転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

朝日新聞×マイナビ転職 Heroes File

vol.78 女優 満島ひかり 同世代との出会いが刺激に


映画『愛のむきだし』の強烈な演技で注目を集めて以来、
話題の映画やドラマに数多く出演。今、最も輝く女優の一人である満島ひかりさん。
どんな役にも容赦なく、それでいて気負いなく立ち向かう。
華奢な体のどこにそんなパワーが潜んでいるのだろうか。
その源を探るべく、芝居の原点や、演じるうえで大切にしていることなどを語ってもらった。

演技の原点は、小学校で経験した一人芝居

全身からみずみずしさと躍動感が満ちあふれている。若手屈指の実力派女優と言えばこの人、満島ひかりさん。

小学生の頃、一人芝居の大会に何度か出場した。「母親は一度やると決めたことには超スパルタで、セリフに抑揚がない、聞きづらい、手ぶりをもっとつけて、と毎日ダメ出しをしながらの猛特訓。家族の前で練習させられ、でもそれが結構楽しかったんです」

また、沖縄のアクターズスクールに通い出してすぐ、映画に出演したことがあった。スクリーンに映る自分の姿に感動し、「映画ってすごい。いつかまたあの現場に行きたいなと思っていました」。

そんな原体験が心のどこかに残っていたのだろう。12歳から始めたダンス・ボーカル・ユニットの活動が5年後に幕を閉じた時、気持ちは自然に映像作品へと向かっていた。 「それで、幾つかオーディションを受けるのですが、全然受からない。これが最後と思い臨んだのが、ドラマ『ウルトラマンマックス』のオーディションでした。受かってうれしかったけれど、役はアンドロイド。今思えば貴重な経験なのに、当時は何で私だけがロボットなんだろうと、ストレスもたまっていました」

そんなある日、廊下にポツンと立っていると、そのドラマの監督の一人、実相寺昭雄さんが「君、芝居を続けるといい。役者に向いているよ」と声をかけてくれた。

「その言葉で変わりました。とにかく役者をしっかりやろうと思いました」

19歳の終わりごろだった。

若い監督の見透かしが魂に新たな火をつける

世間に名を知らしめることになったのは、園子温監督の映画『愛のむきだし』だ。

「私自身、どの作品に対しても愛情があるし、『愛のむきだし』ばかり転機でしょ?と取り上げられるのはちょっと悔しい(笑)。でも確かに、あんなに監督に追い詰められ、殻を破られたのは初めてでしたし、安藤サクラという、すごく深いところで感性が渡り合える役者と出会えた場でもあったから、やはり大きな作品です」

そして、出演した映画『カケラ』の安藤モモ子監督と、現在の夫でもある『川の底からこんにちは』の石井裕也監督との出会いも大きかったと語る。

「同世代だからこそ見透かされるってことあるじゃないですか。『それが何? 私たちの世代ならみんな知ってるよ。あなただけの何かを見せてよ』みたいなことを2人とも容赦なく言うんです。その感覚がすごく新鮮で面白かった」。そこでまた新たな気持ちが芽生え、芝居に対して、より貪欲さが増していった。


PROFILE

みつしま・ひかり 1985年生まれ、沖縄県出身。97年デビュー。映画『愛のむきだし』『カケラ』『川の底からこんにちは』『悪人』などの演技で高く評価される。2012年8月9日(木)から舞台「鎌塚氏、すくい上げる」(東京公演:本多劇場)を予定。今後作に映画『北のカナリアたち』『ハロー!純一』など。


Heroes File 人気記事ランキング

5月9日(金)更新

朝日新聞とマイナビ転職が厳選した全求人一覧を見る
賛成! あたらしい生き方。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。

キーワードから記事を探す

検索フォーム

人気コンテンツランキング
転職成功ガイド