このエントリーをはてなブックマークに追加

【プログラム編】「プログラム」とは、魔物であり、敵であり、愛すべき対象である|#エンジニアあるある システム開発現場・実録IT用語辞典

【プログラム編】「プログラム」とは、魔物であり、敵であり、愛すべき対象である

お疲れさまです。最近、副業の量を減らして、大きな企業に常駐して行う作業に専念しています。小規模な企業で仕事をすると、自然と上流の工程を受け持つようになることが多いですが、大規模な企業で働くと社員の方が受け持つことが多いので、私に対して依頼される作業は調査や検証、モジュールの作成といった下流工程が増えてきます。

個人的にはプログラムを組んでいるのが好きなので、外部との折衝や仕様の確定といったことにかかわらずに、コードと密着した部分の設計とコーディングに没頭できる状態は気楽でいいですが、あまり下流にいるとプロジェクト内の自分の立ち位置や貢献度がうまく把握できず、不安に感じることもあります。

#エンジニアあるある 実録IT用語辞典【プログラム編】INDEX

「プログラム」とは

エンジニアにとって、魔物であり、敵であり、愛すべき対象。

昼メロ系の愛憎劇に出てくる登場人物と接するような気持ちで相対することを求められる、取り扱いの難しい子。

命令をすれば、たとえそれが、この処理を100万回繰り返しなさいという、人間に向かって命令したら「あなたは鬼ですか」と思われそうなことでも、言われたとおりにやってくれる素直な子である。

ただし、Cドライブをフォーマットしなさいとか、他社のサーバに対して秒間1,000回のアクセスを実行しなさいといった、人間であれば「えっ、そんなことしていいんですか?」と立ち止まってくれそうな命令でも、言われたとおりにやってしまう恐ろしい子でもある。

あまりにも素直にこちらが命令したことを実行してくれるので、実装をしている際にプログラムに対して少しは空気を読んでほしいと思ってしまうこともあるもの。でも、プログラムが勝手に空気を読んでif文の結果をFALSEで返したとかいう下手なことをしたりすると、それはそれで腹が立つような気がするもの。

ただし、最近のプログラミング言語は、「使われていないメモリがあったので解放しておきました」とか、「同じ文字列が使われていたのでメモリ共有しておきました」とか、「関数のオーバーヘッドが気になったので、インラインで扱っておきました」といった良い空気の読み方もしてくれているので、侮れないもの。

「低級言語/高級言語」とは

プログラミング言語のジャンル分け(?)をする時に使うことがある言葉。低級言語のほうがよりマシン語に近く、高級言語のほうがより人間が使う言葉に近い。

低級言語のほうが学習にコストがかかるし記述量も多くなりがちだが、その分、高級言語には決してできない圧倒的に速いプログラムを記述できたりもする。そのため、低級言語を使える人のほうが高給取りである場合が多いような気もするもの。

低級言語に慣れ親しんだ人々の中には、バイナリコードを見て何かを感じることができるような種族が存在するらしい。筆者のような甘い高級言語の世界で育ってきた人間には、とんと理解できない境地である。

どこまでが低級言語と呼ばれ、どこからが高級言語と呼ばれるかという明確な定義は存在しない。C言語はアセンブリよりも高級言語と言えるが、Javaよりも低級言語と言える。とりあえずはCPUやメモリを直接制御できる言語であれば低級言語と呼んでいいようだ。

「オブジェクト指向」とは

Java案件がちまたに溢れ出したころに末端の現場にもだいぶ広まった、プログラムを組むうえでのアプローチ方法の1つ。

機能をオブジェクトとして捉えることで、再利用性を高める、みたいな考え方で、最近の言語は大体これを実現するための機能を有しているもの。PHPのように生まれた当初は対応してなかった言語も、徐々にその仕組みを取り入れるようになっており、今ではPerlCOBOLですら対応するようになっているというから驚きである。

ただ、言葉だけはやたらと飛び交っているけど、実際の現場では、その手法を理解している人は思いのほか少ないような気がしてならないもの。

基本的にプログラムというものはifとforがあれば後は力押しで書けるものなので、ナントカ指向とか呼ばれるものについては、差し迫って勉強する必要がなかったりすることが、詳細な知識まで全体に伝わらない要因の1つなのではないかと思われる。

