転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

QUESTION
同職種転職で前向きさをアピールできる退職理由は?
私は前職で、食品系の会社でフードコーディネーターのアシスタントをしていました。仕事はとても多忙でしたが、やりがいはありました。

しかし会社の体質がひどく、1カ月に1人は必ず社員が辞めるという状況で、お客様に平気で嘘はつくし、お給料が初めに提示されたものと違ったり、セクハラはあるし、会社に不信を持ってしまい、半年で辞職しました。

仕事自体は目指していたものなので同じような仕事を探していますが、見つかっても「なぜ前職と同じような仕事なのに退職をしたのか」と思われてしまって困っています。体調を壊したなどと嘘をついたほうがいいいのでしょうか? 退職理由の書き方を教えてください。

チャト(23歳 女性)

ANSWER
健康でなければできない仕事ですから、体調を壊したという理由では、逆に「同様の仕事が大丈夫なのか?」と疑問を持たれます。

前職を半年で退職し、同じ職種を希望するのであれば、ある程度事実を説明する必要があります。前職の問題点をまったく指摘しないで退職理由を説明することは難しいと思いますが、チャトさんが目指しているフードコーディネーターと内容が違っていたということを第一の理由としてあげてみてはいかがでしょう。

前向きな転職をアピールするためには、目指すフードコーディネーター像を明確にすることが大切です。チャトさんの描いているビジョンを、社内体制のルーズさから実現できないと判断したという回答で問題ありませんが、ポイントは、チャトさんの目指す方向性が大切なのです。

具体的にルーズさについて聞かれた場合は、「たいへんやりがいがあり、熱意を持って取り組んできましたが、一番の理由はお客様に嘘をつくことを強要され、お客様との信頼関係を築くことができないと判断したことです」と説明し、チャトさんが考えるお客様との関係に話を展開してしまうことも1つの方法です。

給与の相違やセクハラなど、ほかにも理由がありますが、すべてを詳細に説明していたら退職理由だけに時間をとられてしまい、前向きなアピールができないまま企業批判のイメージを与えてしまうこともあります。会社の体質に納得しないから辞めたという意識から、「やりたいこと」を実現させるための転職だということに気持ちを切り替えることが大切です。

キャリアアドバイザー 谷所健一郎

賛成! あたらしい生き方。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。

キーワードから記事を探す

検索フォーム

人気コンテンツランキング
転職成功ガイド