転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

転職Q&A【内定・退職・入社】

部署異動が条件の契約更新。断ったら自己都合退職?

1年更新の契約社員で働いております。今年度、現在進行している現部署でのプロジェクトが終了するので、来年度には退職し、転職をする予定で準備も進めておりました。

今月、次回の契約更新の時期がきたのですが、人事部長から「来年度の契約更新はするけれども、部署異動が条件。異動を断わるなら、契約更新はなし」と言われました。今の会社での私のキャリアとは無関係な部署への異動で、まったく未経験の仕事です。また、来年度の人事で会社の3分の1の社員がリストラにあい、会社が業績不振であることが発表されました。

1. 部署には後任者も来ず、現在進行中のプロジェクトが中途半端なままになってしまうため、現部署への残留を希望しましたが、受け入れてもらえなかった
2. 新部署へ行っても、その仕事は自分が望んでいる方向性とはまったく違う
3. 大規模なリストラを行わなければならないほどの会社の厳しい状況
以上3点を考え、今回の契約更新はせずに、退職することにしました。

ですが、会社側から「会社は契約更新をすると言ったのだから、今回、契約更新せずに退職するのはそちらの都合。自己都合退社だ」と言われ、「離職票には、『契約終了による退社』とは絶対に書かない」と言われてしまいました。

「契約更新は部署異動が条件(断わったらクビ)」という条件付きの契約更新自体も問題があると思いますし、1年契約の契約社員ですので、「契約終了により退社」と離職票に表記するのは当然だと思うのですが、どうなのでしょうか?

ミー(29歳 女性)

A

確認すべきことが、2点あります。

まず、入社時に契約書を交わした時点で、業務内容もしくは配属部署が変更になることについて明記されているかという点です。もし明記されているのであれば、異動を拒んだことにより、ミーさんが自主的に退職したと判断されるのではないでしょうか。

もう1点は、人事部長が言った「異動を断るならば契約更新はない」という言葉です。この言葉は、拒んだ時点で、契約を更新しないと言ったわけですから、会社都合による契約終了という意味にも受け取れます。

人事部長の発言に対して指摘をしても、書面を交わしていない場合、「言った」「言わない」ともめるような気がします。契約社員であっても、業務内容に幅があることが多く、会社側の判断は、業務命令に従うことができず、ミーさんが退職したいと申し出たと捉えているのではないでしょうか。業務内容が変わる異動であっても、契約期間中の雇用を確保しているのだから、ミーさんが異動を拒み、退職することは、自己都合による退職と判断されるのです。

離職票に記載される内容に、「契約終了により退社」と記載されることにこだわる気持ちもわかりますが、業績不振による業務縮小に伴い、希望する業務が行えないために契約を途中で打ち切るわけですから、自己都合か契約終了ということが、今後の転職活動に影響することは少ないと思います。

むしろ、プロジェクトで培った経験を、次の企業で生かすことを考えてみてください。もともと契約期間を設けて働いてきたわけですから、採用担当者は、退職理由以上に、何を売りとする人材かにこだわります。

キャリアアドバイザー 谷所健一郎

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
自分を向いて歩こう。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。