上流レベルでインターフェースをしっかり作って、下流でそれに対して実装してもらうといった使い方をするのであれば、現場全体のコードの流れが共通にできて可読性が上がるが、うっかり現場の末端レベルで1人でそれっぽいクラス構成を作ってしまったりすると、ほかの人がそのコードを触る際に「読みづらい」とか「改修に手間がかかる」といったクレームが発生することになるので注意が必要である。

「アスペクト指向」とは

比較的新しい言葉。通称、AOP。

横断的関心事とかいう、パッと見、分かりづらい日本語で解説されることが多いたくさんのクラス(=横断的)で、同じような記述を書く必要がある(=関心事)場合のアプローチ方法の1つ。

オブジェクト指向で頑張って重複のないクラス構成を作っても、例えばすべてのクラスに同じようにログクラスの初期化処理が入っていたり、同じような例外処理が入っていたりと、コードをデザインする人間の立場から見ると、省略したい気持ちがふつふつと沸きあがるようななんか歯がゆい感じがする記述が発生する場合がある。

アスペクト指向は、そんな重複のない美しいコードをお望みの贅沢なデザイナーさんの願望をかなえてくれるかもしれない一品である。

ただし、実際に開発現場でアスペクト指向と出合える機会はまだ少なく、実際に使用することを希望しても実績の少なさから却下されることも多いので、現状ではあまり知っていても役に立たない知識かもしれないもの。

コメント

プログラム内に記述される注釈のこと。

コンパイラやインタプリタにとっては読み飛ばすだけの意味のない文字列だが、プログラミング言語よりも日本語や英語のほうが読みやすいと感じる人間にとっては意味のある文字列。

「このクラスにはこんな機能が実装されています」とか「以下の記述はこういった処理をしてます」といった説明を、日本語(たまに開発者は日本人しかいないのにわざわざ怪しい英語を使う場合もある)で書いておくことによって、後で誰かがそのソースを読んだ際の可読性を高めてくれる効用がある。

コメントはプログラマの精神衛生にも深くかかわってくる場合もある。

他人が作成したコメントが一切入ってないソースの改修を依頼されると、1行ずつ記述を追いかけなければいけなくなるため、読み始めて30分で鬱になるし、コメントに「//条件に引っかかった場合はfalseを返す」と書いてあったのに実はtrueが返ってましたとかいうトラップが多数しかけられていると、徐々に人間不信になっていってしまうので注意が必要だ。

コメントは良質なドキュメント代わりになることもある。 ソース1個ずつに対して概要説明ドキュメントとかを作っていたりすると、非常に労力がかかるし、実際のところそんな説明を一生懸命Excelで書いても誰も読んでくれないとか、誰も保守してくれないとか、いつの間にか紛失するといった事態に見舞われることが多い。

そのため、下手な資料を残す時間があったら、その労力をコメントの精査に充てたほうが、いろんな人が幸せになったりすることもあるかもしれない。

うっかり1つのモジュールを書きかけのまま長期休暇を取ってしまったりすると、休み明けには当然のように、休み前に書いていたことなんてこれっぽっちも覚えていないという現実に直面することとなる。

筆者のような忘れっぽい人間は土日挟んだだけで先週やっていた作業が何だったか、完璧に忘れる自信がある。

そんな僕ら忘却プログラマにとっては、休暇に入る前の最後の数分を利用して、「TODO取得データのINSERTと、異常系処理が未実装」などといった記述をコメントに残しておくと、休み明けのボケきった頭を仕事モードに切り替える助けになってくれたりするかもしれない。

バックスラッシュ

スラッシュ(/)を垂直方向に反転させた文字。

欧米の人たちにとっては、ファイルパスを見るたびに目にすることになるなじみ深い文字だけど、日本人はさまざまな歴史的な理由みたいなもの(後述)のせいで、あまりお目にかかることがないもの。

エンジニア的には、日本語環境で開発しているうえでは目にすることも少ないが、英語のソフトウェアを使用している時に見かけたり、円マーク(¥)を見た時に心の目にはバックスラッシュが映っているということは、結構あるかもしれないもの。

日本人がバックスラッシュを目にしない理由は、昔々、まだコンピュータが今のように大容量でなく、Unicodeなんて規格が影も形も存在しなかったころにまでさかのぼる。

当時はまだコンピュータの性能は低く、ソフトウエアエの国際化対応のような要求も少なかったので、各国が使う文字の事情に合わせるために1文字のデータ量を増やすというUnicode的な発想は現実的ではなかった。そのため、文字に使われる7ビット(128種類)のうち、決められたいくつかのコードは各国で自由に割り振ってもよいというルールが存在していた。

