転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

転職Q&A【法律関係】

雇用契約書を交わさないのは、違法では?

内定をもらった会社に「当社では雇用契約書を取り交わしていない」と言われ、給料や勤務条件などを記載した書面を渡されました。雇用契約書を交わさない契約は違法ではないのでしょうか。

几帳面(29歳 男性)

A

労働契約は、その労働条件について労使間で合意がなされた時に成立します。書面によらず、口頭だけでも成立します。ただ、口頭では労働条件についての解釈の相違や誤解等が生じ、トラブルを招くことも多いので、労働基準法ではトラブル防止のため、賃金や労働時間等を書面で明示することを定めています。あくまで書面での明示義務なので、下記の内容の明記があれば、労使双方の記名捺印を必要とする雇用契約書を交わさなくても、違法ではないということです。

<使用者(会社)が書面による明示を求められていること>(労働基準法施行規則5条)

1. 労働契約の期間に関する事項
2. 就業場所および従事すべき業務に関する事項
3. 始業および就業の時刻、所定労働時間を超える労働の有無、休憩時間、休日、休暇並びに労働者を2組以上に分けて集合させる場合における就業時転換に関する事項
4. 賃金の決定、計算および支払いの方法、賃金の締切および支払の時期
5. 退職に関する事項

※この情報は2014年9月2日時点のものです。

社会保険労務士法人山本労務 代表 山本法史

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena

社労士解説! 転職Q&A動画

  • 【社労士解説】職場の3大トラブル対処法〜泣き寝入りしないためのTIPSを学ぶ!~

  • 【社労士解説】違法残業とは?特殊な職種や管理職でもNGに!

  • 退職時の給与・賞与にまつわる金銭トラブルを社労士が徹底解説

  • バレてもOKな副業・NGな副業〜会社も禁止できない副業って?社労士がマジメに解説!

自分を向いて歩こう。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。