内部統制評価指導士(CCSA)の求人・転職情報 | 国際資格から求人を探すなら【マイナビ転職グローバル】

詳しい条件で検索する

内部統制評価指導士(CCSA)の求人・転職情報

内部統制評価指導士とは

内部統制評価指導士(The Certification in Control Self-Assessment、CCSA)は、一般社団法人日本内部監査協会が実施する内部統制評価指導士の資格です。総合的な品質管理手法だけでなく、トレッドウェイ委員会支援組織委員会(COSO)のフレームワークに基づいて、内部統制の自己評価に精通する専門家としての能力を証明する資格です。

CCSAの試験は、
(1)CSA(Control Self-Assessment)の基本
(2)CSAプログラムの導入
(3)CSAプロセスの要素
(4)ビジネス目標と組織のパフォーマンス
(5)リスクの識別と評価
(6)コントロールの理論と適用
の6科目から構成されています。

受験日程
テストセンターの営業日であれば、いつでも受験可能。
※ただしテストセンターによって営業日が異なります。
受験地
日本国内のビアソンVUEのテストセンター
東京・北海道・宮城・神奈川・愛知・大阪・広島・愛媛・福岡・沖縄
受験資格
4年制大学の最終年次(4年生)以降、受験可能。
資格認定条件
■教育要件
4年制大学卒業ないし、3年以上在学の大学生・大学院生、大学・大学院の教員であること。短大卒等の場合は、実務経験の必要期間が長くなります。
■実務経験
CSA、内部監査、リスク・マネジメント、環境監査などコントロールに関する1年以上の実務経験
■受験者の親戚以外の第三者からの推薦
勤務先の上司または大学の教授などからの推薦


内部統制評価指導士(CCSA)の求人・転職情報 1件(1〜1件を表示中)

内部統制評価指導士(CCSA)の求人・転職情報 1件(1〜1件を表示中)

勤務地
勤務地を選ぶ
職種
職種を選ぶ
年収
経験
特徴
業種
業種を選ぶ
キーワード
職種や業種や資格などを入力してください。
※2文字以上の文字列を入力してください。

その他の国際資格をチェックする

金融・会計・貿易関連

IT関連

語学関連

その他

海外転職に役立つ!国際資格に戻る