応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の
秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

自己PRの書き方・例文ならマイナビ転職 自己PRの書き方・例文ならマイナビ転職

転職 就職 両対応

自己PRは、応募先の企業に自分をアピールできる絶好の場です。しかし、ありきたりの内容では十分にアピールすることはできません。

特に、転職活動では新卒など就職活動の時とは異なり、 「応募企業の職務に関連した強みをアピール」することが必要になります。応募企業が「どんな人材を求めてるのか」をきちんと把握したうえで、応募先ごとに志望動機や志望理由、そして自己PRを作成していきましょう。

自己PRは
「何をやってきたか」、「何ができるか」、「今後どう(貢献)していきたいか」
という3点をしっかり盛り込むことが必要です。

その3点を盛り込み、採用担当者や面接官に好印象を与える自己PRの作り方を「経験・未経験などのシチュエーション別」、「経験職種別」、「企業が求める人物像別」などの自己PRサンプルを通じてご紹介しています。

更に「受かる自己PRの作り方」や、「面接での長所・短所のアピール法」「NG自己PR例」なども解説しています。

年収600万円以上の求人

初年度年収が600万円以上の
求人をまとめました。

完全在宅勤務
フルリモートワークの求人

通勤がつらい! 
出社しなくても仕事ができる求人を紹介!

年収400万円以上の求人

初年度年収が400万円以上の
求人をまとめました。

毎月25万円以上は欲しい!

固定給25万円以上の求人をまとめました。

年の3分の1は休みたい!

年間休日120日以上の求人をまとめました。

シゴト性格や
強み・弱みをチェック

向いている仕事が分かる、
応募書類作成に役立つ!

ページの先頭へ

年収600万円以上の求人

初年度年収が600万円以上の
求人をまとめました。

完全在宅勤務
フルリモートワークの求人

通勤がつらい! 
出社しなくても仕事ができる求人を紹介!

年収400万円以上の求人

初年度年収が400万円以上の
求人をまとめました。

毎月25万円以上は欲しい!

固定給25万円以上の求人をまとめました。

年の3分の1は休みたい!

年間休日120日以上の求人をまとめました。

シゴト性格や
強み・弱みをチェック

向いている仕事が分かる、
応募書類作成に役立つ!

「受かる」自己PRの作り方 自己PRに不可欠な「プラスα」とは?

企業が求める能力・スキルに合わせて強みを伝える

面接や履歴書で「〜をやっていきたいため」という、自分の気持ちのみを伝えても採用担当者へのアピールにはなりません。前職での実績や経験を、応募企業の人材像を踏まえてアピールしながら貢献していきたいという意欲を示しましょう。経験やスキルがない場合でも、「忍耐力」「積極性」などの強みがあるということを、「仕事でどう生かせるか」「どう貢献できるか」ということを説明しなければ、企業が求める自己PRにならないので注意しましょう。また「貴社だから入社したい」という志望理由・志望動機を併せて伝えられるとよりよいでしょう。自己PRの書き方をフレームワークを活用した例文をもとにご紹介します。

経験者の場合

実績

をアピールした自己PR例文

今すぐチェックCLOSE

入出金管理業務に携わり、キャッシュフロー管理で昨年は5%の経費削減に寄与し、知識拡充のため簿記資格の取得やスキルアップに努めてきました入出金やキャッシュフロー管理、グループ会社の経理業務までを行うという貴社の職務は、これまでの経験を最大限に活かし即戦力として貢献していけると思います。またグループ会計というこれまで勉強のみの領域に関しても短期習得し、業務を担当できるよう努めてまいります。

経験

をアピールした自己PR例文

今すぐチェックCLOSE

webクリエイターとして、さらにレベルアップを図るべく、昨年「カラーコーディネーター」の資格を取得しました。終業時間が不規則なこともあり、限られた時間の活用法を追求するうち、業務を効率よく進める姿勢にもつながりました。社内からはwebのクリエイティビティはもちろん、「誰よりも段取りが早く的確」との評価を得られるようになったことも大きな収穫です。これまでの経験を生かしつつ、御社が手がける大規模なプロジェクトや新たなサービスを通してwebディレクターとして、さらにキャリアアップしたいと考えております。

