケーションは非常に重要です。 営業スタッフがキャリアコンサルタントの資格を持つことで、 製造スタッフが今後のキャリアに関して悩んでいる時、 明確なアドバイスやサポートが これまで以上にできるのではないかと思いました❗❗ 新しいことを学び、資格取得に向けた取り組みを 応援しましょう🌻 まえっちは、 自分ができることをコツコツと積み重ねて、 成長できるように努力します🔥 次回の投稿もお楽しみに! 【三陽工業(株)会社HP】

創業ヒストリー 創立50周年

こんにちは 福岡の建設コンサルタント オービット総務部のSです 今回は当社の歴史について紹介します。 今年の4月でオービットは50年を迎えました。 創業時のエピソードを今は亡き創業者から聞いた話 そして現在の活動にいたるまで、当社の事業にかける想いを載せました。企業理解が進む内容になっているので、ぜひご一読ください。 起業のきっかけ コンサルタントに勤務していた創業者が、週に半分は魚釣りをしたいと測量会社を起業したそうです。当初は家族とふたりで始めた会社が、だんだんと人が増え仕事が増えて、実際は釣りどころではなくなったそうです。 創業者は、すごく厳しい方で、どこよりも早く、どこよりも正確な成果品を納めることを大事にしていましたので、そこで信頼と信用をいただいて会社が大きくなったのだと思います。 (私も当時は創業者の厳しい指導に泣きました😢) オービットの品質方針というものに 1.迅速な対応 2.工期の遵守 3.正確な報告書の作成 とあります。今でもそのスピリットは受け継がれています。 事業は想定通りに前進した? 元々は下請受注100%の会社で、経営が厳しい時期もあったと聞きました。 事業が軌道に乗ったのはいつごろ? 平成14年に全国でもいち早く3次元レーザスキャナを導入しました。 同じくその年に元請受注を目指してから徐々に売上を伸ばし、平成20年からは元請受注が下請受注を上回りました。 新分野の受注に幅を広げ、測量会社から総合建設コンサルタントへと移行して安定した売り上げを伸ばし続けています。 現在、当社が見据える目標は 発展成長し続け、常に企業価値を高める企業であること。 そして社員が働きがい、喜びを感じられる制度改革の実現へむけて努力していきます。 以上、当社の創業ヒストリーでした。 オービットが気になった方はホームページも見てみてください💁‍♀️

除草工事スタート

こんにちは! 水谷建設株式会社です😀 今年も除草工事が始まりました! 現場から海が見えました✨ 除草/伐採スタッフも募集中です! 自然に囲まれて一緒に働いてみませんか? 水谷建設株式会社では職場見学や職場説明会を行なっております! 弊社のことが気になる、ご興味がある方はお気軽にご連絡ください! オンラインでも対応可能です。 採用担当:水谷 TEL:0965-31-1718 E-mail : mztn9301@tsm.bbiq.jp

【転職体験談 #16】「手に職つけたい!」新しいキャリアを切り拓いたYさんの物語

こんにちは! プラスト編集部のOです。 第16回目となる「みんなの転職ストーリー」。 今回は大同電気株式会社に、電気工事士として入社したYさんにお話しを聞きました。 【🏢大同電気株式会社】 静岡県吉田町で創業69年の歴史を誇り、地域での知名度も抜群の大同電気。元請け企業として地域のさまざまなインフラ工事を手掛ける。『健康経営優良法人 2024』にも認定されており、社員の働きやすさ促進にも注力している。 記事では”転職におけるさまざまな決断の瞬間”や”転職成功を実現するための手段”が語られています。 転職活動中の方はもちろん、これから始めようと考えている方にとっても、きっと参考いただける転職体験談になっていますので、ぜひご一読ください。 ※本記事は2024年5月9日時点の情報をもとに作成しています ——切磋琢磨できる仲間がいる喜び 大同電気に入社して1年半が過ぎたというYさん。働きやすさを感じる日々だという。 「当社は、工事の発注者から直接依頼を請ける元請け企業です。何件も工事を掛け持ちするというよりは、会社近郊の大きな案件に集中できる環境があります。だから移動時間も少なくて済むし、仕事をきっちり17時に終える文化も根付いている」 「当社に入社するタイミングで2人目の子どもを授かり、今まで以上に家事や育児を頑張らなくちゃと思っていたんです。入社後は早い時間に帰宅できるようになったので、妻も喜んでいます」 プライベートの時間が増えたこと以外にも、転職して良かったと思っていることがあるようだ。 「同じような経験年数で、かつ同世代の人がいたことが大きかったですね。『ここはどうするんだっけ?』みたいな感じで、ちょっとした質問も気軽にできて助かっています(笑)。一緒に成長していける仲間がいるだけで心強いと思うことばかりですよ。そして、プライベートの話で盛り上がる瞬間は大きな息抜きになっています」 家族との時間を大事にしつつも、手に職つけるための成長環境を求めていたYさん。どのような経緯で理想的な環境を手に入れることができたのだろうか。Yさんのキャリアの軌跡を紹介します。 ——就職の決め手は”安定性” 工業高校を卒業後、Yさんが就職したのは飲料メーカーの工場。ラインオペレーターとして4年間を過ごしたという。 「就職した当時はリーマンショックの渦中で、世間的にも不況が叫ばれていました。そのような状況のなか、食品系なら安定しているのではと考えて就職先を決めたのを覚えています」 Yさんの想定通り、1社目は不況のあおりを食うこともなく安定していた。さらに人間関係も良好で居心地が良かったという。しかし、転職に踏み切る十分な理由があった。 「翌週は土日休みだと掲示されても、直前で出社日に変更になるということが連続して起こりました。休日の予定を何回もキャンセルすることになり、だんだんと耐えられなくなって…。このことがきっかけで同僚も続々と辞めていき、私も退職を決意しました」 ——安定性よりも、手に職つけたい思いを優先 最初の転職ではハローワークを利用したというYさん。求人数が多かったこともあり、引き続き製造職で仕事を探していたという。そして、製薬会社のグループ企業に入社することになった。 「土日は完全に休みで、急に休日出勤が発生することもない。1社目に感じていた不満はすっかりと解消されました。それに長期休暇もあるし、賞与もしっかりと出たし、転職して正解だったと思うことばかりでしたね」 Yさんは2社目で7年を過ごし、その期間に1人目のお子さんも産まれたという。話しを聞いていると仕事もプライベートも順調に思えたが、徐々にキャリアに関してモヤモヤを感じるようになっていく。 「毎日決まった作業を正確にこなすといった仕事だったので、30歳を目の前にして、このままでいいんだろうかと心配になっていきました。手に職つけないと、この先やっていけないのではないかと…」 「家族のことを考え、安定していた2社目で働き続けることも考えました。でも、自身のキャリアも大切にしたい。求人広告を見ていると、年齢制限を設けている求人が少なくなかったのも、転職を急いだ要因のひとつでした。妻にはなんとか理解してもらって、転職することを決断しました」 ——新しいキャリアに挑戦 2回目の転職活動ではエージェントを活用して、何社か電気工事会社を紹介してもらったという。どうして電気工事士のキャリアを選んだのだろうか。 「2社目に在籍中、将来のことを考えて、独学で第二種電気工事士の勉強を始めたんです。会社にかけあって講習を受けることができ、無事に試験に合格。次に就く仕事では、第二種電気工事士の資格を活かした、電気工事現場の職人(電気工事士)にチャレンジしようと思っていました」 「意図して選んでいたのは、社長に直に教えてもらえるような小規模の会社です。エージェントにもそういう会社を紹介してほしいとお願いしていました。そういう環境の方が自身の成長が早まると考えたためです」 3社目に入社後は厳しく指導してもらい、電気工事士としての経験を積み重ねたYさん。激務ではあったものの日々やりがいを感じていたという。ただ先述したように、2人目の子どもを授かったタイミングで、働きやすさを求めて転職に踏み切ることになった。 ——今までにない魅力を感じる環境 3回目の転職活動は、自身で求人を探していたYさん。大同電気の求人は残業がないことが大々的にうたわれていて特に気になったという。さらにもうひとつ、大きく興味をひく要素があった。 「会社のHPを確認すると、『プラストを更新しました』というお知らせが載っていたんです。クリックしてみると、新人が担当した現場を紹介した記事や、同世代の社員が紹介されている記事が投稿されていました」 「前職は大ベテランの先輩ばかりだったので、同世代で同じ経験値くらいの人が働いている環境にはとても惹きつけられました。切磋琢磨しながら成長できそうだと感じたんです。また、経験したことのない案件に携われることもわかり、スキルアップできる環境がありそうなことも大きな魅力にうつりました」 面接ではプラストの話題も出て盛り上がり、さらに面接後の社内見学では、社員たちのフレンドリーな対応に好感が持てたという。一気に大同電気に入社したいという想いが強まることになった。 ——希望通りの転職を実現 無事、大同電気に入社することができたYさん。面接で会社を訪れた際に感じた雰囲気の良さを、入社直後に早速実感したという。 「初日から現場を経験させてもらったのですが、休憩中にはベテランの親方衆から積極的に話しかけてくれたんです。人間関係の良い会社だと思えたのを覚えています」 電気工事の仕事の幅は広く、未経験も同然だと語るYさん。今後の目標を聞いてみた。 「まだまだ覚えることがたくさんある修行中の身なので、経験を積んで課長や班長のように、どんな現場でも臨機応変に対応できるような職人になりたいと思っています」 最後に、転職活動中の方にエールを送ってもらった。 「異業種、異職種へのチャレンジは勇気が必要ですが、手に職つけたいというような強い思いがあればぜひ踏み込んでほしいと思います。私の経験として、同世代の人がいる会社だと入社後に心強いですよ。大同電気は若手からベテランまでさまざまな年代がいるので、どんな人にもおすすめできる会社です」 《編集後記》 独学で電気工事士の資格を勉強したり、成長意識をもって企業を探したり。Yさんの「手に職つけたい」という目的に向かって行動する力には驚くばかりでした。Yさんが大同電気という理想的な企業に入社できたのも必然であると思えた取材となりました。 大同電気株式会社のプラストでは、社員インタビューから仕事内容紹介まで、働くイメージが具体的になる記事が数多く投稿されています。下記リンクより求人だけでは知り得ない魅力を感じてみてください。 ▶大同電気株式会社の記事はコチラから ▶大同電気株式会社HP 【バックナンバーはこちらから】 みんなの転職ストーリーまとめ

入社して初めて知ったこと(゚д゚)!

