このエントリーをはてなブックマークに追加

カバーレターの書き方

カバーレターは、履歴書や職務経歴書に同封する書類で、日本語では送付状や添え状とも言います。応募先企業に選考書類を送付する際にはビジネスマナーとして必ず同封したいものですが、英文履歴書に添付するカバーレター(もちろん英文になります!)は単なる添え状ではなく、「書類選考通過の強力なツール」になります。採用担当者に、数あるレジュメの中からあなたに興味を持ってもらえるように、効果的にアピールできるカバーレターの書き方をご紹介します。

カバーレターは、自己アピールに生かせる重要書類!

カバーレターとは

カバーレター(Cover Letter)とは英文履歴書に添付する書類のことで、志望動機や自己PRなど、職歴以外のアピールポイントはここに記載します。採用担当者が一番に目を通すものなので、非常に重要な書類と言えます。「履歴書を見てみよう」と思ってもらうためにも、カバーレターで効果的に自己アピールをすることが必要です。

カバーレター書き方のポイント

長さとしてはA4サイズの用紙1枚に収まる程度(3~4パラグラフ構成)を目安に、下記のポイントを押さえて作成しましょう。

  • ●希望職種・応募の経緯(1パラグラフ)
  • ●自分のキャリアの一番の売りや、自分のスキル・能力が、応募企業にどう貢献できるか、という自己PR(1~2パラグラフ)
  • ●読んでいただいたことへのお礼と、面接の依頼(1パラグラフ)

上記すべてに共通して重要なのは「簡潔にまとめること」です。詳細な自己紹介や、熱意を長く語ることなどは、かえって採用担当者の興味を失いかねません。できるだけ避けるようにしましょう。

カバーレターのサンプル

実際に以下でカバーレターのサンプルを見ながら、書き方のポイントを確認してくださいね。



※この記事は、NTTラーニングシステムズ株式会社と株式会社アルクが共同で運営する「バーチャル英会話教室」ネイティブ講師陣のご協力により作成しました。

海外転職ノウハウ

  • タイで働く
  • 英文履歴書の書き方
  • カバーレターの書き方
  • 海外転職に役立つ!国際資格完全ガイド
  • ビジネス英語ワンフレーズ
  • 人事担当者インタビュー
  • グローバル人材への成長術