未経験者の場合

実績

をアピールした自己PR例文

今すぐチェックCLOSE

前職では販売の仕事に携わり、人と接する喜びを知りました。今では、新規のお客さまの約1/3が既存客からの紹介であることは、大きな自信につながっています。販売の現場で貴社の商品を扱っており、御社のサポートの丁寧さに感激しました。これまでの販売の経験での強みを十分に生かせるのではないかと思っており、丁寧なサポートをお客さまに提供していく、サポートセンターでの仕事にぜひチャレンジしていきたいと思っています。

長所

をアピールした自己PR例文

今すぐチェックCLOSE

今まで目的を達成するために必要であれば、英語のスキルやデータベースの資格取得などを行い、積極的に習得してきました。未経験のことも身に付けていく自信があります。これまでにない国際的なイベントを開催している貴社で、英語力とこれまでの積極性を持って新たなことを吸収しながら貢献していきたいと思っています。

【履歴書】プロの添削を受ける【履歴書】プロの添削を受ける

ページの先頭へ

より良い自己PRにするためには?

応募する企業の採用条件や、自身の経験やスキルを前提に自己PRを作成した上で、読みやすさ、アピールの方法など、添削例を参考にしながら見直してみましょう。

経験者の場合

添削のポイント添削のポイント

  • 具体的に何をやってきて、そこから何を学んできたか、どうしていきたいかを整理して記載
  • 具体的なエピソードとともに自分の営業スタイルをアピール

添削前

自己PRの例文

今すぐチェックCLOSE

相手への配慮、相手の気持ちや立場に立って物事を考える姿勢というものがあると思うので、それにより自分自身がお客さまに対して最大限何が出来て、どのようにすれば満足してもらえるかを常に考え、行動していくことで相手に誠意を伝えていくことが可能だと感じます。営業という仕事を通してお客さまに対して、自分なりに長所を生かしていくことができ、また自分の力をどんどん試していけると思うのでさまざまな部分でやりがいのある仕事だと思います。一方で、今現在もう一度原点に返り、一から物事を考えて自分自身を見つめ直していこうとも考えています。

具体的には、商談の為の商品のカタログ作成や、販売促進のプロモーション提案などにチャレンジしていきたいです。売場の提案(陳列など)、装飾などに自分の独創性を生かしていければ良いと思います。
お客さまが求めているもの(季節ならではのもの、求めているご要望など)をしっかりとキャッチして、相手の気持ちや立場に立ちながら、その場に合ったご要望に対応していきたいと思います。

自分からの提案と、お客さまの求めているニーズを上手く調和させながら、仕事を進めていけたら良いと思います。
一方で、短所として、決断力に欠けることがあるので、自分の意志をしっかりと持ち、責任を持って行動できるよう努力していきたいです。
時には、相手の意見を尊重することも大切だと思います。

添削後

自己PRの例文

今すぐチェックCLOSE

【真摯に、粘り強い営業】
私は、自社商品を一方的に紹介し、前のめりになって売っていく営業はどちらかというと苦手です。しかし、その分「お客さまが何を欲しているか」を探るべく、「じっくり聞く」営業を心掛けてきました。何気ない会話やちょっとしたお客さまの反応から、商品に興味を持っているかどうかを判断し、少しでも興味を持っていそうなお客さまにはその後のフォローをきめ細かく行うことを徹底してやってきました。

前職の□□株式会社では、物産展で営業をかけたお客さま(○○株式会社)が見込みがありそうだったので、常に違う商品のサンプルをもって何度も足を運び、新規でお取引をいただけるようになりました。そのお客さまからは「じっくりと、誠実な対応をしてくださったので」というお言葉をいただきました。

