このエントリーをはてなブックマークに追加

海外転職に役立つ!国際資格完全ガイド

国際的に認められる資格を持っていれば、海外への転職や、外資系企業への就職に有利に働き、転職成功率をアップさせることも可能です。海外・外資系企業での仕事に役立つ国際的な資格にはどんな種類があるか、金融・会計関連、IT系、語学系の国際資格の情報に加えて、それらの資格がどのような求人に生かせるか、マイナビ転職グローバルの求人データを元にした統計もご紹介します。昇進や年収アップにも国際資格の取得と通して得た知識・能力を生かすことができますので、転職をお考えの方だけでなく、関連する職種に就いている方も是非チェックしてみてください。

金融・会計・貿易関連

米国公認会計士

米国公認会計士(U.S. Certified Public Accountant、U.S.CPA)資格は、アメリカのAICPA(The American Institute of Certified Public Accountants)により実施される試験で、試験合格により米国各州が認定する公認会計士のライセンスを取得する資格を得ることができます。会計を始め、経理、財務、税務、法務などビジネスに生かせる様々な専門知識が英語で出題されるため、専門知識と英語力の証明としても広く認知されています。日本のCPA(Certified Public Accountant)と区別するためにU.S.CPAまたはUSCPAと呼ばれています。

もっと詳しくみる

米国税理士

米国税理士(Enrolled Agent、EA)資格は、米国の内国歳入庁(Internal Revenue Service、IRS)が認可する税理士免許で、アメリカの国家資格の一つです。試験は英語で実施されるため、税務に関する専門知識および英語能力が証明できる資格です。アメリカはもちろん、日本や海外で税務業務や国際税務、経営コンサルティングなどにも活躍できます。

もっと詳しくみる

米国公認管理会計士

米国公認管理会計士(U.S. Certified Management Accountant、U.S.CMA)資格は、米国管理会計士協会(IMA)が主催する管理会計に関する専門知識を認定する資格です。会計、監査、様々な数値の分析やリスクマネジメントなど、経営に関する幅広い知識が求められ、アメリカでは米国公認会計士(U.S.CPA)と並び有用な資格の一つです。米国公認管理会計士資格の所有者は、コンサルティング業務や企業内の会計・財務・企画部門などで資格を生かすことができます。

もっと詳しくみる

公認内部監査人

公認内部監査人(Certified Internal Auditor、CIA)は、唯一の内部監査人の知識・技能を証明する国際的な資格です。一般社団法人日本内部監査協会が認定する資格ですが、世界190の国と地域で試験が開催されています。世界水準の認定制度により日本国内だけではなくグローバルに通用する資格です。

もっと詳しくみる

内部統制評価指導士

内部統制評価指導士(The Certification in Control Self-Assessment、CCSA)は、一般社団法人日本内部監査協会が実施する内部統制評価指導士の資格です。総合的な品質管理手法だけでなく、トレッドウェイ委員会支援組織委員会(COSO)のフレームワークに基づいて、内部統制の自己評価に精通する専門家としての能力を証明する資格です。

もっと詳しくみる

CFA

CFA(Charted Financial Analyst、旧AIMR認定証券アナリスト)は、経済や産業、企業の動きを分析し、株式や債権の投資価値を評価する専門家を認定する資格です。証券分析および証券運用アドバイス・コンサルティング、資産の運用など国際的に金融ビジネスでの活躍を目指している方には有用な資格です。日本国内では、一般社団法人日本CFA協会が実施・運用しています。

もっと詳しくみる

国際会計検定

国際会計検定(Bookkeeping and Accounting Test for International Communication、BATIC)は、東京商工会議所が主催する、英語による会計の知識を判定する検定試験です。国際会計スキル、簿記会計の知識と国際コミュニケーション能力が併せて試されるため、国際的に活躍できる会計スキルを有する証明となりえます。