こんにちは! 日産サティオ宮崎 本店 カーライフアドバイザーのKです! 私は今年の4月で、入社して1年経ちました 先輩方に助けられながら毎日楽しく活動しています! 今回は業務を覚えていった中で感動したことをご紹介します それは、、、車のカバー3点セットです✨ 車検や点検でお預かりする車を汚したり、傷つけたりしないように 運転席・ハンドル・運転席足元に装着します ちゃんと NISSAN の文字が入っています! 初めて知ったときは「なんて素晴らしい仕組みだろう」と思いました 大げさかもしれませんが、カーディーラーのことをほとんど知らなかった 私にとってはとても大切な学びだったんです 日本のカーディーラーらしい心配りが表れてますね♪ 本店はお客様の来店が特に多い店舗なので3点セットの減りも早いですが 無くなる前にショールームにいるスタッフでたくさん作っています こうした作業を欠かさないことがスムーズなお客様対応に繋がっています 当社にはお客様に満足していただくための工夫や社員が働きやすいと感じる仕組みが まだまだありますので、ぜひ一度会社見学にお越しください(^^) きっと私のように感動や驚きがあると思います!

電気工事のお仕事

こんにちは!大同電気株式会社 管理課小原です。 皆さんは【電気工事】と聞いて何が思い浮かびますか? コンセントの設置、照明器具の工事、施設内外の配線工事、、、 日々の暮らしに欠かせない電気の工事って具体的にどんなことをしているの? そんなところを少しご紹介していきます。 電気工事にも様々な種類がありますが、 欠かせないのは今回ご紹介するのは【電線】です! 工事の種類も様々なので、電線の種類もたくさんあります。 何故かというと… 電線の太さによって流すことのできる電流が決められているからです。 大同電気では、住宅の工事から、工場、学校と様々な場所の工事をします。 沢山の電線の中から設計積算課が工事現場、条件を元に設計し、職人が工事をします。 時には職人も現場調査に同行し、設計積算課へアドバイスすることも。。。 工事だけではなく、沢山の知識と経験を持っている職人さんはやっぱりすごいですよね!! 写真の電線は工場に使われている電線の一部で、 大きい工場では、写真のような太い電線が使われていることが多いです。 写真の電線(右)は1m約3kg。 職人さんは、時には数百mの長さの電線を引っ張ったり、撤去したりします! 力も体力も必要な大変なお仕事です。 そんな職人さん達は、夕方になると会社へ戻ってきます! 電気課のお部屋を覗きに行くと、いつも私のちょっとした話にも付き合ってくれます☺ これからどんどん暑くなっていくので熱中症にも気をつけて、 安全第一に作業して貰いたいと思います!

巡回員の作業風景

『巡回』というお仕事に興味はありますか? 巡回って何??? ですよね~ さっぱり仕事内容がわからないですよね そんな『巡回』というお仕事に ちょっとだけ興味を持ったあなたにチラ見せ 現在募集中の 営業 & 清掃巡回員 の 現場風景をお届け 【巡回のお仕事】 ほんの1例ですが こんな感じ もちろん現場により多少異なります ▼「水道検針」 ※皆さんの水道代はこの検針で決まるんです ▼「建物の目視点検」 ※建物の定期健康診断のようなものです ▼「電球の交換・取替」 ※いつも明るい照明はこうやって交換されているんです ▼「清掃のチェック」 ※ご入居者様に気持ちよく生活していただくための大切なチェックです いかがですか? 地味かもしれませんが建物を管理していく中で大切な役割をになってるんです! 毎月必ず建物に出向き 上記のようなことをするお仕事 それが『巡回』です! 気持ちよくご入居者様に過ごしていただけるよう ご入居者様 FIRST 私たちはサービス業として責任をもって建物管理を行っています。 地味だけどご入居者様の生活を支える『巡回』というお仕事 興味が出てきましたか? もっと知りたくなってきましたか? そんなお仕事の中でも『清掃業』は日々の変化が一番分かるんです。 清掃員さんと世間話から これは大切 と感じることがあったら それはチャンス そのポイントをしっかり押さえ管理会社に報告することで、次のお仕事へと結びついていきます。 あなたの気づきがビックチャンスになるかも! だから清掃員さんとのコミュニケーションも大切なお仕事の一つ! 人付き合いが好きな方はご応募くださいね。 スタッフ一同お待ちしております!

【社員インタビュー】お引き渡しした際に感謝される仕事!小室さん編

こんにちは🤗 東建グループ+Stories.編集部です 今回は、東建グループの中で住宅アドバイザーとして活躍中の 小室さんにインタビューを受けていただきました✨ …………………………………… 名前:小室さん 所属:住宅部 営業設計課 …………………………………… ………………………………………………… ■Q1,自社や仲間のここが好き!という点は? ………………………………………………… 経営理念の1つ 顧客第一主義 というモットーに共感した全スタッフがより良い住宅をご提案・施工するために信頼し合い仕事をしていること。 ………………………………………………… ■Q2,仕事のやりがいは? ………………………………………………… 自分が携わったお客様の住宅が竣工し、お引渡しをした際に感謝される時にやりがいを感じます。 ………………………………………………… ■Q3,休日の過ごし方を教えてください ………………………………………………… 息子と野球をしたり、外食や買い物に行ったり家族と過ごしています。 ………………………………………………… ■Q4,これからの夢や目標を教えてください ………………………………………………… 担当し建築して頂いたお客様から多くの紹介を頂きそのつながりを増やして、多くのご家族の笑顔を作れたら幸せです。 ………………………………………………… ■Q5,就活生へメッセージ ………………………………………………… どんな仕事でも大変だと思います。ただそのなかで、 自分のやりがいを見つけて楽しく仕事をしてください。 住宅アドバイザーのざっくりとした仕事の流れはこんな感じです! ぜひご参考にしてみてください😊 +.。.:・゚+.。.:・゚+.。.:・゚+.。.:・゚+.。.:・゚+.。.:・゚ 少しでも東建グループにご興味を持っていただけた方が いらっしゃいましたら、随時会社説明会を開催していますので ぜひ、お気軽にご連絡ください😊 お電話でのお問い合わせは TEL.0284-72-0645 申込フォームはこちら SNS等で情報発信しています! ぜひ、フォロー&いいねをお願いします! ▶Instagram ▶YOUTUBE ▶TIKTOK ▶ホームページ

運送業から転職、心機一転した私の相棒

初めまして。古河支店 技術サービス部のYです。 一昨年、40代後半で転職しました。 職務経歴では隣接業務の経験は あるものの、新たに覚えなければ ならないことが多いです。 諸先輩たちのご指導のお陰もあり、 あっという間に充実した1年半が 経過しました。 今後も精進続けます! で、私の相棒。 入社当初は普通のドライバーを使用 してました。現在はバージョンアップ して電動ドライバーを愛用。 作業時間の短縮には欠かせません。 信頼できる相棒です。 相棒、これからもよろしく!

もうすぐ入社して一年

ソリューション営業課のYです。 こんちには! 創業から99周年目に入社し、 今年は100周年。 快晴の青空の下、社屋の今を 撮影してみました。 入社前は、古めかしい感じの社風 なのかと思いました。 長い歴史があるので堅実な安定感は 伝わってくるものの、 堅苦しい会社だったら疲れそうだな との心配もありました。 でも入社してみると、想像以上に 新しい技術の吸収や業務改善に挑戦 しているし、風通し良い社風で 安心しました。 採用面接時の経験談です。面接官が 私の履歴書をよく読み込んでくれた上 での面談でした。スピード感とともに、 スムースな遣り取りが流れ、とても 好感を持てました。 繁忙期やタイミングの悪いときなどは 通常より守備範囲が拡がることもあり 大変になりますが、日々成長して 行きたいです。

【崎村工務店】社員紹介 一 入社2年目の積算業務担当ー

こんにちは。 崎村工務店 採用担当のヤチグチです。 今日、紹介するのは積算業務担当のNさん(30代)です。 外注していた積算業務の内製化にともない、昨年1月に入社されました。 Nさんの主な業務は、専用ソフトを使った積算業務です。 入社後に研修を受けていただいたり、マニュアルから操作を覚えたりして、 型枠工事・土工事・地盤改良工事の積算や設計を担当されています。 また、ローカライゼーションなどICT建機の設定もされており、現場に出ることもあります。 今では、当社の業務に欠かせない貴重な人材です! Nさんに、崎村工務店での仕事のいいところは?と質問してみました。  ・残業がなく定時退社できる!  ・自分で段取りし、自分のペースで仕事を進めていけるのでやりやすい! だそうです。 1年で、各工事の業務をマスターされたNさん、すごいです👏 建設業界で働きたい方のご応募お待ちしています!

GW

こんにちは!関西支店の坂下です 皆さんはGWはどこに出かけましたかー? 私は家族で福岡県に旅行に行ってきました♪ 天気も良く、美味しいものも食べれていいリフレッシュができました‼ ただ、全く把握していなかったのですが、期間中が博多どんたくの真っ最中で人が多すぎて同じぐらい疲れました(笑) 5月はGW明けでリフレッシュできた分、仕事復帰も大変な時期ですが頑張って行きましょう! 福岡も含め、全国の各地で弊社の仲間が働いています♪ 自分の希望のエリアで一緒に働いてみませんか? それではまたー

【インタビュー】新入職員に聞いてみました!(vol.1)

【自己紹介をお願いします】 4月から、つくしの里支援員として勤務していますTです。 大学では、芸術学部に在籍し、美術を専攻していました。 利用者さんと一緒に作品を制作したり、発表したりする機会を作りたいと思っています。 【つくしの里を選んだ決め手は】 秋の里まつりに参加させていただいた際に、利用者の方・保護者の方・職員の方たちが、笑顔で楽しそうにされていた姿が印象に残り、自分も一緒に働きたいと思ったからです。 【実際に仕事をしてみてどうですか。 学生時代に思い描いていたことと違うところ、新しい発見はありましたか。】 学生時代には、自分に支援員の仕事が務まるか不安でした。 現場に入ってからは、利用者さんや職員の方のお名前を覚える事から始まり、1日1日覚える事が多く大変だと思う事も多々ありますが、職員の皆さんは優しく、分からないことがあれば何でも聞く事ができます。 また、利用者さんからの「ありがとう」や笑顔に力をもらっています。 【どんな支援員、社会人になりたいですか。】 周りの状況をみながら自分から率先して動く事が出来る事ができ、利用者の皆さんが毎日楽しく過ごせるような支援をしていきたいと思っています。 そして、利用者さんとご家族の皆様に信頼してもらえるような支援員になりたいです。

