司法書士・行政書士の転職・求人情報

司法書士・行政書士の転職・求人情報

職種 指定する
勤務地 指定する
  • 特に指定しない
業種 指定する
  • 特に指定しない
雇用形態
新着・更新
こだわり
キーワード
  • を含む
初年度年収
従業員数
設立
特徴
募集の特徴
仕事の特徴
会社の特徴
待遇・職場環境の特徴
本社所在地 指定する
  • 特に指定しない
ITエンジニア向け条件 指定する
  • 特に指定しない

さらに詳しい条件で検索する

閉じる

この条件のRSSを受け取る
RSSとは

あなたにおススメの求人

【コンサルタント・金融・不動産専門職】

行政書士法人 倉敷昭久事務所《鳥取・兵庫・東京・新潟》◎今後も業務拡大につき更に人材を求めています!

資格が活かせる!行政書士・アシスタント※10/30締&4拠点で募集 正社員

  • 職種・業種未経験OK職種・業種未経験OK
  • 学歴不問学歴不問
  • 第二新卒歓迎第二新卒歓迎

仕事内容 【10/30応募締切】相続に関するお客様からの相談業務を中心に担当 ◎実務未経験者や経験の浅い方はアシスタントからスタートできます。丁寧な研修あり
求める人材 《経験者/未経験者幅広く募集いたします》【経験者】行政書士業の実務経験者【未経験者】行政書士有資格者又は資格取得を目指す45歳までの方
勤務地 《鳥取・兵庫・東京・新潟の4拠点で同時募集!》 ■鳥取本社 鳥取県米子市加茂町2-112 2F 【…
モデル年収例 年収500万円 所長職 経験3年
情報更新日:
2017/10/16
掲載終了予定日:
2017/10/30

司法書士法人鈴木総合事務所【30年間の実績&年間3,000件の幅広い案件を手がける総合司法書士事務所】

★資格者は必ず面接★ 総合事務所でスキルUPできる【司法書士】 正社員

残り5

  • 完全週休2日制完全週休2日制
  • 学歴不問学歴不問
  • 第二新卒歓迎第二新卒歓迎
  • 転勤なし転勤なし
  • 急募急募

女性のおしごと 掲載中

仕事内容 【残業月20h程度&長期休暇取得もOK】相続対応や遺言書作成、不動産・商業登記などの業務をお任せします。将来的に独立開業したい方も大歓迎!
求める人材 【応募条件を満たす方、全員とお会いします!】◎司法書士の有資格者 ※今年度の筆記試験合格者、ブランクのある方、実務経験がない方の挑戦もOK!
勤務地 ―★ 神田・秋葉原・岩本町駅より徒歩数分の好立地! ★― 本社/東京都千代田区神田須田町2-9 宮…
情報更新日:
2017/09/26
掲載終了予定日:
2017/10/23
  • 職種・業種未経験OK職種・業種未経験OK
  • 第二新卒歓迎第二新卒歓迎
  • 転勤なし転勤なし

女性のおしごと 掲載中

仕事内容 総合職として【1.司法書士 2.司法書士補助 3.一般事務】いずれかをお任せします。
求める人材 司法書士有資格者優遇/司法書士資格を目指す方歓迎します。◎未経験の方、法律に興味のある方も歓迎します。
勤務地 茨城県土浦市下高津1-19-36
モデル年収例 年収700万円/35歳 司法書士職 経験10年
情報更新日:
2017/10/12
掲載終了予定日:
2017/10/30
注目!
「ピッタリの求人が見つからない」という方へ。あなたに合った求人の探し方!

「司法書士・行政書士」の資格内容

行政書士は国家資格であり、幅広い法律知識が求められる。行政書士の資格を得るには、年1回の行政書士試験に合格しなければならない。また、弁護士・公認会計士・税理士・弁理士と、20年以上「行政事務」に相当する事務に従事した公務員も、行政書士となる資格を持っている。行政書士になるには、「行政書士となるための資格」を有する者が、日本行政書士連合会の登録を受けなければならない。

「司法書士・行政書士」の仕事内容

行政書士とは、行政書士法に基づく国家資格者で、行政機関に提出する許認可などの申請書類の作成と提出手続き代理や、民間の権利義務、事実証明に関する書類を行う専門家である。また、市民間の契約の「代理人」として契約を進めることができる。行政書士が作成できる書類は、官公署関係では、在留ビザ、医療法人・郵送業・建設業の許認可、著作権登録、告訴状など、民間関係では、契約書や示談書、離婚協議書、遺産分割協議書、内容証明郵便など、10,000点以上あるともいわれる。また、行政書士は、弁護士と異なり、訴訟の勝敗等について主観的な判断に基づき依頼人にアドバイスすることはできないが、書類の作成については相談に乗れる。必要に応じて、依頼人に業務法令の仕組みの説明や法制度についてのアドバイスをし、結果的に依頼人の法的紛争を未然に解決する判断材料を与えることができる。「法律相談」という名称は弁護士が独占しており、行政書士などはその名称は使えない。また、弁護士以外の者が「法律相談」で報酬を得ることは禁じられている。ただし、行政書士が、法令に基づく書類作成に当たり、依頼の趣旨に沿って、どのような種類の書類を作成するべきか、または文書の内容にどのような事項を記述するべきかなどの質疑応答・指導・意見表明・法令、法制、判例などの先例説明・手続きの説明などの相談業務を行うことで、実質的に行政書士が依頼者に対する法律の道しるべとして機能している。

「司法書士・行政書士」の仕事項目

官公庁提出書類の作成/申請手続き代理/権利義務・事実証明などの書類作成/書類作成についての相談/市民同士の契約における代理/書類の電磁的記録の作成

転職に役立つ資格はこちら



適性診断を受ける
あなたの年収どうなる?年収診断をチェック!

司法書士・行政書士の転職・求人情報を勤務地で絞り込む

司法書士・行政書士の転職・求人情報を業種で絞り込む

士業(公認会計士・税理士・弁護士・その他)の他の職種から探す

職種から転職・求人情報を探す

勤務地から転職・求人情報を探す

業種から転職・求人情報を探す

その他の条件から転職・求人情報を探す