転職ノウハウ 応募企業の探し方、面接のポイントから、円満退職の秘訣まで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!
このエントリーをはてなブックマークに追加
リアルな面接から受かる極意を盗みとれ! 転職面接 体験レポート

実際の面接体験談をもとに、過去1万人以上を面接した人事のプロ『ヤドケン(谷所 健一郎氏)』が回答内容を評価。「自分なら質問にどう答えるだろう?」と面接を受けているつもりで読みながら、回答のコツを盗み取ってください。
面接でのやりとりを知ることで、緊張や不安が和らぐだけでなく、面接本番で使える回答のバリエーションも増やすことができますよ。

Episode.03 会計事務(派遣社員から正社員)

Target Profile

りょうこさん(29歳・女性)
希望職種:経理・会計
応募企業:会計事務所
面接官・面接時間:事務所の所長と1対1(約45分)。その後、ほかのスタッフとのミーティング(約30分)
概要:業務内容の説明から始まり、終始落ち着いた雰囲気でした。あまり緊張せず話せたと思います。緊張しないような雰囲気を作っていただけたんだと思いますが、どちらかというと私よりも所長のほうから多く話してくださったように思います。

面接レポート

――――― 業務内容の説明などが一通り終わり、志望動機について聞かれる ―――――

所長 「履歴書にある志望動機について、具体的にはどういうことですか?」

(専門家を目指す仲間・思いやりのある方を求めます、という募集内容に引かれ…… と書きました)

 「経理会計の専門知識を身に付けて長く働いていきたいと思い、現在簿記を勉強しています。また特に何かあった訳ではありませんが、働いていた経験から、どんな仕事でも思いやりをもって行うことで、業務がスムーズに運ぶと感じているので、自分でも心掛けており、そのような雰囲気の職場で働きたいと思い、志望しました。」

特別、問題というわけではないけど、この場面で「特に何かあった訳ではありませんが」という言葉は必要ないと思うな。ストレートに「今まで働いてきた経験から……」としてもいいね。
「専門家を目指す仲間」を募集記事で使っているのであれば、専門知識を身に付けて長く働きたいことにプラスして、専門家という観点で話をしてみても良かったね。 例えば「経理のプロとして、知識と経験を身に付け、一生の仕事としていきたい」という表現だと専門家(プロ)を目指すということをアピールできるんだ。
「長く働きたい」という表現はあいまいで、結婚したら辞めるということも考えられるよね。「一生の仕事としたい」ということで、後に質問される結婚後の仕事についても、説明できてしまうんだ。
*転職は、プロとして働くことだと意識しよう

所長 「何のために働きますか? あなたにとって仕事とは? お金のためや生活のためということもあるとは思いますが、いかがですか?」

 「お金のためということももちろんありますが、それが一番ではなく、仕事を通して日々成長していきたい、多くの人と接して新しい知識を吸収していきたいという思いが、一番の理由です。」

未経験の職種へ応募するのであれば、例えば「経理の専門家を目指す」ということを主張してもいいね。
目標を持って行動することで、厳しさや苦しさもあるけど、それ以上に達成感があり、行動の原動力になるという説明をしてもいいと思うよ。
*目標が行動の原動力になり、熱意として伝わる

所長 「前職は派遣社員として働かれていたようですが、また仕事の紹介などもあるんですよね?」

 「はい、派遣の登録は取り消してはいませんが、会社に対しての帰属意識が持ちにくい働き方であることと、業務範囲・期間が限定されているので、私としては組織の一員という意識を持って、いろいろと任されて働くほうが合っていると考え、現在は派遣社員として働くつもりはありません。」

ベストな答えだと思うよ。派遣社員から応募する人の中には、「安定した生活がしたい」と答える人がいるけど、これだけではインパクトが弱いんだ。りょうこさんが答えたように、帰属意識や任される(責任感の持てる)仕事という答えがいいね。
そして最後の、「派遣社員として働くつもりはありません」と言い切ったことにより、所長は、りょうこさんの意思の強さを感じたと思うよ。
*企業と共に成長していきたいという帰属意識をアピールしよう

所長 「人に会うことが多いですが、それは苦になりませんか?」

 「はい、前職では対面の接客を行っており、むしろいろいろな人に会うことは好きです。」

会計事務所は企業が顧客になるから、接客や営業的なセンスも要求されるんだ。その意味でも、所長は接客経験のあるりょうこさんを生かせると考えているね。

所長 「結婚後、仕事はどうされますか?」

 「結婚後ももちろん続けていきたいと思っているのですが、出産などの際はこちらではどのようになるのでしょうか?」

面接が和やかな雰囲気で行われているから問題ないけど、「結婚後ももちろん続けていきたいと思います」とだけ答えても良かったね。 おそらく所長は、長く勤務してくれるのかということを確認したかったと思うんだ。
出産のことはりょうこさんだけに限らず、女性にとってとても大切な問題だけど、この段階では所長がりょうこさんを採用したいという決心をすることが大切なんだ。出産のことについては、所長が採用の意思を固めた段階で、確認することもできるからね。
*質問の意図と、求められている答えを考えよう