+Stories.おすすめ記事5選 vol.119 ~家庭を大事にできる環境 産休・育休の経験談~

こんにちは! +Stories.(プラスト)編集部のOです。 先日、みんなの転職ストーリーの第16弾を投稿しました。 4回の転職を経て、本当に入社したい会社、したい仕事が見つかった方のストーリーになります。ぜひご一読ください! 【転職体験談 #15】「推せる商品を広めたい」 4回の転職経験から真の働きがいをみつけたMさんの物語 今週は産育休関連の制度を実際に利用された方の体験談をまとめています。 それでは、今週のおすすめ記事をどうぞ! ……………… 『(株)オールで産休・育休を取ってみて』 株式会社オール @首都圏エリア 仕事も子育ても両立できる環境を求め、オール社に転職した出繩さん。本記事は、産休・育休を取得し、現在は時短勤務で働く出繩さんの視点から、同社の働きやすさを紹介しています。 制度が整備されていることはもちろんですが、同僚の理解があり、柔軟な働き方ができていると語る出繩さん。社員の3分の1がパパママであるというメンバー構成が大きな要因なのかもしれません。ライフステージの変化に関係なく長く働ける会社であることが強く理解できます。 ▶この記事を読む ……………… 『社長が社員をインタビューしてみた~歴史に名を刻んだイクメンHくんの場合』 株式会社橋本製作所 @北関東エリア 男性の育休取得はニュースなどで見かけるだけで、自分に関係のない世界での出来事だと感じていた登場者のHさん。しかし、会社からの情報発信により同社でも活用できる制度だと知り、利用することを決意します。 奥様は「育休を取得すると会社に迷惑がかかるのでは?」という不安があったようですが、Hさんはそんな会社ではないと説得。初の出産という大事な節目に、家族に寄り添えたことの喜びが語られています。 Hさんの経験談はもちろん、社長の働き方や社員に対する想いも存分に語られており、同社の社風や働きやすさをありありと感じられる記事でした。 ▶この記事を読む ……………… 【博多/北九州・IT企業】~女性社員の産休・育休体験談~ 株式会社ディジテック @九州エリア 同社で1年間の産育休を取得した経験があるS.R.さん。仕事復帰後はブランクを感じることもあったようですが、学び直しから始めて無理なく働けているようです。 実は、S.R.さんは第二子の誕生によって現在2回目の育休中。お休み直前には負担の軽い業務を割り振ってもらうなど、安心して産休を取れた経験も語られています。 育児と仕事との両立のコツを聞かれて「いろんな方を頼ること」と答えたS.R.さん。制度整備はもちろん、サポートし合う文化や理解あるメンバーがいることがわかる記事になっています。 ▶この記事を読む ……………… 『宮崎県 男性育休促進へ!テレビ取材受けました!』 江坂設備工業株式会社 @九州エリア 男性の育休取得を積極的に推進している同社。これまで6名の男性社員が育休を取得し、本年度は2名取得予定。その実績が評価され、テレビ取材を受けたことが報告されています。 記事では、社員が育休を取るメリットがわかりやすく解説されており、会社としても育休取得をポジティブに捉えていることを強く感じられる内容に。同社でなら、仕事と家庭の両立は難なく実現できると想像できます。 ▶この記事を読む ……………… 『産休に入ります🤩』 株式会社ステージプランナー @首都圏エリア 同社で2人目の産休取得者となったHさん。本記事ではHさんの産休入り直前に激励会を開いたエピソードを紹介しています。 Hさんリクエストのピザを食べたり、ノンアルコールビールで乾杯したり、レースゲームに熱中したり…。とても楽しい時間を過ごしたようです。 産休に入るにあたって、Hさんにもいろんな心配事があったと思いますが、同僚たちのあたたかい対応で不安も大きく和らいだのではないでしょうか。 ▶この記事を読む ……………… 以上、今週のおすすめ記事でした。 過去に投稿したおすすめ記事も併せてチェックしてみてくださいね。 【タグ特集を実施中!】 「#この仕事を始めてよかった」 【先輩たちの転職成功体験から学ぶ】 みんなの転職ストーリー 【転職活動中にプラストを利用するメリットを解説】 【企業の深掘りができる「+Stories.」】 "情報収集"が後悔のない転職を実現するカギに 【プラスト記事セレクション】 【注目を集めた記事/編集部おすすめ記事】プラスト記事セレクション2023👑 【過去のおすすめ記事はこちらから】 おすすめ記事5選

≪絶賛キャンプ中☆彡≫

こんにちは♪ ハウスウェル宇都宮店のメンバーです!! 4月は桜のシーズンなので、 みんなでお花見は、もう当たり前よ(´▽`)ノ それで終わらないのが、宇都宮店☆彡 4月も、 みんなでキャンプ行ってきました(`・ω・´)b 今回は動物とも触れ合えるキャンプ場♪ ロウちゃんもお友達ができて楽しそうだね! メインは何と言っても、 バーベキュー、鍋。めちゃうまかったぞー!! どれぐらいうまいかって??? 写真を撮る前に、 食べ終わってしまったぐらいよ( *´艸`)💦 締めは、 もちろん!! 🔥焚火🔥 1ヶ月間仕事を頑張ったあとの焚火🔥 このひと時が、 最高の癒しだよ💛(´ω`)💛 本当に、キャンプ最高! ・・・だってさぁぁl!! *おれも行きたかったなぁ( ;∀;)   ちなみに、 5月も計画中なのは、内緒( *´艸`) 楽しみだなーーー!!! *今回は、 風邪ひかないように気をつけなきゃ💦

5月18日(土)マイナビ転職フェア【京都】に出展します!

今週末5月18日(土)に開催されるマイナビ転職フェアに出展します! 私たちが会場におりますので、ぜひ会いにきてくださいね😌! 以下のような、 修和塾の魅力をたくさんお伝えできればと思っています! ぜひ気軽に話しかけてください♪ 会場にいるのは以下の社員です! ●村田 萌美:新卒入社9年目 採用担当およびこちらのプラストの更新担当もしております! ●藤田 貴仁:中途入社3年目 社員紹介⑤で紹介しています!よろしければ以下の記事もご覧ください! https://tenshoku.mynavi.jp/plst/stories/9336/?company=10470&af=plstCompany ●大西 真緒:新卒入社1年目! 入社したばかりのフレッシュな社員です!元気いっぱいご対応いたします! 社長も来ておりますので、ぜひぜひ、お話を聞きにきてくださいね〜! ▼当社採用動画はこちら 株式会社修和塾 紹介動画 ▼当社HPはこちら 株式会社修和塾ホームページ

社員インタビューVol.3 <新入社員編>

今回の社員インタビューは、4月1日新卒採用で入社した「T.Sさん」です。 T.Sさんは、県内の普通高校を卒業して入社して頂きました。 高校生の時に、色々な職種の企業を見学をして、弊社を選んでいたたきました。 そんな T.Sさんに色々インタビューをしましたので、弊社に興味がある方は参考にして下さい。 Q1. この仕事を選んだ理由は? 私は、普通高校を卒業し新卒採用で三ツ星工業へ入社しました。 高校生の時、三ツ星工業へ企業見学しました。公共施設で空調設備の保守点検を見学をしました。 その時、対応していただいた社員さんの人柄を見て、この会社なら就職してもやっていけそうだと思いました。また、大きな建物の空調設備の仕組みに大変興味を持ちました。 Q2. 仕事のおもしろさは? 入社して、一カ月が過ぎましたが、宿泊施設、公共施設、一般家庭等の空調機など工具を使って設置や解体、保守点検などの作業が面白いです。 まだまだ、先輩たちの仕事の補助しかできませんが、しっかり仕事を教えて頂いて、まずは一つ任せてもらえる事を作ります。 Q3. 職場の雰囲気は? 先輩たちは、どこの現場へ行っても真面目でそつなくこなす反面、面白い人が多いので雰囲気はいつも明るく楽しいです。 Q4. 休暇について? 他の建設業の会社より十分休めると思います。 ゴールデンウィークもしっかり休めました。 Q5. 大変なところは? 資格が無いとできない作業があるので、これから色々な講習へ参加しますが、勉強が大変だと思います。 入社して約一カ月半、初めての就職活動から自動車免許取得をし入社、通勤電車で一時間、新入社員研修・初めてな事ばかりで大変だと思いますが、本当に一生懸命取り組んでいます。 T.Sさんのインタビューは、引き続き行っていきますので楽しみして下さい! 少しでも興味を持っていただいた方は当社の求人をチェックをお願いします! これからも会社の雰囲気が伝わる情報を発信していきます。

当社の福利厚生のひとつ「社宅」をご紹介✨

こんにちは! 三陽工業 採用グループのまえっちです! 今回は当社の 社宅 についてご紹介🎶 三陽工業では、 福利厚生の一部として、 “社宅”の補助があります✨ 借り上げ社宅に関して 三陽工業の社宅は、 “借り上げ社宅”でご案内🏘 借り上げ社宅を利用するスタッフには、 最大2万円の社宅補助が出ます❗ 【借り上げ社宅とは・・・💭】 企業が賃貸契約した物件を 自社スタッフに貸し出す制度のことです。 三陽工業では、 一部規定はありますが、 社宅希望者のために 物件を探します🔎 借り上げ社宅のメリット ・自身の希望を伝えることができる ・賃貸契約手続きの手間がない ・就業先の近くで物件を探せる ・社宅内が同僚ばかりではない といったことが挙げられます🙋‍♀️ 社宅に関しては、 その地域を担当している担当者が、 詳しく説明するので、 選考の中でお気軽にお問い合わせください🤗✨ 転職をきっかけに一人暮らしを検討している方、 今とは違う地域でお仕事を探している方など 社宅を利用したいと考えている方を サポートします😎🔥 今回は、 “社宅”に関して取り上げてみました🎈 引き続き、三陽工業の魅力を 発信していけるように頑張ります🌟 次回の投稿もお楽しみに! 【三陽工業(株)会社HP】

【入社3年目・施設管理職】メキメキ成長中の須賀さんにインタビュー!

