転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

朝日新聞×マイナビ転職 Heroes File

vol.121 お笑い芸人 いとうあさこ こうと決めたら突っ走る


レオタード姿でリボンを振り回し、「浅倉南、39歳。なんかイライラする!」
というネタで40代直前にブレーク。
今やお茶の間には欠かせない存在のお笑い芸人、いとうあさこさん。
アイドルになりたかったのに、気づけば「お笑い」の世界にどっぷり。
この先どうなるか分からない。
でも、できれば死ぬ瞬間まで芸人でありたいと思っているそうだ。

19歳の家出が次の人生のスタート

この人の芸は明るい。どんな自虐ネタを出されても、楽しく陽気な気持ちにしてくれる。

今から5年前、水色のレオタード姿で「浅倉南、39歳」というネタを繰り出してブレークし、一躍人気者に。最近はバラエティ番組への出演も多く、忙しい日々を送っている。

小中高と名門女子校に在籍。当時からアイドルやコメディ女優に憧れ、教室ではみんなを笑わせたくて物まねを披露したりしていた。でも、将来お笑い芸人を目指すことになるとは想像もしていなかった。

転機は19歳の時の家出だ。「芸能界入りのためではなく、歌手の尾崎豊さんの歌に背中を押され、自分の意思で自由に生きたいと、勢いで飛び出してしまったんです」

アパートを探し、アルバイト雑誌で見つけた配膳人紹介所に登録してホテルに派遣され働き始める。そこで知り合った男性と恋に落ち同棲(どうせい)するも、男性は仕事を辞めてしまう。

「彼の借金返済もあって毎日16時間ぐらい休みなく働きました。これがよくテレビなどで話している貢ぎ生活です(笑)。20代で付き合った人はみんななぜか働かなくなった。でも、私は好きな人と暮らせることが幸せだったので苦ではなかったですね」

ミュージカルからお笑いの道へ

23歳になり、金銭的にも余裕が出てきた頃、「そういえば芸能界に入りたかった」という夢を思い出し、いとうさんは週3回、実技を多く学べる、専門学校のミュージカル学科へ通い始めた。「私には絶対、芸能界なんて無理と思っていたけれど、でも心のどこかで憧れを捨て切れなくて」

いざ通ってみると、先生たちが実にパワフル。その熱意に刺激され、いつしかミュージカルの魅力にハマり、オーディションをいくつも受けるようになっていった。

そんな中、また転機となる出来事が訪れる。あるミュージカルに出演した際、一つのシーンをアドリブで任されたのだ。

「それが結構ウケて、会場から笑い声が聞こえてきた瞬間、人に笑ってもらうってうれしいことだなと思ったんです。そんなことがいろいろと重なり、気づいたら、学校の女友達とコンビを結成してコントを始めていました」

猪突猛進(ちょとつもうしん)。やりたいと思ったらすぐ行動に移す。そこから、2人でネタを作ってお笑いライブに出演する日々がスタートした。しかし、ライブでウケてもテレビのオーディションには全く受からない。次第に焦りが出てきて、2人の間にも衝突が増え、結局6年でコンビは解散する。次はどうするか。いとうさんは考え、ピン芸人でやっていくことにした。


PROFILE

いとうあさこ 1970年東京都生まれ。お笑いコンビを2003年に解散し、ピン芸人に。2014年現在、テレビ番組「メレンゲの気持ち」(日本テレビ系)などにレギュラー出演中。著書に「居酒屋あさこ」などがある。所属劇団「山田ジャパン」の公演「焼けクソの二度焼き~もういちど、引く程の高温で焼いてみよう~」に14年10月9日(木)から出演予定。


Heroes File 人気記事ランキング

5月9日(金)更新

朝日新聞とマイナビ転職が厳選した全求人一覧を見る
賛成! あたらしい生き方。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。

キーワードから記事を探す

検索フォーム

人気コンテンツランキング
転職成功ガイド