転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

タイトル:計画の立て方から、面接、円満退職のノウハウまで! 転職成功マルわかりガイド

Step.5 内定をもらったらどうする?

3.複数内定したら? 内定辞退はいつ? 内定連絡への答え方

内定への返事保留は通常2〜3日間

内定通知をもらったら、なるべく早めに入社諾否の返事をします。ただし、複数応募で第2志望の企業の内定通知が先に来てしまった場合などは、第1志望の企業の結果を待ちたいもの。

きちんとお願いすれば、ほとんどの企業は入社諾否の返事を待ってくれます。モデルトークを参照してください。ただし、その際は期限を区切ることが不可欠。申し入れる期限は通常2〜3日間。最長1週間が限度と考えてください。

実際に、どのくらい待てるかは求人企業の事情によりまちまちですが、「すぐにも返事がほしい」というのが求人企業の本音でしょう。もし、待ってほしい期限が1週間以上になるようだったら、最悪、内定を取り消されることも覚悟して交渉する必要があります。

内定辞退の返事が遅れるのはトラブルのもと

また気をつけたいのは、内定辞退の場合。中途採用での辞退連絡は「早ければ早いほどいい」と覚えておいてください。「面接で話を聞いたら自分の希望と違っていた……」「複数内定をもらった中で別の会社に入社が決まった」など、内定通知をもらう前でも「入社しない」と決断したら、その時点で辞退を申し出ることは転職活動のマナーです。

最終面接の際に結果通知のスケジュールを確認し、その間に自分でも他社との比較検討など、企業ごとの最終選考をしておくと早めに決断できます。

最悪なのは、入社辞退の連絡が遅れてしまったため、企業がほかの応募者に不採用通知を出してしまったという事態。求人企業が改めて費用や時間をかけて募集をするところから始めなくてはいけないケースになれば、損害賠償などのトラブルに発展することもあります。

内定通知への対応のポイント
返事を待ってもらう場合
志望度が高い企業から返事がまだきていない場合や「応募先企業の複数から内定をもらっていて検討している場合など、先方の都合や礼儀にも配慮して“お願いする”という姿勢で交渉します。入社意思があることが伝わるように話すのがコツ。
メールで返事を待ってもらうよう依頼する時の例文はこちら
回答の実例
「本日、内定通知を頂戴した○山×男と申します。この度はありがとうございました。早速にも入社承諾のお返事をすべきなのですが、実は家族が今回の転職について詳しい話を聞きたいと申しており、説明のために郷里に行かねばなりません。私としては家族にも御社への入社を喜んでほしいと考えておりまして、誠に勝手なことで恐縮なのですが、○月△日まで返事を待っていただくことは可能でしょうか?」
入社を辞退する場合
辞退理由は、「都合が悪くなりました」といった漠然としたものでOK。もし聞かれたら他社に入ることを話すのは構いませんが、「向こうのほうがよい条件だった」などと言うのはマナー違反です。
回答の実例
「内定の通知をいただきました○野×子と申します。この度はお世話になりまして、ありがとうございました。実は大変申し上げにくいのですが、内定を辞退させていただきたくご連絡しました。将来を左右することなので十分に考えて悩んだ末のことなのですが、私の個人的な事情もあって、辞退を決断させていただきました。御社にご迷惑をおかけすることになり申し訳ありません」
賛成! あたらしい生き方。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。

キーワードから記事を探す

検索フォーム

人気コンテンツランキング
転職成功ガイド