転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

朝日新聞×マイナビ転職 Heroes File

vol.27 シンガー・ソングライター 川嶋あい 路上ライブで運命を開く


まっすぐに心に届く歌詞が魅力の川嶋あいさん。
なぜ彼女の歌には説得力があり、聴くと元気になれるのか?
その理由は地道な努力と、傷つくことを恐れずに
行動し続けた強い意志にあった。

これまで乗り越えてきた数多くの試練

透き通った力強い声で歌う川嶋あいさん。彼女の歌は、聴く人の心に言葉がしっかりと入ってくる。最新アルバム「24/24」は、24歳になる川嶋さんが等身大の自分自身をテーマにした。「24歳の一人の女性として自分が見ている景色を曲にしたかった。四捨五入して30歳になる25歳からが大人だと思うんです。だとしたら24歳は大人になる前の最後の年。特別な感情がありました」

川嶋さんの24年間は過酷なものだった。産みの母が病死して児童施設で3歳まで育ち、子供がいなかった夫婦に引き取られる。だが、小学校5年生で父親が病死。その後母子家庭で育ち、彼女が歌手になることを夢見ていた母親は、彼女が17歳でデビューする目前に亡くなった。

音楽との縁は3歳の頃、「人見知りを直すために」と母親が彼女を音楽教室に通わせたことだった。最初は母親の喜ぶ姿を見るのがうれしくて続けていたが、自らも音楽に道を見いだし、中学生の時に演歌歌手としてデビュー。しかし全く売れず、今度は一からJ-POPを始めようと本格的に曲作りを開始する。そして高校入学と同時に単身上京し、東京の芸能事務所に所属した。しかしすぐに事務所を解雇される。

八方ふさがりの運命を切り開いた路上ライブ

「あの時は絶望感でいっぱいでした。芸能人の多い高校だったので、忙しく活動する同級生たちを見ながら私は何をすればいいのかも分からない。母を始め地元の期待も十分に分かっていたので、実家に帰る選択肢もない。そんな時、路上ライブをしている人を見て、これならできるかもと思って」 最初は足を止めてくれる人もおらず、帰りたくて仕方がなかった。だが、すぐに母親と「路上ライブ千回」という約束をする。酔っ払いや誘惑の多い都会の路上。寒さで手がかじかんだり警察に注意されたり、若い女性の路上ライブがどれほど難しかったことか。

「幸運なことに数回目で、現在所属するレコード会社のスタッフとなる学生たちと出会ったのです。彼らも素人でしたが協力を申し出てくれて。当時はまさかここまでのきずなになるとは思いませんでしたが、熱心にいろいろと考えてくれ、東京に来て初めて信じられる人たちに出会ったような気がしました。路上での私は震える子羊のように見えたそうです(笑)」
雨の日も風の日も路上で歌い続け、聴衆が増えた頃、テレビ番組「あいのり」のテーマソングを依頼される。しかしその曲がテレビで流れる前に、誰よりも熱心に応援してくれていた母親が急死してしまう。


PROFILE

かわしま・あい 1986年生まれ、福岡県出身。2003年音楽ユニット「I WiSH」として「明日への扉」でデビュー、同曲はオリコンシングルチャート2週連続1位を獲得。05年からソロとしての活動を本格的にスタート。5月26日にニューアルバム「24/24」をリリース。6月2日からデビュー7周年記念全国ツアーを開始。


Heroes File 人気記事ランキング
賛成! あたらしい生き方。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。

キーワードから記事を探す

検索フォーム

人気コンテンツランキング
転職成功ガイド