転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

転職Q&A【内定・退職・入社】

内定辞退は法的に問題?

現在在職中で、転職を希望し内定を頂きました。内定を頂いた会社にも、口頭でお受けする旨を伝えておりましたが、現職での引き止めに迷いがでており、現職を続けたいと思い始めたのですが、内定先への辞退はできるのでしょうか?また、辞退したときは法的措置などあるのでしょうか?

イレブン(27歳 男性)

A

内定そのものに拘束力はありませんので、内定を辞退することで、法的措置は取られることは一般的にはありませんが、道義的な部分を考慮すれば、速やかに先方企業へ申し出るべきです。転職者採用の場合、余剰人員は確保していないことが多く、イレブンさんが辞退することで改めて募集をおこなわなければいけない結果になります。今回の場合、口頭による内定ですので必要ないと思いますが、内定受諾の際に、保証人連名で誓約書を提出している場合は、保証人に速やかに連絡をすることも必要です。

イレブンさんの将来を十分考えた結果であれば、現職に残るという選択も間違いではないのですが、引き止められて迷うくらいならば、最初から退職の申し出をするべきではないというのが、私の持論です。退職を申し出るまではあらゆることを想定してじっくり考え、悩むことが必要ですが、一旦申し出たら意志を曲げないことです。

一時的には、雇用条件が良くなり、上司の態度が好転することもありますが、それほど長続きしないケースもあります。退職したいと考えた人材だというレッテルを払拭するだけの在職価値があるかどうか、再度考えてみてください。

転職先については全く未知ですから、不安もあり、環境を変えたくないという気持ちもわかりますが、なぜ転職しようと思ったのか、現職で将来の目標を構築できるのかということを冷静に考えて、結論を出されるべきだと思います。

キャリアアドバイザー 谷所健一郎

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
自分を向いて歩こう。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。