転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

タイで働く情報コラム

何歳からでもチャレンジできる!タイ転職を成功に導く3つの考え方

掲載日:2017/03/07

何歳からでもチャレンジできる!タイ転職を成功に導く3つの考え方

語学力を磨く~英語は必須、タイ語ができれば◎

タイで働くということは、タイ人と一緒に仕事をするということ。もちろんコミュニケーションにはある程度の語学力が必要です。テレビのバラエティー番組などで「日本語しか出来ないけどタイで活躍中!」といった例が紹介されたりするとおり、日本語だけでもOKな求人が豊富にあるのがタイの良いところ。とはいえ、英語もしくはタイ語が使えると活躍のステージが確実に広がるので、是非頑張っていただきたいところです。
いわゆるホワイトカラーの業種や部門では、多くのタイ人スタッフが英語を理解するため、基本的な英語力を備えていればコミュニケーションに困ることはあまりないようです。一方、製造業の工場で働くタイ人の多くは、あまり英語を理解できません。日本人とタイ人をつなぐために通訳を雇ったり、社員に日本語教育を施したりしている企業もあり、タイ語ができないからといって、仕事がまったく回らない、という心配は少ないようですが、最低限のタイ語力が身に付いていれば、スタッフからの信頼も得られやすいメリットがあります。一からタイ語を身につけるのは非常に大変ですが、実りも大きいはずです。

日本よりもタイで評価される技能で勝負する

何らかの実務経験や実力があることが前提とはなりますが、日本よりタイで評価される仕事も多く見受けられます。例えば金型製作。日本では、金型製作に関する技術者は潤沢ですが、タイでは人材不足気味なようです。こういった違いに着眼すると、業務経験に対する評価の違いが生まれます。仮に日本では評価されづらいと感じていても、タイで重宝される可能性を持っている可能性は大いにあるのです。

技術の伝道師になる~教える力があれば年齢の壁は超えられる

例えば工場での品質管理など、「日本では普通の技術」が、「タイでは未成熟な段階」にあることも。日本で積み重ねてきた経験が、タイではとても貴重な技術である場合が多々見受けられます。
まずは自分の持つ専門性を棚卸してみてください。働く国を移したら、その専門分野の価値が大きくなる!というものが見つかればチャンスです。そのスキルをタイ人の後進に教えたい、自分の技能を継承してタイの産業発展に役立ちたい!という情熱があれば、年齢に関係なく活躍の場所を見つけることができるでしょう。定年後にアドバイザーとしてタイの製造業の現場で雇用されている例も多くあります。

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
自分を向いて歩こう。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。