転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

総合商社業界/専門商社業界

商社業界の魅力と将来性を徹底解剖! 業界サキヨミ図鑑

総合商社は海外直接投資。専門商社は新規事業を模索

商社には、海外投資から種々の商品・サービスまで幅広く扱うデパート型の総合商社と、金属や機械、化学、燃料、食、医薬品など個々の分野に特化した専門商社がある。

日本貿易会加盟商社43社の売上高87兆円(2013年3月期)は、日本の名目GDPの18%にあたる。大手総合商社7社だけで関連事業会社4,000超、従業員40万人という巨大ビジネスだ。

7社の2015年3月期決算は、原油や資源価格の下落、シェールガスの開発リスク負担など逆風があったが、それでも3社が増益を確保した。金融や畜産事業など非資源部門が好調だった。

7大商社の売上高年度推移(連結)

1960〜70年代、総合商社は自動車や電気製品などを輸出し、原材料を輸入する貿易で高度成長を支えた。80年代以降、メーカーの海外進出が加速し直接取り引きが増えたのを機に、貿易から投資へビジネスモデルを一大転換した。家畜飼料や農産品海産物、鋼材加工品、鉱物など、これまで扱ってきた商品をベースに、直接投資して「海外から持ってくるものを現地で作り、国内外で売る」仕組みで飛躍的に業績を拡大した。

莫大な収益を上げるのは資源開発や海外の工業団地の開発・運営、発電ビジネスなどの大型案件である。一方、資源ビジネスはリスクも大きい。経験が豊富な総合商社ほどリスクを回避し、着実に売り上げを伸ばしている。

また、海外ネットワークの独自情報をもとに、バイオテクノロジーのような新分野の海外ベンチャー企業に先行投資する商社もある。

最大手2社は北米シェールガスの優良権益を握る。サハリンの天然ガス油田開発・液化事業にはロシア政府系や石油メジャーと相乗りして日本の複数の総合商社が参画している。中東のLNG事業、東南アジアでは複数の大工業団地計画にも総合商社が参画する。メキシコの風力発電では従来のように発電機を売るだけでなく、運営や売電まで手掛けていく。発展途上国でのインフラ整備への貢献は大きい。

老舗が多い専門商社だが、飽和気味にある国内市場への対応が急務だ。長年培った専門性を生かし、独自の商品や流通システム開発、小売業など新規事業や直接投資に乗り出している。近年、バイオでは世界的シェアを持ちながら倒産した化学メーカーを化学系専門商社が傘下にして話題になったが、同社はそれをテコに海外展開を図る。

個々の専門商社は総合商社に比べ規模が比較的小さい。このためスケールメリットを求めて合併や再編が進む。鉄鋼や食品、医薬関係など、さまざまな分野で新しい商社が誕生している。



  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
自分を向いて歩こう。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。