そこで日本では、海外でバックスラッシュを割り振っていたところに、国内でよく使われる円マーク(¥)を割り振ることになった。

それがいけなかった……。

その時に作った円マークの風習は、数十年の時を経た今でも残り続けている。もしその規格を変更すれば、使用しているパソコンの環境によっては、日本中のシステムで円マークを表示している箇所に、バックスラッシュが表示されてしまうという嫌な現象が発生してしまう。そのため、今のところこの風習は消えることなく残り続けている。

コンピュータの規格は、一度決まってしまったことを覆すのは難しいという現実を、目に見える形で私たちに伝えてくれる、メッセージ性に富んだものであると言えば聞こえもいいような気がする。

○○以上、○○未満

プログラムを組むうえで、非常によく出てくるロジック。○○の部分に入るのは数値である。「友達」とか「恋人」が入るような話を取り扱っているわけではないので注意。

例えば、「指定価格以上が入力された場合はエラーメッセージを表示する」とか、「敷居値未満のデータを一覧にして表示する」とかといった使い方で、仕様書によく出てくる言葉である。

「以上」は指定された値を含み、「未満」は指定された値を含まないということは、小学校の算数で習うような話ではあるが、仕様書ではそれなりの頻度でこの部分が間違っていて、その値を含まないのに「以下」と書いてあったりすることがあるような気がするもの。

条件が複数絡んでいて、マトリックス図でも書かなければとても状況を把握できなくなるような場合には、こっちは「以上」で、こっちは「超える」で、こっちは「以下」で、こっちは「未満」で、と話していると、設計した本人ですら「これはどっちだっけ……」と混乱するようになったりするもの。

#エンジニアあるある 実録IT用語辞典 【注目のキーワード】

あわせて読みたい

注意!!

この連載記事には必ずしも正しいとは限らない内容が含まれています。この記事を信じたことによって発生した障害に対して、筆者及び株式会社マイナビは一切の責任を負いません。ご容赦ください。

※この記事は2007/11/23〜2009/08/28に連載された内容を再構成しています

著者プロフィール:MW(えむだぶりゅー)

Java、PHP、C、C++、Perl、Python、Ruby、Oracle、MySQL、PostgreSQL関連の業務経験がある、典型的な広く浅い役に立たない系のウェブ(時々クライアント)アプリのエンジニア。 週に1日休みがあれば、ほか6日間は終電帰りでも全然へーきな体力と、バグが出ても笑って誤魔化す責任感の無さを武器に、今日も修羅場った開発現場の風景を横目で見ながら、適当に仕事をこなす日々を送る。
著書「それほど間違ってないプログラマ用語辞典」(発行:毎日コミュニケーションズ)

バックナンバー

【物騒な言葉編】「人柱」とは、開発現場の神に捧げられる生贄のことである

システム開発現場で使われている言葉のなかには、「killする」や「隠ぺいする」「破壊的」など、割と物騒な言葉が多かったり、一般的に使われる意味とは違...

【バグ編】Divide by Zero(ゼロ除算)とは、見つかると周囲の視線が痛くなるエラーである

「Divide by Zero(ゼロ除算)」とは、プログラムを利用して数値を0で割ろうとすると発生することがあるエラーである。そのほか「試験」「考慮...

【カタカナ語編】「ナレッジ」とは、使うと自分が賢くなった気分に浸れる言葉である

IT業界で長く暮らしていると、言語だけでなく、いろんな用語、特に不可思議なカタカナ語と絡むことが自然と増えてきます。ナレッジ、ペンディング、WBS、...


賛成! あたらしい生き方。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。

「知っトク」メール

基本のノウハウだけでなく、市場動向も踏まえた「今、知っておきたい」転職情報を読めるメールマガジンです。毎週月曜日配信です。

新着求人メール

新着求人の中から、あなたの希望条件に合った求人やお勧め情報をお届けします。
毎週2回、更新日(火曜日・金曜日)に配信です。

  • マイナビ転職 グローバル
  • マイナビ転職 エンジニア求人サーチ【IT】
  • マイナビ転職 エンジニア求人サーチ【ものづくり】
  • マイナビ転職 女性のおしごと
マイナビ転職 適性診断
マイナビ転職 適性診断

会員登録(無料)


1分で分かる! あなたの強み「社会人力診断」
メカラボ
土地柄タイプ診断
職務経歴書・履歴書テンプレのダウンロード
オフィシャルBOOK
シゴトサプリ