もっと詳しくみる

経営学修士

経営学修士(Master of Business Administration、MBA)は、経営学の大学院修士課程を修了すると授与される学位です。組織の経営にとって必要とされる人的資源管理、財務会計、オペレーション、マーケティング、情報などのテーマを体系的に学ぶことができます。他の分野の修士号とは異なり、職業的能力の習得を意味する専門職学位(Professional Degree)に位置づけられており、MBAホルダーは経営のプロフェッショナルとしての活躍が期待されています。

もっと詳しくみる

アソシエート・エキスパート

アソシエート・エキスパート(Associate Expert、AE またはJunior Professional Officer、JPO)は、国際機関と各国政府の取り決めに基づき、一定期間、各国から国際機関に派遣される非正規の専門職員のことです。国際機関への派遣にあたっては、外務省が管轄する国家資格への合格が必要です。試験合格者は国際公務員として世界各地の国際機関に派遣され、幅広い分野で活躍することができます。

もっと詳しくみる

通関士

通関士は、通関手続きの代行や提出書類の作成を一手に引き受ける貿易のスペシャリストで、就業にあたっては財務省が管轄するの国家資格「通関士」の取得が必要となります。通関士の資格を所有している人は、輸出入関連の企業、通関業を兼業している倉庫業や航空会社の貨物部門、運送・物流会社などで輸出入の通関手続きを適正に行う、専門性の高い業務に携わることができます。

もっと詳しくみる

IT関連

IC3

アイシースリー(INTERNET AND COMPUTING CORE CERTIFICATION、IC3)は、コンピュータやインターネットに関する基礎知識とスキルを総合的に証明できる民間資格です。実務で必要なIT基礎力の証として、多くの企業で社員教育として導入されている試験です。試験は全11カ国語で実施され、世界共通の「合格認定証」や「デジタル認定証」もあり、国際的に通用するスキル認定を受けることが可能です。

もっと詳しくみる

CIW

CIW(Certified Internet Webprofessional)とは、アメリカのCertification Partner社により運営されているインターネットとウェブ標準のスキルを、職種ごとの区分で認定する国際資格です。IT関連情報サービスおよびWEBビジネス業界で働く人のための資格で、情報技術やWEB標準に関する能力を証明します。

もっと詳しくみる

MCP資格制度

MCP資格制度(Microsoft Certification Program、マイクロソフト認定プロフェッショナル)は、マイクロソフト社が認定し、マイクロソフト社のサーバや開発環境などの製品に関する技術的な知識や、実務能力を評価認定する民間資格です。システムエンジニア、システムインテグレータ、コンサルタント、プログラマ、トレーナーなど、システム関連技術者を目指している方に広く知られる、人気の資格です。

もっと詳しくみる

MOS

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)は、ExcelやWordといったMicrosoft Office製品の利用スキルを証明する資格です。MOSは世界共通の認定証があるため、世界中で通用する民間資格です。ビジネススキルがアピールできる資格として、事務系職種に携わるビジネスパーソンや新卒社員などに人気があります。

もっと詳しくみる

IBMプロフェッショナル資格認定制度

IBMプロフェッショナル資格認定制度(旧IBM技術者認定制度)は、IBM社が実施し、最新のIBMテクノロジーとソリューションへの専門知識を実証し、国際的に通用する高度な技術力と専門性を証明する全世界共通の資格制度です。ネットワークサービスの設定、保守、セキュリティ、システム管理などに生かせる国際資格になります。

もっと詳しくみる

ノベル認定技術者

ノベル認定技術者(Certified Novell Engineer、CNE)は、ネットワークオペレーティングシステムの市場で高いシェアを有するノベル社が認定する、ネットワーク構築とサポート管理に関する能力を評価する資格で、NetWareを中心とするノベル製品のスキルレベルを認定します。情報システムやSI(System Integration)事業者などをはじめ、システム構築やサポートに携わる技術者に人気の資格です。

もっと詳しくみる

オラクル認定技術者制度

オラクル認定技術者制度(ORACLE MASTER)は、オラクル社が実施するOracle製品に関する技術者を認定する制度です。データベース管理・運用に関する高度な知識が問われる専門性の高い資格で、システム関連企業または企業のシステム開発部門などで生かすことができます。