こんにちは!  今回は弊社指定管理施設のひとつ、オリオンスクエアではたらく須賀未樹さんに、自己成長エピソードを語っていただきました。 当社に成長できる環境があることを感じてもらえればうれしいです。ぜひご一読ください。 【須賀未樹さんのプロフィール】 入社:入社年2022年・社歴3年目 所属:施設管理部・オリオンスクエア配属 職歴:新卒入社 趣味:写真撮影(人物と景色で撮ることが好きです。) Q1 仕事のなかで成長するきっかけとなった出来事について具体的に教えてください。 昨年、後輩ができ「自分の仕事」と「後輩指導」の両立をしたことです。 私が1年目の時にも先輩方から色々教えていただきましたが、自分が実際その立場になってみると、両立することや伝えることの難しさを痛感しました。 後輩に説明する際には、伝わりやすいようにメモをするなどして、事前に準備をしました。そうすることで、端的に分かりやすく教えることができたと思います。 共有することを大切に、日々の仕事で心掛けています。はじめは自分のやることに精一杯で共有が漏れてしまい、失敗してしまった経験もありました。その後は、できるだけ素早くスタッフ全員に伝えるようにしています。些細なことで「伝えなくてもいいかな?」と迷った時には、伝えることで会話が生まれたり、感謝をされることもあります。 その他、様々な資格試験にもチャレンジできるため、オリオンスクエアの実務に活かせる「イベント業務管理士」「ユニバーサルイベント検定」など様々な勉強にもチャレンジして行きたいと考えております。 会社にも補助があるので、有効活用していきたいです. Q2 当社はどんな社風だと思いますか? 職場の雰囲気や人間関係について教えてください。 本店営業部や管理本部の皆さんを中心に、お互いの仕事状況などを話す機会もあり気さくで、思いやりのある方が多く感じられます。 特に配属先では、少人数かつコンパクトな事務所なので、コミュニケーションが取りやすい環境であると感じています。 Q3 残業時間についてはどうでしょうか? ワークライフバランスについて教えてください。 施設利用者からの申請時間によっては、出勤時間の変動はありますが実働8時間が基本です。 オリオンスクエアの主催事業が月1・2回ほどありますが、その際には1-2時間程度残業になります。 また、シフト制のため平日土日祝問わず休みになるため、平日人混みを避けて出かけることもできますし、土日祝は友人や家族と予定が合うため、一緒に過ごすことが多いです。 Q4 最後に、今後の目標や意気込みを教えてください。 「栃木県の魅力を伝えたい」をモットーに、入社した会社ですが2年間はイベントをカタチにすることに必死でした。3年目のこれからは、私のモットーを改めて思い返し「どうしたら魅力を伝えられるか。」「沢山の人に来てもらえるか。」を考えながら仕事をしていきたいと思います。知識をつけるためにも今年は、イベント検定に挑戦しようと思います。 EX:先輩社員の吉澤さんにもインタビュー!! 新入社員で入って来た時から、傍で見てきた先輩社員の吉澤さんに、 須賀さんの普段の働きぶりや今後期待することなど聞いてみました。 今ではどんなことでもできるようになり、頼もしい存在です。須賀さんのおかげで、イベントの準備がスムーズに進みますし、いつも細かいところまで気を配ってくれるのでありがたいです。実務では私から教えることは何もありません(笑)。それくらい信頼しています!昨年は後輩が入ってきて、実務をしながらの後輩指導に戸惑いや悩みもあったかと思いますが、須賀さんなりに工夫して取り組んでいました。そんな姿を見て本当に成長したなと感心しています。これからも須賀さんの笑顔とパワーで共にオリオンスクエアを盛り上げていきたいと思っています。いずれはオリオンスクエアの施設長も?! 期待しています。 以上、須賀未樹さんの自己成長エピソードでした。 当社では社員のキャリアアップやスキルアップを積極的に応援しています。仕事における相談事もしやすい雰囲気がありますよ。 当社が気になった方は気兼ねなくマイナビ転職やHPからご応募ください。 また、ぜひ他の投稿記事も読んでみてくださいね。それでは次回をお楽しみに!

格闘技イベント『RIZIN』のスポンサーはじめました😲

この度、格闘技イベント『RIZIN』のスポンサーをはじめました📺 4/29に行われたRIZIN46では『物流時代』のロゴが有名なリングに登場しました✨✨✨ 『鈴木千裕選手 vs 金原正徳選手』 のタイトルマッチでは、決着後に両選手が称え合うシーンで『物流時代』のロゴがバッチリ映っているんです🎥 格闘技好きじゃなくても知っている方の多い、国内トップの格闘技イベントです🏆 貴順の男性メンバーは格闘技が大好きなメンバーが多いんです🥊 そして代表の金山も格闘技が好きなんです🤛 格闘家の熱いスピリッツを我々も勝手に受け取っています🏃‍ 皆様に熱い魂を伝染していきたいと考えております🔥 本日も最後までご覧いただきありがとうございました🙏 次回の更新もお楽しみに~🌈 仕事を通して、一緒に成長したい意欲のある皆さまのご応募、心よりお待ちしております🤗 株式会社貴順のHP 物流時代のyoutubeチャンネル 物流時代のTikTokチャンネル 物流時代のInstagram 物流時代のFacebook

意見や要望が叶ったこと#3

こんにちは! 水谷建設株式会社です😀 今回は社員の希望や要望が叶ったことをご紹介します! ①AEDが重い💦 山間部の現場に持っていくAEDが重いという意見で、現場用のAEDを小型な物に変えました! ②除菌シートがほしい🤔 新型コロナウイルスが流行した時に一時的に各車両に置いていましたが、現場で手を拭いたり、車内の汚れを拭くのにあると便利だという要望で現在も各車両に除菌シートがあります! 水谷建設株式会社では職場見学や職場説明会を行なっております! 弊社のことが気になる、ご興味がある方はお気軽にご連絡ください! オンラインでも対応可能です。 採用担当:水谷 TEL:0965-31-1718 E-mail : mztn9301@tsm.bbiq.jp

【社員インタビュー】営業職として入社したばかりのMさんにインタビュー!

こんにちは! 丸トポートリー食品(株) 関東支店です。 今回は、2024年3月に営業職として入社したMさんにインタビューをしました。 Mさんは1ヵ月ほどの製造研修を終えて、営業としてのキャリアを歩み出したばかり。現在は、先輩の商談に同行しながら学びの日々を送っています。 そんなMさんに、これまでの経歴や入社後の感想までざっくばらんに聞いてきました。ぜひご一読ください! Q. なぜ当社の営業職を選んだのでしょうか? 愛着を持てる商品を扱う営業になりたいと思っていたからです。 私の前職は人材派遣の営業だったのですが、働いているなかで「提案するのが自分の好きなモノゴトだったら、もっと仕事に前のめりになれる」と感じることがたびたびあったんです。 そんなモヤモヤがあったなかで目に留まったのが、幅広い鶏肉商品を手掛ける当社の求人。 詳しく調べてみると、ひな鳥の育成から商品の製造・加工までを自社で一貫しておこなっているとわかりました。もともと鶏肉が好きだったこと、そしてものづくりに対するこだわりを感じたことから「ここでなら自信を持って商品をお客様に提案できる」と思い、志望しました。 Q. 入社後はどんなことから始めましたか? 製造現場での研修からスタートしました。 包丁での鶏肉のカットや袋詰め作業など、商品が出荷されるまでの製造工程を学んでいました。 私はほとんど料理をしないので、やれるのかとても心配で…(笑)。でも、教育担当の方やパートさんたちが都度丁寧に教えてくれるので、不安もいつの間にか消えさっていましたよ。 現在は営業の先輩に同行させてもらっているのですが、製造現場での研修があったから、商談の場での話にもなんとかついていけています。 Q. 当社の人間関係や雰囲気についてはどう感じましたか? 製造の研修中は営業の先輩と関わることもほとんどありませんでした。 でも、ある日食堂にいると、同じく業界未経験で入社した営業の先輩がフレンドリーに声をかけてくれたんです。共通点を見つけて積極的に話しかけてくれたことがとてもうれしかった。製造現場の人たちも丁寧に仕事を教えてくれるし、やっぱりいい人が多い会社なんだろうなと思ったのを覚えています。 実際に営業の研修も始まり、人間関係の良さを実感する毎日ですね。 Q. 今後の目標を教えてください 弊社の商品はどれも自信を持っておすすめできるものばかりです。より多くの販売店に提案したいし、そしてより多くの消費者様に商品を食べていただきたい。この想いを実現すべく、ゆくゆくは販売エリアの拡大を担うような人材になりたいと考えています。 そのためにも、今は目の前のことをしっかりと学ぶことに集中しています。 Q. 最後に、転職活動中の方にエールをお願いします 私は4回の転職経験があり、職種もバラバラ。なかには短期離職となった職場もあります。転職回数などについてネットで調べるとネガティブな情報がたくさん出てきて落ちこんだりもしました。 ただ、さまざまな仕事を経験したからこそ本当にやりたい仕事がわかったとも思っています。さらに強い気持ちを持って転職活動に臨めば成功に近づくことも実感しました。 たとえば鶏肉が好きというような強い気持ちがあれば、ぜひ当社で一緒に働きましょう! 以上、Mさんへのインタビュー記事でした。 「ここで働いてみたい!」「新たな分野に挑戦したい!」と思ってもらえたらうれしい限りです。 それでは次回もお楽しみに!