今度も、このような粘り強い営業スタイルで、お客さまのニーズをキャッチした提案をしていきたいと思っております。

未経験者の場合

添削のポイント添削のポイント

  • 職務に関連する得意なこと、誰もやらない仕事をやろうとする姿勢をタイトルとしてアピール
  • 自分を売り込むというという「PR」であることを意識する

添削前

自己PRの例文

今すぐチェックCLOSE

【事務処理能力】
事務職としての経験年数は少ないのですが、基本的な事務の流れは理解しております。
パソコンスキルは業務での経験の他に、子供の弁当表の作成など、独自でエクセルやワードを使用しております。

【コミュニケーション力】
特に販売では「女性の職場」という独特の環境下にあり、相手の心理を考え、気持ちよく業務を行ってもらうように心がけたことでコミュニケーション力を鍛えられたと思います。

【状況判断力】
最初の会社では、自分の業務だけではなく他のスタッフの作業状況を把握し、仕事の優先順位をつけ効率よく進めることや臨機応変さを身につけました。

添削後

自己PRの例文

今すぐチェックCLOSE

【整理整頓された職場環境を提供いたします】
職場は常に整理整頓されていることで業務効率が上がる、と考えています。
用途別に物を配置する、こまめな在庫調整で無駄に物を置かないなど、整理整頓が得意。常にスタッフにロスタイムが生じないような職場環境を提供するために、整理整頓に努めてきました。
(例)株式会社××では、資材庫に各部門の資材が混ざって置かれていたため、弁当、寿司、揚げ物など商品・用途別に場所を決め、陳列・整頓。探す手間をなくすことで、スタッフ全体のロスタイムを省くことができました。

【誰もやらない仕事、
他の人が気付かない仕事を率先して行います】

例えば現職では、率先して溝さらいを行っています。また、営業事務をしていたときには、シュレッダーにゴミをためない、コピー用紙が切れる前に補充するなどの点にも気を配りました。これによってスタッフに仕事の流れを止めない職場環境を提供してきたと自負しています。

【履歴書】プロの添削を受ける【履歴書】プロの添削を受ける

ページの先頭へ

「書類」と「面接」で自己PRは変えるの?

応募書類に記載したことをベースに、面接では具体的なエピソードを交えて話すようにしましょう。

書類の「受かる」鉄則!
  • 文章は短く。段落ごとに改行して読みやすく!
  • 職務に関連する強みを簡潔にまとめる
  • 企業が求める経験やスキルとマッチする部分を強調する
面接の「受かる」鉄則!
  • 事前の練習は必須! 長くならないよう簡潔に!
  • 個々にしか語れないエピソードを交えて、自分の言葉で話す
  • 謙虚な気持ちを持ちながら、自信を持って話しましょう

【履歴書】プロの添削を受ける【履歴書】プロの添削を受ける

ページの先頭へ

面接の自己PRで「長所」と「短所」の効果的なアピール方法は?

面接の自己PRでは、「長所」もスキルや経験と並んでアピールポイントになります。「採用したい!」と面接官に思ってもらうには、どのように長所を伝えると効果的なのでしょうか? 長所の伝え方のポイントをチェックしてみましょう。

【ポイント1】応募企業で生かせそうな長所を選んでアピールする

どんなに素晴らしい長所があっても、応募企業では生かせそうになかったり、企業が求めている人物像とマッチしていなければ、面接官に魅力を感じてもらえません。求人情報の仕事内容や求めている人物像を確認し、生かせそうな長所を選んで自己PRしましょう。

【ポイント2】たくさん挙げるより、1つの長所に絞って話す

「あれもこれも」と長所をたくさん挙げると、かえって「この人はどういう人なんだろう?」と面接官があなたの人柄をうまく掴めなかったり、「自信がないから色々なことを持ち出すのかな」と思われてしまうかもしれません。

【ポイント3】長所が生かされたエピソードを添える

長所の自己PRは抽象的になりがち。そこで、「長所がどのような成果につながったのか」「上司や先輩から●●が良いと言われた」など具体的なエピソードや客観的な評価を交えて話すと説得力が増します。

面接で長所を自己PRする時は「入社後どんなふうに活躍できるか」や「社風に合う人材だ」と面接官にイメージしてもらいやすいように伝えることが大切です。「応募企業の求める能力に合っていて、今まで仕事の成果につながった長所」を1つ選んで、自己PRしましょう。

もし短所を聞かれたら?

