転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

転職Q&A【面接・選考】

プライベートに関する質問の意図は?

転職活動2カ月目です。何度か面接をしていただける機会がありますが、面接官からの質問で私自身の経歴に関係のない質問を受けることが何回かありました。

事務職、主に経理事務で仕事を探しているのですが、たとえば「父親の職業」であったり、「喫煙の有無」「お酒はどれくらい飲むのか?」「血液型は?」など……。

正直に答えていますが、意図がわかりません。ときによっては、経歴や志望動機に関する質問より多いときもあります。面接官の意図は何でしょう? また、こういった質問に答えるのを拒否すると印象が悪くなってしまいますか?

なお(35歳 女性)

A

厚生労働省は、人権的な部分を採否の要因とせず公正な採用が行われるように、従業員100名以上の企業に対しては、公正採用選考人権啓発推進員の選任を推奨しています。学校推薦による高卒採用試験では、人権擁護に基づき面接における質問についても制限があるのですが、大卒や中途採用では、面接官によって温度差があり、プライベートな問題や家族についての質問が行われることもあります。

今回の場合、面接官の意図を好意的に受け止めるなら、採用について真剣に考え、なおさんのことを詳しく知りたいために行った質問のようにも感じます(実際は、「父親の職業」「お酒の飲む量」「血液型」などは、まったく採否に関係ないことなのですが……)。

面接官によっては、形式だけの受け答えをする応募者の本質を知りたいために、プライベートに関することを聞くこともあります。このような場合、質問に答えることを拒否することで面接官の意図する目的が達成されず、印象が悪くなることもあります。ポイントは、なおさんが不快に感じるか否かということだと思います。

質問にもよりますが、面接官の聞き方や会話の流れによっては、不快感を覚えないこともあると思います。しかし、今回の一連の質問内容は、面接官として常識が欠けているように感じますので、なおさんが不快に感じるようでしたら、採否に関わらず拒否されたらどうでしょうか?

キャリアアドバイザー 谷所健一郎

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
自分を向いて歩こう。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。