当社の工場と横浜にある実寸大のガンダム。 ちょっと画像をはめ込んでしまいました。

製造業を営む者なら、きっとかなりの確率でこのような画を夢想したことがあると思います。事実、憧れや好きが乗じて私はこの第四工場と呼ばれている当社の工場を建設を決めた時に、担当となった設計者との打ち合わせにおいて譲れないポイントとして上げたのが【ガンダム風】な配色でした。

【第四工場、大地に立つ!!】参照

先日、一度は間近で見たかった横浜にあるGUNDAM FACTRYにお邪魔してきました。細かい説明を始めるとキリがないので簡単に説明しますとこの1/1のガンダムは動きます。 この壮大なプロジェクトの経緯が、NHKのドキュメントで放送されていました。とても面白い内容で参画された企業の苦労と努力と達成という姿を見た時に胸を打たれました。 プロジェクトに携わった日本を代表する企業(9社が参画されている)の開発風景は大変そうではありましたが、どことなく楽しそうでもありました。

【当社は楽しく働けるように頑張っている会社です!】

楽しく働くとは何なのでしょう?生活が豊かになる?やりがいがある?達成感を得られる?楽しくという言葉には無限の可能性ががあります。ただ一つ言えるのは楽しく働くというのは、あらかじめ用意されているものではありません。社員と企業が共に努力して初めて楽しく働ける環境になります。企業と社員は互いを思いあってこそ達成出来ます。それこそが楽しく働くという事なのではないでしょうか?。

機動戦士ガンダムという作品は、当初はヘタレな主人公のアムロが、周囲とぶつかりながらも、出会いや経験を積むことで自分が変わり、才能が開花する事によって大嫌いだった職場(?)であるホワイトベースにおいて自分の居場所や役割を見つけます。そして最後には仲間を思って死をも辞さずして守り闘い涙するにまでになるという物語です。その姿に私自身が大いに影響を受けました。そしてその主人公の生き方は、社会人としての私の中で今も脈々と生き続けているのです。 “あなたならきっとできるわ”ですよね?セイラさん。