転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

転職Q&A【転職検討】

勤務時間外に行われる勉強会に不満。転職しても、どこでも同じ?

私は試薬や分析機器などバイオ産業の顧客、仕入先と仕事をしていて、取り扱う製品も研究者向けの専門知識を必要とするものです。そのため、週に数日1~2時間程度、社内で仕入先を招いての勉強会をおこなっています。

勉強会自体は職務上欠かせないものですが、その9割以上が勤務時間以外に設定されていることに疑問を感じています。新製品の時期などには2時間以上になる場合もあります。また、通常の社内会議なども、時間外におこなうことが当たり前となっています。

営業職であり、残業手当はつかず、代わりに定額の営業手当を支給されているのみです。勤務時間のほとんどは外回りの営業で過ごしますので、夕刻の帰社後、残業し内勤をおこなわねばならず、毎日会社を出るのは22時頃です。

最近は疲れてしまい、モチベーションも上がりません。転職も考えますが、どこの会社でも一緒だとも聞きます。実際どうなのでしょうか。

すず(23 歳 男性)

A

記載されているように、社員全員が営業から戻ってから勉強会や会議をおこなう企業は少なくないと思います。なかには労働基準法に違反していても、時間外の勉強会や研修について残業手当が支給されず、休日出勤を強要されるケースもあります。

一般的には、帰社後、事務処理や社内の打合せをおこなうケースが多いのが実情ですが、営業職のなかには、原則として直行・直帰で、自宅で事務処理をおこなう企業もあります。優秀な人材を確保したいと考える企業は、今後、社員の労働環境を見直し、効率的に仕事ができるよう改善されていくのではないでしょうか。

毎日22時まで仕事をするのは、確かに辛いと思います。営業職にこだわらないのでしたら、比較的自分のペースで仕事ができる内勤の職種を検討するか、営業職であっても、労働環境の良さを前面に打ち出している求人案件を探してみてはいかがでしょう。在職中に転職活動をおこなえば、面接等で他社の状況を把握し、そのうえで転職を決断することも可能です。

>> 残業時間が今より楽そうな仕事に転職したいなら、考えておくべきことは?

キャリアアドバイザー 谷所健一郎

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
自分を向いて歩こう。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。