転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

キャリぺディア

転職実用事典「キャリペディア」

バイヤーの仕事内容や特徴を解説! 転職活動のポイントは?

バイヤーイメージ画像

この記事ではバイヤー(buyer)の仕事内容、やりがいをはじめ、バイヤーへの転職活動のポイントなどをご紹介します。

<INDEX>

バイヤーとは

バイヤーとは、商品の買い付けや商品管理を担当している人のことです。バイヤーというと百貨店やセレクトショップなどで働くアパレルバイヤーをイメージしがちですが、業界を問わず自社で販売する商品や、商品に使う資材・原料などを買い付ける仕事の担当者はすべてバイヤーと言います。

製造業などのバイヤーは、職種名が「資材調達」「購買」となっている場合があります。企業内に「バイヤー」という職種名がなかったとしても、バイヤーはさまざまな業種で活躍しているのです。

バイヤーのメインの業務は商品や材料、原料などの買い付けです。仕入先や必要な業務も企業や業種によって異なります。

例えばバイヤーは商品の開発から販売計画や予算管理を行うMD(マーチャンダイザー)業務、商品企画業務に関わる場合があります。また、商品は店舗に並べるだけでなく、ECサイトで販売される場合もあるため、ECサイトを専門に担当するバイヤーもいます。

≫バイヤーの年収平均は?

バイヤーの仕事内容

バイヤーの仕事は、買い付けだけでなく、価格交渉やマーケティング、商品企画など多岐に渡ります。ここではその中でも代表的なバイヤーの仕事内容をご紹介します。

情報収集、顧客分析、市場動向の分析

商品を買い付けるためには顧客分析が欠かせません。買い付けの際は、企業や商品におけるターゲットの具体的な人物像を把握したうえで、どのようなものが求められるのか、ニーズを探っていきます。

また市場動向の分析には、社内他部門と連携して販売データや顧客データを入手するほかSNS、展示会、インターネット、業界紙、プレスリリースなど、さまざまな情報源にアンテナを張り巡らせる必要があります。

買い付け

展示会やメーカー、工場等へ行き、自社のブランドに沿う商品、次のシーズンに流行する商品などを買い付けます。製造業の場合は、材料や部品自体の性能・品質が、製品の生産、品質、価格に大きく影響するため、資材調達が特に重要になります。

買い付けでは顧客や市場のニーズ、業界での立ち位置を踏まえて、自社がそろえるべき物品を時期や量に配慮したうえで注文しなければなりません。

価格交渉

商品の買い付け価格は、市場の流通量や時期、市場からのニーズなどにより変動。そこでバイヤーには価格交渉を有利に進めるための交渉力が求められます。

また、万一商品が売れなかった場合は引き取りが必要になる場合があります。返品の交渉をするのも価格交渉時の検討項目の一つです。企業がいくらまで予算を掛けられるのか、買い付け先がいつ何をいくらで売りたいのかなどを踏まえつつ、常に円滑なコミュニケーションに努めて商談を行うことが重要です。

販売管理

商品を売るのは店舗スタッフや営業の担当者ですが、商品のラインアップを拡充するのはバイヤーの仕事です。注意深く納期・数量管理を行いタイミングよく商品を出し入れできるよう入庫管理、在庫管理、出庫管理を行います。販売管理では納入された商品の受入検査や検収をしたり、店舗でどの程度売れているのか現場を確認したりすることも必要です。

バイヤーになるには

 

バイヤーが買い付けをするには多方向の情報や知識が求められます。そのため、求人も比較的経験者を募集する傾向が強いです。

特にアパレルや小売店など店舗がある場合、まず市場ニーズや動向、商品についてよく知るためにも、販売員として経験を積んだ後にバイヤー職に就く、というキャリアパスが一般的と言えます。

未経験者でもバイヤーとして採用を行う企業はあります。ただし、バイヤーが買い付ける商品の内容は、今後の売り上げに大きく影響するため、商品知識と販売の現場経験は必須だと言えそうです。更に売り上げ管理など店舗運営に関わる知識をはじめマーチャンダイジング、商品企画などマーケティング関連の知識などがあると有利になりそうです。

一方、バイヤーになるために必要な資格はないため、誰でもバイヤーを目指せます。海外で買い付けを行う必要がある場合は語学力が生かせます。

バイヤーのやりがい、厳しさ、活躍できる人の特徴

バイヤーという仕事には興味があっても、商品が好きというだけで転職しては後々つらい思いをするかもしれません。ここではバイヤーのやりがいや厳しさ、適性についてご紹介します。

