転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

キボウのアシタ リーダーたちに学ぶ、これからの働き方の道しるべ オピニオンリーダーたちが語る、これからの時代の仕事観。明日の働き方のヒントが得られる、スペシャル対談。
スペシャル対談 vol.6 「自分を信じる力」を蓄える(前編)草刈民代×柚希礼音

仕事への覚悟が自分を本物にする

草刈:柚希さんが2015年宝塚歌劇団を引退された時、ラストステージは全国の映画館でライブ中継され、劇場前には約1万2,000人が訪れたそうですね。実際に映像で踊るシーンを拝見し、しなやかで柔軟な動きに見ほれながら、確かにこれだけの人を集めるオーラと素材をお持ちの方だなと納得しました。

柚希:草刈さんにそんなふうに言ってもらえて光栄です。

草刈:柚希さんも幼いころからバレエをされていたんですよね。私は8歳から始め、中学ではすっかりバレエ漬け。高校も中退し、それ以降はバレエ一本に絞りました。

柚希:すごい。中退して打ち込んだなんて。

草刈:皆と一緒というのが苦手で、学校が合わなかったのが私には良かったんです。ただ、やめたからには何が何でもバレリーナとして認められるようにならなければと。そのプレッシャーを10代20代とずっと抱えたままでしたね。

柚希:私は両親に「バレエで食べていくのは難しい」と反対され、米国へのバレエ留学を断念して宝塚に入りました。そこで既に一挫折したわけですが、宝塚を選んで良かったと今は思います。ずっとコンプレックスだった長身や広い肩、大きな手がすべて宝塚では「良し」と認められ、大きな自信にもなったし、男役で活躍できたので。

草刈:入団11年目という異例の早さで星組トップスター。相当、人並み外れた努力をされたと思うのですが。

柚希:トップを意識していたわけではなく、「あの人みたいに歌ってみたい、踊ってみたい」と先輩を目標に頑張り始めたら、どんどん楽しくなって上達もしていったという感じです。それと幼いころ通っていたバレエ教室で、一流を目指すなら楽しいだけではダメ、芸事は練習すればするほどうまくなるという感覚を厳しくたたき込んでもらったので、宝塚で学ぶバレエも茶道も日舞も、芸事すべてが面白く、ほかの子が弱音を吐くようなことでも私は頑張れました。それが良かったのかも知れません。

草刈:気持ちの切り替えがうまく、その都度ベストを出せるタイプなんですね。

柚希:草刈さんはバレエで食べていくのは大変と分かりつつも、あえて選ばれたんですよね。

草刈:どんな職業も同じだと思うのですが、その仕事で自分の生活を成立させることを目指さないと本物のスキルは身に付かない。だから、誰もが認めるプロの踊り手になろうと覚悟し努力してきました。幸いチャンスに恵まれ、バレエ団でも早くから主役を踊らせていただいた。それでも自分の生活状況を見て、これではまだ本物ではないと思っていました。それが変わったのは、30歳で映画『Shall we ダンス?』に出演した後です。世間に存在を知ってもらえたお陰でプロのバレリーナとしてのレールをようやく敷けた。世界での活躍の場も随分と広がりました。

5月9日(金)更新

朝日新聞とマイナビ転職が厳選した全求人一覧を見る
併せて読みたい記事
あした転機になあれ。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。

キーワードから記事を探す

検索フォーム

人気コンテンツランキング
転職成功ガイド