転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

マイナビ転職データLABO 仕事、転職、ホントのところ アンケートデータから、仕事や転職にまつわるアレコレをマイナビ転職が調査。これから転職を考える人に役立つ、さまざまな実態を読み解きます。

「今は転職どき」は本当か? 2016年の転職市場をレポート

厚生労働省が発表する「一般職業紹介状況」では、2015年平均の有効求人倍率は1.20倍となり、前年の1.09倍を0.11ポイント上回りました。労働市場は近年改善傾向が続いており、中途採用における企業の人材獲得競争は継続して過熱しています。

そこで、直近に中途採用実績のある国内の企業にマイナビ転職がアンケート調査を実施。皆さんの転職活動に役立つ最新の転職事情をお伝えします。

※調査期間/2016年1月12日~2月12日
※調査対象/1年間(2015年1月~12月)に中途採用活動実績のある全国の企業

企業規模が大きいほど「人材不足感」が強い

中途採用活動実績のある企業向けに実施したアンケートで、「人材の過不足感」について聞いたところ「人材が不足している」と回答した企業は75.7%と過半数を占めています。


人材の過不足感

また、「人材の過不足感」について、従業員規模別では規模が大きいほど「不足している」と回答した割合が高く、300人以上の企業では82.3%が「不足している」と回答しました。多くの企業が「人材が足りていない」と感じていることが分かります。


【従業員規模別】人材の過不足感

中途採用の理由は、「欠員募集」から「組織の拡大や強化」へシフト

企業が中途採用を行った理由として、最も多かったのは「経営状態の好転・既存事業の拡大」が43.1%。次いで「組織の存続と強化(活性化)」が42.0%、「年齢など人員構成の適正化」が31.4%でした。

また、回答のうち「年齢など人員構成の適正化」「労働時間短縮への対応」は、ここ数年で徐々に増えてきている一方、「退職者の増加」を理由とした回答は減ってきています。

売り手市場で「経験者採用の選考基準」も変化

では、中途採用を行う企業の選考基準はどうか? 経験者採用の選考基準は「前年並み」が68.4%で過半数以上を占める結果となりました。

特徴として、年々「前年より甘くした」という回答の増加傾向が出ています。これは2012年以降売り手市場に移行し人材の獲得が難しくなってきたため、採用条件を緩和する企業が増えてきているということになります。


選考基準で甘くした項目(複数回答)

企業規模別でも、従業員数の少ない企業ほど「前年より甘くした」の回答が多くなっています。

具体的に、経験者採用の基準で「甘くした」と回答した企業にその内容を聞くと「職務経験」が76.2%と、圧倒的な差で最も多い回答となっています。次いで「資格」「ポテンシャル」「学歴」という結果でした。

「職務経歴」の部分で「自信がない」という転職希望者にとって、チャンスと捉えられる回答ではないでしょうか。

2016年も積極採用を予定する企業が多く、経験者・未経験者ともに見通しは「良い」

今後1年間の中途採用の見通しについては「経験者・未経験者採用ともに積極的」が50.8%と全体の半数を占め、次いで「経験者採用は積極的だが未経験者採用は消極的」が36.1%となっています。一方「消極的」と回答したのはわずか9.4%に留まっています。


今後一年間の中途採用見通し

2016年の転職市場は、企業が中途採用に積極的になっており、売り手市場が引き続き継続となりそうです。転職を考えている方にとってチャンスは多くなりそうですね。


  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
自分を向いて歩こう。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。