所長 「まだこの事務所ではおりませんが、できるだけバックアップはしていきたいと思っています。」

所長 「ほかに質問はありますか?」

 「何か特徴的な所風があれば、お聞かせいただきたいのですが。」

所長 「事務所の所風はこれからあなたに作っていってほしいのですが、現在、少し人員も入れ替わり、理想に向けて努力しているところです。私としての理想と所員としての意見とがあるのですが、あなたの意見としてはどちらですか?」

 「今までいろいろな上司の下で働いてきましたが、その時々で自分なりに考えて対応してきました。今すぐこの場でどちらかに賛成というのはできかねますが、今までも自分のとった対応で間違えたとは思っていませんので、今後もそのようにしていきたいと思います。」

りょうこさんの答えで問題ないね。 所長の理想、そして所員の意見を把握しない中では、答えにくい質問だね。大きな組織と違い、会計事務所では人間関係が大切だということを、所長は十分理解されていると思うけど、原則は所長の理想を具体化し、実行していくのが所員の役割だと思うよ。
ただ、所長と所員のコンセンサスが取れているのかという点が、少し気になるね。 今回の面接では、所長のほか、スタッフによる面接があったわけだけど、通常は1次面接として、所長と所員の代表が同席して面接を行うと思うんだ。もちろん面接のやり方にルールはないから、先にトップである所長が面接をして「採用したい」と考えた応募者を所員に面談させるという方法もあるけど、やや不自然な気もするね。
*事前に聞いてみたい質問を、幾つか用意しておこう

Check! フリーターや派遣社員から正社員を目指す場合

フリーターや派遣社員から正社員を希望する場合、面接官がチェックするのは、

  1. 帰属意識があり定着する人材か
  2. どうしてフリーターや派遣社員を選択したのか
  3. 正社員を希望する理由

の大きく3つが考えられる。これらについては面接前にしっかりと回答を準備しておこう。
また、原則中途面接では、企業は応募者がどのように会社に貢献できる人材かという観点で採否を判断するから、正社員経験がない場合でも、応募職種に必要なスキルや経験をアピールすることが望ましい。アルバイトで責任あるポジションを任されていたのであれば、十分アピールできるし、フリーターや派遣社員を経験することで、将来のビジョンが明確になったのであれば、具体的に説明してみよう。

<フリーター・派遣社員から正社員面接のポイント>

  • アルバイトや派遣社員経験の中から、応募職種に必要な経験やスキルをアピールする
  • 5年後の自分の姿を想像し、応募企業で何をしたいかを明確にする
  • 必要なスキルなどを、積極的に自ら身に付けていく姿勢を示す
  • 多くの職業や職場を経験した場合は、適応力、吸収力をアピールする
  • 生活の安定を志望動機にせず、会社への帰属意識やキャリアビジョンを語る

面接を終えた感想

その後のスタッフとのミーティングでは趣味や休日の過ごし方、特技などに関する質問が中心でした。
残念ながら結果は不合格でした。

文面から判断する限り、所長はりょうこさんを採用したいという気持ちがあったと思うんだ。ただし、「何がなんでも経理の専門家になる」というりょうこさんの強い意思を感じるというより、「長く働きたい」という印象を所長と所員が持ったと思うな。もう少し専門的な領域について話ができると良かったかもしれないね。
複数の応募者から選ばなければいけない場合、不採用という結果も当然あるよね。通常は不採用の理由は説明しないけど、温かみのある所長のようだから、可能であれば不採用になった理由を聞いてみてもいいね。

有限会社キャリアドメイン代表取締役
谷所 健一郎(ヤドケン)

有限会社キャリアドメイン 代表取締役 キャリア・デベロップメントアドバイザー(CDA)。1万人以上の面接と人事に携わった経験から、執筆、講演活動にて就職・転職支援を行う。ヤドケン転職道場、キャリアドメインマリッジ、ジャパンヨガアカデミー相模大野を経営。主な著書「はじめての転職 必ず成功する転職」(マイナビ)ほか多数。

バックナンバー

Episode.10  営業事務

事務職の転職面接内容を公開。「専門職と違い強みを打ち出しにくい事務職の面接で、どうやってほかの応募者と差別化を図るべき?」「資格やスキルを効果的にア...

Episode.09 総務・人事(事務系職種へのキャリアチェンジ)

総務・人事の転職面接内容を公開。「経験がない、でも事務系職種に就きたい!」という方は要チェック! 「未経験から事務系職種にキャリアチェンジを希望する...

Episode.08 編集・ライター(職種未経験)

未経験から挑戦! 編集・ライターの転職面接内容を公開。「アピールできる資格・経験がない……」そんな自信のなさが面接で裏目に!? 実際の面接のやりとり...


面接コーチが教えるあなたに合った想定質問と回答例
適職をディグる! ジョブリシャス診断(適職診断)
  • マイナビ転職 グローバル
  • マイナビ転職 エンジニア求人サーチ【IT】
  • マイナビ転職 エンジニア求人サーチ【ものづくり】
  • マイナビ転職 女性のおしごと
マイナビ転職 適性診断
マイナビ転職 適性診断

会員登録(無料)


メカラボ
土地柄タイプ診断
オフィシャルBOOK
シゴトサプリ