【転職体験談 #15】「推せる商品を広めたい」 4回の転職経験から真の働きがいをみつけたMさんの物語

こんにちは! プラスト編集部のOです。 第15回目となる「みんなの転職ストーリー」。 今回は丸トポートリー食品株式会社に、営業職として入社したMさんにお話しを聞きました。 【🏢丸トポートリー食品株式会社】 22の畜産・食品企業で構成されるマルトグループに所属する丸トポートリー食品株式会社。農場経営から加工・販売までを自社で一貫して手掛け、安全でおいしい鶏肉を提供している。 記事では”転職におけるさまざまな決断の瞬間”や”転職成功を実現するための手段”が語られています。 転職活動中の方はもちろん、これから始めようと考えている方にとっても、きっと参考いただける転職体験談になっていますので、ぜひご一読ください。 ※本記事は2024年4月18日時点の情報をもとに作成しています ——自信と誇りを持った商品で、営業として成長したい お話しを聞いた時点で、Mさんは入社1ヵ月を過ぎたばかり。1ヵ月超におよぶ製造現場での研修を経て、つい最近、営業職としての道を歩みだしたばかりだ。 「研修では鶏肉を決まった重さにカットしたり、加工したものを袋詰めしたり、商品が出荷されるまでの製造工程を一通り経験しました。私は食品加工の仕事どころか、料理経験もほとんどありません。やり遂げられるか心配でしたね(笑)」 「ただ、研修のおかげで、商談の場で先輩とお客様が話す内容にもなんとかついていけています。最初は不安でしたが、着実に知識を身に着けられていたんだと実感しています」 そもそも、Mさんが食品メーカーである同社に入社しようと思ったのはどんな理由からなのだろうか。 「鶏肉が好きだからです。4回の転職経験から、営業をしたいという気持ちは固まっていました。さらに言えば、自身が好きな商品を扱う営業になりたいと思っていたんです」 「鶏をひなから育て、製造や加工も一貫して自社でおこなう丸トポートリー食品であれば、自信と誇りを持って商品をお客様に勧められる。そして、その商品が多くの消費者の食卓をいろどる。まだまだ営業として一歩を踏み出したばかりですが、大きなやりがいのある仕事だと確信しています」 さまざまな職種を経験し、挑戦したい仕事をみつけたMさん。少なくない転職回数は、Mさんのキャリア形成にどのような影響を与えたのだろうか。これまでの軌跡を追いました。 ——夢をあきらめきれず、早期離職を決意 大学を卒業したMさんが就職したのは設備点検の会社。しかし、そこは短期間で離職することになったという。 「実は、学生時代から公務員になりたいと思って勉強していたんですが、試験に落ちてしまいその夢は叶わなかった。一旦は働きながら勉強して、次の試験にチャレンジしようと思っていました」 「でも、いざ働いてみるとやっぱり思い通りにいきませんね。仕事のことを覚えなくてはいけないし、1日働いた疲れから、終業後の試験勉強にもなかなか身が入らない。迷った結果、退職して試験勉強に集中することにしたんです。決して会社や仕事に不満があったわけではありませんでした」 準備万端で次の公務員試験に臨むも、残念ながら結果は不合格。Mさんはこの道をすっぱりとあきらめ、新たなキャリアを模索し始める。 ——少しずつ見えてきた、自身に向いている仕事 ずっと公務員になることを目標にしていたため、特にやりたいことが思いつかなかったというMさん。とにかくいろんな経験をしてみようと思い、派遣会社に登録することに。 「3~4社紹介された中で気になったのは、病院で医療器具などの在庫管理をする仕事。給与面も悪くなかったので、とりあえずチャレンジしてみることにしました」 軽い気持ちではじめた仕事だったが、やりがいや楽しみを感じることも多かったという。 「病院のドクターや看護師、それに医療器具メーカーの営業さんなど、多くの人と関わる仕事です。頻繁にコミュニケーションを取りながら進める作業が多く、直接感謝の言葉をいただく機会もたびたびありました。やりがいはとても大きかったですね」 ここでは2年ほど勤め、正社員雇用の話もいただいたというが…。 「プライベートの関係で、都道府県をまたぐ転居を考えていたんです。とても迷ったのですが、その選択肢を優先し、新しい場所で新しい仕事を探そうと決心しました」 ——3社目は長くつづくも… Mさんが次に選んだ仕事は製造職。前職でコミュニケーションの部分にやりがいを感じていたようだったが、営業などの仕事は視野にいれなかったのだろうか。 「私の兄が営業職なんですが、仕事の話しを聞くとすごく大変そうだったんですよ。前職で関りのあった医療器具メーカーの人を見ていてもそのイメージは強まるばかり…。それに、転居先は工業地帯で、住民の多くが製造業に就くようなエリア。いろんな経験を積みたいという思いもあり、製造職を選択しました」 3社目では4年間を過ごしたというMさん。とにかく人間関係が良い会社だったようで、今でも交流が続く人もいるようだ。しかし、段々と転職を考えるようになっていく。 「ひとつ目の理由は仕事について。製造の仕事だと工場内の人たちだけとの関係で終わるので、もっといろんな人と関わる仕事がしたいと思ったんです。過去を振り返っても、多くの人と関わる病院での在庫管理の仕事は大きなやりがいがあったなと」 「ふたつ目の理由は、結婚し、さらに子どもが産まれたからです。家族のためにももっと収入を上げたいというのは、やっぱり転職を考える大きな要因になりました」 ——短期離職や転職回数への不安 3社目を退職した後、人材派遣の会社で営業となったMさん。そこを1年ほどで辞め、丸トポートリー食品の門をたたくことになる。 「企業と人をつなぐ人材の仕事は、私の希望通りでコミュニケーションの機会も多くてやりがいを感じていました。ただ、営業を経験してはじめて、自身が好きなものや興味があるものを扱えれば、もっと仕事を好きになると気づいたんです。一社で長く勤めるためにも、その部分は重要だなと感じました」 退職すれば4回目の転職となるのだが、転職活動に不利に働くなどの不安を覚えたことはなかったのだろうか。 「もちろん、短期離職の経験もあるし、転職回数も多いし、不安しかありませんでした。ネットで調べてみても『転職回数3回 多い』とか、『転職回数4回 どこも入れない』とか出てきて落ち込みましたね…」 「でも、今までの転職活動はうまくいっていたし、仕事が嫌になったとか、人間関係でもめたとかいう理由で会社を辞めたことはない。収入を上げたい、新たなチャレンジがしたいという前向きな理由ばかりです。志望動機も一貫している。そこに自信を持っていいと考え、強い気持ちで転職活動に臨んでいました」 ——希望通りの転職を実現 冒頭に述べたとおり、鶏肉が好きだったことからMさんは丸トポートリー食品に応募。今までにない転職体験をしたという。 「丸トポートリー食品では、求人票だけでなく、プラストでブログ記事を発信していました。今まで面接や入社後にはじめて知ることも、応募前に知ることができた。写真も豊富だったので、『こんなイベントに出展しているんだ』といった感じで、自身が働くイメージが深まったことを覚えています」 加えて、面接では同社の心配りが記憶に残っているという。 「面接では、収入のことなどこちらからは聞きにくいことを事前に説明してくれて助かりました。それに、仕事の大変な面なども隠さずお伝えいただき、オープンなところに好感が持てました」 「面接官の方に『かしこまらずに自分を出してほしい』と言っていただいたのも、うれしかったポイントです。おかげさまで自分らしく堂々と受け答えできました」 2回目の面接でその場で内定をもらったMさん。希望通りの転職を実現でき、本人はもちろんご家族も喜んでいたという。 ——良好な人間関係のなか、新たなキャリアを歩む 製造現場での研修中は、黙々と作業をすることが多く、他の社員とコミュニケーションを取る機会もそこまで多くなかったというMさん。入社後はどんな印象を持ったのだろうか。 「たしかに作業に集中するので、コミュニケーションが多いわけではありませんでした。ただ、教育担当の先輩からパートさんまで、わからないことを聞けば優しく丁寧に教えてくれます。いい人が多い職場だという印象がありましたよ」 「ある日の食堂で、同じくマイナビ転職経由で入社した営業の先輩が声をかけてくれたんです。まだ製造研修中で、営業の人たちとはほとんど接点がない時期でした。私との共通点を見つけて積極的に話しかけてくれたことはとてもうれしかったです。改めて、人間関係の良い会社なんだと実感した瞬間でもありました」 現在のMさんは、先輩の商談に同行し、営業の仕事をイチから学んでいる最中だという。駆け出したばかりのMさんに、今後の目標を聞いてみた。 「お客様にもっといろんな自社の商品を紹介できるようになりたいし、新しいお客様の発掘もしていきたい。自信を持って推せる商品だからこそ、より多くの地域に、そしてより多くの人に届けたいと思っています。そのためにも、目の前のことをしっかりと学んでいきたいです」 《編集後記》 「転職活動中、誇れるような知識やスキルがないことにも引け目を感じていた」と語っていたMさん。ただ、幅広い職種を経験したからこそ、仕事に対する譲れない軸が見つかり、理想的な環境を手に入れられたとも言えるのではないでしょうか。取材中、丸トポートリー食品の魅力をイキイキと語るMさんの表情から、そう感じざるを得ませんでした。 丸トポートリー食品株式会社のプラストでは、イベントへの出展や社内イベント、さらには社員インタビューまで、働くイメージが具体的になる記事が投稿されています。下記リンクより求人だけでは知り得ない魅力を感じてみてください。 ▶丸トポートリー食品株式会社の記事はコチラから ▶丸トポートリー食品株式会社HP 【バックナンバーはこちらから】 みんなの転職ストーリーまとめ

【インタビュー】先輩になりました♪

新入職員を迎え先輩になった職員を紹介します! 【自己紹介をお願いします】 熊本県出身のSです。入職2年目になります。 趣味は買い物・ドライブ・アイドルを応援することです😀 【つくしの里に就職した理由は】 就職活動の中で、様々な福祉施設を見学していくうちに、自分がどのような仕事をしたいのか分からなくなった時期に、つくしの里で働かれている大学時代の先輩から声を掛けて頂き、まずは見学会に参加しました。 行事や体験会を通して、利用者さんと関わることの楽しさを感じ、その中でも特に職員同士の仲の良さが印象的でした。 何度も参加したことで、自分の中でつくしの里で働くビジョンが見えた気がしたので、就職することを決めました。 【実際に仕事をしてみてどうでしたか。 学生時代に思い描いていたことと違うところ、新しい発見はありましたか。】 初めてのことばかりで悩むことも多かったですが、実際に仕事をしていく中で職員と利用者さんの距離の近さに驚きました。 距離が近いからこそ、小さな変化に気づくことが出来たり、逆に私の体調が悪いときには「大丈夫?無理せんでね」と声掛けを掛けて頂くこともあります。 時間を掛けながら利用者さんとの関係を築いていくことで、お互いを知ることが出来るところが特に印象的な発見でした。 【新入職員が入って先輩になった気持ちは】 1年前、自分も疑問に思っていたことを尋ねられた時に、すんなりと答えることができて、「あ、私も先輩になったんだな」とふとした瞬間に感じることがあります。 1つ上という年齢が一番近い存在であるからこそ、話し掛けやすい雰囲気を作ることを大切にしています。 【1年前の自分に言ってあげたいことは】 不安なことばかりだと思いますが、周りには頼れる職員さんがたくさんいます。 初めのうちは分からないことが当たり前なので、まずは質問をしながら不安を解消していって下さい。 無理せずに自分らしく頑張って下さい。 【どんな時にやりがいを感じますか】 自分が担当した行事やイベントごとで利用者さんが笑顔になって頂ける時にやりがいを感じます。 他の職員からも良かったところや頑張りを直接褒めて頂けることで、モチベーション向上にも繋がるので、「頑張ってよかったな」と毎回思います。 失敗をすることも多いですが、先輩職員の皆様からのサポートで支えて頂くことも多く、もっと自分も頑張らなくてはいけないなと考え直すこともあります。 【休日やプライベートな時間はどのように過ごしていますか】 休みの日は買い物やドライブに出かけることが多いです。 不規則勤務のため平日に休みのことが多いので、人ごみの少ない中ゆっくりと買い物をする時間が私はとても好きで、リフレッシュしています。 有給を利用して好きなアイドルのライブやイベントに行くことも多く、推しに会うためであればどこへでも行きます(^^♪ 休みも申請しやすい職場なので、自分の趣味も大事にしながら働くことが出来ます。 【職場としてのつくしの里の推しポイントは】 働きながらスキルアップすることができるところです。 私も未経験で入職しましたが、研修中も1から丁寧に指導して下さるので、基本的なことから福祉について学ぶことが出来ます。 入職後も隙間時間にオンラインで研修を受けられ、短時間でスキルアップすることが出来て、私はその点が推しポイントです。 みなさんもつくしの里に遊びに来て下さい♪

