転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

転職Q&A【法律関係】

現職の企業秘密を聞かれた場合、答えなくていい?

現職と競合関係にある同業他社の入社試験を受けたところ、面接時に現在勤める会社の営業秘密に関する質問をされました。守秘義務があると思ったので答えなかったのですが、それで良かったのでしょうか。

企業秘密(33歳 男性)

A

それで良いと思います。不正競争防止法という法律があり、営業上の秘密として管理されている情報を不正に取得、使用、開示した場合には、損害賠償請求の対象、犯罪として取り締まりの対象になると定められています。

現在勤める会社の就業規則などで、営業上の秘密の開示等に制限が設けられ、かつ営業秘密として管理されている場合、現職で知り得た営業上の秘密情報を競業他社に開示すると不正開示、情報漏洩として損害賠償を求められたり、刑事事件として告訴される可能性もあります。従って秘密を漏らしたり、現在の会社の利益を損なうような行為は避けるべきです。また、そういうことを面接で聞く会社はおかしい、ルール違反だと思ったほうがいいかもしれません。しっかり見極めることが大切です。

※この情報は2014年9月2日時点のものです。

社会保険労務士法人山本労務 代表 山本法史

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena

社労士解説! 転職Q&A動画

  • 【社労士解説】職場の3大トラブル対処法〜泣き寝入りしないためのTIPSを学ぶ!~

  • 【社労士解説】違法残業とは?特殊な職種や管理職でもNGに!

  • 退職時の給与・賞与にまつわる金銭トラブルを社労士が徹底解説

  • バレてもOKな副業・NGな副業〜会社も禁止できない副業って?社労士がマジメに解説!

自分を向いて歩こう。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。