もっと詳しくみる

PE

PE(プロフェッショナルエンジニア/Professional Engineer)は、全米試験協議会(NCEES)の試験に基づく米国の公的な資格です。PEには技術倫理が厳しく要求されます。アメリカでエンジニアとして働く場合、PE資格が必要になりますが、アメリカ国外でもPE資格は高く評価されているため、国際的に活躍する技術者を目指している方には有用な資格の一つになります。日本国内では、日本PE・PF試験協議会(JPEC)が試験を実施しています。

もっと詳しくみる

シスコ技術者認定

シスコ技術者認定(CCNA)は、シスコシステムズ(Cisco Systems, Inc.)が実施するネットワーク関連技術やソリューション能力を証明する国際資格です。シスコ技術者認定を取得するためにはネットワークの構築・運用・管理・保守、セキュリティ管理、データの分析統計などネットワークエンジニアに必要とされる高度な専門知識が求められます。

もっと詳しくみる

ITIL認定試験

ITIL(Information Technology Infrastructure Library)認定試験は、ITサービスマネジメントに関するスキルを判定する指標として使用される国際的な資格の一つです。ITIL認定試験はイギリス商務局(Office of Government Commerce、OGC)により実施され、日本だけではなく世界中で認知されています。ITIL認定資格を所有している方はIT関連サービスマネジメントやシステム運用管理業務などに生かすことができます。

もっと詳しくみる

PMP

PMP(プロジェクトマネジメント・プロフェッショナル/Project Management Professional)は、米国のPMI(Project Management Institute)が主催するプロジェクトマネジメントに関する国際資格です。PMPは、プロジェクトマネジメントに関する知識、教育、経験を測り、様々な分野のマネジメント能力・専門知識を有していることを証明します。プロジェクトマネジメントは、IT業界をはじめ様々な業界で注目されているため、PMP資格保有者はその知識・能力を生かして幅広く活躍することができます。

もっと詳しくみる

ITスキル標準

ITスキル標準(IT skill standard、ITSS)は、各種IT関連サービスの提供に必要とされる能力を明確化・体系化した指標です。IT関連サービスの人材教育、組織の訓練、個人的なスキルアップなどにも有用な指標として使用されています。ITスキル標準でレベル設定されているITサービスの分野は、マーケティング、セールス、コンサルタント、ITアーキテクト、プロジェクトマネジメント、ITスペシャリスト、アプリケーションスペシャリスト、ソフトウェアデベロップメント、カスタマサービスなどがあります。

もっと詳しくみる

CISA

CISA (Certified Information Systems Auditor)は、情報システムの監査および、セキュリティ、コントロールに関する高度な知識、技能と経験を認定する国際的な資格です。日本語では「公認情報システム監査人」と呼びます。CISAはISACA(The Information SystemsAudit and Control Association, Inc. 情報システムコントロール協会)が主催し、情報システム監査およびコントロールの専門資格として欧米の企業で広く認知されています。CISAを取得した後でも資格を維持するために「常に専門知識を収集している」ことが重視されるのが特徴で、資格保有者は継続教育活動を毎年実践し、報告する必要があることから実践的な資格としての評価を得ています。

もっと詳しくみる

語学関連

TOEIC

TOEICテスト(Test Of English for International Communication)通称トーイックは、英語のコミュニケーション能力を測る世界共通の試験です。TOEICテストでは、リスニング(聴解)とリーディング(読解)の英語能力が測定されます。一般財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会により年に10回実施されるため、受験機会が多いことが特徴です。TOEICテストは、多くの企業で採用・昇進の基準として使用されていることから、ビジネスパーソンの間でも人気の高い資格試験です。