+Stories.おすすめ記事5選 vol.118 ~魅力的な人間関係がある企業~

こんにちは! +Stories.(プラスト)編集部のOです。 みなさんGWはいかがお過ごしでしたでしょうか。 私は中頃に体調を崩してしまい、せっかくのGWが…(泣)。仕事も休みも全力投球するために健康に気をつけたいものです! はい! それではおすすめ記事です!どうぞ! ……………… 『【社員インタビュー】自分の成長がダイレクトに感じられる仕事!竹内さん編』 株式会社東建ビルダー @北関東エリア 誰かが失敗したとしても、みんなでフォローするのが当たり前の風潮になっているという同社。登場者の竹内さんも、そんな同社のカルチャーをとても気に入っているようです。 竹内さんが携わる内装の仕事は、業務内容が多岐にわたり、案件規模によって関わる人たちもさまざま。協業して事を成す達成感、そして、自身の成長を感じられることがこの仕事の大きなやりがいなんだとか。 多くの人と協力しながら進める仕事だからこそ、同社にも助け合うカルチャーが根付いたのでしょうか。同社の和を重んじる社風を存分に感じられる記事になっています。 ▶この記事を読む ……………… 『社員紹介🙌』 株式会社東京タイセイ @首都圏エリア 免許支援制度を利用して、中型トラックドライバーから大型トラックドライバーにステップアップしたNさんの紹介記事。 Nさんは前職でダンプカーを運転していた経験を持っていましたが、それでも転職後は不安を感じていたようです。しかし、支援制度はもちろん、やさしい先輩たちのレクチャーもあり、今では大型トラックの運転も慣れているご様子。 有給を使って新婚旅行に行ってきますという発言と写真の笑顔からも、転職後の仕事も生活も順風満帆であることを感じられます。 ▶この記事を読む ……………… 『タマヤで働く人 転職インタビュー』 株式会社タマヤ @北陸エリア 地元の方々と交流する場面で、システム関連の相談を受けることが多くなったというI・Tさん。これまで培ったスキルで地元に貢献したいという気持ちが高まり、同社への転職を決断します。 温厚な方が多く相談しやすかったり、意見交換が活発だったり、社内は活気がありながらも和やかな雰囲気が漂っているようで、I・Tさんが居心地の良さを感じている様子が伺いしれます。 I・Tさんが、地元貢献という想いを実現できる場として同社を選んだのが納得できるインタビュー記事でした。 ▶この記事を読む ……………… 『未経験から店長になった高橋さんにインタビュー』 株式会社スイート・ピア @首都圏エリア 「お客様が楽しめる空間をつくる」ことを大切にしているという高橋さん。特徴的なのは、高橋さんが定義する”お客様”にはお店で働くスタッフも含まれているということ。メンバー一人ひとりに目配りをきかせる高橋さんの姿勢が垣間見える記事になっています。 未経験でも問題ないほど研修が充実していたり、ライフステージの変化があっても働き続けられる制度が整っていたり、会社として社員の働きやすさを支援する取り組みも紹介。 未経験スタートは誰もが不安に感じると思いますが、本記事を読めば、きっとそんな心配は和らぐはずです。 ▶この記事を読む ……………… 『大型ドライバー🚚作業内容インタビュー🎤🏻‍♀️』 田中飼料株式会社 @関西エリア ドライバーの仕事といっても、運転するだけではありません。本記事では、フォークリフトを使用して積卸したり、作業場を整理整頓したり、同社のトラックドライバーの仕事の詳細が解説されています。まさに手に職つく仕事だということが理解できる内容に。仕事のイメージが具体的になったという方も多いのではないでしょうか。 また、しっかりと仕事をこなして先輩や社長に褒められたエピソードや、今後入社してくる後輩へのメッセージを読んでいても、同社に人間関係においての働きやすさがあると感じられました。 ▶この記事を読む ……………… 以上、今週のおすすめ記事でした。 過去に投稿したおすすめ記事も併せてチェックしてみてくださいね。 【タグ特集を実施中!】 「#この仕事を始めてよかった」 【先輩たちの転職成功体験から学ぶ】 みんなの転職ストーリー 【転職活動中にプラストを利用するメリットを解説】 【企業の深掘りができる「+Stories.」】 "情報収集"が後悔のない転職を実現するカギに 【プラスト記事セレクション】 【注目を集めた記事/編集部おすすめ記事】プラスト記事セレクション2023👑 【過去のおすすめ記事はこちらから】 おすすめ記事5選

【仕事のやりがい】仕事を始めて11年目!自分が思うやりがい

こんにちは! 工事部 大橋です。 今回は+ストーリーズも初めて一年くらい経ちましたので! 自分なりに初心に返る気持ちも込めて11年目になります自分が思う現場監督の やりがいについて記事にしたいと思います。 やはり現場監督のやりがいに一つに職人さんと力を合わせて現場を作っていく楽しさや自分の指示や管理の仕方で現場が動いていき最後出来上がった家をお客様に引き渡す!その時お客様が喜んでもらえる感動が一番ではないかと思います。 そんな中自分も勤続が10年を超えてきて自分なりに出来る事も増え やりがいを感じるようになってきました。 我が社には新築木造だけではなく鉄骨工事をやったりとの幅広い分野に関わることが出来てこの10年でいろいろ経験する事が出来ました。 我が社の新築部門ではお客様と1から作り上げる住宅を心がけていて現場監督でもお客様との打ち合わせに参加したりもします。 お客様と打ち合わせをしながら1から住宅の現場管理をしたい方や! リフォーム、鉄骨、木造といったいろんな現場管理に興味のある方は! 是非一緒に素敵な住宅を作りましょう。 今回は自分が思うやりがいについて少し語らせていただきました。 また次の記事をお楽しみください。

浦和レッズ観戦

福利厚生で浦和レッズ観戦。 宅建協会組合主催。 真紅に染まるスタンドと美しいピッチを眼下にプライベート空間でサッカー観戦を満喫できる個室ラウンジ「VIEW BOX」 メインスタンド4階にある26室限定の1室の特別なお席で観戦しました。 オンとオフ 本当に大切です。笑

【焼却炉のお仕事】アルムナイ採用のOさんにインタビュー🎤

こんにちは! 今回は出戻り(アルムナイ採用)総務事務の、Оさんにお話しを聞いてみました☆彡 ★正社員募集内容はこちらをクリック★ Q:Oさんは普段どのようなお仕事をしているのでしょうか? Oさん:請求業務や、マニフェスト管理を主にしています!     その他にも、備品発注や電話対応などの総務業務などを行っております♪ Q:普段の業務で気を付けている事はなんでしょうか? Oさん:ミスを少なくかつ、迅速に作業を進めるために効率を考えて作業を行っています!また、主任技術者なので後輩たちや上司、営業さんが気持ちよく仕事をできるように細かなところに配慮して楽しく仕事が出来るように心がけてます Q:やりがいや、日々のモチベーションはどんなことでしょうか? Oさん:産業廃棄物業界に20代のころから携わって、とても面白い仕事だと思っています。マニフェストという特殊な書類を使ったり、現場の作業員の方たちもどんな悪天候の中でも中断せずに作業している姿を見ると、とても尊敬できるし、カッコイイです☆   また、プライベートもしっかりとれるので愛犬の誉くんとドックランに行って遊んだりして日々の疲れをリフレッシュしています🐶 Q:職場の楽しいところは?   Oさん:事務所の女の子たちは若い子も多くいるので、新しい情報を聞けたり面白い話が聞けていつも楽しく笑わせてもらっています(o^―^o) Q:最後に一言! Oさん:私は一度体調不良などの理由で退職してしまいましたが、戻ってくる際のみんながあったかくてとても復帰しやすい環境で、私にとってはとてもありがたかったです☺  今回のインタビューを通して気軽に復帰できる環境と、普段の細かな配慮などを知ることができました! ありがとうございました💛 ★社員紹介のまとめはこちらをクリック!!★

【焼却炉のお仕事】受入管理課のKさんにインタビュー🎤

みなさんこんにちは('◇')ゞ 今回は受入管理課のKさんの紹介記事になります🎊 施設部受入管理課に配属された彼の日常をお見せします!! ~受入管理課について~ 搬入の予約受付や調整、搬入車両の誘導、廃棄物を燃やすための下処理、焼却灰の搬出管理などの業務に従事します。 ★正社員募集内容はこちらをクリック★ Q1.この仕事を選んだ理由は❔ 派遣社員で紹介され入社したのがきっかけでした。特に何かやりたい事があった訳ではなかったけど、変わった仕事というか・・・なかなか経験出来ないような仕事には興味があったので始めは好奇心だけでした。過去の経験もなく、ゼロスタートになります。 Q2.同僚たちとの日常はどのような感じですか 立場上、現場の作業員に指示や指導をしていますが休憩時間はワイワイ一緒になって騒いでいます(@^^)/~ Q3.仕事内容はどんな事を担当していますか❔ 弊社は予約制になっているので予約管理が主な仕事です。 Q4.仕事楽しさを感じた時はありますか❔ 忙しい時に楽しさを感じます。自分の思い通りにならないとキーーーっ(。-`皿-)となることもあるけど、ビシビシはまった時はパズルが解けていく感覚でテンション上がります! Q5.仕事の源はなにかありますか❔ ありきたりですが「家族」ですね。自分は相当の怠け者だと思っています。家族いなきゃモチベーションは維持できていないと思います。これといった趣味もないので(;^ω^) Q6.入社する前とギャップはありましたか❔ 入社前は正直、汚そうだな~・・・きつそうだな~・・・働いている人も怖そうだな~など、マイナスなイメージがありました(スミマセン💧)。 実際働きだして上司や同僚は気さくで話しやすい人が多く、職場環境も廃棄物を扱っているからこそ、逆に清潔にしている職場に共感した記憶があります^^ Q7.仕事とプライベート両立のコツは❔ プライベートで子供と遊ぶ事が好きなので時間を作るためにもメリハリをつけて仕事をしています(´_ゝ`) 有給休暇も取りやすいので助かっています。 Q8.最後に求職者の方へのメッセージをお願いします❕ 誰もが最初は未経験です!未経験で知識もない自分ですがこうして働いています。知識は後からついてくるものでもあると思うので興味あれば是非。 以上!受入管理課のKさんでした💮 ちなみにKさんは過去の記事【こちら】でも紹介されていますので是非ご覧ください🐸 ★社員紹介のまとめはこちらをクリック!!★ ★面接官紹介記事のまとめはこちらをクリック!!★

