海外転職Q&A

海外転職活動

応募資格に満たない場合応募はできない?

あきらめずにまずは応募してみましょう。別ポジションでの可能性もあります

求人情報に記載された応募資格で、求められる経験・資格などを満たしていない場合でも、最初から諦めるのではなく、自分自身の経験が生かせるポイントを履歴書や経歴書内でアピールしましょう。

エージェントを利用する場合、まずは担当者とどのように自分自身をアピールしていくかを相談してみましょう。場合によっては、同じような業務内容で別ポジションで採用されるケースもあります。

求められる職種・業界の経験年数が足りない場合

経験年数が書かれている場合は「それ相応の経験を求む」ということであり、経験年数が足らなくても実績があれば評価される可能性がありますので、まずは応募してみましょう。また、経験年数以外に「人柄」や「ポテンシャル」を採用基準として判断する場合もあります。

求められる資格を有していない場合

資格が必須条件の場合は、業務を遂行するために必要な資格であるため、採用されるケースは少ないと言えます。ただ、必須資格と同等、あるいは類似の資格を有している場合はその点をアピールし、必須条件となっている資格を取るために現在勉強中であることを伝えることで採用される場合もあります。

また、条件にTOEICスコアや英検などがある場合は、あくまでも目安として記載されていることがほとんどのため、条件を満たしていなくても英語の使用頻度やシーンなどを説明することで条件をクリアすることもできます。

募集要項に書かれている条件は、あくまでも企業が求める理想の人材です。多少条件に満たない場合でも、ほかに強みがあったり、実績があることで採用担当者は「会ってみよう」と思うことも。

そのためにも履歴書、職務経歴書をしっかりと作り込み自分自身をアピールしましょう。応募書類の書き方や転職の準備の進め方が分からない場合は、転職サイトを参照したり、エージェントに相談する、転職のセミナーに参加することをおすすめします。

この内容は2017年02月23日時点の情報です。
回答者:マイナビ転職グローバル キャリアアドバイザー

海外転職Q&A TOPへ
マイナビ転職グローバルTOPへ