転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

タイトル:会社は辞めたけど、なかなか内定が決まらない……そんな時こそ! 転職活動見直し術 「会社を辞めてから、転職活動に専念したい!」「退職してもすぐに次の会社が決まるはず…」と思って会社を辞めてしまった人も多いのでは? でも、なかなか内定をもらえないというケースも多いはず。そこで今回は、ブランク(離職期間)が長くなってしまった求職者の皆さんに、転職活動を見直して内定に近づくコツをお届けします!

面接の受け答え
ブランクが原因で、面接に行くのが怖い…

面接官はあなたを「落とすため」ではなく、「採用するため」に質問をしているということを理解しましょう。離職期間が長い転職者の場合、面接の現場で、ほぼ間違いなく「離職期間が長引いている理由」を聞かれます。

しかし、これは、健康上の理由や特別な事情があったのかどうかを確認するための質問です。面接官は、決してあなたの弱点を突いて困らせよう思って質問をしているのではありません。どうして長くなってしまったのか、その理由を聞きたいだけなのです。

大事なのは「どう答えるのが、最も自分にとって納得できるか(どもらずにしっかり言えるか)」を考えることです。つまり、そのブランクを自分がどう受け止めているか、ということです。自分自身が否定的に考えていたり、納得できていない返答をすると、おどおどしたり、卑屈な内容になってしまったり、目が泳いでしまったりします。そうすると、面接官から信頼を得るのが難しくなります。

ですから、下手に言い繕うよりは、正直に答えましょう。そこからさらに突っ込んだ質問をされたとしても、これも悪意があってのことではありません。特に営業職の募集などの場合は、相手に痛い所を突かれた時に対応できるかを見るために、わざと答えにくい質問をする場合があります。そうした際には、例えば「申し訳ありませんが、そのことについてはうまい答えが見つかりません」と正直に答えれば大丈夫。大抵の場合、面接官は次の質問へ移っていくでしょう。

面接で、一つやふたつの質問にうまく答えられなかったからといって即不採用になることは、まずあり得ません。これは書類作りにも通じることですが、面接は、自分の“できること”“長所”をアピールする場です。ブランクがあることをごまかそうとせずに、きちんと説明して、「御社で活躍したい!」と思っていることをアピールしましょう。

面接質問のサンプルチェックをしよう

ブランクがあると面接で消極的になりがち。質問サンプルを参考にして、自分自身をアピールしましょう!

前職を離職されてからブランク期間がありますが、
特別な理由がありますか?

答え方のポイント

ブランクの理由はさまざまですが、もしブランク期間中に資格取得など目指していたものがあれば、アピールしましょう。特別な理由がない場合は無理に取り繕わずに、転職活動が長引いてしまった理由を、きちんと説明しましょう。

よくできました!

在職中はまとまった時間が取れず、自分の今後のキャリアを熟考することができませんでしたので、ブランク期間中はビジネス書や、インターネットなどで情報を収集したり、志望業界の先輩から話を聞いたりして、将来の方向性について考えてきました。その結果、自分はやはり○○業界にいきたいという思いを強くすると同時に、そのためには××の資格が必須であることを知り、資格の取得に向けて勉強してきました。

POINT

ブランク期間を通して、どのように成長したのかが明確なので、働く意欲が下がっていないことが伝わってきます。

よくできました!

在職中は多忙だったため、通常業務と転職活動を平行することができず、退社をしてから転職活動を始めました。自分自身のキャリアや将来の方向性について、改めて考えることが多く、転職情報の収集にも時間をかけたためにブランク期間がございます。現在は、自分の××を生かしながら、是非とも御社で○○をしたい、という意欲を持っております。

POINT

転職活動中に、キャリアや将来について考えたことも立派な活動です。特別な理由がない人は誠実な態度でブランクの理由を説明しましょう。

もうひと工夫!

