海外転職Q&A

海外転職検討

海外のボーナス事情を知りたい

基本給の1~2カ月分、年1回支給が多いです

国や企業によっても異なりますが、基本的には基本給1~2カ月分を年1回支払う場合が多いようです。支払時期は、年末か旧正月がある国であればその旧正月前あたりが多くなります。ただし、法的に定められたものではないので業績によって支払われない場合もあります。
※フィリピンやイタリアなど法的にボーナスの支払を義務として定める国もあります。

アジアの場合

中国、台湾、タイ、ベトナム
基本給1~2カ月分(年1~2回)が年末または旧正月前に支給されます。
インドネシア
ボーナスとレバラン手当(イスラムのお正月に当たるレバランの前に支給される賞与)があります。ボーナスは基本給1~2カ月分(年1~2回)が年末や決算期に、レバラン手当は基本給1カ月分がレバラン前に支給されます。
インド
基本給1~2カ月分(年1回)が10月末~11月初旬のディワリ(ヒンズー教新年祭)前に支給されます。
香港
ボーナスとダブルペイ(年末手当)があります。ボーナスは基本給1~4カ月分(年1~2回)が、ダブルペイ(年末手当)は基本給1カ月分が年末に支給されます。
シンガポール
固定ポーナス(AWS)と変動ボーナスがあります。固定ポーナス(AWS)は、納税に当てるための手当として支給している会社が多く、通常基本給の1カ月分が年末に支給されます。変動ボーナスは基本給の1~2カ月分が支給されます。
フィリピン
法的に義務付けられた13カ月手当というボーナスがあり、業績に関係なく基本給1カ月分が12月に支給されます。

北米の場合

アメリカ
役員や管理職以上の役職者に支給するのが一般的です。また年に何回・何カ月分という決まりはなく、業績に応じて年収の5~10%で支給されます。
カナダ
年俸制の企業も多いため別途ボーナスを支給する企業は少ないようです。企業によっては、年1回業績に応じて支給されたり、年収の10%を支給するといった企業もあるようです。

ヨーロッパの場合

イギリス
明確な取り決めはありませんが、会社の業績や従業員の勤務成績によって支給額が決まります。ポジションが営業の場合は、営業成績に応じたコミッション制が採用されている企業も多いようです。
フランス
年に基本給1カ月分を支給する企業が多いようです。
ドイツ
クリスマス手当(年末)または休暇手当(夏)として基本給1カ月分(あるいは夏+年末合計1カ月分)が支給されます。
イタリア
法的に一時金として基本給2カ月分支給が定められています。冬季一時金としてクリスマス前日に基本給1カ月、夏季一時金として7月1日に基本給1カ月分が支給されます。

この内容は2017年02月23日時点の情報です。
回答者:マイナビ転職グローバル キャリアアドバイザー

海外転職Q&A TOPへ
マイナビ転職グローバルTOPへ