「臨床検査技師」資格を生かせる仕事の転職・求人情報

「臨床検査技師」資格を生かせる仕事の転職・求人情報

「臨床検査技師」の資格内容

臨床検査技師の受験については、「臨床検査技師等に関する法律」に、養成課程のある大学・3年制の短大・専門学校などで専門知識を修了することと定められいてる。なお、獣医学部・薬学部で必要な単位を修了した者や医師・歯科医師も受験が可能だ。関連資格として、医療現場の最前線で注目されているのが「細胞検査士」。細胞検査の方法は、採取した患者の細胞で標本を作り、顕微鏡検査によって視覚的に判断するというもの。良性細胞の中から悪性細胞を発見する、細胞診断のスペシャリストである。臨床検査技師、衛生検査技師、大学の細胞検査士養成課程修了者などが認定試験を受け、資格を取得する。

「臨床検査技師」の仕事内容

医療における検査業務は、主に臨床検査技師と診療放射線技師が担当している。臨床検査技師は、医師の指示で患者の血液や尿、細胞を採取し、場合によっては試薬を使用したり、細胞や菌を培養し、さまざまな検査を行う。また、心電図検査、心音検査、脳波測定など生理学検査やCT、MRIなどによる検査も担当する。検査・分析に必要な観察力、判断力を持つ人が適している。診療放射線技師による検査は、エックス線写真の撮影が最も知られている。また、CT、MRI、超音波など放射線を扱わない検査も臨床検査技師と同様に担当することもできる。このほか診療放射線技師の独占業務としては、がん細胞などへの放射線照射治療がよく知られている。放射線治療は、例えばガンマ線による脳血管障害治療(ガンマナイフ)など、がん以外の治療にも効果が上がっており、診療放射線技師と医師による共同研究が進んでいる。

「臨床検査技師」の仕事項目

検体検査(血液検査、尿検査)/生理学検査(心電図、脳波)/病理学検査(組織標本の作製)/微生物学検査(病原微生物の培養)/CT・MRI・超音波による検査

―医療・福祉関連の転職で役立つ資格―

社会福祉士ケアマネージャー薬剤師介護職員初任者理学療法士臨床検査技師介護福祉士保育士

!

条件に合う求人はありませんでした。

  • 条件を変えて再検索してください。
職種 指定する
  • 特に指定しない
勤務地 指定する
  • 特に指定しない
業種 指定する
  • 特に指定しない
雇用形態
新着・更新
こだわり
キーワード
  • を含む
初年度年収
従業員数
設立
特徴
募集の特徴
仕事の特徴
会社の特徴
待遇・職場環境の特徴
本社所在地 指定する
  • 特に指定しない
ITエンジニア向け条件 指定する
  • 特に指定しない

さらに詳しい条件で検索する

閉じる



適性診断を受ける
あなたの年収どうなる?年収診断をチェック!

職種から転職・求人情報を探す

勤務地から転職・求人情報を探す

業種から転職・求人情報を探す

その他の条件から転職・求人情報を探す