転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

転職Q&A【転職検討】

自分の職種が好きになれない場合、転職するのもあり?

営業職を約2年間しております。もともと人と話をするのも、人付き合いも苦手でしたが、仕事を続けていくうちにある程度克服できるものだと考えておりました。しかし2年たった今でも、商談や交渉が本当に苦痛で仕方ありません。向いている、向いていないと考える以前に、どうしてもその職種が好きになれない場合、それが理由で転職を考えるのは逃避になるのでしょうか? 今更別の職種につけるかどうかがわからず不安なために、今の仕事を続けておりますが、明らかに営業職を生涯続けていくという気持ちはありません。このような状態でも、もう少し続けたほうがいいのでしょうか? あるいは思い切って転職をしてみるべきでしょうか? 因みに今の会社は3人しか社員がおらず、営業以外選択肢はありません。

REYES(30歳 男性)

A

興味や価値観は、人それぞれ違います。仕事を続けていくうえで、楽しみや喜びを見出せないことは、限られた人生のなかで寂しいことです。
嫌々仕事を続けていても、良い結果は生まれません。営業職のように成績が数値で現れる職種の場合、今後益々苦しくなることも予想できます。長く営業職を続けていく気持ちがないということでしたら、転職を考えられてもいいのではないでしょうか。

転職する際、営業職以外だったら何でもいいという考え方ではなく、REYESさんが本当にやりたいことについて考えてみてください。別の職種に就けるかどうかということに不安を抱くのではなく、REYESさんだからこそ活かせる職種は必ず見つかるという信念で、チャレンジしてください。これまで経験したことを振り返り、楽しかったことや充実感を味わったことを思い出してみることも一つの方法です。今後に活かせることを大きな視点で考えてみることで、未経験の職種であっても、強みをアピールすることができます。例えば、縁の下の力持ちとして、営業職を後方から支援することは、営業の厳しさを知っている人材だからこそ勤まることもあります。

未経験の職種にチャレンジすることは、エネルギーも必要ですが、やりたいことが明確でしたら、十分今からでも乗り越えられます。営業職から逃避するという考え方ではなく、「自分には、一生の仕事としてもっとやりたいことがある」という気持ちで、職種を考えてみることが大切です。

キャリアアドバイザー 谷所健一郎

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
自分を向いて歩こう。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。