魅力的な温泉がある市町村ランキング

執筆:ブランド総合研究所

日本の温泉トップ3は、B・A・G!

火山列島ニッポンが世界に誇る地域資源といえば、オンセン。
温泉はもともとは疾病やケガなどの湯治が目的でしたが、今では旅行などの行楽目的が多くなりましたね。アニメでも仲間や恋人との温泉シーンはお決まりのパターン。
では、魅力的な温泉がある市町村のランキングを作成してみました。すると、別府、熱海、下呂の3市がベスト3になりました。頭文字をならべると、「BAG」。なんとも、温泉旅行鞄に入れたくなるような結果ですね。

ランキングの元データは「地域ブランド調査2016」の市町村版において、の「魅力的な温泉やレジャー施設・公園などがある」との回答率(%)のランキングから、有力温泉地がある市町村を抽出しました(例:有名テーマパークのある市などは除外しました)

魅力的な温泉がある市町村ランキング

魅力的な温泉がある市町村ランキング上位10位のリスト

温泉王国1位は別府市

地獄温泉の写真

おんせん県大分を代表するのが別府温泉。日本一のお湯の量を誇り、源泉数は2,300か所以上と、日本の源泉数の約10%を占めるという、まさに日本一の温泉。魅力度も全国10位と高評価です。
地獄めぐりや温泊などで人気上昇。地獄めぐりはすごいですよ。真っ赤な血の池地獄や、間欠泉の龍巻地獄、緑白色の湯とワニが飼育されている鬼山地獄などがあります。今はやりの癒しではなく、地獄ですよ。それなのに大人気。他にはないコンセプトはやはりインパクトがありますね。ちなみに地獄めぐりには含まれない、90度のお湯が噴き出る坊主地獄などの「隠れ地獄」もあります。まさに、地獄だらけ?

2位の熱海は徳川家康も来湯

2位は熱海。東京駅から新幹線でわずか49分と1時間以内で行ける事から関東に住んでいる人には馴染みの温泉地です。古くは「阿多美」という地名でしたが、海から熱い湯が湧き出ていたことから「熱海」となったんだそうです。徳川家康も来湯している名湯なんですね。なお、「宿泊施設」の評価では全国1位です。
東京から近いこともあり、職場旅行などでにぎわい、海岸沿いに大型ホテルが林立するなど大きく成長したのですが、団体客が減少するとともに低迷。ところが最近はリゾート型に変貌しつつあり、人気も復活をとげています。温泉をめぐる時代の変遷、そのものですね。
ところで熱海市には熱海温泉のほかにも、洞窟の中から源泉が湧出する「走り湯」が名物の伊豆山温泉もあります。

  • 1
  • 2
  • ジモタスとは ジモトでの転職活動や仕事さがしを応援する、マイナビ転職が'ジモトの魅力'をテーマに情報を発信するメディアです。
  • JIMOQ あなたのジモトで、あなたに合った求人がすぐに見つかるジモトに根ざした求人情報サイトです。