転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

シゴトサプリトピックス

明日の朝礼で使える! 1分間スピーチ必勝法

掲載日:2015.4.2

明日の朝礼で使える! 1分間スピーチ必勝法のイメージ画像1

メールなどでの情報共有が一般的となり、ともすると社員同士のコミュニケーションが薄れている昨今。お互いに顔を付き合わせる「朝礼」の意義を見直す企業が増えているそうです。

朝礼に関するあらゆるノウハウを満載した『月刊朝礼』を発行しているコミニケ出版代表の下井謙政さんは、次のように言います。

「定期購読をしていただいている企業は、現在約2,000社。発行部数も順調に増えています」(下井さん 以下同)

下井さんによれば、朝礼は「歯磨き」と同じとのこと。毎日歯を磨くのは当たり前の習慣ながら、それを怠ると目に見えないスピードで虫歯ができていく……。企業における朝礼も同じで継続が大事だといいます。朝礼といえば1分間スピーチなど、持ち回りでそれぞれ発言する機会があるのが一般的。でも、自分が担当の日は正直気が重いものです……。

「しかし、これを続けるとトークの瞬発力を養えるんです。例えば、普段直接話すことのできない役員とエレベーターで一緒になったとします。目的階に着くまでに簡潔なプレゼンができれば、あなたの株も上がることでしょう」

これは、営業トークにも役立ちます。スピーチと同様、最初につかみを持ってくるのが重要とのことです。

明日の朝礼で使える! 1分間スピーチ必勝法のイメージ画像2

次に気になるのは、何を話せばいいのかということ。「朝礼.com」を運営する日本創造教育研究所の経営企画室室長・福島武志さんに、ネタ集めについて教えてもらいました。

「上意下達の朝礼は減っていて、今は相互コミュニケーションの場として活用されているケースがほとんど。新聞やネットなどでネタを探すよりは、自分が昨日感動したことを伝える方が、より親密感が生まれます」(福島さん 以下同)

実際に、同社でも毎朝朝礼を行っていて、そのなかに「前日の出来事から感謝の気持ちを発表する」コーナーがあるそうです。

「これによって、いろんな人に支えられて仕事ができていることや、感謝すること、謙虚でいることの大切さを実感するので、働く意欲も高まっていきます」。

朝礼での発言の場は、自分の考えを端的にまとめて相手に伝える練習をするには良い機会。スピーチを「させられる」のではなく、積極的に「する」という意識があれば、伝えたいことが相手にきちんと伝わるようになり、結果的に仕事の業績も上がりそうですね。

(石原たきび+ノオト)

取材協力/下井謙政

株式会社コミニケ出版代表取締役社長。20歳から板前の道に進み、料理長を務めるまでに至るが、2006年、同社2代目の急逝に伴い、同年7月に代表を引き継ぎ現職。就任後、同志社大学大学院にてMBAを取得(2014年卒業)。「朝礼の日」の登録や「朝礼川柳」の募集といった新たな取り組みを行う。

取材協力/福島武志

株式会社日本創造教育研究所経営企画室室長。「中小企業に勤務する人たちがイキイキと働ける環境をつくりたい!」という思いで、朝礼教材『13の徳目』を開発。現在、約2,500社の企業が導入し、喜びの声を多数集めている。また、約1万2,000社の会員企業に対して、実践的な研修ノウハウも提供している。

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena

仕事に役立つ動画

  • 【セカンドキャリアの築き方】元芸人の社長が語る夢は諦めても人生は諦めない方法!

  • 【仕事で使える】茂木健一郎さんに聞く!課題解決のための良い質問・悪い質問とは?

  • 【対人力アップ】人を惹きつける対人力で自分を高めよう

  • 話し方で印象UP!笑いのメカニズムを利用した自己プロデュース術とは

自分を向いて歩こう。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。