このエントリーをはてなブックマークに追加

第11回 ストレスの解消法を探る! 手軽にできるアロマテラピーのすすめ

「メンタルタフネス」で転職に克つ!

2015.11.6

たとえ、どんなにメンタルタフネスを身に付けても、ストレスを受けてしまうこともあるわよね。だから今回からは、受けてしまったストレスが心身に悪影響を及ぼさないための、「ストレス解消法」についてみんなにお話しするわ!


ファイティング・モードから、リラックス・モードへ

仲間とカラオケに行ったり、ほどほどのお酒を楽しんだり、たわいのない電話をしたりするのは、ストレスの観点から見たら、体に良いと言えるのよ。このコラムの第2回で、ストレスを受けると体が「ファイティング・モード」になることをお話ししたわね。


嫌なことやプレッシャーがかかることをあまりにいっぱい引き受けてしまうと、呼吸が速くなって、心臓がドキドキして、筋肉が緊張するでしょう? これは、ストレスを受けると、脳の指令によって体が「危険な敵に出会った時の状態」になっているからなの。動物として、目の前の敵と戦うか、または逃げ出すかのファイティング・モードの準備をしているのよね。


でも、この反応って現代ではあまり利用できないじゃない? 嫌いな上司と取っ組み合うわけではないし……。いちいちドキドキしていたら、体に負担をかけて疲れるだけになってしまうの。

ストレスに効く“3R”

そこで! ストレスの解消には“3R”が大切だと言われているの。


【-3R-】


●REST(休養)

睡眠をうまくとれないと、ストレスにより生じた脳や体への影響が慢性化してしまい、脳の機能や体の機能が低下してしまうの。多くのメンタルヘルス関連の障害でも、睡眠がとれているか、とれていないかということは診断への示唆にもなっているのよ。


●RECREATION(気分転換)

ストレス発見者ハンス・セリエは、ストレス解消のために「気分転換」が大事だと言っているわ。多くのストレスを抱えていると、ストレスの対象ばかりに意識がいってしまうでしょう? そこに自分がはまり込んでしまい、本当の問題解決策が見えてこなくなってしまうの。そこで、別のことに意識を向けるようにすることで、一時的にストレスの対象に意識がいかないようにして、体を動かしたり、笑ったり、気分転換で心の余裕をつくるというのが「気分転換」なの。


●RELAX(くつろぎ)

リラックス状態というのは、ストレス反応の反対の状態なのよ。筋肉が緩み、鼓動と呼吸がゆっくりになっている状態のこと。お家でテレビを見ながら笑っている時や、眠っている時、温泉でゆっくりしている時は、この状態にあるわね。この状態を意識的につくり出すことで、ストレスの影響を最小限にとどめることができるのよ。でも、この状態はストレス状況下では自動的にはできないことだから、意識してリラックス状態にさせてあげることが必要なの。

まずは、アロマテラピーから始めてみましょう

そこで、今回はまず代表的なストレス解消法の例をご紹介するわ。それがアロマテラピーよ。アロマテラピーはヨーロッパで昔から行われていた民間療法の一つ。植物の香りなどにより、人間に本来備わっている自然治癒力を促進することを目的としているの。 アロマテラピーはオイルを使う方法が主流だけど、アロマオイルの入ったキャンドルやお香なども発売されていて、気軽にリラックス法として利用できるようになってきたわ。

どの香りが何に効くの?

じゃあ、アロマテラピーをやってみようと思って、いざお店に行くとするでしょう? でも香りの種類がいっぱいあって、何を試してみればいいか分からないわよね。


例えば、ラベンダーやモモの香りには、ある程度のリラクセーション効果があるのよ。日常の生活の中で適切に用いれば、毎日のように生じるストレスを緩和して、それが蓄積するのを防ぐことができるわ。


エキゾチックで甘くセクシーな香りのするイランイランは、落ち込んだ気分やうつ的な気分を和らげてくれたり、不安やプレッシャーを和らげてくれるそうよ。転職の面接前にイランイランの香りをかいでリラックス! なんていかがかしら?


アロマテラピーは、不眠にも効果を発揮することが知られているわ。明確な理由がないのに眠れないタイプの不眠は、神経質性不眠と呼ばれていて、不眠を訴える人たちの中でも最も高い割合がこの種類みたい。この不眠症は、病気に基づく不眠ではなく、昼間の緊張がほぐれなかったり、眠れないことに対する不安感が強いために生じると言われているの。このような不眠に対しては、リラクセーション効果のある香りでアロマテラピーを実践してみてはいかがかしら? でも、長いこと改善しない不眠症、イライラ感、不安感や落ち込み感などは、もちろん、きちんと心療内科などクリニックで診てもらうことが必要よ。


リコのプロフィール

大学の心理学科を卒業後、大学院を経て臨床心理士に。 精神科・心療内科クリニック、大学病院精神科、企業のカウンセリングルームで 、悩み相談から、うつ病などの病気のカウンセリングの経験を持つ、心のエキスパート。


(情報提供・監修)

株式会社ライフバランスマネジメント研究所

http://www.lifebalance.co.jp/


(キャラクターデザイン/イラストレーション)

©プラスプランニング 上原 ゆかり

このエントリーをはてなブックマークに追加
ジョブリシャス診断

バックナンバー

第16回 食べてメンタルタフネスを強化! 眠りに効く・脳に効く食材とは?
リコよ! みんな元気かしら? このメンタルタフネスの連載も最終回。今回は、食事の面からメンタルタフネスを強くしていく方法をお伝えするわ。 睡眠に効く食べ...
第15回 あなたはよく眠れてる? メンタルタフネスが保てる睡眠のとり方
リコよ! 突然だけど、みんなはちょっとくらい眠らなくても平気? つい夜更かしをして、翌日を気合で乗り切ってしまうこともあるかもしれないけど、睡眠を確保する...
第14回 ヨガにマッサージ、体へのケアはストレスにも効く!
みんな元気? リコよ! さて、今回もストレスを解消するためのリラクセーション方法をご紹介するわ。まずは、免疫力を高めるとも言われている、ヨガのお話から!...
マイナビ転職 適性診断
マイナビ転職 適性診断
アクセスランキング
立ちくらみはなぜ起こる? 急な立ちくらみを防ぐためにできる4つのこと
60秒で元気になれる耳寄りヘルスケア
2015.01.22
ライフ
その疲れ、肝臓や腎臓が原因かも? 肝腎臓を回復させる食材
60秒で元気になれる耳寄りヘルスケア
2014.07.8
ライフ
第7回 会社に行きたくない…… 放っておくとなってる? 出勤困難症とは
「メンタルタフネス」で転職に克つ!
2015.10.9
ライフ
「家賃は月収の1/3」ってどう?収入と家賃の関係「ウソ」「ホント」
20代の生き方・働き方を応援
2017.01.16
スペシャル
朝が苦手な人必見! 強制的に早起きができるようになる5つの方法
60秒で元気になれる耳寄りヘルスケア
2014.09.2
ライフ