転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

キボウのアシタ リーダーたちに学ぶ、これからの働き方の道しるべ オピニオンリーダーたちが語る、これからの時代の仕事観。明日の働き方のヒントが得られる、スペシャル対談。
スペシャル対談 vol.11 28歳が考える「仕事」(前編)池松壮亮×黒木華

かっこいい大人の背中には学びがある

池松:僕らが出演する岡田准一さん主演の時代劇『散り椿』が公開になりました。

黒木:私は岡田さんが演じる新兵衛に思いを寄せる里美役で、池松さん演じる藤吾とは姉弟でした。監督の木村大作さんにとっては、監督として初の時代劇挑戦だったそうです。

池松:木村さんは撮影時78歳だったと思うのですが、一番元気に動き回って、大きな声を出しておられた。日々新しい、見たこともないものを更に目指している姿がまぶしかったです。僕はあのように忙しそうな老後はちょっと遠慮したいですが(笑)、でも、こういう時代の境目に、木村さんのような大ベテランが長いキャリアの中で積み重ねてきたもの、見つめてきたことの集大成を間近で見させてもらえるというのは、すごくありがたかったです。

黒木:私にとってもこの作品は貴重な経験となりました。岡田さんとの共演も刺激的でしたし。岡田さんは自分の中に武士道みたいなものをお持ちで、とてもストイックなんです。主役だけどどこか冷静で、全体を俯瞰(ふかん)して見ておられた。そういうところも木村さんに信頼されていた部分なんだろうなって思いました。

池松:僕は岡田さんとは初共演でしたが、作品の核になる部分を一身に背負われている感じがしました。作品への向き合い方みたいなものを言葉ではなく、その背中で教えてもらった気がします。黒木さんとは今回が2度目の共演でしたね。

黒木:そう。姉弟役ですが実は一緒のシーンがあまり多くなくて、お話しする機会も少なかったように思います。

池松:ただ、みんなで打ち上げに行った時、一番盛り上げていたのが黒木さんだったという印象がありますね。木村さんをはじめ、スタッフやキャストの方々に本当に愛されているのも伝わってきました。

黒木:そんなことないですよ。逆に、池松さんは静かにされていても存在感があるんです。同い年とは思えないほど、本当に芝居に対して真摯(しんし)ですし、すてきな作品にたくさん出ておられますよね。私も池松さんみたいなかっこいい役者になりたいです。

池松:恐縮です。ありがとうございます。

併せて読みたい記事
賛成! あたらしい生き方。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。

キーワードから記事を探す

検索フォーム

人気コンテンツランキング
転職成功ガイド