もっと詳しくみる

TOEFL

TOEFLテスト(Test of English as a Foreign Language)通称トーフルは、英語の母語話者ではない人々を対象に実施されている国際基準の英語能力測定試験です。実施および運営団体は米国非営利教育団体(Educational Testing Service、ETS)で、判定されるスコアはオーストラリアやカナダ、英国、米国を含め130ヵ国9,000以上の大学や機関に認められています。

もっと詳しくみる

IELTS

IELTS(International English Language Testing System)通称アイエルツは、海外留学や海外で活躍するために英語能力を測る英語検定試験の一つです。IELTSはオーストラリア、イギリス、カナダなど世界の多くの教育機関で受け入れられ、アメリカでもTOEFLテストの代わりIELTSが入学審査の基準として使用可能な教育機関の数が3,000を超えています。また、イギリス、オーストラリア、カナダなどへの海外移住申請にはIELTSが必要です。日本国内では公益財団法人日本英語検定協会が試験を実施・運営しています。

もっと詳しくみる

日本語教育能力検定試験

日本語教育能力検定試験(Japanese Language Teaching Competency Test)は、公益財団法人日本国際教育支援協会(Japan Educational Exchanges and Services、JEES)が主催し実施する民間資格です。国内外の教育機関で日本語教員を目指し学習している方、日本語教育関連の仕事に携わっている方に必要な基礎的な知識・能力を検定する資格です。

もっと詳しくみる

漢語水平考試 (HSK)

漢語水平考試 (Hanyu Shuiping Kaoshi、HSK)は中国政府が認定する世界共通基準の中国語資格です。HSKは、様々な国と地域で実施され、世界的な認知度も高い資格試験です。中国語母語話者以外の中国語学習者を対象とし、中国語能力を測る指標として中国国内の大学や海外の企業で採用や研修の評価基準としてよく使用されます。日本国内ではHSK日本実施委員会が主催として筆記試験と口頭試験を実施します。

もっと詳しくみる

韓国語能力試験

韓国語能力試験(Test of Proficiency in Korean、TOPIK)は、大韓民国政府大韓民国教育省・国立国際教育院(NIIED)が認定・実施する唯一の韓国語能力試験です。世界70カ国以上の国で同時に実施され、韓国語母語話者ではない人や在外韓国人を対象として、韓国語の学習や韓国への留学・韓国企業への就職などで役に立つ民間資格です。

もっと詳しくみる

実用タイ語検定試験

実用タイ語検定試験(The Practical Thai Language Proficiency Test)は、特定非営利活動法人日本タイ語検定協会が実施する日本語母語話者向けのタイ語の検定試験です。実用タイ語検定試験は、日本人がタイ現地で生活・仕事をするために必要なタイ語の能力を判定します。タイ王国大使館やタイ王国総領事館などタイ政府機関から後援を受けている民間資格で、「タイ語検定」または「タイ検」と略されることもあります。

もっと詳しくみる

通訳案内士試験

通訳案内士試験は、日本政府観光局(Japan National Tourism Organization、JNTO)が実施する国家資格で、仕事として報酬を受けて、外国語を用いて外国人に旅行に関する案内をするために必要な資格です。通訳案内士の試験は、単に外国語の能力を測る資格だけではなく、日本の地理、歴史、産業、経済、政治、文化、日本に関する知識も幅広く求められます。

もっと詳しくみる

その他

国際秘書検定

国際秘書(Certified Bilingual Secretary、CBS)検定は、一般社団法人日本秘書協会が実施する民間資格で、英語と日本語をコミュニケーションの手段として使いこなし、実務処理能力に加え人間性にも優れた秘書業務のプロフェッショナル育成を目的としています。外資系企業などでのバイリンガルで国際的な業務においてCBS、準CBSの認定を受けた人々が多く活躍しています。

もっと詳しくみる

※2016年5月31日現在の情報

海外転職ノウハウ

  • タイで働く
  • 英文履歴書の書き方
  • カバーレターの書き方
  • 海外転職に役立つ!国際資格完全ガイド
  • ビジネス英語ワンフレーズ
  • 人事担当者インタビュー
  • グローバル人材への成長術