バイヤーのやりがい

・自身が買い付けた商品を売れる

バイヤーが買い付けた商品の販売状況は、売り上げとして成果が数字で見えるため分かりやすいです。買い付け時にはさまざまなデータや情報を基に選定を行いますが、見込みがピタリと当たると達成感を得られます。自分が選んだ商品がヒットし、世の中にブームを起こす可能性もあり、商品が売れることがやりがいへとつながります。

・コスト削減で会社の利益に貢献できる

バイヤーは商品一つひとつができるだけ大きな利益を生むように、仕入れの価格や在庫の管理などを調整します。売り上げだけでなく、コスト削減により利益を上げることで会社に貢献できる職種と言えます。

・自分のスキルアップにつながる

バイヤーは調査、分析、交渉、販売管理など、やるべきことが多岐に渡るため、さまざまな経験ができスキルが身に付きます。経験を基にトップバイヤーやほかの職種などを目指すことが可能です。

バイヤーの厳しさ

・仕入れた商品が売れなかった時に大きな損害となってしまう

高額商品が売れれば信頼が集まる一方、買い付けた商品の納入が遅れて欠品になった場合販売機会を逃します。また、商品が売れ残れば廃棄費用が掛かります。どちらも会社の損害に直結するため、プレッシャーを感じやすい職種でもあります。

・仕事の領域が広く、やるべきことが多い

バイヤーは刻々と変わる顧客のニーズをリアルタイムで理解し、柔軟に行動しなければなりません。先にも記載しましたが、買い付けはもちろん、販売管理、商品企画など業務領域が広く、気づけばいつも動いていて休めないと感じることがあるかもしれません。

・展示会への参加等買い付け、出張が多いことがある

例えば展示会や見本市へ参加すると、業界のトレンドが一度に効率よく収集できます。メーカーなどの担当者と直接話して初めて分かることもあるでしょう。しかし展示会や買い付け先、生産元へ出向くなど出張が多く、時間管理や体力維持のためのスキルも必要です。

バイヤーとして活躍しやすい人の特徴

ここまでご紹介してきたように、バイヤーは多くの情報や人と関わりながら業務を行っていきます。そのため以下のような特徴がある人がバイヤーに向いていると言えます。

  • 情報収集が得意
  • 収集した情報から将来の売れ筋が予測・分析できる
  • 売り上げ向上など前向きに数字での成果が追える
  • コミュニケーション能力が高く交渉が得意
  • 人と話すのが好きで相手と信頼関係が構築できる
  • 消費者やメーカーのために尽くせる
  • 営業が好きで商品知識を増やしたい

バイヤーへの転職活動のポイント

未経験からバイヤーに転職したい場合は、まずはどんな業界のバイヤーになりたいかを定め、未経験者でも応募できる求人を探しましょう。またバイヤーは、販売員から経験を積んでステップアップできることがあります。そのため、希望する業界でバイヤーの募集が見つけられない場合は、同時に販売員への転職も視野に入れておくとバイヤーになるための選択肢が広げられます。

バイヤーの採用時には「バイヤーを目指す動機」「この企業を選んだ理由」などを聞かれることが多いです。「バイヤーという職種を目指す理由」や「志望する企業でしかできないこと」を自分の言葉で伝えましょう。

履歴書や面接では、単純に「バイヤーという仕事が好き」「商品が好き」だけではなく、どの程度バイヤーとしての適性があるのかを採用担当者に伝えることが重要です。

例えばマーケティングやマーチャンダイザー、営業の経験や語学力がある場合には、積極的にアピールします。「分析力」「情報収集能力」「交渉力」などに関わる具体的なエピソードがあれば、併せて盛り込みましょう。更に志望する業界や企業について独自の見解が持てるほど調べ上げていれば、バイヤーとしての適性が示せます。

≫仕入れ・バイヤーの求人・転職情報はコチラ

まとめ

バイヤーは良くも悪くも、売り上げにどの程度貢献できたのか成果が見えやすいという特徴があります。経験者の募集が多く見られますが、そもそもバイヤーになるために特別な資格は不要です。未経験からバイヤーを目指す場合は、まずバイヤーの仕事内容を踏まえて自分が生かせる適性を見つけましょう。

マイナビ転職 編集部

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
自分を向いて歩こう。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。