転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

転職Q&A【面接・選考】

残業できないことをうまく伝えるには?

現在1歳の子どもを保育園に預けて転職活動中です。書類選考を通過して面接に行くと、必ず面接官に「残業はできますか?」と聞かれます。履歴書には残業はできないと書いているのですが、それでも残業ができるかどうかをきいてくるということは、残業ができないと就職は難しいということなのでしょうか? 子どもを抱えた他の方はどうしているのか知りたいです。

うりうり(28歳 女性)

A

履歴書に残業はできないと書いているにもかかわらず、「残業ができますか?」と聞かれるのはおかしなことだと思います。面接官が履歴書をよく見ていないのか、あるいはできないことはわかっているが多少はできるかということを確認したいのでしょうか。

残業に関しては、職種や企業によってかなり違いがあります。通常は残業がない仕事でも、月あるいは年間の中で忙しい時期は、残業を依頼されることもあります。そういった繁忙期にもまったく残業はできないという場合、正社員としての採用が不利になることもあります。男性だから女性だからではなく、どれだけ企業に貢献できるかがポイントなのです。

企業への貢献には、時間で貢献する人、能力で貢献する人さまざまです。企業は応募者の置かれている状況を優先するのではなく、採用後企業にとってどのようなメリットがあるかをまず考えます。普段は残業ができなくても、特定の忙しい時期は保育時間を延長して残業を行うことを検討してみるのも1つの方法です。

まったく残業がない仕事と巡り合うことも可能かと思いますが、面接時に「残業はできません」とあっさり言うのではなく、「御社の業務に魅力を感じ、自分の能力を最大限活かせる職場だと思います。保育園などの問題もありますのですぐには難しいのですが、今後残業ができるよう努力してみます」と仕事に対して熱意を示すことが必要かもしれません。

現在、まったく残業ができない状況でしたら、派遣社員として勤務することも検討されたらいかがでしょうか?子育てが一段落した時、正社員で働くことを考えてもいいと思います。実力があれば年齢や勤務条件はハンディにはなりません。専門的な能力について勉強を続けながら、将来に夢と目標を持って、あせらずできることから始めてください。

>> 結婚・出産後も働きやすい会社を探すコツは? 転職活動で気をつけるべきことは?

キャリアアドバイザー 谷所健一郎

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
自分を向いて歩こう。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。