【4月の人気記事を紹介】月刊プラスト記事セレクション ~April 2024~

~2024年4月に投稿された記事の特徴~ 4月は、269件もの記事が投稿されました! 4月という季節柄、入社式や歓迎会を開いたという記事が目立つ傾向に。同じイベントでも会社ごとにカラーが出ていて、楽しく拝見していました。 なかには、新卒社員と中途社員の合同で入社式をおこなうという企業もあり、改めて4月入社を目指して転職活動をしている人が多いということも実感できました。 それでは、4月に注目を集めた記事を紹介します! 『はじめの一歩🚶🏻』 株式会社ティー・アール・シー 新卒・中途含めて7名が4月に入社した同社。記事では、入社日初日のイベントの様子を中心に紹介しています。 「入社式では社長が一番緊張していたかもしれません」という文章からは、なごやかな雰囲気になったタイミングがあったことが想像できます(笑)。 入社式に参加されたみなさんで一緒にランチを食べた様子も紹介されており、社員同士の距離の近さも感じられました。 ▼ここがポイント▼ 初日から研修もあったようで、その内容は別の記事で詳しく紹介されています。本記事の入社式の様子と、研修の記事を併せて読めば、同社への入社後イメージを一層強めることができるようになっています。 ▶ココから記事をチェック 『オービット創立記念日行事🎳』 株式会社オービット 創立50年を迎えた4月1日に、記念行事としてボウリング大会を開いた同社。ベテランも若手も関係なく盛り上がり、いい交流の機会になったようです。 午後からは記念式典も開いたようで、同社にとってかけがえのない1日になったことがつづられています。 ▼ここがポイント▼ 建設コンサルタント業は、3月が繁忙期で、4月初旬は比較的ゆっくりできる期間であることも解説されている本記事。同社の雰囲気や人間関係を感じられるだけでなく、建設コンサルタント業への理解も深められます。 ▶ココから記事をチェック 『送別会🌸』 株式会社ステージプランナー 入社式のイメージが強い4月ですが、異動などでの送別会が多い時期でもあるのではないでしょうか。本記事では、4月から異動になる先輩の送別会を実施したことが報告されています。 文章から、投稿者のKさんが異動する先輩をとても慕っていることがわかり、ほっこりする内容に。引いては同社の人間関係の良さまで感じてしまう記事でした。 ▼ここがポイント▼ マイナビが調査した『転職動向調査2024年版』によると、転職理由を始めた理由として「人間関係」を挙げた求職者は20%以上にのぼります(※)。人間関係の良さを実感できる本記事が注目を集めたのも納得です。 (※)株式会社マイナビ『転職動向調査2024年版(2023年実績)』P14より抜粋 ▶ココから記事をチェック 『【客先常駐】インフラエンジニアの1日を紹介します』 株式会社トラウム 客先に常駐し、サーバー設計にあたっているI澤さんの一日が紹介された本記事。 タイムスケジュールはもちろんのこと、会議での具体的なやりとりや、お客様先での立ちふるまいなどが具体的に解説されています。客先常駐という働き方への、さらにはインフラエンジニアの仕事への理解が深まる内容になっています。 ▼ここがポイント▼ ITエンジニアといってもいろんな分野や働き方があり、特に未経験だとイメージしづらいと感じている方もいるのではないでしょうか。本記事のI澤さんの具体的な働き方を通して、そんな不安が払拭された方が多いと想像できます。 ▶ココから記事をチェック 以上、2024年4月の人気記事でした。 他にもたくさんの記事が投稿されているので、ぜひあなただけのお気に入り記事を見つけてみてください。 それでは、また来月をお楽しみに! 【先輩たちの転職成功体験から学ぶ】 みんなの転職ストーリー 【転職活動の際にプラストを利用するメリットを解説!】 【企業の深掘りができる「+Stories.」】 "情報収集"が後悔のない転職を実現するカギに 【関連記事】 【注目を集めた記事/編集部おすすめ記事】プラスト記事セレクション2023👑 【2022年に注目を集めた記事/編集部おすすめ記事】プラスト記事セレクション👑 👑プラスト記事セレクション 2021【1年の総締めくくり!】 ※本投稿に選出した記事は、PV数に加えてプラスト編集部独自の基準で選出しています。純粋なPV数ランキングではありません

㈱アスト 「現場監督」ルーティーン

皆さま、こんにちは! 今回は、㈱アストのメインのお仕事である『現場監督』の一日を、簡単にご紹介できればと思います。 起床後、朝ごはんをしっかり食べてから、会社の車で直接現場に向かいます。 AM8時頃       現場集合、本日の作業の確認、ラジオ体操    AM8時30分       朝礼、作業者全員で工程の確認、 AM9時          現場の巡回、作業員への指示と確認、打合せ、図面の修正、工事写真の撮影 など AM10時          職人さんと小休憩   休憩後~12時まで      作業進捗確認、打合せ PM1時まで       お昼休憩 PM1時~      現場の巡回、作業員への指示と確認、打合せ、図面の修正、工事写真の撮影 など PM3時          職人さんと小休憩 休憩後~  作業進捗確認、打合せ PM5時          作業終了 その後、現場事務所内で作業工程の見直し、作業報告書作成、施工図の作成など、雑務をして帰宅となります。 現場監督の一日は、簡単に言いますと、こんな様子です。 現場監督は、いわゆるサッカーの監督?みたいなまとめ役となるポジションのお仕事となります。その為、現場到着は少し早めだったり、作業後は少し雑務がでてきてしまいます。ですが経験を積んでいくと、慣れてくる部分なので、図面も早く描けたりと負担が減ってきます。 建設業界でも「働き方改革」が進んでいるようで、昔に比べると残業は減っています。そして、専門職なので他の業種よりもお給料は高めです☺ ㈱アストでも期末賞与を頂けたり、賃金アップなど仕事に見合ったお給料を頂けています。 ご興味のある方は、ぜひ ㈱アスト にお問い合わせくださいね~

タマヤで働く人 転職インタビュー

こんにちは!株式会社タマヤです。 福井県越前市にて、オフィス機器の販売やリース業を中心に、オフィスソリューション事業を展開しています。 実際に当社で働くスタッフを紹介します。 スタッフ自らの声で、当社の雰囲気を感じていただければうれしいです! 登場するのはレンタル事業 I・Tさんです。 ——これまでの経歴を教えてください 前職ではシステムエンジニアです。 この職種を選んだ理由は、システム開発を通じて、お客様が業務で抱える課題を解決し、 効率化や正確性の向上を実現できるところに、貢献できる点が多いと考えたからです。 また、私が選んだ企業は全国にお客様がいる会社で、日本全国のお客様のために仕事ができること、多様なシステム開発の経験を持った社員が多く在籍しているため自身の情報技術を向上させる機会が豊富であると感じたためです。 ——転職のきっかけを教えてください 仕事以外で地元の地域の方々と関わりが多く、システム関連の相談を受ける場面がありました。その経験から、これまで培ってきたスキルや知識を身近にいる方々のために活かしたいという思いが強くなり、転職を考えるようになりました。その中で、当社が長きにわたり地元のお客様にICTソリューションの提供を行ってきたことを知ったためです。 ——入社後大変だったことはありますか? 社内のシステム管理の役割を担う中で、入社前から上がっていたシステム改修の要望に対応することでした。単に開発ベンダーが提供したシステムを確認するだけではなく、その内容が正しいかどうかを判断するためにも、要望を出した部署のニーズや思いを理解する必要があります。そのため、開発ベンダーや関連部署とのコミュニケーションを積極的に取り、情報の共有を図るよう心掛けています。 ——今後の目標を教えてください 当社が長年使用してきた基幹システムの刷新です。この目標を達成するためには、当社が将来的にどのような方向性を目指すのかを明確に理解し、それを実現するために必要な情報技術を習得する必要があります。  ——職場の雰囲気や人間関係はどうですか? 私の所属するフロアは、お客様からのレンタル品の注文依頼の問い合わせで電話が絶えず鳴り、スタッフが迅速に対応する様子が見られますが、その中でも和やかな雰囲気が広がっています。また、定例の会議だけでなく、業務中にも必要に応じて意見交換が行われ、常に業務改善や効率UPに取り組む姿勢が見られます。 ——プライベートの過ごし方を教えてください 地域の子供たちと一緒にプログラミングを通して交流したり、ミュージカル鑑賞やゴルフなど行っています。 ——入社して一番驚いたことは何ですか? 会社の玄関での履き替えや毎日のトイレ掃除が当番制で行われていることでした。私が所属する会社はお客様へのレンタル品を扱う会社であり、このような取り組みはおそらく身の回りの整理・整頓を促進し、清潔な環境を保つための取り組みだと思われます。 ——上司や先輩の人柄について教えてください 温厚な方が多く、気軽に相談に乗ってくださったり、悩みや困りごとがある場面では、積極的に声を掛けて話を聞いてくれ、役立つヒントやアドバイスを提供してくれます。 ——入社後にはどんな研修がありましたか? 当社が使用している基幹システムの概要について各担当部署のリーダーから説明していただきました。その後はOJTという形で実際業務を通じてシステムを操作し、システム外での運用手順やルールも教えていただき、業務全体の理解度が深まりました。

うつのみや29肉🍖フェスに行ってきました!!イベントスタッフのお仕事

皆様、こんにちは!株式会社五光です。 連休も中盤!いかがお過ごしでしょうか? 4月29(月)にオリオンスクエアで行われました29グルメフェスティバルに行ってきました!! 今回はイベントを運営しているスタッフのお仕事を取材してきましたのでご紹介したいと思います🍖! 私たち五光のスタッフはイベント当日、滞りなくイベントが開催できるよう進行を念入りに確認し、皆さんが楽しく安全にイベントに参加できるよう裏方業務を行っております。 今回の29グルメフェスティバルはイベントの主催者様から弊社が依頼を受け、イベント運営を受託した形態ですが、もちろん弊社が主催となってイベントを行う「自主事業」もオリオンスクエアではたくさん行われています! イベント当日は、台湾のダージーパイの早食い大会が行われました🐓 早食い大会は会場中央の大スクリーンにも映し出されます。 スタッフの後姿が頼もしく、かっこいいですね☆彡 早食い対決の行方を見守ります。 台湾のBigなサイズが特徴のダージーパイ!美味しそうですね🍗🐔 そして・・・連休の後半5月4日(土)、5日(日)には とちてれ☆アニメフェスタが開催されます!! こちらはオリオンスクエア屈指の大きなイベントで、オリオン通り・バンバ広場と連動し中心市街地が盛り上がるイベントとなります。主催はとちぎテレビ様、弊社も運営のお手伝いとして携わります! 当日は、アーティストのライブ☆ステージ👧や、人気声優によるトークショー、eスポーツなどを予定しています。 とちてれ☆アニメフェスタについて、もっと知りたい方はこちらもぜひご覧下さい。 とちてれ☆アニメフェスタ

