転職ノウハウ 応募企業の探し方、面接のポイントから、円満退職の秘訣まで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!
このエントリーをはてなブックマークに追加

法律関係

QUESTION
解雇されたことを履歴書に書かなくてもいい?
試用期間中に解雇された経験があります。履歴書や職務経歴書に解雇歴を書くと選考の際、不利になりそうなのですが、書かないといけませんか?

キリン(28歳 男性)

ANSWER
書いたほうが望ましいでしょう。企業は採用に当たり、求職者の能力、経歴、人格等を総合的に勘案して採否を決定します。求職者はその判断を誤らせないために、職歴や履歴等についてありのまま告げる必要があります。前職等でどのような業務を行い、どのような経緯で退職したのかは採否に大きな影響を与えます。

解雇された理由を隠して採用された場合、経歴詐称として採用の取り消しや懲戒解雇されることもありますので、事実をありのまま記載すべきでしょう。どうしても履歴書に「解雇」と明記したくない場合は、面接時にどのような経緯で解雇に至ったのか事実を告げるようにしましょう。

※この情報は2014年9月2日時点のものです。

社会保険労務士法人山本労務 代表 山本法史


適職をディグる! ジョブリシャス診断(適職診断)
履歴書の添削を受ける
  • マイナビ転職 グローバル
  • マイナビ転職 エンジニア求人サーチ【IT】
  • マイナビ転職 エンジニア求人サーチ【ものづくり】
  • マイナビ転職 女性のおしごと
マイナビ転職 適性診断
マイナビ転職 適性診断

会員登録(無料)


メカラボ
土地柄タイプ診断
オフィシャルBOOK
シゴトサプリ