「短所」を質問する面接官は、あなたの欠点だけを知りたいのではなく、「短所が仕事に影響するか」「自分を客観視できているか」「短所を克服しようとする向上心があるか」を見極めようとしています。伝え方によっては効果的なアピールにもなりますので、答えを準備して面接に臨みましょう。

まず、「時間にルーズ」「集中力がない」など、仕事ぶりに懸念を抱かせるような短所の伝え方は避けたほうが無難。また、「短所は長所の裏返し」でもあります。例えば「心配性」という短所は、伝え方次第で「念入りに確認するのでケアレスミスが起きにくい」という長所にもなるのです。

このように、長所にもつながる短所を挙げ、 更に「確認に時間を費やしてしまいがちなので、時間を区切って作業するなど、効率良く進められるよう注意しています」など短所をカバーしようと工夫していることも併せて伝えるのがコツ。自分自身を冷静に見つめ、努力していることをアピールしましょう。

ページの先頭へ

年収600万円以上の求人

初年度年収が600万円以上の
求人をまとめました。

完全在宅勤務
フルリモートワークの求人

通勤がつらい! 
出社しなくても仕事ができる求人を紹介!

年収400万円以上の求人

初年度年収が400万円以上の
求人をまとめました。

毎月25万円以上は欲しい!

固定給25万円以上の求人をまとめました。

年の3分の1は休みたい!

年間休日120日以上の求人をまとめました。

シゴト性格や
強み・弱みをチェック

向いている仕事が分かる、
応募書類作成に役立つ!

長所のアピール例

では、上記のポイントを踏まえて面接の自己PRで長所をアピールすると、どのような内容になるのでしょうか。長所のアピール例文を紹介するので参考にしてくださいね。

長所

自己PRの例文(営業職)

今すぐチェックCLOSE

私の長所は行動力があるところです。1件でも多くの取引先に足を運ぶことを心掛け、取引先の現状把握やアフターフォローを徹底して参りました。

その結果、いち早くニーズに気づいて新規提案や受注ができたり、関連会社や他部署の担当者を紹介してもらい新規開拓につながったことで、2年連続対予算120%を達成することができました。御社でも行動力を生かして、営業活動に取り組んで参ります。

ページの先頭へ

よくあるNGパターン! こんな自己PRは響かない

どんなに一生懸命自己PRをしても、採用担当者に魅力を感じてもらえないのではもったいない! そこで、自己PRのありがちなNGパターンを紹介します。自分のアピール内容が当てはまっていないか、チェックしてみてくださいね。

【NG1】企業が求めている人物像とズレている

せっかくの自己PRも、企業のニーズにマッチしていなければ魅力を感じてもらえません。求人情報を確認し、企業がどんな経験やスキル、長所を求めているのかよく考えて自己PRしましょう。

【NG2】アピールが抽象的で分かりづらい

例えば「私には社交性があります。御社でも社交性を生かして頑張ります」という回答だけでは、本当に社交性があるのか、社交性を何に生かしてどう頑張ってくれるのか分かりません。

経験やスキル、長所が「どのような成果につながったのか」や「心掛けている行動」「上司や先輩からの評価」など具体的なエピソードを添えると、採用担当者は入社後の仕事ぶりを想像しやすくなり、魅力を感じてもらえるでしょう。

≫ 面接で自己PRを聞かれたら? など、面接中盤でよくある質問と回答例文

【履歴書】プロの添削を受ける【履歴書】プロの添削を受ける

ページの先頭へ

自己PRでは自分自身の強みと想い(志望理由・志望動機)を応募企業に理解してもらい、必要な人材だと感じてもらうことが大切です。
例文や、フレームワークを参考に、応募企業にアピールできる自己PRをしっかりと作成してください。

応募書類作成に今すぐ役立つ!

ページの先頭へ

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
すべての「働く」を、もっとひらく。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。