転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

Dustin先生の今すぐ使える! ビジネス英語ワンフレーズのビジュアル画像

第25回 「ゴッドハンド」との聞き違いに要注意? “In Good Hands”の意味

こんにちは、Dustinです。
先日、友人が職場での恥ずかしかった出来事を話してくれました。

退職者が出て、大量の仕事を引き継ぐことになった友人。
疲労困憊で出勤すると、上司が笑顔で言いました。

“Now you are in good hands.”

「え? ボクがゴッドハンド(素晴らしい腕前)?」
もしかして褒められてる!? と困惑していると、

「新しい人に、来週から来てもらえることになったから」
と上司は続けました。あれ? 褒められたわけじゃなかった?

実は彼は、“good hands”“god hand(ゴッドハンド)”
聞き間違えてしまったんですね。

“In good hands”とは、
「心配しなくて大丈夫/信頼する人に任せて」という意味。
つまり、「もう大丈夫だよ。新しい人に来週来てもらえることになったから」と言っていたわけです。

ちなみにいわゆる「ゴッドハンド」というのはカタカナ英語で、正しい英語表現ではありませんので注意してくださいね。

慣れない英語のやり取りでは、誰にだって聞き間違いが起こるものです。
皆さんもあまり肩を落とさずに!

英語に自信をなくしてしまった友人には、こう言っておきました。
I’ll let you know the URL of my column, so you’ll be in good hands!
(ボクのコラムのURLを教えてあげるから、もう心配ないよ)

Haha! See you next week!

文/犬養なみ

早稲田大学で英会話・ビジネス英語を教えているダスティン先生が、ビジネスの現場や職場で、今すぐ使えるお役立ち英語フレーズを教えます! 「英語力をブラッシュアップして、生かせる仕事に転職したい」「グローバルに活躍したい」と考える皆さん、転職活動の合間に、ぜひ覚えていってくださいね。

監修者のプロフィール
Dustin Bullock(ダスティン・ブロック)さん

アメリカ ペンシルバニア州、フィラデルフィア出身。アメリカで保全生態学の教師としてキャリアをスタートさせた後、日本に移住。日本では10年間、英語教師として勤務。現在は早稲田大学で英語の教師として活躍し、ビジネス集中コースでも教鞭をとっている。趣味はマーシャルアーツ、料理、自然の写真撮影。

関連記事
  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
自分を向いて歩こう。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。