安全大会&慰労会

こんにちは! 水谷建設株式会社です😀 4月末に安全大会と慰労会を行いました! 安全大会とは1年に1度、事故や災害を防止するために安全と健康について理解を深め、安全意識を高める行事です⛑️ 安全大会では熱中症対策、建設機械について、応急処置の方法などを学習しました📖 午後からは新入社員の歓迎会も兼ねた、慰労会を行いました🍖✨ 弊社がイベントを行う目的は、社員同士の交流です。 「イベントを通して結束力を高めて安全にもつながる」という思いで開催しています! そして、より多くの社員が参加できるように、業務時間内にイベントを行っています😀 繁忙期を事故やケガもなく乗り越えたスタッフの苦労をねぎらうことができ、普段は違う現場だったりで集まることができないのでイベントを通して社員同士の交流ができたのでよかったです! 育児休暇中のスタッフも参加してくれて、大盛況でした! 水谷建設株式会社では職場見学や職場説明会を行なっております! 弊社のことが気になる、ご興味がある方はお気軽にご連絡ください! オンラインでも対応可能です。 採用担当:水谷 TEL:0965-31-1718 E-mail : mztn9301@tsm.bbiq.jp

【社員インタビュー】自分の成長がダイレクトに感じられる仕事!竹内さん編

こんにちは🤗 東建グループ+Stories.編集部です 今回は、東建グループの中で総合内装工事業を手掛ける 竹内さんにインタビューを受けていただきました✨ …………………………………… 名前:竹内さん 所属:内装事業部 …………………………………… ………………………………………………… ■Q1,自社や仲間のここが好き!という点は? ………………………………………………… 会長からの創業の思いである、お客様との和・社員同士の和・地域の和と、とても和を大切にしている会社です。社員同士はみんな仲が良く、上司・先輩は面倒見が良いので、先輩・後輩関わらずなんでも話せる間柄になっています。仕事での失敗もみんなでフォローするのが当たり前になっているので、自然と和が作られていく、そんな会社です。 ………………………………………………… ■Q2,仕事のやりがいは? ………………………………………………… 内装仕事とは「室内を創る」事です。大型店舗から住宅まで幅広くあります。営業・積算・発注・打合せ・工事管理を全て一貫して行う業務ですので、毎日様々な人との関わり合いがあります。大変な事もありますが、責任をもって一つの物件に携わることができ、工事が完了した時の達成感はとても大きいです。自分の成長がダイレクトに感じられる仕事だと思います。 ………………………………………………… ■Q3,休日の過ごし方を教えてください ………………………………………………… 家族で過ごしています。買い物や、家でのんびりする事が多いですね。子供が小学校の野球チームに入っていますので練習に参加する事もあります。息子とは良くキャッチボールをしています。 ………………………………………………… ■Q4,これからの夢や目標を教えてください ………………………………………………… 若い社員も多いのでみんなをまとめていけるような人になりたいです。仕事もプライベートも今まで以上に充実したいです。 ………………………………………………… ■Q5,就活生へメッセージ ………………………………………………… 仕事において多くの困難にぶつかる時もあると思います。それを乗り越えて行く事が自信になり、自分次第ではどこまでも向上出来ます。多くの人と関わって、経験や刺激をもらって、自分の人生を充実させてほしいと思います。 +.。.:・゚+.。.:・゚+.。.:・゚+.。.:・゚+.。.:・゚+.。.:・゚ 少しでも東建グループにご興味を持っていただけた方が いらっしゃいましたら、随時会社説明会を開催していますので ぜひ、お気軽にご連絡ください😊 お電話でのお問い合わせは TEL.0284-72-0645 申込フォームはこちら SNS等で情報発信しています! ぜひ、フォロー&いいねをお願いします! ▶Instagram ▶YOUTUBE ▶TIKTOK ▶ホームページ

プラストを引き継ぎました♪

こんにちは 大同電気株式会社 管理課の小原です。 これからプラストを担当させていただくことになりました よろしくお願いします! 今回は初めての投稿なので当社HPのブログを参考にさせて頂きました。 前回のプラストは管理課直属の上司が前任者です♡ バックナンバーも覗いて行って下さいね! 数年前の集合写真と比べると少し変化があったかもしれません”” こちらの写真はマイナビ転職さんの撮影会オフショットです☺ 大人になってから写真を撮る機会はそう多くないので、 ちょっと恥ずかしいですよね。。。 だからこそ、集合写真は貴重です! これから社内の雰囲気や、電気の仕事、大同電気の内側など 外からでは分からないところをおみせしていきます!

【インタビュー】新人の指導担当になりました!(vol.3)

【自己紹介をお願いします】 支援員のKです 【つくしの里に就職した理由は】 施設見学に行った際、職員同士が楽しそうに話しをしている姿を見て、とても雰囲気がいい職場だなと思ったからです。 【新入職員の指導担当になってどんな気持ちですか】 私が緊張しています(_; 人見知りで、言葉で説明するのがとても苦手ですが、分かりやすい言葉で説明できるよう頑張っていきたいと思っています。 【自分の新人時代はどうでしたか】 初めての仕事でとても緊張していました。 右も左も分からない状況で先輩方にたくさんご迷惑をお掛けし、助けていただきました。 【新人時代の自分に声をかけるとしたら】 優しく教えてくれる先輩方がいらっしゃるので、分からない事があれば尋ねる事が大事だという事を伝えたいです。 【新入職員と接する時に気を付けていることは】 分かりやすい様に説明する事、わからない所を気軽に尋ねる事が出来るような雰囲気付作りをしていきたいと思っています。 初心にかえって何が不安だったのか照らし合わせながら一緒に頑張っていきたいと思っています。 【転職を考えている人にメッセージをお願いします】 転職とはとても勇気がいる行動だと思います。 転職した先には必ずいい出会いがあると信じています。 応援しています。頑張ってください。

午前の休憩タイム

こんにちは。 崎村工務店 採用担当のヤチグチです。 会社併設の作業場で、休憩中の型枠大工の方々です。 午前と午後の30分の休憩時間中は、こんなふうになごやかに談笑したり、各自一服したりとリラックスした時間を過ごしています。 今の時期は、天気がいいと風がさわやかで外での休憩もとても気持ちいいですね! ★建設関係にご興味のある方 ご応募お待ちしております★

≪最年少メンバー≫社員インタビュー~Wさんの現場経験を活かしてドライバーさんに安心感を提供します~

皆さま、こんにちは。 株式会社貴順です🌞 ドライバーさん経験のある最年少Wさんの紹介です🤩 現場経験を活かしてドライバーさんたちの頼れる存在です✌ 新人ドライバーさんの研修や悩み相談でバシバシ解決しています👊 それではインタビュー本編をご覧ください🎉 ①これまでのキャリアについておしえてください 専門学校卒業後に消防士になりました。4年ほど消防士を経験した後に貴順の委託ドライバーになりました。経験を活かして今の職に就かせてもらいました。 ②業務内容はどんなことをしていますか 新人さんや伸び悩んでいるドライバーさんの添乗研修指導や悩み相談、売上コンサル、事故対応などをしています。 ドライバーさんの困っていることを解決するなんでも屋さんです。 家が水漏れしたドライバーさんの家賃交渉などもありました(笑) ③添乗研修指導では具体的にどのようなことをしていますか まずはお手本として見てもらいます。 基本的な作業をしっかり指導させてもらってます。業務端末の操作、ルートの組み方、積載・荷探し方法などがそれにあたります。 皆さんそれぞれ個性がありますので、どの方法がベストなのかを対話しながらアプローチさせてもらっています。 ④仕事のやりがいをおしえてください 解決しにくい問題が解決した時や添乗指導を通じて成長を実感できた時はとても嬉しく感じます。 ⑤会社の雰囲気は 明るくて、締める時は締めるメリハリがとても良いと思います!社内も仲が良いから相談しやすいし抱え込まなくていいので安心感もあります! 良い案は採用され、頑張りを認めてもらえることもいいところです! ⑥求職者に伝えたい会社の魅力 日々いろんなことが起きるので刺激的でマンネリしないです! 自己成長もバンバンします! あと、会社が恵比寿にあるのが立地最高で、かっこいいですね(笑) 『クライアントからもドライバーさんからも日本一愛される会社にしたい』が今後の目標ととても志が高く、これからもWさんの活躍に期待大です👋 🙏 本日も最後までご覧いただきありがとうございました🙏 次回の更新もお楽しみに~🌈 仕事を通して、一緒に成長したい意欲のある皆さまのご応募、心よりお待ちしております🤗 株式会社貴順のHP 物流時代のyoutubeチャンネル 新規開設TikTokチャンネル

面接官に聞いてみた 注目のポイントは?

こんにちは福岡の建設コンサルタント オービット総務部のSです。 いよいよゴールデンウィークですね。みなさんの連休はカレンダーどおりですか? オービットは有給取得推奨日になっているので、約80%の社員が10日間連続休暇を取得する予定です。すごいですね・・10日間!! さて今回は、選考のポイントについて紹介します。 インタビューする面接官は前回も登場の取締役 企画部F室長 オービットではすべての面接をおこなっています。 当社の選考に進むにあたって、みなさんの役立つ情報になっていますので、ぜひご一読ください。 履歴書・職務経歴書で注目しているポイントは? これまで携わってきた業務内容の分野が分かり易く記載していることと 取得している資格があるかを注目しています。 面接前に準備してきてほしいことは? オービットのことを調べてきてほしい。そしてこの建設コンサルタント業界がどのようなものかを理解してきてほしいです。 ここは重要ポイント! オービットのマイナビ+Stories記事を見てきてほしい。 「マイナビ+Stories見ました」と言ってもらうと喜びます(笑) 面接で応募者に必ず聞いていることは? 「自分のキャリアプランについて どのような技術者になりたいか」 ということはよく聞いています。 自分が建設コンサルタントという立場で将来どうなりたいか。将来の自分をイメージしてきてください。 どんな方が活躍できる? 前向きで挑戦して取り組める方 自分を成長させたい方 今は求職者が企業を選ぶ時代と言われています。求職者の方にぜひ知ってほしい当社の魅力を教えてください オービットは主に国発注の業務をおこなっているプロフェッショナルな集団ですが、 アットホームな雰囲気で、上司と部下の関係性がとてもいいことが魅力です。 面接では、応募者のどんなところに注目しているのでしょうか? コミュニケーションのとり方がテンポよくできる方 当社で内定が出る人に特徴や共通点はあるのでしょうか? 清潔感があって礼儀正しいというのは共通しています。 最後に、当社への応募を検討している人にメッセージをお願いします 転職活動は大変だと思いますが、当社だけではなく他の企業も見たうえで当社を選んでください。 以上 面接官 F室長のインタビュー記事でした。 「面接前にオービットのマイナビ+Stories記事を見てきてほしい」という話がありましたが、マイナビ+Storiesの記事には会社のことや、社員の日常がわかる記事をたくさんUPしています。ぜひ オービットストーリーズのバックナンバーを見てみてください!! たくさんのご応募お待ちしております。

+Storiesとは?+Storiesとは? 見つける