前職が激務でしたので、一度退職をし、次の仕事に向けてリセットするために、旅行に行ったり、趣味のカメラを勉強したり、読書をしておりました。

POINT

旅行や趣味などをあげるのであれば、それが志望する仕事(動機)にどのように関係するのかをアピールしましょう。

退職した理由はなんですか?

答え方のポイント

離職後にブランク期間が長引くと、退職理由が漠然としてしまうことがあります。そんな時は退職した時点に立ち戻り、ブランク期間を感じさせないような明確で前向きな志望動機を見つけましょう。また、体調不良などで退職をした人は、健康面での退職理由のほかに、スキルアップなどの希望があったのであれば、アピールをしても良いでしょう。

よくできました!

前職では、旅行会社の一般事務に携わっておりましたが、希望を出して社内報の編集も担当してまいりました。この経験によって、かねてから興味があった出版業界に行きたいと思うようになり、出版に必要なスキルを学ぶべく、退職をしました。前職で培った旅行業界の知識と、このたびの転職活動中で身に付けたDTPの技術を、ぜひ御社で生かしたいと考えております。

POINT

ブランク期間で習得した技術などがあれば、アピールしましょう。

よくできました!

前職では、自己管理が行き届かず体調を崩し、療養が必要であったということと、当時、○○を勉強したいという気持ちが強く、スキルアップを目指して退職しました。体調のほうは、担当のお医者さまからもお墨付きをいただくほど完治しておりますので、今後の業務への支障はございません。

POINT

体調を崩したこと以外にスキルアップなどをしてきた人は、アピールしても良いでしょう。また現在、完治している人は通常業務に問題がないことも伝えましょう。

頑張りましょう!

かねてから自分には、営業職よりも事務的な業務のほうが向いているのでは、と思っておりましたので、自分の可能性に賭けてみたいと思い転職を決意しました。ブランク期間中は、事務ソフトのスキルを身に付けておりました。

POINT

「自分に向いている」と思った具体的なエピソードを振り返り、説得力のある根拠に結び付けましょう。

キャリアカウンセラーからのメッセージ

転職活動が長引くと、企業側から「どう見られるか」を気にされる人が多いようです。「たくさん落ちていると見られるのではないか?」「やる気がないと見られるのではないか?」さらには、「私はこの社会から必要とされていないのではないか?」……。内定をのがすたびに、そんな風に感じている方も大勢いらっしゃるかもしれません。

私もかつて同じことを感じた経験を持つ一人です。実際にたくさん落ちているかもしれませんし、今はやる気が減退しているかもしれません。でも、精一杯頑張っていますよね。求職活動が長引くといろんな場面で傷つく機会が増えます。だからこそ、せめて自分だけでも、その頑張りを認めてあげることが大切です。

以前、ブランク期間の長さを気にしていた女性が、その理由を自信を持って話せるようになったとたんに就職が決まりました。ブランク期間の長い自分を受け入れて「それも私」と思えた時、素直に話せるようになった、と彼女は教えてくれました。どんなにマニュアル通りの経歴書を書いて、マニュアルどおりに面接を進めようとしても、心の底で自分自身を肯定できていなければ、あなたの思いは伝わりません。同じように伝えても、否定的な会社もあるでしょう。でも裏表のないあなたを理解してくれる会社も絶対あります。

まずは、自分を認めてあげること。そこをスタート地点にして、一つひとつ転職活動を見直していきましょう。あなたを理解し、あなたの助けを必要としている会社が絶対ありますよ!そんな会社に、早く出合えますように。

錦戸かおりプロフィール写真

錦戸かおり(にしきど かおり) さん 

キャリアカウンセラー/セミナー講師

13年間、個人と企業を結ぶ仕事に従事した後、03年に「がんばれ工房」を設立。6,000人以上の転職相談の経験から、転職するのがベストの選択かどうか、生き方・働き方から共に考える転職相談を行っている。 一人ひとりと長いお付き合いをすることで、キャリアのホームドクターとして活動中

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
自分を向いて歩こう。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。