司法書士・行政書士の転職・求人情報

司法書士・行政書士の転職・求人情報

職種 指定する
勤務地 指定する
  • 特に指定しない
業種 指定する
  • 特に指定しない
雇用形態
新着・更新
こだわり
キーワード
  • を含む
初年度年収
従業員数
設立
特徴
募集の特徴
仕事の特徴
会社の特徴
待遇・職場環境の特徴
本社所在地 指定する
  • 特に指定しない
ITエンジニア向け条件 指定する
  • 特に指定しない

さらに詳しい条件で検索する

閉じる

この条件のRSSを受け取る
RSSとは

行政書士法人第一綜合事務所【入管・帰化業務で西日本トップクラスの実績◎全国展開を視野に事業拡大中!】

国際業務専門の【行政書士】語学不問!行政書士業務に専念可能◎ 正社員

新着

  • 職種・業種未経験OK職種・業種未経験OK
  • 学歴不問学歴不問
  • 第二新卒歓迎第二新卒歓迎

女性のおしごと 掲載中

仕事内容 ビザ申請および帰化申請に必要な書類作成をお任せします。未経験の方はアシスタントからスタートして頂きます。
求める人材 【学歴不問】行政書士の有資格者 ※実務未経験・資格取得見込者は歓迎、受験生は要相談  ◎国際業務の専門知識を身に付けたい方 ★語学スキル不要
勤務地 大阪(南森町)・名古屋(伏見)同時募集!両拠点とも駅より3分以内、アクセス抜群◎ ◆大阪 大阪市北…
モデル年収例 年収600万円 経験4年
年収420万円 経験3年
年収300万円 経験2年
情報更新日:
2017/08/11
掲載終了予定日:
2017/09/14

株式会社小川総合事務所【◎土日祝休み ◎年間休日120日以上 ◎残業月平均25時間】

プレミアムフライデー取得100%【総合職(司法書士、総務経理)】 正社員

  • 職種・業種未経験OK職種・業種未経験OK
  • マネジャー採用マネジャー採用
  • 完全週休2日制完全週休2日制
  • 学歴不問学歴不問
  • 第二新卒歓迎第二新卒歓迎
  • 転勤なし転勤なし

仕事内容 司法書士業務または総務経理業務をお任せします。教育・サポートも充実!★司法書士試験勉強中の4名在籍!育児との両立者も活躍中!
求める人材 《資格取得補助制度あり/未経験歓迎》司法書士資格取得者・目指している方、簿記2級資格取得者など幅広く活躍可能
勤務地 《転勤ナシ!春日駅すぐ&後楽園駅より徒歩3分で通勤に便利》 ■本社 東京都文京区小石川1丁目3番2…
モデル年収例 年収600万円 経験5年
年収900万円 経験10年
情報更新日:
2017/07/21
掲載終了予定日:
2017/08/24

松本司法書士事務所【不動産登記・商業登記など登記中心の事務所です】

司法書士事務所での事務スタッフ ※法律の知識や経験は不問! 正社員

  • 職種・業種未経験OK職種・業種未経験OK
  • 完全週休2日制完全週休2日制
  • 第二新卒歓迎第二新卒歓迎
  • 転勤なし転勤なし

女性のおしごと 掲載中

仕事内容 司法書士のサポート業務全般(来客・電話対応、書類作成・管理など)
求める人材 専門・短大卒以上(業界・職種未経験歓迎)、PC基本操作できる方
勤務地 埼玉県さいたま市見沼区東大宮4-9-5 マルヤマビル5F 【交通手段】 JR宇都宮線(東北本線)・…
情報更新日:
2017/07/25
掲載終了予定日:
2017/08/28
注目!
「ピッタリの求人が見つからない」という方へ。あなたに合った求人の探し方!

「司法書士・行政書士」の資格内容

行政書士は国家資格であり、幅広い法律知識が求められる。行政書士の資格を得るには、年1回の行政書士試験に合格しなければならない。また、弁護士・公認会計士・税理士・弁理士と、20年以上「行政事務」に相当する事務に従事した公務員も、行政書士となる資格を持っている。行政書士になるには、「行政書士となるための資格」を有する者が、日本行政書士連合会の登録を受けなければならない。

「司法書士・行政書士」の仕事内容

行政書士とは、行政書士法に基づく国家資格者で、行政機関に提出する許認可などの申請書類の作成と提出手続き代理や、民間の権利義務、事実証明に関する書類を行う専門家である。また、市民間の契約の「代理人」として契約を進めることができる。行政書士が作成できる書類は、官公署関係では、在留ビザ、医療法人・郵送業・建設業の許認可、著作権登録、告訴状など、民間関係では、契約書や示談書、離婚協議書、遺産分割協議書、内容証明郵便など、10,000点以上あるともいわれる。また、行政書士は、弁護士と異なり、訴訟の勝敗等について主観的な判断に基づき依頼人にアドバイスすることはできないが、書類の作成については相談に乗れる。必要に応じて、依頼人に業務法令の仕組みの説明や法制度についてのアドバイスをし、結果的に依頼人の法的紛争を未然に解決する判断材料を与えることができる。「法律相談」という名称は弁護士が独占しており、行政書士などはその名称は使えない。また、弁護士以外の者が「法律相談」で報酬を得ることは禁じられている。ただし、行政書士が、法令に基づく書類作成に当たり、依頼の趣旨に沿って、どのような種類の書類を作成するべきか、または文書の内容にどのような事項を記述するべきかなどの質疑応答・指導・意見表明・法令、法制、判例などの先例説明・手続きの説明などの相談業務を行うことで、実質的に行政書士が依頼者に対する法律の道しるべとして機能している。

「司法書士・行政書士」の仕事項目

官公庁提出書類の作成/申請手続き代理/権利義務・事実証明などの書類作成/書類作成についての相談/市民同士の契約における代理/書類の電磁的記録の作成

転職に役立つ資格はこちら



適性診断を受ける
あなたの年収どうなる?年収診断をチェック!

司法書士・行政書士の転職・求人情報を勤務地で絞り込む

司法書士・行政書士の転職・求人情報を業種で絞り込む

士業(公認会計士・税理士・弁護士・その他)の他の職種から探す

職種から転職・求人情報を探す

勤務地から転職・求人情報を探す

業種から転職・求人情報を探す

その他の条件から転職・求人情報を探す