転職ノウハウ 応募企業の探し方、面接のポイントから、円満退職の秘訣まで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!
このエントリーをはてなブックマークに追加

マーケティング企画・経営系 経営企画

マーケティング企画・経営系のポイント
「企画力」「マーケティング力」「実績」をアピールすること

消費者ニーズやトレンドといった、市場の大きな動きを押さえる能力が求められる。既成概念にとらわれずに、アイデアを形やサービスにしていく柔軟な発想力と共に、企画・実現力とその実績を、具体的な数字を挙げてアピールしよう。

特に強調するポイントを決めよう

経験者なら、これらの能力を自分がどのようにして養ったのか、具体的な裏付けと共に描くと伝わりやすい。未経験者の場合は、まず、今までの職歴のなかから、どんな業界や分野にどのように関わってきたかを振り返り、過去の業務経験の中から、今後生かせそうな能力やシーンを探してアピールする。

この職種に求められる能力とPR法

応募企業で求めている能力を把握し、これまでの経験教務とその成果を具体的に記載する。組織開発、財務強化など、業務上の経験分野が、応募企業で求めているものと一致すれば、採用担当者は興味を持つ。

コンサルティング系企業では、経験や携わった手法を重視する傾向がある。また、専門用語を使用しても問題ない場合が多いが、一般企業では、経営者がイメージしやすいように分かりやすく記述するよう意識することが大切だ。コミュニケーション能力、目標達成力、組織適応力が伝わるエピソードなども記載しよう。

※サンプル内にある にマウスを載せるとアドバイスが表示されます。
※「マイナビ転職」のWEB履歴書フォーマットに沿ったサンプルです。 ダウンロードはこちら。
コンサルティング内容を具体的に示す

経営企画に通じるコンサルティング内容を記載しよう。コンサルティングでは、成果も求められるので、どのように変革したかを記載して、アピールしよう。

コンサルティングの事例を示す

守秘義務に抵触しない範囲で、コンサルティングをおこなった業界や企業規模を記載しよう。 経営企画に求められるコンサルティング的業務を売り込むつもりで記載することがポイント。

経営企画は結果を求められる

経営企画職は、経営改善、財務体制強化、組織力アップなどにおいて結果を求められている。企業が経営企画職に何を期待しているか把握して、応募企業で貢献できる部分を強調して記載することがポイントだ。

人間関係の良好さもアピールしよう

経営企画として策定した提案した事項を実現するうえで、社員の気持ちがひとつになることは大切だ。良好な人間関係を構築し、一丸となって業務改善をおこなったことは、アピール材料になる。

転職理由でチャレンジしていく姿勢を示す

経営企画部門は、会社にとって重要な職務だけに、功績を示したうえで、新たな企業でチャレンジしたいという姿勢が伝わる応募者に、採用担当者は好感を持つ。

職務経歴書欄
職務経歴書1
勤務先会社名 ◎◎経営コンサルティング株式会社
経験期間 20××年××月~20××年××月
勤務先業種 専門コンサルタント
勤務先資本金 3000万以上
勤務先従業員数 50名以上
経験職種 コンサルタント(組織・人事)
雇用形態 正社員
年収実績 400~449万円
業務上のポジション マネジメント経験なし
職務内容 【職務概要】
企業に対して組織・人事面から経営コンサルティングをおこなった。クライアントの多くは設立10年未満のベンチャー企業であり、組織力を強めることで業績強化の実績を挙げ、クライアント企業数が、3年間で200%にアップした。

◎担当企業数
20××年度 8社
20××年度12社
20××年度16社

◎担当業務
・社員モラール・サーベイ(従業員意識調査・アセスメント・ヒアリング)
・社員評価制度構築
・社員研修の強化(販売力・営業力・接客力・階層別研修)
・目標管理制度構築
・コンプライアンス体制構築
・企業経営統合ソフト導入

プロジェクト単位(3名)で出向し、企業と協力してコンサルティングをおこなった。
社員に対するヒアリングで実情を把握し、社員のモチベーションと業績を向上させるための研修プログラムを構築した。進捗状況、改善方法の確認ミーティングは毎月実施した。

◎コンサルティング事例
急速な事業拡大のため、組織体制が作られていない状況にあり、社員のモチベーションが停滞していた。
30時間に及ぶ経営者とのミーティングをおこない、企業の方向性、経営理念を策定したうえで、目標管理制度を導入。さらに社員が働きやすい労働環境の整備をおこない、離職率が20%減少し、質の高いサービスを提供できるようになった。【IT系企業】

【コンサルタントとしての強み】
入社時は、シニアコンサルタントの補佐として、データの収集と分析をおこなったが、2年目よりプロジェクトチームの一員として業務に携わる。得意とする分野は、組織人事、経営計画の策定であり、人事、営業、財務面から適確な経営目標を導き、予算対比を検証し改善策を構築する。
職務経歴書2
勤務先会社名 △△食品株式会社
経験期間 20××年×月~ (現在も就業中)
勤務先業種 食品
勤務先資本金 1億円以上
勤務先従業員数 300名以上
経験職種 経営企画
雇用形態 正社員
年収実績 700~799万円
業務上のポジション マネジメント10人未満
職務内容 【企業概要】
冷凍食品専門メーカー(年商60億)

【職務概要】
社員へのアセスメント、ヒアリングをおこない、社員の気質や企業特性を把握すると共に、中・長期的な業績改善に取り組む。20××年より経営企画室長に昇格し、5年間で経常利益率7.5%に貢献した。

<経営ビジョンの策定>
創業30年を第二創業期と捉え、新たに強固な経営体質を構築したいという経営者の要望を踏まえ、オーナー企業特有のトップダウン方式の組織から、社員が自らチャンンジし行動できる組織への変革を提案した。

<短期・中期経営計画(5カ年プロジェクト)の策定>
短期経営計画では、本部業務のアウトソーシング化を図り、8%の経費削減を実現した。
中期経営計画構築においては、国内工場をベトナム、タイ、中国へシフトする5カ年計画を策定。

<月次・年次決算予算対比>
それまで経営者が作成していた月次・年次予算の策定を、役員、部門長が作成する体制に変えた。その結果、幹部社員の経営に対する意識が高まると共に、主体性を持った企業体質に変わりつつある。

<対策検討、結果の検証>
経営計画を構築し、5カ年プロジェクトを発足させ、赤字体質の経営を黒字に転化させた。

<財務分析>
遊休地の売却、銀行との取引強化を図り、企業体力を向上させた。
20××年度経常利益は4億5千万円を達成。

【転職理由】
経営計画を推進し、赤字体質からの脱却に成功したことで、業務の区切りを強く感じた。常に成長を求めてゆくことをポリシーとしており、新たな企業に活躍の場を移し、経営推進業務に携わりたいと考え転職を決意した。

適職をディグる! ジョブリシャス診断(適職診断)
履歴書の添削を受ける
  • マイナビ転職 グローバル
  • マイナビ転職 エンジニア求人サーチ【IT】
  • マイナビ転職 エンジニア求人サーチ【ものづくり】
  • マイナビ転職 女性のおしごと
マイナビ転職 適性診断
マイナビ転職 適性診断

会員登録(無料)


メカラボ
土地柄タイプ診断
オフィシャルBOOK
シゴトサプリ